ゼネラル リサーチ 嘘。 【白漢しろ彩ラメラローション】口コミ検証!敏感肌の赤ら顔への効果

働き方改革に関連する調査を行った結果、判明した意外な4割とは!?|ゼネラルリサーチ株式会社のプレスリリース

ゼネラル リサーチ 嘘

新型コロナウイルスの感染者が国内で初めて確認されてから2か月以上が立ちます。 現在に至るまでコロナウイルスに関する話題が連日報道され、人々の関心は日々高まり続けてきました。 また、世界各地で猛威を振るう新型コロナウイルスについて、3月11日(日本時間:3月12日)、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が 「パンデミック(世界的な大流行)とみなせる」と表明したことは記憶に新しいですね。 そのため、このような状況下ではやはり多くの方がコロナウイルスの対策をしているようです。 【図1】 そんな中で、対策をしていない方も一定数いますが、対策をする方としない方ではどのような意識の違いがあるのでしょうか。 新型コロナウイルスへの対策を行っている方への質問• 新型コロナウイルスへの対策を行っていない方への質問• 新型コロナウイルスについて関心のあることについて• 現在の生活における変化について 【調査1:新型コロナウイルスへの対策を行っている方への質問】 【図2】 まず、「どのような対策をしていますか?(複数選択可)」と質問したところ、 『マスクの着用(88. こうした回答が挙げられる要因としては、いわゆる 濃厚接触による感染に対してもっとも手軽に対策できる手段だからだと考えられます。 しかし、「現在ご自身が行われている対策は完璧だと思いますか?」という質問に対して 『いいえ(85. 【調査2:新型コロナウイルスへの対策を行っていない方への質問】 【図3】 次に、「対策をしない理由を教えてください」と質問したところ、 『対策しようにも物資が不足しているから(22. しかし、「今後の新型コロナウイルスの対策について教えてください」と質問したところ、 『今後も対策はしない(33. 【調査3:新型コロナウイルスについて関心のあることについて】 【図4】 「新型コロナウイルスに関して、現在関心のある項目を教えてください」と質問したところ、 『マスクを始めとした各物資の不足(30. 新型コロナウイルスが発生してから数か月が経ちますが、現在でもマスクや消毒液といった予防アイテムの品薄が続いています。 また、お花見やアーティストのコンサートやイベント等の自粛が続きますが、そうしたイベントに参加する予定だった方はもちろん、主催者側にも経済的なダメージがあります。 このような状況だからこそ、 関心が高まれば高まるほどデマの拡散や商品の転売等、マイナスなことが大きくなってしまうため注意が必要です。 【調査4:現在の生活における変化について】 【図5】 『現在の生活で変化のあった項目を教えてください』と質問したところ、 『特に変化はない(48. 【総括】 今回の調査では、新型コロナウイルスの対策をしている方はその対策内容が十分ではないと感じ、対策をしていない方は対策をしたくてもできないといった現状があることが分かりました。 新型コロナウイルスは世界中で流行しており、その情報は毎日テレビやネットニュースを通じて我々の元に届けられています。 そのような状況下で、日々更新される感染者の数を目の当たりにしたとき、現在の対策で本当に十分か疑問を持つことは仕方のないことなのではないでしょうか。 また、対策内容に自信を持てない状況だからこそマスクや消毒液などの対策グッズは品薄になり、対策をしたくてもできないといった事態が起きているようです。 現在、各自治体がさまざまなイベントの自粛を呼びかけ、お花見や卒業式、今オリンピックの開催も危ぶまれている事態となっています。 今最も重要なことは 自身の健康を真剣に考え、一人ひとりができる行動を最大限果たしていくことなのではないでしょうか。 ゼネラルリサーチでは、今後も引き続き調査を継続してまいります。

次の

ゼネラルマネージャーとは?仕事内容から会社内の職位まで

ゼネラル リサーチ 嘘

新着リサーチ• 疲労 2020年06月10日 フジ医療器は、子どもを持つ20歳以上の男性を対象に「<父の日企画>第10回 お父さんの疲労事情と解消法調査」を実施いたしました。 この調査... ライフスタイル 2020年06月08日 セイコーホールディングスは、6月10日「時の記念日」にちなんで、生活者に時間についての意識や実態を探る調査を2017年から実施し、『セイコ... 働き方 2020年06月05日 損害保険ジャパン(損保ジャパン)は、「働き方に関する意識調査」を実施しました。 その調査結果および専門家のコメントをご案内いたします... 汗 2020年06月02日 マンダムは、10代~60代の男性5,000人を対象に男性の汗に関する意識調査を実施いたしました。 調査の結果、一般的に最も代謝が活発だと考えられ... 発酵食品 2020年05月19日 万田発酵は、家にいる時間が増える状況の中、全国の30代~60代の男女を対象に、「在宅時間の長期化における人々の食生活の意識の変容に関す... EC 2020年05月19日 ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネ... テレワーク 2020年05月19日 リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所は、従業員規模300名以上の企業に勤務する、終日・半日・一部業務のみの少なくともい... スマートスピーカー 2020年05月19日 マイボイスコムは、3回目となる『スマートスピーカー(AIスピーカー)』に関するインターネット調査を2020年4月1日~5日に実施し、10,241件... フレーバーウォーター 2020年05月19日 マイボイスコムは、2回目となる『フレーバーウォーター』に関するインターネット調査を2020年4月1日~5日に実施し、10,143件の回答を集めま... コミュニケーション 2020年05月18日 セゾン自動車火災保険は、人々のコミュニケーションの形に着目し、全国300人を対象とした「日々のコミュニケーション手段に関する意識調査」... 新型コロナウイルス 2020年05月15日 マクロミルは、新型コロナウイルスの感染拡大や緊急事態宣言による外出自粛や企業活動の縮小・停止が、消費者心理に与えている影響について、... 健康 2020年05月15日 オムロン ヘルスケアは、同社の健康管理アプリ「OMRON connect(オムロン コネクト)」(以下 オムロン コネクト)を利用するユーザ約30,00... 健康 2020年05月14日 電通は、2020年4月後半に全国20~69歳の男女1,000名を対象に「COVID-19生活者意識ナビゲーター(第1回日米比較編)」を実施しました。 本調査は... 健康 2020年05月01日 日本能率協会総合研究所は、全国の20~69歳3,000人を対象とし、感染症対策の意識の変化や実態把握のため調査を実施致しました。 調査結果まとめ... イエナカ 2020年04月30日 BookLiveは、運営する総合電子書籍ストア「BookLive! 調査サマリー【... メディア 2020年04月30日 インターネット利用状況を調査しているビデオリサーチインタラクティブは、新型コロナウイルス感染症 COVID-19 の拡大が及ぼすPCインターネ... 妊活 2020年04月30日 エイチームライフスタイルは、運営する生理日・排卵日が予測できるスマートフォンアプリ『ラルーン』において、「新型コロナウイルス(COVID... エアコン 2020年04月30日 ダイキン工業は、男女500人を対象に「換気に対する実態調査」を実施しました。 調査では、コロナ禍で換気に対する関心が高くなったという人は約... メイク 2020年04月28日 プラネット は消費財や暮らしにまつわるトピックスをお届けする『Fromプラネット』の第132号として、メイクに関する意識調査の結果をご紹介... 妊婦 2020年04月28日 ベビーカレンダーは、 妊娠中の女性528名を対象に『新型コロナウイルス感染拡大による影響』について緊急アンケート調査を行いました(調査... PC 2020年04月28日 デル テクノロジーズの日本における事業を展開する二社である、デルと、EMCジャパンは、2020年4月に実施した全国の小・中学生を持つ家庭を対... 外食 2020年04月28日 リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、首都圏・関西圏・東海圏の男女約1万人を対... 不安 2020年04月28日 インテージグループのアクセス・ジェーピーは、首都圏在住の働く20代が新型コロナウイルスについてどのような不安・危機感を感じているのか... イエナカ 2020年04月28日 スカパー!は、10~60代男女を対象に新型コロナウイルスによる外出自粛に関するアンケート調査を実施しました。 テレワーク 2020年04月28日 リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所は、従業員規模300名以上の企業に勤務する一般社員2040名、管理職618名に「テレワー... エステ 2020年04月28日 矢野経済研究所は、国内エステティックサロン市場を調査し、都道府県別や施術別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 <エステテ... 職場 2020年04月28日 エン・ジャパンが運営する『エン派遣』上でサイト利用者を対象に「勤務先での出会い」についてアンケート調査を実施。 6,864名の回答を得まし... イエナカ 2020年04月28日 ウエディングパークは、20代~30代のパートナーがいる女性674人を対象に「おうち時間」に関する調査を実施いたしました。 調査サマリー・「新... 働き方 2020年04月27日 デル テクノロジーズの日本における事業を展開する二社である、デルと、EMCジャパンは、2020年3月に全国の中小企業(従業員数1~99人)の経... eラーニング 2020年04月27日 矢野経済研究所は、国内eラーニング市場について調査を実施し、BtoB、BtoC各市場の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 <eラーニ... 食事 2020年04月24日 農林中央金庫では、「世代をつなぐ食 その実態と意識」(2004年)から、各世代を対象に食に関する調査を継続して実施しています。 本年は20... 次世代車 2020年04月24日 ビー・エム・ダブリュー(BMW)は、地球環境保護に向けた次世代車普及のため、「次世代車に関する意識調査」を実施した。 本調査は、2020年4... テレビ 2020年04月23日 ビデオリサーチは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う、生活者の生活変化、テレビ視聴の状況をまとめました。 4月7日(火)に7都府県に発令さ... ストレス 2020年04月23日 クロス・マーケティングは、新型コロナウイルスが消費者の行動や意識に与える影響を把握することを目的として、全国47都道府県に在住する20~6... 母親 2020年04月23日 フジ医療器は、子どもをもつ20歳以上の女性を対象に「<母の日企画> 第10回 お母さんの疲労事情と解消法調査」を実施いたしましたので、そ... 住宅購入 2020年04月22日 リクルート住まいカンパニーは、「『住宅購入・建築検討者』調査」を行いました。 この調査は、住宅の購入・建築を検討している人 を対象に、検... リサーチランキング• 健康 2017年12月05日 TENGAヘルスケアは、TENGAと共同で、日本初の詳細さでデリケートな部分に踏み込んだ男性のマスターベーションに関する調査「全国男性自慰行... お小遣い 2019年06月21日 新生銀行は、20代から50代の有職者の男女約2,700名を対象にした「2019年サラリーマンのお小遣い調査」を実施し、その結果を取りまとめました。... お酒 2018年03月13日 リクルートライフスタイルが運営する、『ホットペッパーグルメ』は、20代30代に「好きなお酒」のアンケート調査を実施。 食生活 2017年03月22日 日清オイリオグループ「生活科学研究グループ」は、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて調査し、... 流行語 2019年08月16日 バイドゥが提供する日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」は、10代女子のSimejiユーザーへアプリ上でアンケート調査を行い... 妊娠 2014年03月19日 医療・健康系モバイルサービスを展開するプラスアールは、妊婦さんの「妊娠中の仲良し(セックス)に関する調査」から見えてきた、仲良し(... 発酵食品 2020年05月19日 万田発酵は、家にいる時間が増える状況の中、全国の30代~60代の男女を対象に、「在宅時間の長期化における人々の食生活の意識の変容に関す... 昼食 2018年06月26日 タニタが展開するヘルシーレストラン「タニタ食堂」は、2018年2月5日~2月6日の2日間、全国の20歳~69歳の働く男女1,000名を対象に「働く男... 10位• 中高生 2016年02月10日 スプリックスは、自社の運営する個別指導塾『森塾』にお通いの中学生・高校生の生徒さんを対象とし、2015年4月に「中高生の視聴テレビ番組の... 11位• 若者 2018年12月18日 日本財団は10月下旬、「セックス」をテーマに6回目の「18歳意識調査」を実施しました。 その結果、ほぼ4人に1人にセックス経験があり、4人に3人... 12位 リサリサ リサーチ・リサーチ とは リサリサは『リーサチ・リサーチ』の略です。 インターネット上に散在するリサーチデータを集め(リサーチして)、情報をまとめたリサーチデータ情報サイトです。 企業や官公庁がリリースしている各種リサーチを中心に、豊富に二次データを掲載しています。 リサーチャーやマーケター向け マーケティングリサーチデータや、マクロデータをお探しの、マーケターやリサーチャー、研究・開発職、営業企画職、コンサルタントの方々を対象にしています。 「よし!リサーチャー!これでいいっ!これがBEST!」• All Rights Reserved.

次の

“ゼネラルリサーチ株式会社” の検索結果

ゼネラル リサーチ 嘘

現代ではさまざまな働き方が存在しており、それに伴いライフスタイルも昔では考えられないくらい多種多様な世の中になっています。 一般家庭に置き換えるなら、一昔前では男性は外で仕事をし、女性は家事で一家を支えるといった時代がありました。 しかし現代における一般家庭は、男女の区別なく共に働きに出たり、中には男性であっても在宅で仕事をしたりする方もいます。 そのため、男性は外で仕事、女性は家で家事といったことがスタンダードではなくなりつつあるようです。 そうした夫婦共働きの家庭内でよく問題に挙げられるのが「家事の分担」でしょう。 これまでは家を空けることの多かった男性に代わり女性が家事を負担していましたが、女性も働くことが当たり前になった現代において、そうした慣習はナンセンスといえます。 実際に、こうした世の中でありながら、いまだに家事は女性の仕事だと認識している男性は少なくありません。 そこで今回は、20代~50代の家事を分担している共働き夫婦を対象に、「家事」に関する意識調査を実施しました。 家事の担当について• その他実施している家事について• 言われて嫌なことについて• 家事の分担について 【調査1:家事の担当について】 【図1】 まず、「どの家事を担当していますか?」と質問したところ、 男性は「ゴミ出し」(72. 女性は「料理」(77. 体力が必要な家事は男性が担当、細やかな配慮が必要な家事は女性が担当といった傾向が顕著に現れました。 【調査2:その他実施している家事について】 【図2】 次に、「担当している家事以外に「実はこんなこともやってるよ!」と主張したい家事(作業)があれば、具体的に教えてください」と質問したところ、男女ともにさまざまな回答があったものの、男性の回答率は44. 1%だったのに対し、女性は55. 【図3】 実際に、「夫婦で行っている家事分担の割合を教えてください」と質問したところ、 男性の回答は「3割の家事を自分が担当」という回答が多かったのに対し、女性の回答は「7割の家事を自分が担当」といった回答が多く、意外にも家事を行っている割合の認識の差はなかったことが分かりました。 【調査3:言われて嫌なことについて】 【図4】 ここで、「家事に関することでパートナーにイラっとした瞬間を教えてください」と質問したところ、 「男性」• ちなみに、こちらの質問でも女性の回答率が多いという結果になりました。 【調査4:家事の分担について】 【図5】 最後に、「家事はだれがやるべきですか?」と質問したところ、男女ともに7割以上の方は「気づいた人がやればよい」と回答しているものの、男性は「パートナー」という回答が高く、女性は「自分」という回答が高くなりました。 ここでも男女で違いがみられましたが、家事は女性がやるべきという考えの男性が一定数存在し、女性もその意見に続く方が一定数存在する結果となりました。 そうした特徴を持つ方々にそれぞれの意見をうかがったところ、 「家事はだれがすべきですか?」の質問に「パートナー」と回答した男性• 【総括】 「家事は女性がやるもの」といった考えは男女共通で一定数おり、「このご時世になんて古い考え方を・・・」と、感じる方は少なくないのではないでしょうか。 しかし、双方の言い分を見てみると、それぞれの適性によって仕事と家事を納得して分担していることもわかり、それもまた一つの家庭の形として成立していることが分かります。 また、家事を分担する際に起きる摩擦の原因は「平等」という感覚ではないでしょうか。 「自分は仕事で帰りが遅いから」 「子どもの世話をしながら家事は無理」 「立ちながら用を足すならトイレ掃除は自分でやって」 上記のように、家事に対してそれぞれに言い分や要望はあるでしょう。 しかし、最も重要なことは齟齬理解による歩み寄りではないでしょうか。 その上で「手伝う」ではなく「そこで暮らす者」としてやるべき当然のことをするという当事者意識を持つことが重要となります。

次の