手紙 書き方 縦 書き。 お礼状、案内状、手紙の書き方と例文

手紙の書き方・例文・文例 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート(基本書式)(縦書き)(縦方向)01(丁寧)(ワード Word)

手紙 書き方 縦 書き

最近の人のやり取りはメールなどを使用することがほとんどの割合を占めています。 メールでは、気軽かつ早く自分の意思を伝えることができるため便利です。 しかし、メールでは誠実性が欠けているイメージがあり、ビジネスでは失礼に値する場合が多いです。 特に、自分の気持ちを伝えたい時はメールではなく手紙を書く方法をおすすめします。 しかし、最近の情報のやり取りはスマホやパソコンが多いため、文字を書く機会さえ減っています。 そのため、正しい文章の書き方や手紙の書き方を知らない人が増えています。 手紙の書き方をメールと同じような文章で書いてしまうと相手側に大変失礼になるのでやめましょう。 友達相手なら問題ありませんが、ビジネスでは非常識です。 お礼や感謝を伝える場合 お礼や感謝の意を伝えることはビジネスでは基本中の基本です。 特に、取引会社などに感謝の意を伝えることでより良い関係を長く築くことができます。 人間関係でも同じことがいえますが、一度でも不快な行動や態度を取られると、信頼関係が崩壊する危険性があります。 このことはビジネスの世界でもいえることなどで、感謝の気持ちはその都度伝えることが大切です。 ビジネス社会で感謝の意を伝える場面は、契約してくれた場合や助けてもらった時などです。 特に、初めて契約してもらった時には、お礼の手紙を送ることで自社が誠実で真面目なことを印象付けることが可能です。 感謝の意は電話や直接会って伝えることが最も礼儀正しい方法ですが、相手にも都合があるため、いつでも読むことが手紙が便利です。 基本的な手紙の書き方の構成 前文 前文とは、手紙で一番最初に書く文章のことです。 手紙を書く際に、すぐに本文を書きたくなりますが、前文を書かないとこちら側が焦っていると感じられてしまいます。 急用な場合でもしっかり前文を書くことが必要です。 前文は、挨拶の意味が込められている文章を書くことが望ましいです。 また、相手の近況を伺う言葉を書き、その後に自分の近状を知らせる内容の文章を書きましょう。 この時に注意しなければならないことが、前文が長くなってしまう書き方です。 前文はあくまでも挨拶だけよいので、あまり詳しい近状を伝える必要がありません。 特に手紙を送る相手がビジネスの取引会社の場合は、長い前文は失礼に値します。 そのた、二文程度に抑えることが理想的な書き方です。 頭文字を書く 前文には、頭語を書く必要が必ずあります。 頭語がない前文の書き方では、前文の意味がなくなってしまうため、書き忘れないようにしましょう。 頭語は、拝啓や前略があり、この言葉を知っているものの使いどころが分かっていない場合があります。 そのため、頭語は知っても書き忘れてしまう場合が多いです。 主文 主文とは、手紙を送った理由を書く場所です。 そのため、手紙の重要部分でもあります。 主文の書き出しは「さて」などの言葉を使うように書きましょう。 前文との境であることを示しつつ、ここから本題が始まる事を読み手に伝えることができます。 本文を書く 主文の9割が本文を書くことで、読み手に要件の内容を伝えることができます。 この際注意しなければならないことがあります。 それは、改行や誤字、脱字をしないように心がけることです。 また、前文と末文と違和感がないように書く必要があります。 手紙の書き方が分からずに参考書などをみて書く場合がありますが、そのような時に主文が前後の文章と違和感を感じやすくなります。 その原因は、前文と末文を参考書どおりに書いているからです。 参考書どおりの書き方でも問題はありませんし、特に読み手が不快になることがありません。 そのため、手紙の書き方が分からない場合は、参考書の例文を真似したほうが無難です。 しかし、本文は自分で書く必要があり、文章の雰囲気が変わってしまいます。 文章の雰囲気が違うだけで、前後の文章は形式どおりの書き方をしていることを見破られてしまいます。 末文 末文は、手紙の要件を書き終わった後に書く文章です。 前文と同じように2文程度に納まるような書き方をしましょう。 末文に書く内容は、読み手の健康を祈る言葉や季節を感じさせる一文を付け加えることで、理想的な末文を完成させることができます。 また、頭語とセットの言葉の結語を書くことも忘れないようにしましょう。 結語と頭語はセットで使う事が決まっているため、違うセットの頭語・結語を使った書き方をしないようにしましょう。 前文・主文・末文の全てを上手く書くことができていも、結語と頭語のセットを間違って書いてしまうと全て台無しです。 そのため、手紙を書く時は最後まで油断せずに書き終えることを必要です。 後付け 後付けとは、手紙を書いた日付と差出人の名前、宛先の名前を書くことです。 後付けに日付と自分の名前を書くことを把握している人も多いですが、宛先名を書かない場合があります。 しかし、そのような書き方では読み手に大変失礼な行動をしているため、必ず忘れないようにしましょう。 また、宛先名の書き方のコツは、本文と少し太い文字で書くことです。 宛先名を太くすることで、読み手の名前を強調することができます。 そのため、宛先の人物を一番上の存在であることを意思づけることができます。 宛先名を書く前に役職名もしっかり書くようにしましょう。 役職名を示すことで、差出人と受取人の関係を認識することができます。 当然ですが、宛先名はフルネームで書き、名前の最後には「様」を付けましょう。 副文 副文とは、主文で書き忘れた内容を補うための文章です。 文章の始まりに「追伸」という言葉を付けてから書き始めることが一般的です。 しかし、副文は手紙の書き方を学ぶ際に注意点があります。 それは、受取人との関係によって副文を書くことは失礼に値する場合があることです。 副文は、親しい人との手紙に使われることが一般的なため、ビジネスで使うと失礼です。 副文に書かれることは主文で書き忘れた内容なため、「書き忘れた」とう印象はビジネス界では良くないことです。 実際の仕事でも忘れることがあると印象付けられるため、ビジネスで手紙を書く場合は副文は書かずに後付けで終わるように心がけましょう。 横書きでの手紙の書き方は? 手紙を横書きの書き方をする場合は、補助線が書かれている便せんを選びましょう。 補助線とは、文章を綺麗に書くために引かれている薄いラインのことです。 横書き専用の便せんには横のラインがあり、縦書きの補助線には縦のラインが書かれています。 便せんにはさまざまな種類があり、補助線がない場合があります。 しかし、補助線がない便せんに手紙の書き方さえ分からなかった人が書こうとしてしまうとバランスが悪い文章になります。 バランスが悪い文章とは内容のことではなく文章全体のバランスのことです。 補助線がないと文章を書いているとまっすぐに書くことが難しいです。 個人差はありますが、横書きの場合は、右上がりや右下がりに書いてしまいがちです。 これを治そうとしてもバランスよく書くことは難しく、補助線がある便せんを使用することをおすすめします。 縦書きでの手紙の書き方は? 日本人の多くが右手が効き手です。 そのため、縦書きで手紙を書こうとすると便せんや手が汚れてしまう可能性が高いです。 縦書きの場合は、右から左に向かって書くため、書いた文字を手で擦ってしまいがちになり、手紙を書き終わると手が真っ黒に汚れてしまっていることが多いです。 手が汚れていることは手紙自体も汚れているため、そのままでは送ることができません。 ビジネスで手紙を書く場合は、ボールペンや筆ペンですが、最近ではパソコンで作った文章を印刷する場合が多いです。 パソコンで印刷する場合は、手も手紙も汚れることはありませんが、人間味が味わえない手紙になります。 直筆で手紙を書くことで、受取人により強い意志を伝えることができます。 縦書きを直筆で書く場合は、インクが乾きやすいペンを選ぶことで、汚れることを防いでくれます。 手紙の書き方の例文を知ることで、ある程度の常識を身に付けることができます。 手紙の書き方の例文は参考書などに書かれていることが多いですが、それをそのまま真似てしまうとオリジナリティを感じることができません。 書き慣れるまでは例文どおりに書くことが無難ですが、手紙の書き方にも慣れることで、自分で例文を変えることも可能です。 例文が使える場所は、前文と末文だけです。 主文と後付けは、自分で文章を考えたり、状況に合わせて変える必要があるので、例文は役に立ちません。 次に、前文と末文の例文を紹介します 前文の例文 前文には季節を表す語句を入れる必要があるため、前文の例文も季節によって変わります。 「拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」この例文は夏の季節に手紙を送る場合の前文として使う事ができます。 また、上記の「盛夏の候」を「厳寒の候」に変えるだけで冬の季節に使える前文にすることが可能です。 末文の例文 前文に季語を入れるように末文にも季語を入れることで、より宛先人への配慮の気持ちを伝えることができます。 「炎暑の毎日ですが、夏負けなどなさらないようお祈り申しあげます。 」という末文を加えることで、毎日暑いですが、熱中症などに気を付けてくださいという意味を込めることができます。 拝啓には敬具を使おう 例文のように拝啓と使った場合は、文末には「敬具」を使うようにしましょう。 前略には草々を使おう 頭語には、拝啓の他に前略があります。 前略を頭語に使用する場合は結語を草々にする決まりがあります。 そのため、組み合わせをしっかり覚えておきましょう。 先生への手紙の書き方は? ビジネス以外に手紙を書く機会は、先生などに現状を報告する場合が多いです。 特に、結婚報告などをする時には、メールではなく手紙で伝えることが大切です。 メールでも伝えることはできますが、嬉しい気持ちを伝えきれない場合があります。 また、先生のアドレスを知らないと送ることができません。 先生との関係で書き分ける 先生への手紙の書き方は、先生との関係で書き分けても問題ありません。 そのため、手紙を書き始める前に先生との関係を考えて書き方も変えましょう。 親しい場合 先生と親しい場合は、形式にそって手紙を書く必要はありません。 そのため、普段話しているような文面の書き方をしても問題ありません。 形式ばった書き方では、二人の距離を互いに感じてしまうため、思ったように手紙を書く方が相手に内容を伝えることができます。 恩師の場合.

次の

【縦・横書き別】始末書の書き方と例文|事故/社内/介護

手紙 書き方 縦 書き

最近の人のやり取りはメールなどを使用することがほとんどの割合を占めています。 メールでは、気軽かつ早く自分の意思を伝えることができるため便利です。 しかし、メールでは誠実性が欠けているイメージがあり、ビジネスでは失礼に値する場合が多いです。 特に、自分の気持ちを伝えたい時はメールではなく手紙を書く方法をおすすめします。 しかし、最近の情報のやり取りはスマホやパソコンが多いため、文字を書く機会さえ減っています。 そのため、正しい文章の書き方や手紙の書き方を知らない人が増えています。 手紙の書き方をメールと同じような文章で書いてしまうと相手側に大変失礼になるのでやめましょう。 友達相手なら問題ありませんが、ビジネスでは非常識です。 お礼や感謝を伝える場合 お礼や感謝の意を伝えることはビジネスでは基本中の基本です。 特に、取引会社などに感謝の意を伝えることでより良い関係を長く築くことができます。 人間関係でも同じことがいえますが、一度でも不快な行動や態度を取られると、信頼関係が崩壊する危険性があります。 このことはビジネスの世界でもいえることなどで、感謝の気持ちはその都度伝えることが大切です。 ビジネス社会で感謝の意を伝える場面は、契約してくれた場合や助けてもらった時などです。 特に、初めて契約してもらった時には、お礼の手紙を送ることで自社が誠実で真面目なことを印象付けることが可能です。 感謝の意は電話や直接会って伝えることが最も礼儀正しい方法ですが、相手にも都合があるため、いつでも読むことが手紙が便利です。 基本的な手紙の書き方の構成 前文 前文とは、手紙で一番最初に書く文章のことです。 手紙を書く際に、すぐに本文を書きたくなりますが、前文を書かないとこちら側が焦っていると感じられてしまいます。 急用な場合でもしっかり前文を書くことが必要です。 前文は、挨拶の意味が込められている文章を書くことが望ましいです。 また、相手の近況を伺う言葉を書き、その後に自分の近状を知らせる内容の文章を書きましょう。 この時に注意しなければならないことが、前文が長くなってしまう書き方です。 前文はあくまでも挨拶だけよいので、あまり詳しい近状を伝える必要がありません。 特に手紙を送る相手がビジネスの取引会社の場合は、長い前文は失礼に値します。 そのた、二文程度に抑えることが理想的な書き方です。 頭文字を書く 前文には、頭語を書く必要が必ずあります。 頭語がない前文の書き方では、前文の意味がなくなってしまうため、書き忘れないようにしましょう。 頭語は、拝啓や前略があり、この言葉を知っているものの使いどころが分かっていない場合があります。 そのため、頭語は知っても書き忘れてしまう場合が多いです。 主文 主文とは、手紙を送った理由を書く場所です。 そのため、手紙の重要部分でもあります。 主文の書き出しは「さて」などの言葉を使うように書きましょう。 前文との境であることを示しつつ、ここから本題が始まる事を読み手に伝えることができます。 本文を書く 主文の9割が本文を書くことで、読み手に要件の内容を伝えることができます。 この際注意しなければならないことがあります。 それは、改行や誤字、脱字をしないように心がけることです。 また、前文と末文と違和感がないように書く必要があります。 手紙の書き方が分からずに参考書などをみて書く場合がありますが、そのような時に主文が前後の文章と違和感を感じやすくなります。 その原因は、前文と末文を参考書どおりに書いているからです。 参考書どおりの書き方でも問題はありませんし、特に読み手が不快になることがありません。 そのため、手紙の書き方が分からない場合は、参考書の例文を真似したほうが無難です。 しかし、本文は自分で書く必要があり、文章の雰囲気が変わってしまいます。 文章の雰囲気が違うだけで、前後の文章は形式どおりの書き方をしていることを見破られてしまいます。 末文 末文は、手紙の要件を書き終わった後に書く文章です。 前文と同じように2文程度に納まるような書き方をしましょう。 末文に書く内容は、読み手の健康を祈る言葉や季節を感じさせる一文を付け加えることで、理想的な末文を完成させることができます。 また、頭語とセットの言葉の結語を書くことも忘れないようにしましょう。 結語と頭語はセットで使う事が決まっているため、違うセットの頭語・結語を使った書き方をしないようにしましょう。 前文・主文・末文の全てを上手く書くことができていも、結語と頭語のセットを間違って書いてしまうと全て台無しです。 そのため、手紙を書く時は最後まで油断せずに書き終えることを必要です。 後付け 後付けとは、手紙を書いた日付と差出人の名前、宛先の名前を書くことです。 後付けに日付と自分の名前を書くことを把握している人も多いですが、宛先名を書かない場合があります。 しかし、そのような書き方では読み手に大変失礼な行動をしているため、必ず忘れないようにしましょう。 また、宛先名の書き方のコツは、本文と少し太い文字で書くことです。 宛先名を太くすることで、読み手の名前を強調することができます。 そのため、宛先の人物を一番上の存在であることを意思づけることができます。 宛先名を書く前に役職名もしっかり書くようにしましょう。 役職名を示すことで、差出人と受取人の関係を認識することができます。 当然ですが、宛先名はフルネームで書き、名前の最後には「様」を付けましょう。 副文 副文とは、主文で書き忘れた内容を補うための文章です。 文章の始まりに「追伸」という言葉を付けてから書き始めることが一般的です。 しかし、副文は手紙の書き方を学ぶ際に注意点があります。 それは、受取人との関係によって副文を書くことは失礼に値する場合があることです。 副文は、親しい人との手紙に使われることが一般的なため、ビジネスで使うと失礼です。 副文に書かれることは主文で書き忘れた内容なため、「書き忘れた」とう印象はビジネス界では良くないことです。 実際の仕事でも忘れることがあると印象付けられるため、ビジネスで手紙を書く場合は副文は書かずに後付けで終わるように心がけましょう。 横書きでの手紙の書き方は? 手紙を横書きの書き方をする場合は、補助線が書かれている便せんを選びましょう。 補助線とは、文章を綺麗に書くために引かれている薄いラインのことです。 横書き専用の便せんには横のラインがあり、縦書きの補助線には縦のラインが書かれています。 便せんにはさまざまな種類があり、補助線がない場合があります。 しかし、補助線がない便せんに手紙の書き方さえ分からなかった人が書こうとしてしまうとバランスが悪い文章になります。 バランスが悪い文章とは内容のことではなく文章全体のバランスのことです。 補助線がないと文章を書いているとまっすぐに書くことが難しいです。 個人差はありますが、横書きの場合は、右上がりや右下がりに書いてしまいがちです。 これを治そうとしてもバランスよく書くことは難しく、補助線がある便せんを使用することをおすすめします。 縦書きでの手紙の書き方は? 日本人の多くが右手が効き手です。 そのため、縦書きで手紙を書こうとすると便せんや手が汚れてしまう可能性が高いです。 縦書きの場合は、右から左に向かって書くため、書いた文字を手で擦ってしまいがちになり、手紙を書き終わると手が真っ黒に汚れてしまっていることが多いです。 手が汚れていることは手紙自体も汚れているため、そのままでは送ることができません。 ビジネスで手紙を書く場合は、ボールペンや筆ペンですが、最近ではパソコンで作った文章を印刷する場合が多いです。 パソコンで印刷する場合は、手も手紙も汚れることはありませんが、人間味が味わえない手紙になります。 直筆で手紙を書くことで、受取人により強い意志を伝えることができます。 縦書きを直筆で書く場合は、インクが乾きやすいペンを選ぶことで、汚れることを防いでくれます。 手紙の書き方の例文を知ることで、ある程度の常識を身に付けることができます。 手紙の書き方の例文は参考書などに書かれていることが多いですが、それをそのまま真似てしまうとオリジナリティを感じることができません。 書き慣れるまでは例文どおりに書くことが無難ですが、手紙の書き方にも慣れることで、自分で例文を変えることも可能です。 例文が使える場所は、前文と末文だけです。 主文と後付けは、自分で文章を考えたり、状況に合わせて変える必要があるので、例文は役に立ちません。 次に、前文と末文の例文を紹介します 前文の例文 前文には季節を表す語句を入れる必要があるため、前文の例文も季節によって変わります。 「拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」この例文は夏の季節に手紙を送る場合の前文として使う事ができます。 また、上記の「盛夏の候」を「厳寒の候」に変えるだけで冬の季節に使える前文にすることが可能です。 末文の例文 前文に季語を入れるように末文にも季語を入れることで、より宛先人への配慮の気持ちを伝えることができます。 「炎暑の毎日ですが、夏負けなどなさらないようお祈り申しあげます。 」という末文を加えることで、毎日暑いですが、熱中症などに気を付けてくださいという意味を込めることができます。 拝啓には敬具を使おう 例文のように拝啓と使った場合は、文末には「敬具」を使うようにしましょう。 前略には草々を使おう 頭語には、拝啓の他に前略があります。 前略を頭語に使用する場合は結語を草々にする決まりがあります。 そのため、組み合わせをしっかり覚えておきましょう。 先生への手紙の書き方は? ビジネス以外に手紙を書く機会は、先生などに現状を報告する場合が多いです。 特に、結婚報告などをする時には、メールではなく手紙で伝えることが大切です。 メールでも伝えることはできますが、嬉しい気持ちを伝えきれない場合があります。 また、先生のアドレスを知らないと送ることができません。 先生との関係で書き分ける 先生への手紙の書き方は、先生との関係で書き分けても問題ありません。 そのため、手紙を書き始める前に先生との関係を考えて書き方も変えましょう。 親しい場合 先生と親しい場合は、形式にそって手紙を書く必要はありません。 そのため、普段話しているような文面の書き方をしても問題ありません。 形式ばった書き方では、二人の距離を互いに感じてしまうため、思ったように手紙を書く方が相手に内容を伝えることができます。 恩師の場合.

次の

宛名の書き方(封筒)

手紙 書き方 縦 書き

最近の人のやり取りはメールなどを使用することがほとんどの割合を占めています。 メールでは、気軽かつ早く自分の意思を伝えることができるため便利です。 しかし、メールでは誠実性が欠けているイメージがあり、ビジネスでは失礼に値する場合が多いです。 特に、自分の気持ちを伝えたい時はメールではなく手紙を書く方法をおすすめします。 しかし、最近の情報のやり取りはスマホやパソコンが多いため、文字を書く機会さえ減っています。 そのため、正しい文章の書き方や手紙の書き方を知らない人が増えています。 手紙の書き方をメールと同じような文章で書いてしまうと相手側に大変失礼になるのでやめましょう。 友達相手なら問題ありませんが、ビジネスでは非常識です。 お礼や感謝を伝える場合 お礼や感謝の意を伝えることはビジネスでは基本中の基本です。 特に、取引会社などに感謝の意を伝えることでより良い関係を長く築くことができます。 人間関係でも同じことがいえますが、一度でも不快な行動や態度を取られると、信頼関係が崩壊する危険性があります。 このことはビジネスの世界でもいえることなどで、感謝の気持ちはその都度伝えることが大切です。 ビジネス社会で感謝の意を伝える場面は、契約してくれた場合や助けてもらった時などです。 特に、初めて契約してもらった時には、お礼の手紙を送ることで自社が誠実で真面目なことを印象付けることが可能です。 感謝の意は電話や直接会って伝えることが最も礼儀正しい方法ですが、相手にも都合があるため、いつでも読むことが手紙が便利です。 基本的な手紙の書き方の構成 前文 前文とは、手紙で一番最初に書く文章のことです。 手紙を書く際に、すぐに本文を書きたくなりますが、前文を書かないとこちら側が焦っていると感じられてしまいます。 急用な場合でもしっかり前文を書くことが必要です。 前文は、挨拶の意味が込められている文章を書くことが望ましいです。 また、相手の近況を伺う言葉を書き、その後に自分の近状を知らせる内容の文章を書きましょう。 この時に注意しなければならないことが、前文が長くなってしまう書き方です。 前文はあくまでも挨拶だけよいので、あまり詳しい近状を伝える必要がありません。 特に手紙を送る相手がビジネスの取引会社の場合は、長い前文は失礼に値します。 そのた、二文程度に抑えることが理想的な書き方です。 頭文字を書く 前文には、頭語を書く必要が必ずあります。 頭語がない前文の書き方では、前文の意味がなくなってしまうため、書き忘れないようにしましょう。 頭語は、拝啓や前略があり、この言葉を知っているものの使いどころが分かっていない場合があります。 そのため、頭語は知っても書き忘れてしまう場合が多いです。 主文 主文とは、手紙を送った理由を書く場所です。 そのため、手紙の重要部分でもあります。 主文の書き出しは「さて」などの言葉を使うように書きましょう。 前文との境であることを示しつつ、ここから本題が始まる事を読み手に伝えることができます。 本文を書く 主文の9割が本文を書くことで、読み手に要件の内容を伝えることができます。 この際注意しなければならないことがあります。 それは、改行や誤字、脱字をしないように心がけることです。 また、前文と末文と違和感がないように書く必要があります。 手紙の書き方が分からずに参考書などをみて書く場合がありますが、そのような時に主文が前後の文章と違和感を感じやすくなります。 その原因は、前文と末文を参考書どおりに書いているからです。 参考書どおりの書き方でも問題はありませんし、特に読み手が不快になることがありません。 そのため、手紙の書き方が分からない場合は、参考書の例文を真似したほうが無難です。 しかし、本文は自分で書く必要があり、文章の雰囲気が変わってしまいます。 文章の雰囲気が違うだけで、前後の文章は形式どおりの書き方をしていることを見破られてしまいます。 末文 末文は、手紙の要件を書き終わった後に書く文章です。 前文と同じように2文程度に納まるような書き方をしましょう。 末文に書く内容は、読み手の健康を祈る言葉や季節を感じさせる一文を付け加えることで、理想的な末文を完成させることができます。 また、頭語とセットの言葉の結語を書くことも忘れないようにしましょう。 結語と頭語はセットで使う事が決まっているため、違うセットの頭語・結語を使った書き方をしないようにしましょう。 前文・主文・末文の全てを上手く書くことができていも、結語と頭語のセットを間違って書いてしまうと全て台無しです。 そのため、手紙を書く時は最後まで油断せずに書き終えることを必要です。 後付け 後付けとは、手紙を書いた日付と差出人の名前、宛先の名前を書くことです。 後付けに日付と自分の名前を書くことを把握している人も多いですが、宛先名を書かない場合があります。 しかし、そのような書き方では読み手に大変失礼な行動をしているため、必ず忘れないようにしましょう。 また、宛先名の書き方のコツは、本文と少し太い文字で書くことです。 宛先名を太くすることで、読み手の名前を強調することができます。 そのため、宛先の人物を一番上の存在であることを意思づけることができます。 宛先名を書く前に役職名もしっかり書くようにしましょう。 役職名を示すことで、差出人と受取人の関係を認識することができます。 当然ですが、宛先名はフルネームで書き、名前の最後には「様」を付けましょう。 副文 副文とは、主文で書き忘れた内容を補うための文章です。 文章の始まりに「追伸」という言葉を付けてから書き始めることが一般的です。 しかし、副文は手紙の書き方を学ぶ際に注意点があります。 それは、受取人との関係によって副文を書くことは失礼に値する場合があることです。 副文は、親しい人との手紙に使われることが一般的なため、ビジネスで使うと失礼です。 副文に書かれることは主文で書き忘れた内容なため、「書き忘れた」とう印象はビジネス界では良くないことです。 実際の仕事でも忘れることがあると印象付けられるため、ビジネスで手紙を書く場合は副文は書かずに後付けで終わるように心がけましょう。 横書きでの手紙の書き方は? 手紙を横書きの書き方をする場合は、補助線が書かれている便せんを選びましょう。 補助線とは、文章を綺麗に書くために引かれている薄いラインのことです。 横書き専用の便せんには横のラインがあり、縦書きの補助線には縦のラインが書かれています。 便せんにはさまざまな種類があり、補助線がない場合があります。 しかし、補助線がない便せんに手紙の書き方さえ分からなかった人が書こうとしてしまうとバランスが悪い文章になります。 バランスが悪い文章とは内容のことではなく文章全体のバランスのことです。 補助線がないと文章を書いているとまっすぐに書くことが難しいです。 個人差はありますが、横書きの場合は、右上がりや右下がりに書いてしまいがちです。 これを治そうとしてもバランスよく書くことは難しく、補助線がある便せんを使用することをおすすめします。 縦書きでの手紙の書き方は? 日本人の多くが右手が効き手です。 そのため、縦書きで手紙を書こうとすると便せんや手が汚れてしまう可能性が高いです。 縦書きの場合は、右から左に向かって書くため、書いた文字を手で擦ってしまいがちになり、手紙を書き終わると手が真っ黒に汚れてしまっていることが多いです。 手が汚れていることは手紙自体も汚れているため、そのままでは送ることができません。 ビジネスで手紙を書く場合は、ボールペンや筆ペンですが、最近ではパソコンで作った文章を印刷する場合が多いです。 パソコンで印刷する場合は、手も手紙も汚れることはありませんが、人間味が味わえない手紙になります。 直筆で手紙を書くことで、受取人により強い意志を伝えることができます。 縦書きを直筆で書く場合は、インクが乾きやすいペンを選ぶことで、汚れることを防いでくれます。 手紙の書き方の例文を知ることで、ある程度の常識を身に付けることができます。 手紙の書き方の例文は参考書などに書かれていることが多いですが、それをそのまま真似てしまうとオリジナリティを感じることができません。 書き慣れるまでは例文どおりに書くことが無難ですが、手紙の書き方にも慣れることで、自分で例文を変えることも可能です。 例文が使える場所は、前文と末文だけです。 主文と後付けは、自分で文章を考えたり、状況に合わせて変える必要があるので、例文は役に立ちません。 次に、前文と末文の例文を紹介します 前文の例文 前文には季節を表す語句を入れる必要があるため、前文の例文も季節によって変わります。 「拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」この例文は夏の季節に手紙を送る場合の前文として使う事ができます。 また、上記の「盛夏の候」を「厳寒の候」に変えるだけで冬の季節に使える前文にすることが可能です。 末文の例文 前文に季語を入れるように末文にも季語を入れることで、より宛先人への配慮の気持ちを伝えることができます。 「炎暑の毎日ですが、夏負けなどなさらないようお祈り申しあげます。 」という末文を加えることで、毎日暑いですが、熱中症などに気を付けてくださいという意味を込めることができます。 拝啓には敬具を使おう 例文のように拝啓と使った場合は、文末には「敬具」を使うようにしましょう。 前略には草々を使おう 頭語には、拝啓の他に前略があります。 前略を頭語に使用する場合は結語を草々にする決まりがあります。 そのため、組み合わせをしっかり覚えておきましょう。 先生への手紙の書き方は? ビジネス以外に手紙を書く機会は、先生などに現状を報告する場合が多いです。 特に、結婚報告などをする時には、メールではなく手紙で伝えることが大切です。 メールでも伝えることはできますが、嬉しい気持ちを伝えきれない場合があります。 また、先生のアドレスを知らないと送ることができません。 先生との関係で書き分ける 先生への手紙の書き方は、先生との関係で書き分けても問題ありません。 そのため、手紙を書き始める前に先生との関係を考えて書き方も変えましょう。 親しい場合 先生と親しい場合は、形式にそって手紙を書く必要はありません。 そのため、普段話しているような文面の書き方をしても問題ありません。 形式ばった書き方では、二人の距離を互いに感じてしまうため、思ったように手紙を書く方が相手に内容を伝えることができます。 恩師の場合.

次の