大崎 洋。 大崎洋

大崎洋

大崎 洋

大﨑洋 おおさきひろし :プロフィール 生年月日:1953年7月28日 出身地:大阪府 肩書:吉本興業代表取締役社長 学歴:関西大学社会学部卒業 関西大学ではサーフィン三昧、勘違いで吉本へ 1978年、大学卒業後吉本興業に入社。 二浪して入った大学ではサーフィンに明け 暮れる日々を送り、吉本に入社したのは 私服通勤可だったのと、まとまった休みが 取れると勘違いしたためだそうです。 1980年に東京支社に異動。 1982年に大阪の吉本総合芸能学院 NSC 開校に伴って同学院の担当社員に。 無名時代のダウンタウンのマネージャーに。 当時の社員は皆人気芸人を担当したがって いたそうですが、大崎洋社長だけは、まだ 無名ながらムチャムチャ面白いダウンタウン に目を付けた。 先見の明があったんですね。 しかし、ダウンタウンが売れたからといって 大崎社長が順風満帆な出世街道を歩んできた わけではありませんでした。 力のあるものにうまく取り入るタイプでは なかったようで、上司にでも違うと思えば 「違う!」と主張する人物。 権力におもねらない姿勢は敵も作るが そこに正義があるなら人望を集めもする。 社長の座はウマいこと手に入れたのではなく 実力と行動、人望で築き上げたものと 思われます。 2000年以降は複数の子会社や吉本興業の 取締役に就任し、2006年には取締役副社長 2009年には取締役社長に就任し現在に至ります。 プールの約束は何に使った? まだダウンタウンが売れていなかった頃、 大崎社長も仕事がないので、よく松ちゃんと 2人で映画館や銭湯に行っていたそうです。 ある時、2人でプールに行って大崎洋社長が 松ちゃんにかけを持ち掛けた。 「俺が端から端まで息継ぎせんと泳げたら これから先お前がどんだけ売れても、 俺の言うこと1つだけ聞いてくれ」と。 将来、成功すると思っていなかった 松本人志は気軽に了承。 あっさり25mを潜水で泳ぎきった大崎社長 ですが、それから20年以上も何の要求も なく過ぎ去りました。 しかし、ある時松ちゃんがどうしても「うん」 と言わないことがあった時に、 「あの時のプールの約束、今使うわ」 といきなり言い出しました。 苦笑しつつも「分かりました」と了承した 松ちゃん。 大崎洋社長が要求をのませたのは何だったと 思います? それは松ちゃんに禁煙しろという要求でした。 「俺禁煙するから、おまえも禁煙しよう」と。 むちゃむちゃ、いい話じゃないですか。 作ってるんじゃないのと思うぐらい、関西 ノリのええ話ですなぁ。 世界に向けて日本のバラエティを売る 日本のテレビ局は番組のフォーマットを 各国に売ってきましたが、それは売り切り で、版権収入を得てはいなかったために ビジネスモデルとして成立してはいません でした。 しかし欧米では巨額の製作費をかけた 番組を販売し、版権でさらに巨額な 利益を上げている。 このノウハウを得るためにすでに吉本は 米国最大手のタレントエージェンシー CAAと2008年に提携し、世界を対象 とする製作費をかけた番組とアジア向けの シンプルで安価な番組の2つの路線での 販売戦略を展開してきました。 「住みます芸人」とは? 吉本興業では地域の活性化や地域発信を目的 としたプロジェクトを複数立ち上げている そうで「あなたの街に住みますプロジェクト」 はその1つ。 全国47都道府県に「住みます芸人」を居住させ エリア担当社員とともに、笑いの力による 地域活性化を目指しているんだそうです。 モットーは「地域が元気にならないと、 日本は元気にならない」 このバリエーションとして地域の物語を 地域で上演する「よしもとふるさと劇団 プロジェクト」も展開中。 ちっとも知らなかったけど。 さて、これだけではなく「住みます芸人」の アジア版「住みますアジア芸人」というのも すでに展開されているようです。 これは株式会社MCIPホールディングスが アジアでエンタメ事業を展開するための先駆け となるプロジェクトで台湾・タイ・インドネシア マレーシア・ベトナムに9組13人の芸人が 派遣されて、現地で生活しながら日本の エンタメコンテンツの伝道師の役割を果たす というもの。 メンバーはすでに現地入りして生活を始めて います。 MCIPホールディングスとは吉本興業、電通、 ドワンゴ、ソニー・ミュージックエンタテイン メント、滋慶学園、イオンモールの6社の 合弁会社で、日本のコンテンツの発信元であり アジアコンテンツの受け皿でもあるプラット フォーム。 すでに前述の世界戦略の基盤は整ったという ことですね。 大崎洋社長の年収は? お笑いの老舗で、泥臭くあか抜けない印象が あった吉本興業ですが、大崎洋社長の下で 大きな変貌を遂げようとしています。 やり手革新社長はどれほど稼いでいるのか、 気になるところですね。 吉本は売れないうちは月収数千円なんていう 話も聞きますが、社員も薄給で有でした。 大崎社長が東京支社に異動した当時、最初に やったことは給与水準の引き上げだった そうです。 これによって今では40歳で年収1400万円の 実績と言いますから、上には上があるものの 老舗に恥じない額です。 吉本の芸人さんの年収は、 「トップ芸人なら年収10億稼ぐ」 とは大崎洋社長自身の弁。 トップならマージンの割合も変わってくるの でしょうが、吉本のギャラの割合は事務所と 芸人で9:1ですから、年商はかなりいくと 思うんですけどね。 何しろ所属芸人が多いですし。 2013年頃にはジャニーズ事務所は年商700億 吉本は466億円と言われていました。 また、ジャニーズ事務所のジャニー氏は年収 9億と言われています。 所属タレントは圧倒的に吉本が多いのに 年商は下なんですね。 2015年には資本を約125億から1億に減らして 中小企業化したことで危ないんじゃないかと 言われたりもしましたが、アジアはじめ世界 戦略の基盤づくりにかなり投資したせいでは ないかと思われます。 今後それらが回収できるまでは中小企業で 行こうと。 年商からしても、そうした現状からしても ジャニー氏ほど年収を取っているとは 思えませんね。 あくまで推測ですが5億くらい? いやもう少し少ない気もします。 アニメやカワイイ文化でクールジャパン を確立した日本のコンテンツ。 お笑いをはじめとするエンタメコンテンツ でも世界に名をとどろかせてほしいものです。 カテゴリー• 108• 264• 139• 678• 151• 111•

次の

【インタビュー】吉本興業会長・大崎洋氏に聞いた!残りのキャリアでやりたいことは?

大崎 洋

しかし、しばらく掲載された後、その1文が消去されてしまって、現在の大崎会長のウィキペディアを見ても載っていません。 情報自体が間違っていて、大崎会長と高田健志さんは何の関係もないのか、はたまた、吉本にいたら居づらいだろうと、関係を隠したかったのか、他に隠したい理由があったのか。 本当だから消したのか、嘘だから消したのか。 どちらも可能性がありそうですよね。 でも、デマだとしたらどうしてそんなデマが流れたのか分からないですね。 大崎会長ももちろん、本名です。 息子さんだとしたら、なぜ名字が違うのか? 考えられることは3つ。 両親が離婚して、母親に引き取られたため、母方の性を名乗っている。 そもそも籍に入っていない婚外子である。 実の息子だが、会長の息子だと好奇の目にさらされるので、母方の性を名乗っている。 のちに吉本興業を退社していることから考えても親子仲はよくないのかもしれませんね。 俳優になりたいという理由から、吉本興業を退社したのですが、吉本にも俳優さんは所属しています。 芸人さんですが、板尾創路さん、藤井隆さんなどは俳優さんとしても活躍されていますので吉本興業にいたら俳優に慣れない、ということはないはず。 ということは、他になにか理由があって退職したのでしょうか? その後、所属したゼルプロダクションという事務所が倒産してからはフリーの俳優となったようです。 吉本興業には戻らなかったんですね。 高田健志は吉本の会長(大崎洋)の息子?高田健志の伝説とは? 便乗してマホトの動画に高田健志の伝説を投稿してみた。 なんで、そのようなアカウントを作成したのかはわからないのですが、そのツイートの文章が面白く、人気が急上昇したんだとか。 ご本人からもお墨付きをもらったようです。 そうして、色んな人が高田健志の伝説をつぶやくようになっていった、ということのようですね。 外野から見ると、なにが起こっているのか全く理解できず混乱してしまいますが、きっとコメントをしている人たちはずっと前から、このような遊びをしていたから楽しいのかもしれませんね。 いわゆる内輪ネタというやつですかね。 でも、みなさん楽しそうなので、ちょっと羨ましいですw.

次の

大崎洋 ダウンタウン松本に「プールでの約束」要求!その内容とは?

大崎 洋

・名前:大﨑洋(おおさきひろし) ・生年月日:1953年7月28日 ・出身地:大阪府堺市 ・出身大学:関西大学 ・出身高校:大坂府立泉北高校 ・職業:プロデューサー ・役職:吉本興業ホールディングス株式会社会長 大崎洋会長は大学卒業後の1978年に吉本興業に就職しました。 なぜ吉本興業に入社したのかというと 「私服OK」の会社だったからだそうです。 しかも、そのときサーファーだったらしく、ゆったりと自由に生きたいというような性格の人だったんですかね。 また、大崎洋会長は現在吉本興業ではカリスマ的な存在感を放っている人物と吉本社員の出版した本で語られています。 そして、入社してからNSC開校時に ダウンタウンの担当社員になりました。 そこからダウンタウンが一気にスターダムを駆け上がっていきます。 ダウンタウンの東京進出も大崎洋会長の協力を得たものでした。 そのため、ダウンタウンとは 昔からの戦友という感じでしょうか。 若いダウンタウンに大崎洋会長は兄貴のように関わり、一緒に成功の道を駆け抜けたんですね。 そのため、先日のワイドナショーでダウンタウン松本さんが大崎会長が 吉本をやめるなら自分もやめると言ったように、切っても切れない関係になっているのでしょう。 ダウンタウン松本さんの芸人人生に大きな影響を与えた人物なのは間違い無いでしょう。 また、大崎洋会長は過去にダウンタウンと一緒にテレビ出演もしていました。 岡本社長や藤原副社長など歴代のマネージャーも同じようにテレビ出演していて、 ダウンタウンのマネージャーから吉本興業の上層部に出世しているのです。 1978年 吉本興業株式会社に入社 1980年 吉本興業東京支社へ上司の木村政雄と共に異動 1982年 吉本興業東京支社から大阪の吉本総合芸能学院の担当社員へ異動 2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任 2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任 2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任 2006年 吉本興業取締役副社長に就任 2009年 吉本興業代表取締役社長に就任 2019年 吉本興業代表取締役会長に就任 1982年に大阪の吉本総合芸能学院の担当社員になったところが ダウンタウンと出会ったタイミングでしょうか。 そこから18年空いて、吉本興業の子会社である株式会社ファンダンゴの取締役になっていますね。 ダウンタウンを見出して、出世したということがわかると思います。 そのあとはうなぎのぼりに色々な会社の取締役から、社長を経て会長になりました。 大崎洋会長とさんまの関係は? そんな 大崎洋会長と明石家さんまとの関係はどうなのでしょうか。 大崎洋会長と明石家さんまとの間のエピソードには島田紳助の引退に関係したものがありました。 明石家さんまは昔から60歳で芸能界引退すると考えていたそうです。 しかし、吉本の稼ぎ頭のさんまに引退されると吉本興業は困るので、 引退はまだしないでくれと引き留められている状態でした。 そんな中、島田紳助が暴力団と関係を持っているということが明るみにでて、 芸能界引退した際に、さんまは親友の紳助を復帰させたら代わりに俺を引退させてくれと言ったそうです。 島田紳助の引退も吉本にとって大打撃ですので、大崎洋会長はさんまに相談していて、 その時にさんまから提案があったのでしょうか。 そして、さんまは島田紳助が復帰はアリだろうと吹聴して、 世論に島田紳助の復帰は普通にあり得ることだという雰囲気を作ろうとしていたのですが、 結局成功せずに島田紳助が復帰することはありませんでした。 また、さんまは 「先代の林社長には育ててもらった恩があるが、 現在の社長にはお世話になっていないから好きな時に辞めさせてもらう」と言っています。 このことから大崎洋会長とさんまとの関係はダウンタウンのように深いものではないみたいですね。 まとめ 以上、大崎洋会長の経歴、ダウンタウン、明石家さんまとの関係性についてでした。 今後大崎洋会長も会見を行い、姿を見せるのかどうか注目してみましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の