伏見 あおい。 【東海エリア初】ハーブ鯖が青魚の概念を変える!?“新業態”「産直さばと青魚 伏見あおい」10/29、名古屋にOPEN!|株式会社KIZUNAのプレスリリース

青魚専門店で長崎ハーブ鯖の刺身「直産さばと青魚 伏見あおい」

伏見 あおい

5 伏見に青魚専門店ができた(2019年10月)というので、行ってみました。 「青魚好きの青魚好きによる青魚好きの為の青魚専門店」と謳っています。 場所は、名古屋市中区、地下鉄伏見駅すぐ、伏見ミリオン座の向かい。 駐車場はない。 店舗は、入口すぐにカウンターがあり、奥に小上がりの座敷、2階にも席があります。 平日のお昼に利用。 店全体を見渡せないので混み具合は不明。 行列を作る程ではないが結構賑わっていた。 お店は靴を脱いで上がる。 カウンターに案内されたが、けっこう広めで、カウンターでもゆっくりできる。 ちょうど座った場所の目の前に氷に埋もれた魚の頭があった。 鯖ってこんなにでかいのかなと思いましたが、ブリとのことです。 知らなかったがブリも青魚なのですね。 奥の水槽ではアジが泳いでいました。 長崎ハーブ鯖刺身定食 1600円 刺身、あら煮、豆腐、ごはん、味噌汁、香の物という内容。 鯖の刺身はけっこう大きめの最身が8切れもあり量としては十分。 塩またはゴマダレで食べてくださいとのことでした。 身ははっきりとしたピンクと白の2色で、養殖のためか脂がたっぷり。 生魚という感じがあまりなく、まるで酢サバから酢を抜いた感じがした。 長崎でハーブ鯖の活造りを食べたことはあるが、それとは違う感じ。 あら煮は、大根と煮たもの。 鯖のあらだと思って食べていたが、鯖っぽさはない。 ブランド鯖だからかなと思ったが、よく考えたらブリだったかもしれない。 確認してないのでわかりません。 ご飯のおかわり可能。 味噌汁は濃すぎ。 感想 最近は専門店にしたほうが、なんでもある店よりこだわりを感じられ、お客さんにアピールできるので、増えてきましたね。 青魚というのは身近ではあるが専門店は少ないので、アピールしやすいかと思います。 (東海地方では現状このお店だけのよう) 長崎ハーブ鯖というのは初めて食べましたが、以前食べた鯖の刺身に比べるとちょっと期待はずれだったかも。 ただ、これはあくまでも自分の思い出補正が入っている可能性が高いので、なんとも言えません。 ランチでの評価ですが、美味しい魚を食べさせてくれる良いお店かとは思います。

次の

臭みゼロ&いつでも旬な「長崎ハーブ鯖」が食べられる!青魚専門店「伏見あおい」がオープン!

伏見 あおい

基本情報 事業所番号 2670901467 住所 〒612-8297 京都市伏見区横大路貴船26-2グランヴィア貴船207 連絡先 TEL: 075-756-1735 FAX:075-757-7110 サービス提供地域 伏見区内 事業開始年月日 2012-01-01 所属するケアマネジャーの性別 男性 1人 女性 1人 ケアマネジャー1人あたりの平均月間担当件数 35件 運営方針 ・利用者の特性と能力に応じ自立した生活ができるよう居宅サービス計画を作成します。 ・利用者の選択を尊重し利用者本位のサービス提供を心がけます。 ・十分な説明と同意に基づいたサービス提供を心がけます。 ・中立公正なサービス提供に努めます。 ・さまざまなニーズに応じ総合的なサービス提供ができるよう関係機関との綿密な連携を図ります。 サービスの特色 利用者と家族に寄り添いながらも、「利用者と家族を自立に導く」ための支援を行っていきます。 居宅介護支援のみの事業所ですので、他のサービス事業所の力を借りながら、チーム一丸となって本来の自立支援を行っていきます。 クチコミは50文字以上でお願いします。 他の方が読んだ際、参考に出来るように、実際にやり取りをしてみて、どの様なところが良くておすすめで、どの様なところが不満だったのかなどを具体的に記述してください。 見つかる検索は、皆様からの自己責任に基づくクチコミによって成り立っている介護関連事業所検索サイトですが、皆様がより快適にご利用いただくため、下記の内容の書き込みを禁止いたします。 尚、ルールに反する書き込みは、事務局側で削除する場合があります。 またその際は、追加したポイントを取り消す場合がありますので、併せてご了承ください。 事業所関係者の方が関係事業所にクチコミを投稿する事はご遠慮下さい。

次の

産直さばと青魚 伏見あおい メニュー:料理

伏見 あおい

「長崎ハーブ鯖」とは? 臭みのまったくない、いつでも旬のさば 長崎ハーブ鯖とは何なのか、気になる方もいるのではないでしょうか。 長崎ハーブ鯖とは養殖さばのブランド名の一つであり、4種類のハーブを飼料に混ぜて育てています。 フルーツ魚ともいわれ、青魚特有の臭みがまったくありません。 また、さばの旬である冬以外にもいつでも脂の乗った新鮮なさばを堪能することができます。 「伏見あおい」はのさばは長崎松浦漁港直送で鮮度は抜群!いつでも脂の乗ったさばを楽しむことができます。 魅力的なさばと青魚の料理 長崎ハーブ鯖 食べ比べセット ハーフ1,680円 一本2,880円(税抜) まずはじめに食べてほしいのが、こちらの長崎ハーブ鯖の食べ比べセット。 刺し身、炙り、ごまさばといった様々なかたちから長崎ハーブ鯖をお楽しむことができます。 刺し身は臭みが全くないので、醤油ではなく厳選された天日塩で食べるのがおすすめだそう。 ごまさばは本場九州の味を追求した自家製タレと選び抜かれたごまでつくられており、組み合わせは抜群です。 きっと好みのさばの食べ方を見つけられますよ。 生け簀アジのレアフライ 980円(税抜) こちらは青魚であるアジのフライになります。 注文がはいると生け簀から泳いでいるアジを取り出し、その場で活〆します。 刺し身でももちろん食べることはできますが、新鮮だからこそできるレアフライをご堪能下さい。 頭からしっぽのせんべいまで美味しく食べることができます。 焼きさば土鍋めし〜出し汁付き〜 880円(税抜) こちらはさばの味がしっかり染みている土鍋めし。 「伏見あおい」は〆である土鍋めしにもこだわっており、お米は岐阜県群青大和から直送しています。 炊きたてのご飯と焼きさばの相性は最高です。 出し汁もついているので、お茶漬けも堪能することができます。 おすすめは他にも!こだわりのお酒とおばんざい 青魚にぴったりな種類豊富なお酒 魚料理に欠かせないのが、何といってもお酒。 「伏見あおい」では厳選したお酒を提供しています。 とくに日本酒と青魚は抜群の相性です。 他にも焼酎、日本酒、ワイン、カクテルと豊富な種類のお酒を扱っています。 ぜひ青魚に一番合うお酒をさがしてみてください。 旬の魚と野菜を使ったおばんざい さきほど紹介した青魚料理のグランドメニュー以外にもおすすめなのが、このおばんざい。 おばんざいとは京都の言葉でお惣菜のことを指します。 「伏見あおい」では、料理長が市場で選びぬいた魚介類や旬の野菜を使い、その日によってメニューを変えています。 お酒のお供にいかがでしょうか。 東海地区では珍しい青魚専門店のお店で、今までとは一味違う「長崎ハーブ鯖」に挑戦してみては? 産直さばと青魚 伏見あおい 営業時間:ランチ11:00~14:00(L. O13:30)、ディナー17:00~24:00(料理L. O23:15 ドリンクL. owst.

次の