給付 金 税金 かかる。 『定額給付金』に税金はかかるの? [経理で働く・転職する] All About

持続化給付金は、税金がかかるの?もらうタイミングは?経理処理は?を解説します!

給付 金 税金 かかる

関連記事: 「住民票」を基に支給 緊急経済対策として、「本当に困っている人を手厚く支援する」というコンセプトで導入予定だった「世帯に30万円の現金給付」は撤回され、「全国民に1人当たり10万円を支給する」ことになりました。 その支給(受取)方法も、徐々に固まってきたようです。 受給者の特定は「住民基本台帳」をベースに行われます。 「全国民」と言いましたが、日本国内に住民票を持つ外国人も対象となる方向です。 具体的には、基本台帳に登録された世帯に世帯全員の氏名が記載された申請用紙が送付され、代表者がそれに振込口座などの必要事項を記入して返送すれば入金される、という郵送方式が基本になります。 このほか、ネットによる申請や、必要に応じて自治体窓口などでの対応も検討されているようです。 今回の給付金は非課税です では、この10万円には税金がかかるのか? 政府は、急激な収入減などを支援するという給付金の目的も考慮して、非課税としました。 税法上、この給付金は「一時所得」として扱うことが可能です。 この一時所得には、基本的に50万円の特別控除額が設けられている(50万円までなら課税されない)ので、たとえ10万円がこれにカウントされたとしても、それだけでは税金はかかってきません。 ただ、今述べた他の所得、例えばたまたま生命保険の一時金を受け取っていたような場合には、その金額と合算されて課税される可能性があります。 それは問題だという判断から、最初から非課税扱いにしたわけです。 「103万円の壁」にも影響しない なお、パートやアルバイトの場合、年収が一定水準を超えると税金が発生したり高くなったりする「年収の壁」を意識して働くことが、珍しくありません。 例えば、最も低い壁は「103万円」で、これ以内なら所得税は非課税、越えれば課税対象になります。 給付金を受け取ったために、この壁を越えてしまった、などということはないのでしょうか? これも、今回の給付金が非課税扱いとなったことで、気にする必要はなくなりました。 10万円の給付金の受給そのものに関しては、税金の支払いは発生しない、というのが結論です。 「高所得者からは年末調整で返してもらう」は、可能なのか? 一方、今回の現金給付が「所得制限を設けず、一律10万円」とされたことに対しては、「富裕層、高所得者や、収入の変わらない公務員、年金生活者までお金が配られるのはおかしい」という批判があります。 国家財政が厳しい折に、総額12兆円強の国費(これも税金です)を投入することになるわけですから、そういう声が上がるのも当然と言えるかもしれません。 これに対して、「今はスピード重視だから、とりあえず支給したうえで、高所得者からは年末調整で返してもらえばいい」といった意見があります。 年末調整はサラリーマン(給与所得者)が対象ですから、個人事業主などは確定申告の際に調整する、ということが想定されているのでしょう。 ただし、その具体的な方法について、国が方策を検討しているという情報は、今のところ伝わっていません。 それどころか、麻生財務大臣が「(そうした調整は)手間暇がかかる」「事後回収は困難」と述べるなど、現実的には難しいとする指摘もあります。 所得で線を引いて、高所得者に多く課税する仕組みは、簡単に作れるのか? まず問題になるのは、「どこで線を引くか」ということです。 ちなみに、「所得が1000万円」というのは、今の日本ではかなり限られた人たち、というイメージになるのではないでしょうか。 もちろん、それも1つの案ではありますが。 さらには、所得金額による「傾斜」をどうデザインするのか。 同時に、あくまでも「10万円の給付を返してもらう」わけですから、「10万円以上回収」したらフェアではないことにも、注意が必要です。 政策の「公平性」を実現するために、政府には知恵を絞ってもらいたいと思いますが、なかなかハードルの高い課題であることは、事実のようです。

次の

持続化給付金等にかかる税金が恐ろしい人へ【個人事業主・フリーランスと課税】

給付 金 税金 かかる

こんにちは。 名古屋市緑区の税理士 米津晋次です。 新型コロナウイルス感染の影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となり、事業全般に広く使える給付金として、「持続化給付金」が支給されています。 法人なら最大200万円、個人事業主なら最大100万円の給付金です。 持続化給付金は、ある程度大きい金額で、返済不要のものですので、多くの方が申請をされ、すでに給付を受けている方もみえます。 持続化給付金は課税される? 気になるのは、この受け取った持続化給付金に税金がかかるのかどうかだと思います。 「事業の継続を支え、再起の糧となり、事業全般に広く使える給付金」なんだから、税金がかかる訳がない、と考えている方はいませんか? 残念ながら、持続化給付金は、法人税や所得税では、課税対象となります。 一般的には、受け取った給付金について、「雑収入」で経理処理します。 このように、持続化給付金には、税金がかかることになっています。 ただ、事業の利益が赤字となった場合には、結果として税金はかかりませんので、安心してください。 新型コロナ関連給付金などで課税されるものと非課税のものの区分 持続化給付金のように、給付金・助成金といっても、課税されるものがある一方、非課税とされるものもあります。 新型コロナウイルス関連で支給される給付金・助成金などについて、課税されるもの・課税されないものについては、次の記事をご覧ください。 MGで楽しく経営力と経理を学んでみませんか。

次の

持続化給付金等にかかる税金が恐ろしい人へ【個人事業主・フリーランスと課税】

給付 金 税金 かかる

新型コロナに関する助成金の種類 新型コロナウイルスによってマイナスの影響を受けた事業主は、いまのところ以下のような助成金を受け取れる可能性があります。 当メディア自営百科でも、を簡単にまとめており、状況が落ち着くまでは随時更新をしています。 消費税については不課税です。 順番に説明します。 助成金には所得税がかかる 受け取った助成金は、税務上の分類では「雑収入」です。 簡単に言うと「売上ではないけど、事業に関連する収入だよ」ということです。 よって、確定申告の際には事業所得として計算することになります。 もちろん帳簿づけも必要です。 ちなみに、雑収入は「雑所得」とはまったくの別物です。 名前は似ていますが、混同しないよう気をつけましょう。 雑所得は、事業所得や一時所得などに並ぶ、全10種ある所得区分の一つです。 したがって、消費税区分は「不課税」です。 消費税を納付する義務がある事業主(課税事業者)は、知っておくとよいでしょう。 なお、免税事業者なら気にする必要はありません。 この支援金は、「臨時休校となった学校に通う子どもの保護者で、休業を余儀なくされた」などの要件を満たす個人事業主が受け取れます。 名目は「支援金」ですが、税務上の扱いは助成金と同じです。 日付欄には、入金日を記入すればOKです。 万が一、今年中に振り込みがなかったら、支給決定通知書が届いた日付で「未収金」として仕訳しておきましょう。 「持続化給付金」と「特別定額給付金」について 新型コロナの影響で売上が半減した個人事業主などは、「」を受け取れます。 持続化給付金は、使いみちが完全に自由である点で、助成金や補助金とは少し性質が異なります。 ですが、税務上の扱いは助成金と同じです。 持続化給付金 特別定額給付金 科目 雑収入 — 所得税 課税 非課税 消費税 不課税 一方、事業とは無関係に10万円が給付される「特別定額給付金」は、所得にカウントしません。 これは、法律で特別に定められているためです。 したがって、基本的には帳簿づけも不要です。 事業用口座に入金された場合は「」で記帳しておけばOKです。 補助金と助成金のちがい 補助金と助成金は、お金を受け取るまでのプロセスに違いがあります。 補助金は、一定の基準を満たした上で、さらに「審査」を通過した人だけが受け取れるお金です。 助成金は、要件を満たしていれば、ほぼ誰でも受け取れます。 補助金 助成金 審査 あり なし 科目 雑収入 所得税 課税 消費税 不課税 公的な補助金・助成金は、いずれも返済の必要がなく、受け取った際の税務上の取り扱いは同じです。 帳簿上では雑収入の科目で処理します。 所得税においては事業所得として課税対象に含まれ、消費税においては不課税となります。

次の