僕 は あす 昨日 の 君 と デート する 映画。 映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のネタバレと解説!

ぼくは明日、昨日のきみとデートするのレビュー・感想・評価

僕 は あす 昨日 の 君 と デート する 映画

ここから先はネタバレがあります。 京都の美大に通う南山高寿(福士蒼汰)は、大学へ向かう電車の中で福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちる。 高寿は勇気を出して声をかけ、会う約束を取り付けようとすると、彼女はなぜか涙する。 というのも、二人は時間が逆に進む、パラレルワールド的な要素があるからである。 そして二人は20歳の時、恋人同士となることができたのだ。 つまり、高寿が声をかけた際に愛美が涙したのは、高寿にとっては出会って1日目だが、愛美にとっては高寿に会える最後の日だからである。 そして二人は1ヶ月の間しか会うことができない。 高寿は、今まで自分が楽しんできた時間は愛美の台本通りの演技によって成り立っていると知った時、感情的になってしまう。 しかし、自分にとっては初めてのことでも、愛美にとっては最後なのに、愛美は笑顔でいたことに気づき、謝る。 そして高寿にとっての最終日、1日目の愛美に、1か月間の出来事を細かく説明し、愛美はメモを取る。 それから二人はしばらく会えなくなってしまう。 そして最初の電車の場面で物語は幕を閉じる。 2.感想・レビュー この映画は、パラレルワールドのような要素があるからこそ泣ける映画です。 二人が恋人としていられるのは1ヶ月間だけ。 自分が相手を知り、好きになっていくにつれて相手は他人行儀になっていく。 この切なさは普通の恋愛映画にはない、この設定特有のものだと思います。 そして、時間軸が逆である伏線が至る所に張られています。 最後まで観ると、切ないシーンが至る所にあることに気づきます。 最初から最後までずっとどこか切なさを感じる映画です。 設定上、気にし始めたらつじつまが合わないところもあるかもしれないけど、観ているうえでは気になりません。 むしろ、何回か見て、そこを考察するのもおもしろいかもしれないですね。 3.主題歌が泣ける! 主題歌はbacknumberの「ハッピーエンド」。 恋愛ソングといえばbacknumber!! この歌は失恋ソングとして書かれていて、泣ける歌詞です。 歌詞が物語を想像させて、切なさを感じます。 その切なさが、映画と重なる部分もあり、エンディングでこの歌が流れたときに自然と涙が出てしまいます。 この歌しかなかった、と思わせられる主題歌です。 4.まとめ いかがでしたでしょうか。 ぼくはこの映画が好きで何回も観ていますが、毎度のように泣いています。 (笑) みなさんも切なさを欲するときはぜひ、「ぼく明日」を観てください。

次の

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(小松菜奈) 映画の矛盾、分からない人向けのネタバレ、時系列、動画

僕 は あす 昨日 の 君 と デート する 映画

どうもぺっぽです。 今回は、2016年12月17日に公開された映画「僕は明日、昨日の君とデートする」を見たのでその感想や評判についてまとめてみました!! 引用元: 原作は、発行部数が160万部を越える大ヒットとなっているさんの同名小説「」です。 引用元: また、この原作小説はWEBサイト「読者メーター」のお勧め恋愛小説部門で長期にわたって1位を取り続けたことが話題になっています。 この再タッグが、物語の舞台である京都の風光明媚な景色の中で、20歳のかけがえのない一瞬一瞬をみずみずしく映し出します。 予告映像 あかん、、、一回観ると予告でも泣きそう、、、笑 back number版 予告映像 主題歌back numberは反則やろ、、、 あらすじ 京都のに通う20歳の学生・南山高寿()は、いつものように大学まで向かう電車の中で出会った女性・福寿愛美()を一目見た瞬間、恋に落ちた。 彼女のこの時の涙の理由を知る由もない高寿だったが、不器用な自分を受け入れてくれる愛美にますます惹かれてゆく。 そして、親友・上山()からの後押しもあり、初めてのデートで告白をして、見事OKをもらい交際をスタートさせる。 初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う、そんな初めてのことがあるたびに泣く愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」 初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像もできなかった大きな秘密を明かされる…。 ーが夢。 福寿愛美: 美容の専門学校に通っている。 携帯電話をもっておらず門限は24時。 実は重大な秘密が、、、。 上山正一: 南山高寿と同じに通う親友。 高寿に恋のアドをしたり、臆病な彼の背中を押す。 評判 「僕は明日、昨日の君とデートする」 原作読んでたから、出だしで泣けた。 映像もきれいだったし、知ってる場所を見るのも楽しかった。 京都行きたくなったわ。 原作読み返そう。 — くり子 7katc6gD5Yt75vu 僕は明日昨日の君とデートする という映画をいまさらながらみてみたら、超名作でした。 男心をえぐってくる、とても緻密に作られた映画。 ただのラブストーリーじゃない。 素晴らしい作品です! — ZUMA@雑魚の頂点 zumarketing プライムにて、 僕は明日、昨日の君とデートする 鑑賞。 原作はかなり前に読んだ記憶があるが、映画では何度も泣いた。 二人の気持ちがどんどん突き刺さる。 これで涙が出ない人いるのかなと思う程の出来でした。 DVD買って何回も見返そうと思います。 、昨日の君とデートする — Yu Yu 読書垢 YuYu60412662 みなさん、映画の出だしから何度も感動して泣いていたことをコメントしていますね笑 実は私は、始めは恋愛映画か、、、と思ってスルーしようかと考えていたのですが、、、 (笑)、、、やはり見てしまいました。 結果、終始号泣でしたね笑笑 映画前半の2人の楽しい日々を見せられると、後半の展開は泣かずにはいられないと思います笑 私は、映画のラストで最初のシーンに戻るのですが、そこから主題歌が流れ始めたところではもう既に泣きすぎて涙腺が枯れてました笑 彼女の謎が明かされたとき、その謎を知ったことによって初めて気づいた彼女の「 想い」。 不審に思えた行動にもすべて意味がありました。 この供述トリックの種明かしを見たときは、もう1度見たくなりますね。

次の

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』感想/評価:95点/愛美(小松奈菜さん)の気持ちを考えるために二度目を見たくなる。

僕 は あす 昨日 の 君 と デート する 映画

どうもぺっぽです。 今回は、2016年12月17日に公開された映画「僕は明日、昨日の君とデートする」を見たのでその感想や評判についてまとめてみました!! 引用元: 原作は、発行部数が160万部を越える大ヒットとなっているさんの同名小説「」です。 引用元: また、この原作小説はWEBサイト「読者メーター」のお勧め恋愛小説部門で長期にわたって1位を取り続けたことが話題になっています。 この再タッグが、物語の舞台である京都の風光明媚な景色の中で、20歳のかけがえのない一瞬一瞬をみずみずしく映し出します。 予告映像 あかん、、、一回観ると予告でも泣きそう、、、笑 back number版 予告映像 主題歌back numberは反則やろ、、、 あらすじ 京都のに通う20歳の学生・南山高寿()は、いつものように大学まで向かう電車の中で出会った女性・福寿愛美()を一目見た瞬間、恋に落ちた。 彼女のこの時の涙の理由を知る由もない高寿だったが、不器用な自分を受け入れてくれる愛美にますます惹かれてゆく。 そして、親友・上山()からの後押しもあり、初めてのデートで告白をして、見事OKをもらい交際をスタートさせる。 初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う、そんな初めてのことがあるたびに泣く愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」 初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像もできなかった大きな秘密を明かされる…。 ーが夢。 福寿愛美: 美容の専門学校に通っている。 携帯電話をもっておらず門限は24時。 実は重大な秘密が、、、。 上山正一: 南山高寿と同じに通う親友。 高寿に恋のアドをしたり、臆病な彼の背中を押す。 評判 「僕は明日、昨日の君とデートする」 原作読んでたから、出だしで泣けた。 映像もきれいだったし、知ってる場所を見るのも楽しかった。 京都行きたくなったわ。 原作読み返そう。 — くり子 7katc6gD5Yt75vu 僕は明日昨日の君とデートする という映画をいまさらながらみてみたら、超名作でした。 男心をえぐってくる、とても緻密に作られた映画。 ただのラブストーリーじゃない。 素晴らしい作品です! — ZUMA@雑魚の頂点 zumarketing プライムにて、 僕は明日、昨日の君とデートする 鑑賞。 原作はかなり前に読んだ記憶があるが、映画では何度も泣いた。 二人の気持ちがどんどん突き刺さる。 これで涙が出ない人いるのかなと思う程の出来でした。 DVD買って何回も見返そうと思います。 、昨日の君とデートする — Yu Yu 読書垢 YuYu60412662 みなさん、映画の出だしから何度も感動して泣いていたことをコメントしていますね笑 実は私は、始めは恋愛映画か、、、と思ってスルーしようかと考えていたのですが、、、 (笑)、、、やはり見てしまいました。 結果、終始号泣でしたね笑笑 映画前半の2人の楽しい日々を見せられると、後半の展開は泣かずにはいられないと思います笑 私は、映画のラストで最初のシーンに戻るのですが、そこから主題歌が流れ始めたところではもう既に泣きすぎて涙腺が枯れてました笑 彼女の謎が明かされたとき、その謎を知ったことによって初めて気づいた彼女の「 想い」。 不審に思えた行動にもすべて意味がありました。 この供述トリックの種明かしを見たときは、もう1度見たくなりますね。

次の