三菱ufj銀行 カードローン。 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の返済方法と最低返済額!バンクイックの返済が出来ない時の対処法

カードローンについて

三菱ufj銀行 カードローン

【ローン規定】 第1条(借主と契約の成立) 1. 借主とは、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」ローン規定(以下「ローン規定」という。 )および三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」カード規定(以下「カード規定」という。 )を承認のうえ(以下ローン規定とカード規定をあわせて「本規定」という。 )、アコム株式会社(以下「保証会社」という。 )を連帯保証人として、株式会社三菱UFJ銀行(以下「当行」という。 )に所定の申込方法により三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の契約(以下「基本契約」という。 )の申し込みをし、当行が審査のうえ申し込みを認めた方をいいます。 基本契約は、借主からの申し込みを当行が承諾したときに成立し、本規定は基本契約の内容を構成するものとします。 第2条(取引方法) 1. 基本契約に基づく取引(以下「この取引」という。 )は、当行の第二リテールアカウント支店で開設するこの取引専用の当座勘定を利用する当座貸越取引とし、小切手・手形の振り出しあるいは引き受け、公共料金等の自動支払いは行わないものとします。 この取引は、第5条および第7条に定める方法での当座貸越金の入出金により行うこととします。 この取引に使用する当行所定の機器に障害が生じた場合その他相当の事由のある場合は、この取引を一時的に中止する場合があります。 また、当行に故意、重大な過失がない場合には、当行は免責されるものとします。 第3条(利用限度額) 1. 借主は、基本契約の利用限度額の範囲内で繰り返しこの取引による借り入れができるものとします。 基本契約の利用限度額は、当行が決定します。 第2項にかかわらず、当行が債権保全上必要と認めたときは、この取引の利用限度額を減額(新たな貸付を中止することを含む。 以下同じ。 )できるものとします。 第3項により利用限度額を減額した後に、減額事由が解消しかつ当行が相当と認めた場合には、当該減額事由により減額されていた範囲内で利用限度額を増額することができます。 第4条(取引期間) 1. 基本契約に基づきこの取引を行う期間は、基本契約成立の日から1年間とします。 ただし期間満了日の前日までに当事者の一方から別段の意思表示がない場合には、この期間はさらに同期間延長するものとし、以後も同様とします。 なお、当行は、満70歳以上となる借主に対して、期間延長しない旨の意思表示をすることがあります。 期間満了日の前日までに当事者の一方から期間を延長しない旨の申し出がなされた場合は次によることとします。 1 貸越元金・貸越金利息・遅延損害金等(以下「貸越元利金等」という。 )は本規定の各条項にしたがい返済し、貸越元利金等が完済された日に基本契約は当然に解約されるものとします。 2 期間満了日に貸越元利金等がない場合は期間満了日の翌日に基本契約は当然に解約されるものとします。 3 期間満了日の翌日以降は基本契約による当座貸越は受けられません。 第5条(借入方法) この取引による借り入れは、以下の方法によるものとします。 1 借主が、カード規定の定めるところにより当行の現金自動支払機(現金自動預入払出兼用機(以下「預入払出機」という。 )を含む。 )を使用して出金する方法。 2 当行が認めた場合に限り、借主が、当行所定の方法による届出により指定した当行の借主名義の普通預金口座(以下「指定口座」という。 )に当座貸越の代わり金を入金するよう当行に依頼し、当行が指定口座に対して当座貸越代わり金を入金する方法。 3 その他当行が認めた方法。 第6条(貸越利率等) 1. この取引の貸越利率は当行所定の利率(この取引のために当行が負担する保証会社の保証料相当額を含む年率。 以下「貸越利率」という。 )とします。 貸越金の利息の計算方法は、付利単位を1円とし、貸越利率により1年を365日とし、日割で計算します。 金融情勢の変化その他相当の事由がある場合には、当行は貸越利率を一般に行われる程度のものに変更することができるものとします。 この変更の内容は、当行の本支店等に掲示するものとし、借主への通知は不要とします。 当行は貸越利率を、当行所定の基準および方法により優遇することができます。 この場合、当行はいつでもその優遇の取り扱いを中止することができます。 本項による貸越利率の変更については、借主より照会があれば、第二リテールアカウント支店が回答するものとします。 第7条(返済方法) この取引の返済は以下の方法によるものとします。 1 預入払出機による当座勘定への入金 カード規定の定めるところにより、当行の預入払出機を使用して当座勘定に入金する方法。 2 振込返済 当行が指定した口座への振込による方法。 )を支払うために、第8条第1項 2 号に基づく返済期日(以下「各約定返済日」という。 )までに、毎回の約定返済額を、借主が別途指定する当行の借主名義の普通預金口座(以下「返済用預金口座」という。 )に預け入れる方法。 この方法による場合、当行は、各約定返済日に普通預金払戻請求書によらず、返済用預金口座から払い戻しのうえ、毎回の返済にあてるものとします(第12条に該当する場合を除く)。 なお、約定返済日の翌日以降、約定返済額が返済用預金口座に入金されても、当該約定返済日にかかる約定返済に関しては、返済用預金口座からの払い戻しによる自動支払いはできないものとします。 第8条(返済期日) 1. この取引による当座貸越の返済期日は、次の各号のいずれかとし、返済期日における約定返済額の支払いを約定返済ということとします。 1 35日ごとの返済 新規に借り入れた場合(借入時点においてこの取引の貸越元利金等がない場合。 貸越元利金等が1千円未満で第3項により返済期日が定められていない場合の追加借入を含む。 )の返済期日は、借入日の翌日から起算して35日目とします。 2回目以降の返済期日は、直前に約定返済額の支払いをした日の翌日から起算して35日目とします。 また、追加借入をしても返済期日は変わらないものとします。 なお、返済期日が当行の休日の場合には、その日の翌営業日を返済期日とします。 2 毎月指定日返済 借主の希望する毎月の一定期日(以下「指定日」という。 )とします。 なお、指定日が当行の休日の場合には、その日の翌営業日を返済期日とします。 借主は、返済期日前であっても預入払出機または振込返済による約定返済額の支払いができるものとします。 この場合の次回返済期日は次の各号のとおりとします。 1 35日ごとの返済 返済期日前の支払いをした日の翌日から起算して35日目とします。 なお、返済期日が当行の休日の場合には、その日の翌営業日を返済期日とします。 2 毎月指定日返済 返済期日前の支払いをした日の翌日から起算して45日間の内、より後の指定日が返済期日となります。 なお、指定日が当行の休日の場合には、その日の翌営業日を返済期日とします。 貸越元利金等が1千円未満となった場合は、返済方法が自動支払いの場合および特に当行が指定する場合を除き、約定返済の対象外としますので、残額は預入払出機による入金または振込返済により早めにご返済ください。 第9条(約定返済額) 1. 第8条第1項による返済における各回の約定返済額は、借入金額(貸越元金を指し、追加借入をしたときは、その直前の貸越元金の残高と追加貸越元金の額との合計とする。 以下同じ。 )に応じて次のとおりとします。 1 第6条に基づく貸越利率が15. 0%以上の借主の約定返済額 借入金額 約定返済額 3千円未満 貸越元利金等全額。 ただし、貸越元利金等全額が3千円を超える場合は3千円。 また、第7条 1 号に定める預入払出機を利用し約定返済を行なう場合は、約定返済額の1千円単位未満を切り捨て1千円単位(2千円超3千円未満の場合2千円、1千円超2千円未満の場合1千円)で返済した場合も約定返済があったものとして取り扱います。 3千円以上 10万円以下 3千円 10万円超 20万円以下 6千円 20万円超の場合 借入金額が10万円増すごとに3千円を追加(例:20万円超30万円以下の場合9千円、30万円超40万円以下の場合1万2千円) 上記返済金額が利息額に満たないときは、利息額とします。 2 第6条に基づく貸越利率が15. 1%以下の借主の場合。 なお、平成25年3月25日より前に基本契約を締結し、第6条に基づく貸越利率が8. 1%以下の借主であって、当行が約定返済額の変更を審査のうえ認めた場合も同様とする。 借入金額 約定返済額 1千円未満 貸越元利金等全額。 ただし、貸越元利金等全額が1千円を超える場合は1千円。 1千円以上 10万円以下 1千円 10万円超 20万円以下 2千円 20万円超の場合 借入金額が10万円増すごとに1千円を追加(例:20万円超30万円以下の場合3千円、30万円超40万円以下の場合4千円) 上記返済金額が利息額に満たないときは、利息額とします。 ただし、貸越元利金等全額が2千円を超える場合は2千円。 また、第7条 1 号に定める預入払出機を利用し約定返済を行なう場合で、貸越元利金等全額が1千円超2千円未満の場合は、1千円で返済した場合も約定返済があったものとして取り扱います。 2千円以上 10万円以下 2千円 10万円超 20万円以下 4千円 20万円超の場合 借入金額が10万円増すごとに2千円を追加(例:20万円超30万円以下の場合6千円、30万円超40万円以下の場合8千円) 上記返済金額が利息額に満たないときは、利息額とします。 各回の約定返済額は最少の返済金額とし、約定返済額を超える返済を妨げないものとします。 この場合、約定返済額との差額は貸越元金の返済に充当します。 第2項にかかわらず、第7条 2 号の振込返済により第1項に定める約定返済額未満の振込がされた場合は、当該振込金を返済金として取り扱うこととします。 ただし、この場合には、従前の約定返済額および返済期日の変更は行いません。 約定返済の全部または一部を延滞したときは、第1項に定める約定返済額に遅延損害金を加えた額を返済金額とします。 第10条(返済金の充当方法) 借主の返済金は、利息適用外残高・遅延損害金・利息・貸越元金の順に充当します。 利息適用外残高とは、預入払出機等での返済後の借入金額の残高が1千円未満になるときに、利息が付かない残高としてお取り扱いする金額です。 第11条(遅延損害金) 1. 借主が約定返済額の支払いを遅滞したときは、当行所定の遅延損害金を支払うものとします。 遅延損害金の計算方法は、遅延損害金年率(保証会社の保証料を含む年率。 )により1年を365日とし、日割で計算します。 第12条(即時支払) 1. 次の各号の事由が一つでも生じた場合には、当行からの通知、催告がなくても貸越元利金等の全額について弁済期が到来するものとし、借主は直ちに貸越元利金等を支払うものとします。 1 第8条および第9条の規定する返済を遅延し、相当な期間を定めてその支払いを書面で催告されたにもかかわらず、その期間内に支払わなかったとき。 2 保証会社から保証の中止または解約の申し出があったとき。 3 支払いの停止または破産、民事再生手続開始の申し立てがあったとき、あるいは申立予定であることを当行が知ったとき。 4 手形交換所の取引停止処分を受けたとき。 5 預金その他当行に対する債権について仮差押または差押の命令、通知が発送されたとき。 6 借主が住所変更の届出を怠るなどの借主の責めに帰すべき事由によって当行に借主の所在が不明となり、当行から借主に宛てた通知が届出の住所に到達しなくなったとき。 借主は次の各号の事由が一つでも生じた場合には、当行からの請求があり次第、貸越元利金等の全額について弁済期が到来するものとし、直ちに貸越元利金等の全額を支払うものとします。 1 当行に対する債務の一つでも期限に履行しなかったとき。 2 当行との取引規定に違反し、それが債権保全を必要とする相当の事由に該当していると認められるとき。 3 借主が当行との取引上の他の債務について期限の利益を失ったとき。 4 この契約に関し、当行に届け出た内容または提出資料に虚偽があると認められたとき。 5 借主が開設した当行預金口座の規定に基づき、当行が当該口座を解約できる事由が発生し、解約通知を発信したとき。 6 前各号のほか、借主の信用状態に著しい変動を生じるなど貸越元利金等の返済ができなくなるおそれのある相当の事由が生じた場合。 前項の場合において、住所変更の届出を怠る、あるいは当行からの請求を受理しないなど本人の責めに帰すべき事由により、請求が延着しまたは到着しなかった場合は、通常到着すべきときに期限の利益が失われたものとします。 第13条(保証会社への保証債務履行請求) 1. 第12条により、借主に貸越元利金等全額の返済義務が生じた場合には、当行は保証会社に対して貸越元利金等全額の返済を請求することができます。 保証会社が借主に代わって貸越元利金等全額を当行に返済した場合は、借主は保証会社に貸越元利金等全額を返済するものとします。 保証会社の返済が借主に対して事前に告知・催告なしに行われても、借主は異議を申し立てません。 第14条(銀行からの相殺) 1. この契約に基づく債務を履行しなければならない場合には、当行は貸越元利金等と預金その他の当行が借主に対して負担する債務とを、その債務の期限のいかんにかかわらず、いつでも相殺することができます。 この場合、書面により通知するものとします。 第1項によって相殺をする場合、債権債務の利息および損害金の計算期間は計算実行の日までとし、預金の利率については預金規定の定めによります。 ただし期限未到来の預金の利息は、期限前解約利率によらず約定利率により1年を365日とし、日割で計算します。 第15条(借主からの相殺) 1. 借主は支払期にある預金その他の当行に対する債権とこの契約に基づく債務とを、その債務の支払期が未到来であっても、相殺することができます。 前項により相殺する場合には、事前に書面により相殺を通知するものとし、相殺した預金その他の債権の証書、通帳は届出印を押印した当行所定の払戻請求書とともに直ちに当行に提出するものとします。 第1項によって、借主が相殺した場合における債権債務の利息および損害金の計算については、その期間を当行の計算実行の日までとし、預金等の利率については預金規定等の定めによります。 第16条(債務の返済等にあてる順序) 1. 借主につき基本契約に基づく債務のほかに当行に対する他の債務がある場合に、第14条により当行から相殺をするときは、当行は債権保全上の事由により、どの債務との相殺にあてるかを指定することができるものとし、その指定に対しては借主は異議を述べることはできないものとします。 借主から相殺する場合の債務の指定は次の各号のとおりとします。 1 借主は基本契約に基づく債務のほかに当行に対する他の債務がある場合に、債務の返済または第15条により相殺するときは、どの債務の返済または相殺にあてるかを事前に書面による通知をもって指定することができます。 2 借主が前号による指定をしなかったときは、当行がどの債務の返済または相殺にあてるかを指定できるものとし、これをすみやかに書面をもって通知するものとします。 この場合、借主はその指定に対しては異議を述べないものとします。 借主の債務のうち一つでも返済が延滞している場合などにおいて、第2項 1 号に定められた借主の指定により、債権保全上支障が生じるおそれがあるときは、当行は遅滞なく異議を述べ、担保・保証の状況等を考慮して返済または相殺する債務を指定することができるものとします。 第2項 2 号または第3項によって、当行が指定する借主の債務については、その期限が到来したものとします。 第17条(届出事項の変更) 1. 借主は氏名、住所、勤務先、勤務地、電話番号その他の当行に届け出た事項に変更があったときは直ちに当行所定の方法により届け出るものとします。 借主が前項の届出を怠ったため、当行が借主から最後に届出のあった氏名、住所にあてて通知または送付書類を発送したにもかかわらず、延着または到達しなかった場合には、通常到達すべきときに到達したものとします。 また、借主の責めに帰すべき理由により配達された郵便物が受領されないなどの場合も同様とします。 基本契約の申し込みを受け付ける場合には、法令の定めにしたがい、本人確認等を行います。 この確認事項に変更があった場合には、直ちに当行所定の方法により届け出るものとします。 第18条(成年後見人の届出) 1. 借主またはその代理人は、家庭裁判所の審判により、補助、保佐、後見が開始された場合には、直ちに成年後見人等の氏名その他必要な事項を書面によって当行に届け出るものとします。 借主の成年後見人等について、家庭裁判所の審判により、補助、保佐、後見が開始された場合も同様に届け出るものとします。 借主またはその代理人は、家庭裁判所の審判により、任意後見監督人の選任がされた場合には、直ちに任意後見人の氏名等その他必要な事項を届け出るものとします。 借主またはその代理人は、既に補助・保佐・後見開始の審判を受けている場合、または任意後見監督人の選任がなされている場合にも第1項および第2項と同様に届け出るものとします。 借主またはその代理人は、第1項から第3項の届出事項に取消または変更等が生じた場合にも同様に当行に届け出るものとします。 第1項から第4項の届出の前に生じた損害については、当行は責任を負わないものとします。 第19条(解約) 1. 借主に第12条第1項または第2項のいずれか一つでも生じた場合は、当行はいつでも当座貸越を中止し、またはこの契約を解約することができるものとします。 基本契約が解約された場合に貸越元利金等があるときは、借主は直ちにそれらを支払うものとします。 第20条(契約規定等の変更) 1. この規定の各条項その他の条件は、金融情勢の状況の変化その他相当の事由があると認められる場合には、銀行ウェブサイトへの掲載による公表その他相当の方法で周知することにより、変更できるものとします。 前項の変更は、公表等の際に定める適用開始日から適用されるものとします。 前項の相当期間経過前であっても、借主が本取引を行ったときは、当行は、借主が変更事項および新規定を承認したものとみなし、第1項による変更後の規定を適用します。 第21条(貸付の契約に係る勧誘の承諾) 借主は、今後当行が電話、郵便、電子メール等を用いて、貸付の契約に係る勧誘を行うことを承諾します。 なお、借主は、勧誘が不要な場合は、その旨を当行に対して意思表示を行うことができます。 第22条(報告および調査) 1. 当行が債権保全上必要と認め、財産、収入等について、資料の提供または報告を求めたときは、借主は直ちにこれに応じるものとします。 借主は財産、収入等について重大な変化が生じたとき、または生じるおそれのあるときは、当行に報告するものとします。 第23条(危険負担等) 1. 当行に差し入れた契約書類等が事変、災害、輸送途中の事故等やむをえない事情によって、紛失、滅失、損傷、または延着した場合には、当行の帳簿、伝票等の記録に基づいて債務を弁済するものとします。 なお、この場合、借主は当行からの請求があれば直ちに代わりの証書等を差入れます。 借主に対する権利の行使もしくは保全、または担保の取り立てもしくは処分に要した費用、および借主の権利を保全するため当行の協力を依頼した場合に要した費用は借主が負担します。 第24条(合意管轄) 1. 基本契約、および基本契約に基づく借主と当行との諸取引の契約準拠法は日本法とします。 基本契約およびこの取引に関して訴訟の必要が生じた場合には、当行の本店またはこの取引の属する支店の所在地を管轄する裁判所を管轄裁判所とすることに合意します。 第25条(反社会的勢力の排除) 1. 借主は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」という。 )に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。 1 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること 2 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること 3 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること 4 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること 5 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること 2. 借主は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一つでも該当する行為を行わないことを確約します。 1 暴力的な要求行為 2 法的な責任を超えた不当な要求行為 3 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為 4 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当行の信用を毀損し、または当行の業務を妨害する行為 5 その他前各号に準ずる行為 3. 借主が、暴力団員等もしくは第1項各号のいずれかに該当し、もしくは前項各号のいずれかに該当する行為をし、または第1項の規定にもとづく表明、確約に関して虚偽の申告をしたことが判明し、借主とのローン契約を継続することが不適切である場合には、借主は、当行からの請求によって、ローン契約による債務全額について期限の利益を失い、ローン契約借入要項に定める返済方法によらず、直ちにローン契約による債務全額を返済するものとします。 前項の場合において、借主が住所変更の届出を怠る、あるいは借主が当行からの請求を受領しないなど、借主の責めに帰すべき事由により、請求が延着し、または到達しなかった場合は、通常到達すべきときに期限の利益が失われたものとします。 第3項の規定の適用により、借主に損害が生じた場合にも、借主は当行にはなんらの請求をしません。 また、当行に損害が生じたときは、借主がその責任を負います。 第26条(会話内容の記録) 当行は、お客さまからのお申し出内容を正確に把握するため、基本契約の成立・不成立に関わらず、電話によるお客さまと当行の会話内容を録音により記録し、相当期間保管することがあります。 第27条(取引の制限等) 1. 借主が当行からの各種確認や資料の提出の依頼に正当な理由なく別途定める期日までに回答しない場合には、新規貸越を制限する場合があります。 1年以上取引のない場合は、新規貸越を制限する場合があります。 当行が別途定める「当行金融サービスに対する濫用防止方針」を踏まえ、第1項の各種確認や資料の提出の依頼に対する借主の対応、具体的な取引の内容、借主の説明内容、およびその他の事情を考慮して、当行がマネー・ローンダリング、テロ資金供与、もしくは経済制裁への抵触のおそれがあると判断した場合には、次の取引について制限を行うことができるものとします。 1 不相当に多額または頻繁と認められる現金での借り入れ 2 当行がマネー・ローンダリング、テロ資金供与、または経済制裁への抵触のリスクが高いと判断した個別の取引 4. 第1項から第3項に定めるいずれの取引等の制限についても、借主から合理的な説明がなされたこと等により、マネー・ローンダリング、テロ資金供与、または経済制裁への抵触のおそれが解消されたと認められる場合、当行は速やかに前3項の取引等の制限を解除します。 次の各号のいずれかに該当した場合には、当行はこの取引を停止し、または借主に通知することによりこの契約を解約することができるものとします。 なお、通知により解約する場合、到達のいかんにかかわらず、当行が解約の通知を届出のあった氏名、住所にあてて発信した時に解約されたものとします。 1 第1項で定める当行からの通知等による各種確認や提出された資料が偽りである場合 2 この取引が本邦または外国の法令・規制や公序良俗に反する行為に利用され、またはそのおそれがあると認められる場合 3 この取引がマネー・ローンダリング、テロ資金供与、経済制裁に抵触する取引に利用され、またはそのおそれがあると当行が認め、マネー・ローンダリング等防止の観点で当行がこの契約の解約が必要と判断した場合 4 第1項から第3項に定める取引等の制限に係る事象が1年以上に渡って解消されない場合 5 前各号の疑いがあるにもかかわらず、正当な理由なく当行からの確認に応じない場合 (2019年9月16日現在) 【カード規定】 第1条(カードの発行) 株式会社三菱UFJ銀行(以下「当行」という。 )は「三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」(以下「本カードローン」という。 )ローン規定」(以下「ローン規定」という。 )に定められた取引に使用するカード(以下「カード」という。 )を発行し、本カードローン契約者本人(以下「本人」という。 )に貸与するものとします。 第2条(カード利用) カードは、次の場合に利用することができます。 当行の現金自動預入払出兼用機(以下「預入払出機」という。 )を使用してローン規定に基づく取引専用の当座勘定(以下「当座勘定」という。 )に入金する場合。 当行の現金自動支払機(預入払出機を含む。 以下「支払機」という。 )を使用して当座勘定から出金する場合。 第3条(預入払出機による入金) 1. 預入払出機を使用して当座勘定に入金する場合には、預入払出機の画面表示等の操作手順にしたがって、預入払出機にカードを挿入し、現金を投入して操作してください。 預入払出機による入金は、預入払出機の機種により当行所定の種類の紙幣および硬貨に限ります。 また、1回あたりの入金は、当行所定の枚数による金額の範囲内とします。 第4条(支払機による出金) 1. 支払機を使用して当座勘定から出金する場合には、支払機の画面表示等の操作手順にしたがって、支払機にカードを挿入し、届出の暗証および金額を正確に入力してください。 支払機による出金は、1千円単位とし、1回あたりの出金は、当行所定の金額の範囲内とします。 なお、1日あたりの出金は当行所定の金額の範囲内とします。 第5条(預入払出機・支払機故障時等の取り扱い) 停電、故障等により預入払出機または支払機による取り扱いができない場合には、カードの使用を一時的に中止する場合があります。 (そのために生じた損害については、当行に故意、重大な過失がない場合には、当行は責任を負いません。 ) 第6条(届出事項の変更、カード紛失・盗難、カード再発行等) 1. 暗証番号を変更する場合には、当行所定の方法により行ってください。 カードを紛失し、または盗取された場合には、直ちに本人から当行所定の受付場所に届け出てください。 この届出を受けたときは、直ちにカードによる出金停止の措置を講じます。 また、カードが偽造、盗難、紛失等により他人に使用されるおそれが生じた場合または他人に使用されたことを認知した場合にも同様に直ちに本人から当行に届け出てください。 この届出の前に生じた損害については、第8条および第9条に定める場合を除き、当行は責任を負いません。 カードを紛失し、または盗取された場合で、カードの再発行が必要なときは、当行所定の方法により依頼をしてください。 この場合、カードの再発行は、当行所定の手続をした後に行います。 なお、相当の期間をおき、また保証人を求めることがあります。 カードの使用不能の場合についても第2項以下に準じて当行所定の手続により取り扱いを行うことができるものとします。 第7条(カード・暗証の管理等) 1. カードは他人に使用されないよう保管してください。 また、暗証番号は生年月日・電話番号等の他人に推測されやすい番号の利用を避け、他人に知られないように管理してください。 当行は、支払機の操作の際に使用されたカードの電磁的または電子的情報が、当行が本人に交付したカードの電磁的または電子的情報と一致すること、および入力された暗証と届出の暗証とが一致することを確認のうえ、出金を行います。 この場合、カードまたは暗証につき偽造、変造、盗用その他の事故があっても、そのために生じた損害については、第8条および第9条に定める場合を除き、当行は責任を負いません。 第8条(偽造カード等による出金等) 偽造または変造カードによる不正な出金について、本人の故意による場合、または当該出金について当行が善意かつ無過失であって、本人に重大な過失があることを当行が証明した場合を除き、その効力を生じないものとします。 この場合、本人はカードおよび暗証の管理状況、被害状況、捜査機関への通知状況等について、当行の調査に協力するものとします。 第9条(盗難カードによる出金等) 1. 本人がカードを盗取され、当該カードによりなされた不正な出金については、次の各号のすべてに該当する場合、本人は当行に対して当該出金の額に相当する金額およびこれに付帯する約定利息ならびに手数料に相当する金額(以下「補てん対象額」という。 )の補てんを請求することができます。 1 カードの盗難に気づいてからすみやかに当行への通知が行われていること 2 当行の調査に対し、本人より十分な説明が行われていること 3 当行に対し、捜査機関に被害届を提出していることその他の盗取されたことが推測される事実を確認できるものを示していること 2. 前項の請求がなされた場合、当該出金が本人の故意による場合を除き、当行は、当行へ通知が行われた日の30日(ただし、当行に通知することができないやむをえない事情があることを本人が証明した場合は、30日にその事情が継続している期間を加えた日数とします。 )前の日以降になされた出金にかかる補てん対象額を補てんするものとします。 ただし、当該出金が行われたことについて、当行が善意かつ無過失であり、かつ、本人に過失があることを当行が証明した場合は、補てん対象額の4分の3に相当する金額を補てんするものとします。 前2項の規定は、第1項にかかる当行への通知が、盗取が行われた日(当該盗取が行われた日が明らかでないときは、当該盗取に係る盗難カード等を用いて行われた不正な出金が最初に行われた日。 )から2年を経過する日以降に行われた場合には適用されないものとします。 第2項の規定にかかわらず、次のいずれかに該当することを当行が証明した場合には、当行は補てん責任を負いません。 1 当該出金が行われたことについて当行が善意かつ無過失であり、かつ次のいずれかに該当する場合。 A 本人に重大な過失があること B 本人の配偶者、二親等内の親族、同居の親族、その他の同居人、または家事使用人によって行われたこと C 本人が、被害状況についての当行に対する説明において、重要な事項について偽りの説明を行ったこと 2 戦争、暴動等による著しい社会秩序の混乱に乗じ、またはこれに付随してカードが盗取された場合 第10条(預入払出機・支払機への誤入力等) 預入払出機・支払機の使用に際し、金額等の誤入力により発生した損害については、当行は責任を負いません。 第11条(譲渡、質入れ等の禁止) カードは譲渡、質入れまたは貸与することはできません。 第12条(解約等) 1. 本カードローンを解約する場合には、磁気ストライプ部分を切断のうえカードを破棄してください。 カードの改ざん、不正使用など当行がカードの利用を不適当と認めた場合には、その利用をお断りすることがあります。 次の場合にはカードの利用を停止することがあります。 当行所定の方法により当行が本人であることを確認できたとき等当行が利用の再開を認める場合は、カードを再発行します。 1 「譲渡、質入れ等の禁止」の条項に定める規定に違反した場合。 2 カードが偽造・盗難・紛失等により、不正に使用されるおそれがあると当行が判断した場合。 第13条(規定の適用) この規定に定めのない事項については、ローン規定により取り扱います。

次の

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの増枠・増額審査を受ける方法

三菱ufj銀行 カードローン

いい評判 専業主婦でもすぐに貸していただけたので助かりました。 専業主婦の私にすぐに貸して頂きました。 郵送などの方法もあるようですが、すぐに必要だったので店舗まで行きその場ですぐにカード発行して頂きました。 説明もわかりやすくとても満足しております。 返済の際のATMもコンビニからととても楽チンで突然の出費にお困りの方はお願いしたらいいと思います。 月々の返済額も低く無理せずに返せます。 不満というのはおこがましいですが、店舗自体が他のローン会社と比べ少ないのですぐに店舗まで行けない方は即日というのは難しいような気がします。 正直審査落ちると思いダメもとで頼りましたが結果すぐに借りられて大満足です。 (みいはさん) 口コミ・評判一覧• どこでも借りれて返済も出来て便利 急な出費が必要となり、UFJ銀行のバンクイックを契約致しました。 ネットで申し込んだ後、後は電話でのやるとりでスムーズに契約を行うことが出来ました。 審査に間してもスピーディーに行って頂く事が出来すぐに借り入れが出来たのでよかったです。 利息に間しても銀行系なので低く大変助かりました。 借り入れ、返済に間してもUFJのATMはもちろんの事、コンビニのATMでも返済することが出来大変助かりました。 また、ネットで返済期限が確認できるので返済期限を忘れることがなく大変良かったです。 返済期限が近づくとメールを送ってもらえるサービスも助かります。 (げげげさん)• 即日審査、即日融資で満足な取引ができた。 まず一番評価できたのは対応の早さ。 申し込みから融資まで全て込みで 約1時間程度で完了した。 また銀行店内の専用ボックス内での 取引手続きなので他の人にばれる心配もなし。 返済方法についてもバンクイックカードを使えば 銀行へ行かずに、コンビニATMで24時間対応 できるので便利である。 返済日もこちらの希望に沿って頂けるので 給料日の近くにすることも可能。 不満があるとすれば連絡方法か。 一度返済を忘れ期日を過ぎてしまったことがあった。 最初は携帯に連絡を入れて頂いたが、 電話に出ることができないと 電話番号と名前を公開し会社に 連絡をしてきた。 さすがに番号か名前を 非公開で連絡して頂きたかった。 (ハローフーヅさん)• ナンバーワンバンクのカードローン 審査は難しくない。 銀行のカードローンだが事故歴がない限り、簡単に持つことができる。 銀行の窓口に行かなくても、機械対応の窓口があるので誰とも顔を合わすことなくローンカードを作ることができる。 また利用する際には支店網が全国に張り巡らされているのでとても便利。 もちろん他行やコンビニなどでも利用できる。 またローンカードのバンクイックは見た目にもよく、他人に見られても恥ずかしくないので助かる。 やはり大手銀行のカードローンは値打ちがあると思う。 金利は消費者金融のカードローンよりは低く、使い勝手が良い。 いつまで持っていても飽きの来ないカードだと思う。 (ロビンフッドさん)• 即日審査で直ぐに利用出来良かった 利息については、特別低いとは感じなかった。 審査や借り入れまでの早さも、即日であり助かった。 返済方法については、コンビニのATMから返済も可能であったため、利用してて使いにくいという感情は生まれなかった。 ただ、ひとつ不満な点があった、月額最低金額が高いように感じた。 私の場合は、200万円の借り入れに対し、月月の最低返済金額が4万円であった。 考え方次第では、早く完済ができるのかもしれないが、月月4万の返済額はなかなか大きいように感じた。 返済額の負担が大きいと、再度利用枠ができてまうと、ついつい使ってしまい、なかなか完済するまでに時間がかかるように感じている。 (カマコウさん)• 残高不足でも自動借り入れで便利 ついクレジットカード利用分の額が不足していた場合、自動で借入になりクレジットカードが止まることなくとで便利だなと思いました。 利用した場合、臨時返済ができ少しの手数料ですんだりするので助かってます。 月々返済になった場合、いまいちいつお金をいれとなかいといけないのかとかがわからないので、はじめにしっかり説明してほしいなとおもいました。 借りるときはATMにいけばすぐ借りれるので便利でした。 残高を確認する手間がない分、把握してないこととかがあったりするのでもう少し気を付けないといけないととおもいます。 借り入れ設定が低いのはいいともおいます。 (apoさん)• 海外に行くときにキャッシングを利用すると、非常に安全で便利です クレジットカードが利用できるATMは世界中で普及が進んでおり、24時間利用できるATMも増えているため、普段使用しているクレジットカードが使えるので便利です。 滞在が長くなるとき、従来は現金やトラベラーズチェックを多額で持参することが多かったですが、どこに行ってもその所持や保管が面倒で、かつ強盗に狙われやすい状況になりました。 しかし、海外のATMでクレジットキャッシングを利用することで、現金を即時手にすることができ、またキャッシングした時の利息は換金手数料程度であるため、非常に便利に使わせてもらっています。 (katさん)• 使いやすさではトップレベルだけど、利息は高い 支店の中にある電話窓口で登録と審査ができるのはCMで謳っている通り。 その点は驚いたし満足。 ただいかにもこれからカードローンの申請しますという、晒し者感は否めない。 最初は少し恥ずかしさを感じた。 返済や借り入れはコンビニなどのATMでいつでも利用できる。 うっかり使いすぎた、すこしだけ借りたいという時に助かる。 千円からでも借り入れできるため、月末の急な飲み会などで重宝した。 しかし利息が高く、自動引き落としだけで返済しているといつまでたっても返済が終わらない。 返せる時には一気に返しておかないと、利息が膨れ上がっている事もある。 カードの暗証番号を間違えてカードにロックがかかると、電話でのやり取りが必要。 それが中々繋がりにくくイラついた事もあった。 (星の労働者さん)• すぐに借りられ、とても便利でした。 小額ではあるものの、急な出費が必要となり悩みに悩んだあげく利用してみたら、自分のお金を引き出すのとほとんど変わらずと言って良いほど簡単で驚きました。 利用する上ではこんなに簡単ならとても満足でした。 利息も小額で、返済についても銀行のものだからか、そのまま引き落としされるので特には気になるところはなかったとおもいます。 ただあまりにも簡単に借り入れできる為、ちゃんとした計画性を持って利用しないと大変なことになるなとは感じました。 お金が無い状態で借りることが出来るので、計画性の無い僕みたいな人間にとっては危険が隣り合わせです。 (だいきちさん)• 比較的借り易く、手続きも簡単です。 借り入れまでの手続きは比較的簡単でスピーディーでした。 利息もさほど高くは感じませんでしたが、すごく安いわけでもないです。 カードでの借入れ以外に銀行口座への振込みでの借入れもできるので便利です。 またインターネットで登録すれば次回返済額と返済日(引落日)が確認できるので安心です。 ただ借入れの限度額アップの連絡が頻繁にきて、借入額が上がると利息が安くなるとか、キャンペーン期間中は利息が通常よりも下がりますので期間中に借入れするほうがいいのでと言われますが、結局は借入れが増えれば返済額は増えるので、お得なように言う言い方は辞めて欲しいと思いました。 (KRIKA1さん)• 大手ならではな安心感のあるローン まずはじめに電話で問い合わせをしました。 ローンは今まで組んだことがなく、初めてなので分からないことばかりでしたが、電話対応してくださったスタッフの方の対応がとても丁寧で親切だったので安心して進めることができました。 より詳しい話を聞きたかったため実際の手続きは店頭に行って行いましたが、そこでもスピーディで親切な対応をしていただけたのでとても好印象でした。 不満としては銀行のホームページがわかりにくく、必要な情報を得るのに時間がかかってしまうことでした。 それ以外は特に不満はなく最後まで安心して取引させていただきました。 (dosさん)• 審査が甘めで専業主婦でも借りれた ネットで仮審査をすると、無人受付機では短時間でカードが発行される。 申込みからカード発行までは1週間程度だったと記憶しているが、最初から無人機に生け花即日発行も可能だったと思います。 カードが発行されれば、借入、返済はセブン銀行ATMから可能なので、必要なときにすぐ借りやすい便利なカードローンだと思う。 利率は特別低いわけではないが、専業主婦でも借入ができたので審査は若干甘めかと思う。 カード発行も、無人機まで出かける必要性はあるがその場で発行されるので、郵送などで家族に知られては困る場合には最適なカードローンだと思う。 (akoさん)• 大手だけに安心して借りることができた。 利息は18パーセントでした。 審査は1週間ほどで即入金されました。 1カ月1万円の返済でありました。。 満足な点はすべてにおいて滞りなくスピーディーに進んでいった。 不満点はある程度返済していった時点でまた借りようと思ったときに制限をかけられて借りられなくなってしまったことがありました。 三菱UFJ銀行が近くにあればよいのですが、近くにないと地元の信用金庫のATMから借りようとした場合、手数料を取られたことがありました。 今現在はどうなっているかわかりませんが、どこで借りても手数料がかからないところも今はあるかも知れません。 (あやこさん)• ATMに行くだけですぐに必用なまとまった資金を借りられるので便利。 もともと三菱東京UFJ銀行に口座を開設していてキャッシング枠をとっているので、ATMに行くだけですぐにキャッシングできて便利です。 給料日までまだ日数があるけど、今まとまった資金が必要…という時に一度に借りられて良いです。 ただ、返済に関しては、キャッシングだと分割での返済ができず、経済的に余裕がある時なら大丈夫ですが、一括での返済になるので少し大変な時もあります。 しかし、その後、あとdeカードローンという機能を利用することにより、利息はかかるものの返済額が分割されて月々数万円ずつとなり負担を減らすこともできます。 (みくらさん)• 審査が早く銀行カードローンなので安心 他社でもカードローンを使用しており、審査が難しいかと思いましたが、審査も通り、結果も30分ほどだったので助かりました。 カードも店頭で即日発行で自分の場合は、UJF銀行に口座を持っているのですぐ借り入れができました。 返済額もそんなに高額ではないので(借り入れ額によりますが)無理なく返済できています。 電話での対応もとても丁寧に対応していただいて、安心して契約ができています。 また、UFJ銀行のカードローンなので、他社のカードローンよりかは気持ち的に安心で、満足して利用しています。 ただ、不満箇所はどこもそうかも知れませんが、増額申請の可否を否の場合も通知していただきたいことです。 (sacchi1129さん)• コンビニATM対応で早くて便利。 テレビ窓口があったので迷うこともなく一時間くらいで手続きを終えることが出来ました。 私の場合は職場への連絡もなかったと思います。 テレビ窓口が近所にあれば当日借り入れも出来て便利。 借入額によっては有名なキャッシングサービスと同じか少し安いくらいの利息なのであまり借りない場合には使いやすいです。 返済も、コンビニATMから返済が可能なので時間が取れなくても深夜など空いた時間に返済が出来るし、返済期日が近くなるとメールで教えてくれるサービスもあるので返し忘れをしにくいので初めての方にはおすすめです。 (まゆみさん)•

次の

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の返済について解説

三菱ufj銀行 カードローン

収入が安定していないと判断された• 年収と比較して希望限度額が高すぎた• 金融事故など信用情報に問題があった• 在籍確認が取れなかった• 申込内容に虚偽やミスがあった• その他:個人の属性が悪かった 特に、 「収入が安定していない」・「希望限度額が高い」・「信用情報に問題がある」の3点がよくある理由です。 1つずつ詳しく内容をご説明します。 収入が安定していないと判断された 三菱UFJ銀行カードローンを利用するには、 安定した収入を持っていることが必要です。 なぜならば、返済は毎月行われるため、 毎月一定以上の収入が無いと返済が滞るからです。 正社員でなく パートやアルバイトでもいいので、毎月一定以上の収入を稼ぎましょう。 注意ですがパートやアルバイトの人は毎月シフトをしっかり入れて、 稼ぎがゼロの月を無くすのがポイントです。 また勤務年数も長いほうが有利なので、 半年以上は最低でも働き続けましょう。 年収と比較して希望限度額が高すぎた 希望限度額が高すぎることも審査に落ちる大きな原因になります。 なぜならば、銀行にとって 申込者が返済できるのか不安になるからです。 三菱UFJ銀行カードローンは消費者金融と違い、 総量規制と呼ばれる借入限度額の上限規制がありません。 そのため限度額を高めに申し込む人がいますが、控えておきましょう。 実際2017年に金融庁より各銀行に「 お金を貸しすぎるな!」と通達がおりてから、希望額の審査は厳しくなっています。 希望額は最大でも 年収の3分の1まで、 年収の4分の1以下がベストかと思います。 他社借入の件数が3社以上ある• 他社借入の総額が高すぎる• 短期間で3・4社以上申し込んでいる• 長期延滞や債務整理のような金融事故を起こしている 上記のような状態の人は、まず間違いなく カードローンの審査には通らないでしょう。 信用情報は 5~10年ほど記録として残りつづけます。 そのため、問題を起こしたら、 5~10年空けてからカードローンに申し込みましょう。 ちなみに金融事故は保証会社には半永久的に残り続けてしまいます。 そのため、 金融事故を起こしてしまった保証会社以外のカードローンに申し込みましょう。 信用情報が真っ白!?スーパーホワイトの人も要注意 実は信用情報が何もない人 (スーパーホワイト)も審査に 悪影響があります。 スーパーホワイトとは信用情報に悪い点も無いですが、 良い点もないのです。 つまり 返済実績がないので、本当に真面目に返済する人なのか分からないのです。 特に 30代以上でスーパーホワイトの人は要注意です。 カードローンに申し込む前に クレジットカードの利用や、 携帯電話の本体料金を分割払いして、返済実績を作りましょう。 在籍確認が取れなかった 在籍確認とは、申込者が申告した会社で本当に働いているのかを、 電話で確認する審査項目です。 つまり、 在籍確認がとれない=本当に働いているのかわからないため、審査に通らない可能性が高くなります。 在籍確認は申込者本人が電話に出なくとも、 申込者の在籍が確認できれば大丈夫です。 そのため同僚や上司の方に相談して、在籍確認を逃さないようにしましょう。 年齢・・・若いと高評価• 勤務形態・・・正社員だと高評価• 勤務先・・・公務員や上場企業だと高評価• 勤続年数・・・長いと高評価• 年収・・・固定給だと高評価• 居住形態・・・持ち家だと高評価• 家族構成・・・家族持ちが高評価• 他社借入数・・・少ないと高評価• 借入金額・・・少ないと高評価 ただ個人属性は変えにくい項目が多いです。 あくまで参考程度の審査基準なので気にしなくて良いと思います。 三菱UFJ銀行カードローン審査に落ちた場合の対処方法 最も推奨したいのが、審査に落ちたら お金を借りるのを諦めることです。 基本的にカードローン審査は、 どのカードローン会社も同じような審査基準です。 そのため他のカードローン会社でも審査結果は変わらないケースが多いです。 しかしどうしてもお金が必要な人がいるかと思います。 その場合には以下の2点をお試しください。 他社の銀行カードローン会社に申し込む• 消費者金融のカードローンに申し込む 他社の銀行カードローン会社に申し込む あまり推奨しません。 理由は どの銀行カードローンも審査が厳しいからです。 しかし保証会社が違ければ、審査に通る可能性もあるためご紹介します。 三菱UFJ銀行カードローン ソニー銀行カードローン auじぶん銀行カードローン アコム みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション りそな銀行カードローン オリックス・クレジット イオン銀行カードローン イオンクレジットサービス 新生フィナンシャル オリックス銀行カードローン イオンクレジットサービス 新生フィナンシャル 楽天銀行カードローン オリックス・クレジット 新生フィナンシャル 住信SBI銀行カードローン 三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス この表にある通り、 ソニー銀行カードローンと auじぶん銀行カードローンは三菱UFJ銀行カードローンと同じ保証会社です。 他の銀行カードローンに申し込む場合には、この二つの銀行以外を狙いましょう。 消費者金融のカードローンに申し込む 銀行カードローンよりかは消費者金融を推奨します。 理由は 審査基準がやさしいからです。 消費者金融のカードローンは金利が高い反面、審査基準がやさしくなります。 ただあくまで銀行カードローンよりかは優しいだけですので、準備はしっかりしましょう。 収入証明書を提出する クレヒスできちんとした利用履歴を残しておく 低い限度額で申し込む 特に収入証明書の提出はおすすめです。 収入証明書は ご自身の収入の安定性を証明する証拠となります。 自営業や 水商売の方など、収入の安定性を示しにくい人は利用しましょう。 借入可能診断は当てにしてはいけない?? 実は審査に通るかどうかを調べる方法として、 借入可能診断というサービスがあります。 三菱UFJ銀行が提供するサービスなのですが、 正直あてにできないです。 理由は簡単で、 返済能力を確認できる項目がないからです。 一応の気休め程度に利用するようにしましょう。 三菱UFJ銀行カードローンの審査の流れと申込方法 審査の流れは以下の通りです。 三菱UFJ銀行カードローンの審査申込方法 申込方法と申込対応時間は以下の通りです。 必要書類の提出もWEB上でアップロードできる点も魅力の一つです。 三菱UFJ銀行カードローンの審査にかかる時間 三菱UFJ銀行カードローンでは、最短で審査回答は 翌営業日になります。 そのため 即日融資は不可能ですので注意してください。 ちなみに平均で審査にかかる時間は大体 3営業日以内です。 もし三菱UFJ銀行カードローンの審査結果が来ないとき 審査結果が来ない時は、 メールフォルダを確認しましょう。 特に 迷惑メールフォルダに紛れている可能性があるので注意が必要です。 メールフォルダにも審査結果がないときには、 お電話で問い合わせてみましょう。

次の