無料 チャット 通話 アプリ。 【無料通話】Skype(スカイプ)の使い方と初期設定【パソコン(PC)版】

【インスタグラム】「ビデオチャット(通話)」の使い方をくわしく解説!

無料 チャット 通話 アプリ

また、表のおすすめ度は下記のような意味で使っています。 S:その場面(仕事・セミナーなど)に最適 A+:費用面などボトルネックになっている面があるがおすすめ A:いくつかのデメリットがあるがおすすめ B:あまりおすすめできない C:おすすめできない 大人数でビデオ通話しやすいアプリまとめ【仕事・セミナー】 特に仕事やセミナーで役立つ機能を持った、大人数でビデオ通話しやすいアプリを紹介します。 Zoom Zoomは 1,000人まで同時にビデオ通話が可能なオンラインミーティングサービスです。 無料でも利用できて多機能ですが、セキュリティ面の脆弱性が目立ちます。 背景のカスタマイズ機能があり、様々なアプリケーションとの連携が可能です。 各プランの異なる部分だけ(セキュリティ除く)下記の表にまとめました。 セキュリティやサポートの面から、Business Basicプランがより安心できます。 BizMee BizMeeは無料で利用できる ブラウザ型のオンラインミーティングサービスです。 有料でないと議事録やホワイトボード機能が使えないサービスが多い中、 BizMeeはこうしたビジネスに便利な機能が利用可能です。 登録やインストールも不要で、PC・スマホ・タブレットのブラウザに対応しています。 LoopGate 日本で開発されたシンプルで分かりやすいオンラインミーティングサービス。 専用の機械やパソコンが必要となり料金も高いですが、 20年の運用実績があり、操作もワンタッチで簡単です。 拠点型なので、支店と支店を結んだり、取引先と繋いだりして使います。 シンプルで使いやすく、土日や早朝も電話でサポートしてもらえます。 導入にかかる料金が高いというデメリットもあることに注意してください。 Slack Slackは画像の共有やチャットなどに特化したサービスでビデオ通話もできます。 詳しくは下記の記事を参考にしてください。 詳しくは下記の記事を参考にしてください。 多くの企業や官公庁、病院などで導入されており、拠点型としては規模が非常に大きいのがメリットと言えます。 「Lite FreshVoice」は「FreshVoice」のライト版であり、スマホやパソコンなどの端末があれば、 URLを共有するだけで最大5拠点のWeb会議がスタートできます。 便利なサービスではありますが、 個人や少人数で使うには料金がかなり高いことがボトルネックです。 多くの企業や市役所などの導入実績があります。 Skype for Business 「Skype for Business」は 最大250人が参加できる大人数のビデオ通話がしやすいシステムです。 それに加えて、ビジネスで使いやすい機能も揃っています。 セキュリティも多要素認証の設定、通信の暗号化など実装されており、 安全性が高いサービスと言えるでしょう。 そのため、第三者が会議に参加するというトラブルも起こりません。 これに加えて、無料版Skypeと異なり、通信の暗号化や通信相手の制限が出来るなどセキュリティも強いため、オンライン会議はもちろん、様々なビジネスシーンで役立つことでしょう。 ITに強い世界的大企業Microsoftが所有しているため、安全性も高いと言えそうです。 Skype for Business Onlineは2021年7月31日に終了しMicrosoft Teamsに移行します。 LiveOn Liveonは日本発信の 大企業への導入実績があるオンラインミーティングサービス。 通常会議室の最大同時参加拠点数は20拠点、多人数モードでは無制限です。 「発言指名」「自動巡回機能」など会議やセミナーで便利な機能もたくさん実装されています。 拠点型の使い方が一般的ですが、多人数モードのオプションを付ければセミナー形式の会議や研修を行うことも可能です。 クリアな音声と動画映像、便利なツール、簡単に操作できるなど 全体的に高品質なシステムであると言えるでしょう。 無料体験期間14日間です。 クラウドアワードなど多数の賞を受賞しているシステムです。 Cisco Webex Meetings Cisco Webex Meetingsは、 無料で最大100人まで参加できる企業向けオンライン会議アプリ。 主催者がアカウントを所持していれば、 招待メールなどを使うことで参加者をゲストとして参加させることができます。 セキュリティ面も優れていて会議にぴったりの機能が多数実装されているため、おすすめのアプリと言えるでしょう。 料金は、主催者1名あたりの月額料金であり、主催者は最低1名(Businessは5人)いれば良いので、大規模なセミナーや会議を安く使うことが可能です。 「」の通りに登録することで、無料プランで1つの会議に100名まで参加できる会議を主催することが可能です。 CanSee キャンシー 専用アプリのインストールだけで、簡単にオンライン会議を始めることができる企業向けのサービス。 1IDあたり最大25人が同時接続できます。 操作が非常に簡単で、PCはもちろんスマホやタブレットからもアクセスすることが可能です。 オンライン会議に欲しい機能も一通り揃っていながら、 ひと月1,480円(1ID)とかなりリーズナブルな料金設定なのも魅力のうちのひとつ。 Zoho Meetings Zoho Meetingsは、ブラウザーベースのオンライン会議システム。 Zoho Meetingsでは、会議をロックして第三者の侵入を防ぐことが可能です。 そのため、 料金を抑えてオンライン会議することができます。 Calling Meeting Calling Meetingはインストール不要でブラウザからアクセスできることはもちろん、スマホのアプリ版も発表されています。 オンライン会議に必要な機能は一式揃っていますが、 料金が高いことがボトルネックです。 そのため、仕事はもちろん、友人同士の集まりにも利用しやすいです。 ただし、同じURLを固定で使いまわすことは、悪意のある第三者がルームに入ってきやすい環境を作っているとも言えます。 Wherebyを利用する場合は、しっかり会議室にロックをかけるようにしましょう。 1の実績を持っているビジネス特化型サービス。 ビジネスに中でも、特に 営業に向いた機能を多く実装しています。 機能が足りないと感じたときは、 後からカスタマイズして機能を追加できるのも魅力のうちのひとつ。 あまりアプリを使ったことがないという人でも、 簡単に操作することができます。 ゲスト招待や招集メール機能を使えば、IDを持っていないユーザーを呼ぶことも出来て便利です。 ただし、 無料だと1対1の通話しか出来ないため、大人数での利用を考える場合は、有料プランが望ましいです。 月額20ドルからと比較的リーズナブルながら、 最大1,000人とビデオ通話することが可能です。 SOBA meeting 会議に欲しい機能が一式揃っていながら、無料で利用できるWeb会議サービス。 セキュリティの情報がないことがボトルネックですが、少数の会議に向くでしょう。 同時接続人数制限がなく、欲しい機能が一式揃っています。 また、セキュリティ対策もしてあるため、かなりおすすめできるシステムです。 Google Duo Google DuoはGoogleの提供しているビデオ通話サービスです。 音声の遅延が少ないことや、音質が良いことが理由で、歌やピアノのオンラインレッスンに導入されていることが多いです。 電話番号の入力だけで始められるので導入も簡単にできます。 大人数でビデオ通話しやすいアプリまとめ【友達】 友達と大人数で集まってビデオ通話しやすいアプリを紹介します。 LINE LINEは日本国内で老若男女問わず使われています。 そのため、 トーク画面から簡単に連絡を取ることができること、操作に慣れている人が多いため、大人数でビデオ通話しやすいなどのメリットがあります。 無料でありながら最大200人もの人数でビデオ通話できるサービスは、かなり珍しいです。 ユーザーが多いため、すぐにビデオ通話の人数を集めることもできます。 通話はもちろん、画面の共有や音声のみの通話を無料で提供しています。 最大25人まで同時にビデオ通話に参加できるので、大人数の友達と話したり、オンライン飲み会をしたりするのに向いています。 iPhoneでしか利用できず、 自分がiPhoneであっても相手がそれ以外だと使えないのがデメリットです。 ビデオ通話も可能ですが、特に安い料金で固定電話や携帯電話に電話することもできます。 楽天IDと連携することでポイントが貯まるため、携帯電話代わりに使うことをおすすめします。 詳しい情報については、下記の記事を参考にしてください。 Facebookで友達になっていれば、 相手のIDを知らなくても連携することができ、相手に通話したときに応答がなかった場合 ボイスメッセージを残すことができます。 ビデオ通話はもちろん、 電話代わりにも使いやすいアプリだと言えるでしょう。 Google Hangouts(ハングアウト) 「Google Hangouts」は Googleアカウントを所持している人であれば、無料で利用できるサービスです。 ビデオ通話はもちろん、固定電話や携帯電話にもリーズナブルな料金で発信できます。 ただし、 ビデオ通話は無料プランで同時に10人、有料プランで同時に25人までしか参加できません。 Azar(アザール) Azarは無料で利用できる世界と繋がれるビデオ通話アプリ。 既に友達になっている人と話すというよりは、 新しくネットで会う人と友達になるツールです。 ただし、お見合いアプリのような使い方をしている人もいるようなので、その気がないようなら、そういったユーザーに会ったときには要注意です。 アジア圏の人と友達になって大人数でビデオ通話したいという人に向いています。 友達と一緒にアプリ内でゲームができる、アイコンの種類が豊富といった特徴があります。 Telegram Telegramは仮想通貨関連の情報取得に有用なアプリです。 このアプリの詳しい情報に関しては下記の記事を参考にしてください。

次の

【2020年】無料通話アプリのおすすめ10選!電話の音質や機能を比較!

無料 チャット 通話 アプリ

スマホアプリや格安無料SIMが台頭する現代において、通話アプリは世間に多く普及するようになりました。 スマホでためしにアプリストアを検索してみても、非常に多くの種類があります。 「正直、どれがいいのかわからない!」 って困ってしまう方もいるかもしれませんね。 私も実際そうでした。 通話アプリには番号の付与されるものがあったり、完全にアプリ同士での通話に制限されたりなど特徴はさまざま。 また、正直どのアプリにどんな特徴があって、どれだけ使えるのか?というのが分かりにくいこともあると思います。 今回はそんな無料通話アプリのランキングをシンプルに、• 完全無料で• 通信も安定していて• かつ利便性もある といったものを中心に、オススメのものを紹介して行こうと思います。 また、当サイトでメインのコンテンツとして扱っているZoomの通話アプリも非常に便利なので、それぞれのランキングを紹介する中でZoomの魅力についても最後に発表していきますね。 スポンサーリンク 無料通話アプリはデメリットを考慮した上でつかう! 完全無料の通話アプリを使う場合には、無料であるだけの理由というものが存在します。 無料通話アプリといえども、いくつかの種類がありますし、番号の付加されるIP電話から、専用のアカウントを使って通話をするようなものまで様々。 無料通話アプリには、大きく分けると2つの種類があります。 一つは「番号が付与される、050から始まる番号のもの(IP電話)」• もう一つには「アプリ間でのみ通話できる、番号のないもの」 この二つが主であり、無料の通話を実現したいのであれば、後者ののアプリ間でのみ通話できるもの一択となります(通信量はかかりますが…。 ) 今回紹介するものは、複雑な料金体系などは考えなくて済む 「アプリ間でのみ通話できる、固有の電話番号のないもの」 に絞って紹介をしていきますね。 また、前もって無料通話アプリの弱点・デメリットは知った上で利用するようにしてくださいね。 無料通話アプリのデメリットは以下のとおりです。 (基本的には)自分の専用番号が存在しない• お互いに同じアプリを使わないといけない• 緊急電話には発信できない 一通り紹介しておきます。 デメリットその1.自分の電話番号が存在しない 自分の電話番号がありません。 つまり、普通の携帯電話のように090とか080で始まる番号がないのです。 なので基本的に固定電話からこちらに発信することはできませんし、固定電話に発信することもできません。 (一部アプリ除く) そのため、「ここに連絡してね!」と番号を用意することができない点はデメリットになりますね。 デメリットその2.お互いに同じアプリを使わないといけない こちらも、通常の電話とはまた異なる特徴的なポイントですね。 当たり前ですがお互いに同じアプリを使わなければいけないので、両者の間で事前登録を済まさなければいけません。 また、基本的には両者でアカウントの登録や準備もしなければなりません。 アプリの仕様によっては「電話番号認証」を使って相手のアカウントを登録しなければならないので、一部の格安SIMなどでは全ての機能を満足に利用できないというデメリットも存在します。 デメリットその3.緊急電話には発信できない 110番、119番など、公的機関への電話は不可能です。 これはもともと通信方式が違うという、根本的なシステムが電話と違うためですね。 そのため、無料通話アプリを使うにしても、電話を使える番号付のSIMを個人的には推奨します。 (緊急通報の用途で使うことを想定していない場合はこの限りではありません) スポンサーリンク おすすめ無料通話アプリランキングを5位から紹介! それでは、ひとしきり無料通話アプリで先に告知しておきたい所を一通り説明した所で、引き続き無料通話アプリのそれぞれの特徴を、ランキング形式で紹介して行こうと思います。 Wifiがあれば基本的に通話の音質は安定していますし、ビデオ通話にも対応するようになったため、とても便利に活用ができる、スマホユーザーの認知度が非常に高い定番のアプリとして今まで注目されてきました。 ところが、Wifiであっても通話環境がまったく安定しないこともあります(もちろん相手側の環境が悪ければ、電話は切れやすくなります) 他の特殊な機能としてはチャットのやり取りがしやすいこと、ユニークなスタンプ機能がある辺りのメリットがありますが、無料通話を楽しみたいのであれば蛇足な機能でもありますよね。 既読がつく点も個人的にはマイナスです……(LINEさん、ごめんなさい!) 最近では格安SIMが台頭してきましたが、相手のIDを検索するにも年齢認証を行う必要があり、SIMのプランによっては認証ができない所もマイナスポイントですね。 ただ、ログインの手間がないのは非常に便利ですし、個人でも@LINEなどを使って簡単に、かつお手軽に情報発信ができるようになった点は非常に魅力といえるでしょう。 パソコンではチャット、通話ともに便利なアイテムとして長年重宝されています。 LINEの方が浸透してしまった理由としては、タイムライン機能やスタンプ、チャットの利便性の他に、ログインの必要がある点などが劣ってしまったからでしょう。 スポンサーリンク 3位. 名前そのままで通話向けのアプリです。 LINEのようにアプリの年齢認証が無い点が、大きく有利なポイントでしょう。 格安SIMであっても、アプリを用意してアカウント登録さえすれば通話が楽しめる点は魅力です。 また、チャットもLINEのように簡単に使うことができます。 (スタンプなどは少なめです) ビデオ通話などはWifiがあったほうがやはり安定しており、通常の4G回線などでは不安定になることもあります。 特殊機能としてボイスチェンジャー機能などもありますが、必要としていない人としては蛇足ですね。 comm(コム) 通話の安定性 — 通信量 — グループ通話 — チャット機能 — バッテリー消費 — ビデオ通話 — 今もダウンロードできれば、2位か1位に来ていました。 ただ、このアプリはすでにリリースが終わってしまっています(つまりあまり人気がでなかった…?) 個人的にはLINEよりも通話が安定していて、むしろ普通の電話よりも音質がよく通話ができるスマホの無料アプリとしては無敵だったのですが、無念のサービス終了でした…。 こういう背景を考えると、有料プランの用意されているサービスのほうがある意味安定して使えるのかもしませんね。 これはこういうサイトなので、出来レース的に1位になってしまっている感がありますが、本当にオススメです。 というのも、無料通話アプリには必須である、• 完全無料で• 通信も安定していて• かつ利便性もある という機能を一通りクリアできていて、通話の品質も非常に安定しているからです。 対抗馬としては、パソコンでも専用アプリのあるスカイプがありますが、通話やビデオ音声をしてもデータを多く食わないのがZoomの特徴です。 通信量が低いということは、通信が安定しやすいという事ですからね。 おまけに通信量が少ないので、Wifiでなくても通信が安定するばかりか、4Gであってもそこまで通信の費用がかからない点も魅力です。 ただ、問題になるのがログインや会員登録ですね。 まだそこまでスマホでは有名ではない(というかほぼ無名)ので、検索してもそこまで登録方法を解説しているサイトがないのがネックでしょう。 ホスト側(電話をかけえる側)はログインが必要ですが、電話を受ける側はアカウントの登録が必要なく、アプリを用意しておくだけでいいのも魅力ですね。 会員登録までの時点では英語の案内ページがあったり、メール経由で会員登録をしなければならないなどのネックがありますが、それを補ってあまりある利便性を兼ね備えていると思います。 また、 3人以上のグループ通話には無料版だと40分の制限があります。 ただ、1旦切れたあとに再び電話をかけ直せばすぐにかけられるので、そこをネックだと感じなければ非常に便利でしょう。 年齢認証などもなく、通話もビデオ通話も非常に安定しています。 パソコンやタブレット、スマホなど機種を問わずサクサク操作できるため、使い方さえマスターすれば無料でめちゃめちゃ使える無料通話アプリとしてかなり便利だと思いますよ。 しかし、通話していない間のチャットはできないので、LINEなどのようにログを保存する事ができないのはデメリットでもあります。 関連記事: まとめ 無料の通話アプリについて紹介していきました。 無料で、かつ通話も安定しているものとなれば、大きくは4つほどのアプリに分けられるかなと思います。 それぞれ一長一短ありますが、使い方は慣れるもの。 かつてLINEが出てきたときも最初から使いこなせた方はいないと思いますし、ぜひ積極的に便利で新しいものを使っていけるようにするといいですね。 Zoomを最後はオススメする形で紹介してしまいましたが、ぜひ無料通話を楽しむツールとして活用してみていただければなと思います。 関連記事:.

次の

音声通話、ビデオ通話、チャット、LINEとの違いは?今さら聞けない「Skype」の使い方|@DIME アットダイム

無料 チャット 通話 アプリ

また、表のおすすめ度は下記のような意味で使っています。 S:その場面(仕事・セミナーなど)に最適 A+:費用面などボトルネックになっている面があるがおすすめ A:いくつかのデメリットがあるがおすすめ B:あまりおすすめできない C:おすすめできない 大人数でビデオ通話しやすいアプリまとめ【仕事・セミナー】 特に仕事やセミナーで役立つ機能を持った、大人数でビデオ通話しやすいアプリを紹介します。 Zoom Zoomは 1,000人まで同時にビデオ通話が可能なオンラインミーティングサービスです。 無料でも利用できて多機能ですが、セキュリティ面の脆弱性が目立ちます。 背景のカスタマイズ機能があり、様々なアプリケーションとの連携が可能です。 各プランの異なる部分だけ(セキュリティ除く)下記の表にまとめました。 セキュリティやサポートの面から、Business Basicプランがより安心できます。 BizMee BizMeeは無料で利用できる ブラウザ型のオンラインミーティングサービスです。 有料でないと議事録やホワイトボード機能が使えないサービスが多い中、 BizMeeはこうしたビジネスに便利な機能が利用可能です。 登録やインストールも不要で、PC・スマホ・タブレットのブラウザに対応しています。 LoopGate 日本で開発されたシンプルで分かりやすいオンラインミーティングサービス。 専用の機械やパソコンが必要となり料金も高いですが、 20年の運用実績があり、操作もワンタッチで簡単です。 拠点型なので、支店と支店を結んだり、取引先と繋いだりして使います。 シンプルで使いやすく、土日や早朝も電話でサポートしてもらえます。 導入にかかる料金が高いというデメリットもあることに注意してください。 Slack Slackは画像の共有やチャットなどに特化したサービスでビデオ通話もできます。 詳しくは下記の記事を参考にしてください。 詳しくは下記の記事を参考にしてください。 多くの企業や官公庁、病院などで導入されており、拠点型としては規模が非常に大きいのがメリットと言えます。 「Lite FreshVoice」は「FreshVoice」のライト版であり、スマホやパソコンなどの端末があれば、 URLを共有するだけで最大5拠点のWeb会議がスタートできます。 便利なサービスではありますが、 個人や少人数で使うには料金がかなり高いことがボトルネックです。 多くの企業や市役所などの導入実績があります。 Skype for Business 「Skype for Business」は 最大250人が参加できる大人数のビデオ通話がしやすいシステムです。 それに加えて、ビジネスで使いやすい機能も揃っています。 セキュリティも多要素認証の設定、通信の暗号化など実装されており、 安全性が高いサービスと言えるでしょう。 そのため、第三者が会議に参加するというトラブルも起こりません。 これに加えて、無料版Skypeと異なり、通信の暗号化や通信相手の制限が出来るなどセキュリティも強いため、オンライン会議はもちろん、様々なビジネスシーンで役立つことでしょう。 ITに強い世界的大企業Microsoftが所有しているため、安全性も高いと言えそうです。 Skype for Business Onlineは2021年7月31日に終了しMicrosoft Teamsに移行します。 LiveOn Liveonは日本発信の 大企業への導入実績があるオンラインミーティングサービス。 通常会議室の最大同時参加拠点数は20拠点、多人数モードでは無制限です。 「発言指名」「自動巡回機能」など会議やセミナーで便利な機能もたくさん実装されています。 拠点型の使い方が一般的ですが、多人数モードのオプションを付ければセミナー形式の会議や研修を行うことも可能です。 クリアな音声と動画映像、便利なツール、簡単に操作できるなど 全体的に高品質なシステムであると言えるでしょう。 無料体験期間14日間です。 クラウドアワードなど多数の賞を受賞しているシステムです。 Cisco Webex Meetings Cisco Webex Meetingsは、 無料で最大100人まで参加できる企業向けオンライン会議アプリ。 主催者がアカウントを所持していれば、 招待メールなどを使うことで参加者をゲストとして参加させることができます。 セキュリティ面も優れていて会議にぴったりの機能が多数実装されているため、おすすめのアプリと言えるでしょう。 料金は、主催者1名あたりの月額料金であり、主催者は最低1名(Businessは5人)いれば良いので、大規模なセミナーや会議を安く使うことが可能です。 「」の通りに登録することで、無料プランで1つの会議に100名まで参加できる会議を主催することが可能です。 CanSee キャンシー 専用アプリのインストールだけで、簡単にオンライン会議を始めることができる企業向けのサービス。 1IDあたり最大25人が同時接続できます。 操作が非常に簡単で、PCはもちろんスマホやタブレットからもアクセスすることが可能です。 オンライン会議に欲しい機能も一通り揃っていながら、 ひと月1,480円(1ID)とかなりリーズナブルな料金設定なのも魅力のうちのひとつ。 Zoho Meetings Zoho Meetingsは、ブラウザーベースのオンライン会議システム。 Zoho Meetingsでは、会議をロックして第三者の侵入を防ぐことが可能です。 そのため、 料金を抑えてオンライン会議することができます。 Calling Meeting Calling Meetingはインストール不要でブラウザからアクセスできることはもちろん、スマホのアプリ版も発表されています。 オンライン会議に必要な機能は一式揃っていますが、 料金が高いことがボトルネックです。 そのため、仕事はもちろん、友人同士の集まりにも利用しやすいです。 ただし、同じURLを固定で使いまわすことは、悪意のある第三者がルームに入ってきやすい環境を作っているとも言えます。 Wherebyを利用する場合は、しっかり会議室にロックをかけるようにしましょう。 1の実績を持っているビジネス特化型サービス。 ビジネスに中でも、特に 営業に向いた機能を多く実装しています。 機能が足りないと感じたときは、 後からカスタマイズして機能を追加できるのも魅力のうちのひとつ。 あまりアプリを使ったことがないという人でも、 簡単に操作することができます。 ゲスト招待や招集メール機能を使えば、IDを持っていないユーザーを呼ぶことも出来て便利です。 ただし、 無料だと1対1の通話しか出来ないため、大人数での利用を考える場合は、有料プランが望ましいです。 月額20ドルからと比較的リーズナブルながら、 最大1,000人とビデオ通話することが可能です。 SOBA meeting 会議に欲しい機能が一式揃っていながら、無料で利用できるWeb会議サービス。 セキュリティの情報がないことがボトルネックですが、少数の会議に向くでしょう。 同時接続人数制限がなく、欲しい機能が一式揃っています。 また、セキュリティ対策もしてあるため、かなりおすすめできるシステムです。 Google Duo Google DuoはGoogleの提供しているビデオ通話サービスです。 音声の遅延が少ないことや、音質が良いことが理由で、歌やピアノのオンラインレッスンに導入されていることが多いです。 電話番号の入力だけで始められるので導入も簡単にできます。 大人数でビデオ通話しやすいアプリまとめ【友達】 友達と大人数で集まってビデオ通話しやすいアプリを紹介します。 LINE LINEは日本国内で老若男女問わず使われています。 そのため、 トーク画面から簡単に連絡を取ることができること、操作に慣れている人が多いため、大人数でビデオ通話しやすいなどのメリットがあります。 無料でありながら最大200人もの人数でビデオ通話できるサービスは、かなり珍しいです。 ユーザーが多いため、すぐにビデオ通話の人数を集めることもできます。 通話はもちろん、画面の共有や音声のみの通話を無料で提供しています。 最大25人まで同時にビデオ通話に参加できるので、大人数の友達と話したり、オンライン飲み会をしたりするのに向いています。 iPhoneでしか利用できず、 自分がiPhoneであっても相手がそれ以外だと使えないのがデメリットです。 ビデオ通話も可能ですが、特に安い料金で固定電話や携帯電話に電話することもできます。 楽天IDと連携することでポイントが貯まるため、携帯電話代わりに使うことをおすすめします。 詳しい情報については、下記の記事を参考にしてください。 Facebookで友達になっていれば、 相手のIDを知らなくても連携することができ、相手に通話したときに応答がなかった場合 ボイスメッセージを残すことができます。 ビデオ通話はもちろん、 電話代わりにも使いやすいアプリだと言えるでしょう。 Google Hangouts(ハングアウト) 「Google Hangouts」は Googleアカウントを所持している人であれば、無料で利用できるサービスです。 ビデオ通話はもちろん、固定電話や携帯電話にもリーズナブルな料金で発信できます。 ただし、 ビデオ通話は無料プランで同時に10人、有料プランで同時に25人までしか参加できません。 Azar(アザール) Azarは無料で利用できる世界と繋がれるビデオ通話アプリ。 既に友達になっている人と話すというよりは、 新しくネットで会う人と友達になるツールです。 ただし、お見合いアプリのような使い方をしている人もいるようなので、その気がないようなら、そういったユーザーに会ったときには要注意です。 アジア圏の人と友達になって大人数でビデオ通話したいという人に向いています。 友達と一緒にアプリ内でゲームができる、アイコンの種類が豊富といった特徴があります。 Telegram Telegramは仮想通貨関連の情報取得に有用なアプリです。 このアプリの詳しい情報に関しては下記の記事を参考にしてください。

次の