導きの地 レベル上げ方。 【MHWアイスボーン】導きの地で全地帯Lv7は可能!ただし途方もない時間が必要

【MHWアイスボーン】導きの地の地帯レベルの上げ方でわかったこと

導きの地 レベル上げ方

集めておきたい素材一覧 地帯とLv 使い道と素材 荒地Lv2 挑戦の護石Lv4の素材 ディアブロスの「」 荒地Lv6 挑戦の護石Lv3 逆上の護石Lv3の素材 歴戦ディアブロス亜種の「」 荒地Lv7 挑戦の護石Lv4と 匠の護石Lv4の素材 歴戦ナナテスカトリの「」 陸珊瑚Lv7 覚醒の護石Lv3の素材 歴戦キリンの「」 瘴気Lv1 鉄壁の護石Lv4の素材 ラドバルキンの「」 瘴気Lv4 鉄壁の護石Lv5の素材 歴戦ラドバルキンの「」 瘴気Lv6 匠の護石Lv4の素材 歴戦ディノ亜種の「」 瘴気Lv6 逆上の護石Lv4の素材 ティガ亜種の「」 万能素材があると素材集めが楽 万能素材は、他のモンスター素材と交換可能。 多くの素材は一度入手すれば万能素材の交換先としてマカ錬金に並ぶので、非常に便利だ。 しかしこの素材は、イヴェルカーナなどの万能素材で交換入手できる。 一度でも入手すれば交換可能になるので、森林地帯をキープする必要はない。 瘴気素材を集めたら氷雪7を目指す ゲームが進むと、 最終的にレア12武器を使うようになる可能性が高い。 覚醒武器はレア12なので、カスタム枠拡張に歴戦ジンオウガ亜種の素材が必要だ。 瘴気の素材を十分に集めたら、瘴気を下げて氷雪地帯Lv7を目指そう。 汎用素材集めにも便利 氷雪地帯には、 歴戦イヴェルカーナと歴戦ネルギガンテが出現する。 この2体の素材はマカ錬金で他のモンスター素材と交換できるため、非常に有用。 大霊脈玉も落とすので、汎用素材集めにも便利な地帯となっている。 全ての地帯に出現するため、以下の手順をこなすのと並行して狩猟するといい。 素材を入手せずに地帯レベルを上げてしまわないように注意。 特定の地帯限定のモンスター素材を取る それぞれの地帯に、その地帯でのみ出現するモンスターがいる。 ただし危険度3の歴戦個体以外は、1個でも入手しておけば全てマカ錬金で入手できる。 倒す必要は無いので、 ぶっ飛ばしで落とし物から素材を回収しよう。 歴戦クシャルダオラは溶岩で出現し、傷ガルルガの素材も汎用素材でマカ錬金可能。 森林固有のモンスターを一通り倒したら、放置で構わない。 どちらもレア12の回復カスタムに使うので、常にレベル7を維持すること。 手順5:溶岩地帯 【最終キープ】• 【重要】マルチを活用する• 以下では属性カスタム重視でチャート化しているが、回復カスタムや他カスタムが必要な人もいるはず。 レベル管理が難しい場合は、野良や友人との導きマルチで素材を補おう。 加えてレア12のカスタム枠拡張に必須かつ、素材集めに便利な溶岩地帯も上げることが理想。 属性強化と回復カスタムの両立にカスタム枠拡張が必要なので、氷雪Lv7が理想だ。 荒地と瘴気の素材を大量に確保したら、どちらかを下げて氷雪を上げよう。 汎用素材集めにも便利 氷雪地帯には、 歴戦イヴェルカーナと歴戦ネルギガンテが出現する。 この2体の素材はマカ錬金で他のモンスター素材と交換できるため、非常に有用。 大霊脈玉も落とすので、汎用素材集めにも便利な地帯となっている。 属性装備を組むなら避けては通れないので、後述の手順をこなすのと並行して狩猟しよう。 この2種は全ての地帯で出現する。 特定の地帯限定のモンスター素材を取る それぞれの地帯に、その地帯でのみ出現するモンスターがいる。 ただし危険度3の歴戦個体以外は、1個でも入手しておけば全てマカ錬金で入手できる。 倒す必要は無いので、 ぶっ飛ばしで落とし物から素材を回収しよう。 全て他地帯やマカ錬金で入手可能なので、モンスターを一通り倒したら放置しよう。 レア12の回復カスタムに使うので、100個ほど確保しておこう。 さらに、歴戦の素材はレア10の回復カスタムに使用する。 属性カスタムのみならレベル6で構わないが、回復も視野に入れるなら一旦7まで上げて集めると良い。 手順5:氷雪地帯 【最終キープ】.

次の

【導きの地】資源レベルの仕組み解説、巨大鉱脈や骨塚の出現条件と効率的に採取するコツ

導きの地 レベル上げ方

モンスターを倒してMR上げる• モンスターを倒す・痕跡を集めるなどして地帯レベルを上げる• 特殊痕跡を解析してモンスターをおびき出す• 導きの地でしかゲットできない素材を集める 特に2番目の「地帯レベル上げ」と4番目の「素材集め」が重要な要素になっています。 「導きの地」でゲットできる素材は、主に武器や防具のカスタム素材で使われます。 地帯レベルについて 「導きの地」には各地帯ごとにレベルが設けられており、レベルを上げることによって、より強力なモンスターが出現するようになっています。 ここでは地帯レベルの上げ方と注意するべきポイントを解説します。 地帯レベルの上げ方 地帯レベルの上げ方は以下の4パターンです。 モンスターを罠にかける(地帯レベルの変動率:小)• モンスターの痕跡を集める(地帯レベルの変動率:小)• モンスターの部位を破壊する(地帯レベルの変動率:中)• モンスターを狩猟する(地帯レベルの変動率:大) 簡単に言ってしまえば、普通にモンスターを狩るだけで地帯レベルは上がるのですが、 どのモンスターを倒すと、どの地帯レベルが上がるのか把握しておくことが重要です! 確認方法は導きの地の探索に出かけ、マップを開き、フィールドにいるモンスターを確認します。 そのモンスターの横に表示されているエリアが、地帯レベル上げの対象になります。 ただし、他の地帯にまたがって出現するモンスターの場合は、そのモンスターが出現する全てのエリアの地帯レベルが上がります。 例えば、リオレイアは「森林地帯」と「荒地地帯」に出現しますが、仮に「森林地帯」のマークが出ているリオレイアを倒しても「荒地地帯」の地帯レベルも同時に上がります。 一見メリットのように思えますが、 その分レベルの変動率は少なめになります。 なので、特定のエリアを集中的に上げたい場合は、限られたエリアにしか出現しないモンスターを狩猟した方が効率は良いです。 地帯レベルを上げる際に気をつけるべきこと ここで気をつけるべきなのは、 地帯レベルは上げても下がるということです。 例えば「森林地帯」の地帯レベルを7まで上げたとして、他の地帯のレベル上げを行うと「森林地帯」の地帯レベルが下がります。 一気にガクッと下がる訳ではないですが、徐々にポイントが減少していきます。 「せっかく地帯レベルMAXまで上げたのに下がるなんてもったいない!」 という方は、アップデートで 導きの地のレベルを固定にする(地帯レベルを変動させない )ことができるようになったので、その設定をONにして探索に出かけましょう。 受付嬢に話すか、探索に出かける際に設定できる そうすれば、いくら他の地帯のモンスターを狩ろうがレベルを維持できます。 また以前までは、低レベルのモンスターを出現させるために、せっかく上げた地帯レベルを敢えて下げる必要がありました。 「クルルヤックの素材が欲しいのにレベルが高すぎて出現しない」とか、「歴戦個体じゃなくて通常種の素材が欲しいんだけど」とかで、以前まではレベル調整が必要だったんですよね。 しかし、アップデートで任意に 地帯レベルを調整できるようになったので、狙いたいモンスターを狩猟しやすくなりました。 ただし、あくまでも現在の地帯レベルからレベルを落とす調整なので、地帯レベルが5なのに7にすることは出来ません。 地帯レベルの上限について 地帯レベルを上げていくことで、より強力なモンスターが出現するようになります。 最大レベルは7までですが、最初はレベル4までしか上げることができません。 マスターランク50、70、100になった時に、それぞれ地帯レベルの解放クエストが出現します。 レベル7まで行くと、歴戦古龍が出現するようになり、カスタム強化に必要な様々な素材をゲットできます。 地帯レベルは最初は上がりやすいですが、レベルが上がるに連れ、だんだん上がりにくくなります。 初心者はまずどの地帯から上げるべき? 次にどの地帯からレベルを上げるべきかについて解説します。 一番オススメしたいのは 「瘴気地帯」です! なぜかというと、地帯レベル6で出現する「ティガレックス亜種」の素材で作れる装備が超優秀だからです! 体力増強に攻撃と、マスターランク帯で重宝するスキルが目白押しで汎用性が高い防具を作成できます。 次に「陸珊瑚地帯」か「荒地地帯」になります。 「陸珊瑚地帯」ではリオレウス希少種が出現し、属性攻撃に特化した防具を作成できます。 「荒地地帯」ではリオレイア希少種が出現し、強力な武器を作成できます。 「森林地帯」はレベル3まで上げればひとまずはOKかなと思います。 レベル3になると「イャンガルルガ」が出現するのですが、脚装備がかなり優秀です。 ラスボスクリア後はマスターランクが25くらいだと思うので、これらのモンスターと戦うためにはランク上げが必要ですが、「導きの地」のモンスターを狩りつつレベリングしていきましょう! その他 鉱石と骨塚のレベル上げについて 「導きの地」の各地帯には、それぞれ鉱石ポイントと骨塚ポイントが複数存在します。 生成場所は毎回ランダムで、地帯ごとに得られるアイテムが異なります。 また、これらの採取ポイントは採取を重ねるたびにレベルが徐々に上がっていき、レベルアップするとより希少な素材をゲットすることができます。 「おびき出す」=「確実にそのモンスターを出現させる」 なので、欲しいモンスターの素材を狙って集めることができるとても便利な要素です。 是非、色々なモンスターの痕跡を集めて、色々なモンスターをおびき出せるようにしておきましょう。 まとめ 以上、今回は「導きの地」の仕様についての解説でした。 マスターランク帯の武器や防具のカスタム強化のためには、何度も歴戦個体のモンスターを狩猟しなければなりません。 もはやエンドコンテンツ並みの終わらない狩猟サイクル。

次の

【MHWアイスボーン】導きの地攻略ガイド|レベル上げの効率のいいやり方【モンハンワールド】|GAMY

導きの地 レベル上げ方

導きの地の専用素材はマカ錬金で交換可能 まず初めに知っておいて欲しいのは、導きの地の専用素材は一度入手したものなら、 ほとんどがマカ錬金を利用して交換可能となっています。 その為自分の地帯レベルが低くても、マルチプレイで一度でも素材を入手しておけば履歴がつくので、マルチプレイとマカ錬金を活用するのもおすすめです。 マカ錬金による交換が不可能なのは、古龍・金レイア・銀レウス・バゼル・ジョー・ラージャン・ティガ亜種・ジンオウガ亜種の歴戦素材は交換できないので、 登場したら最優先でストックしておきましょう。 最優先は歴戦イヴェルカーナ 歴戦イヴェルカーナから取得できる『 歴戦の冠角』は、ほぼ全ての素材へと交換可能な万能素材となっています。 もちろん歴戦古龍などのLv7で出現する歴戦素材には交換できませんが、それ以外は交換可能です。 その為、最優先として 歴戦イヴェルカーナが登場する地帯はどこでもいいのでLv7にしておきたいです。 おすすめは溶岩・氷雪地帯をレベル7固定にする まず筆者がおすすめする地帯のレベル上げ方は、最終的に 溶岩・氷雪地帯を レベル7にする方法です。 以前までは森林と荒地をレベル1にする『11777』がおすすめでしたが、現在は必要となる素材が多い 溶岩・氷雪地帯をレベル7で固定しておくと便利です。 その他の地帯は自分の欲しい素材と相談して上げましょう。 溶岩地帯の歴戦ラージャン素材は、カスタム強化の上限解放やラージャン武器の強化に要求される数が多いので優先してLv7で固定したい地帯です。 氷雪地帯はマカ錬金で交換素材の多い、歴戦イヴェルカーナが出現し、キャンプから遠くレベルが上げにくい地帯なので、Lv7で固定しておきたいです。 マカ錬金での交換ができない歴戦素材の出現地帯 森林:カーナ・クシャ 荒地:カーナ・ナナ・テオ・金レイア 珊瑚:カーナ・キリン・ネロミェール・銀レウス 瘴気:カーナ・ハザク・ティガ亜種 溶岩:クシャ・テオ・ナナ・ラージャン・バゼル 氷雪:カーナ・ジンオウガ亜種・ネルギガンテ 溶岩・氷雪地帯をLv7にしておけば、マカ錬金で交換不可能な8種類の歴戦モンスターを狩猟することが可能です。 全地帯をバランスよく上げるのは非推奨 全地帯をバランスよく上げると、レベル7の地帯が少なくなるor無くなってしまうので、登場するモンスターが少なくなってしまいます。 導きの地の素材はマカ錬金で交換可能な点や、歴戦古龍がレベル7から登場する事を考えると、『 レベルを上げるなら上げきる』事を推奨します。 レベルを上げきる前に素材の履歴を埋めておこう 地帯レベルを上げるのは大切ですが、 必ず素材を入手しながらLv7にしましょう。 マカ錬金で交換可能な素材なら、一度入手するだけでOKです。 バフバロのようなどこでも出現するモンスターならいいのですが、歴戦では無いトビカガチやクルルヤックなどは地帯レベルがあがると登場しなくなるので要注意です。 レベルの微調整は痕跡集めがおすすめ! 導きの地では地帯レベルを上げていると、レベルMAXの地帯レベルが下がってしまうこともあります。 その場合。 わざわざモンスターを倒すよりも簡単で、時間もかからないので、痕跡を集めて地帯レベルを微調整していきましょう。 逆にLvを上げたい地帯以外の痕跡を入手してしまうと、レベルが下がる原因になるので、しっかりと痕跡を見て入手するようにしましょう。 陸珊瑚ならキリン、瘴気ならラドバルキンやヴァルハザクといったように、 その地帯にしか登場しないモンスターの痕跡の方がゲージ上昇率が高いです。 ちなみにLv7の地帯は通常では地帯ゲージが表示されませんが、 ギルドカードならLv7の地帯でもゲージが表示されます。 ギルドカードで確認しながらLv7地帯を調整することをおすすめします。 効率良く地帯レベルを上げるなら、罠と痕跡を活用しよう 地帯レベルが上昇する要因は、モンスターの狩猟だけでなく、罠・痕跡採取・部位破壊といった調査ポイントが入手できるものでも上昇します。 その為、普通に狩猟するよりも、痕跡集めをして罠を何度も使って狩猟する方が地帯レベルは上昇します。 陸珊瑚ならキリン、瘴気ならラドバルキンやヴァルハザク、氷雪ならベリオロスといったように、 その地帯にしか登場しないモンスターの方がゲージ上昇率が高いです。 といった方法で地帯レベルを上げる事も可能です。 この方法はソロよりもマルチプレイで行なうと効率がいいです。 この方法は罠の補充が必要なので、キャンプから遠い氷雪地帯ではやりにくいです。 マルチプレイでの地帯レベル上げがおすすめ 2019. 12月のアップデートで、『他のプレイヤーが特殊痕跡を入手した場合、自分も特殊痕跡が入手可能になる』という変更がありました。 その為4人でのマルチプレイだと、特殊痕跡の入手量が4倍になるので効率がかなり上がります。 モンスターの強さによってゲージの上昇量は変わらないので、森林地帯ならドスジャグラス、荒地地帯ならクルルヤックを呼び出してマルチプレイでタコ殴りにすれば特殊痕跡を回収しながら簡単にレベル上げ可能です。 痕跡集めと罠も利用すればさらに効率がいいです。 しかしあくまで導きの地は探索なので、自分の狩猟したいモンスターと別のモンスターを狩りに行くプレイヤーや、狩りに参加せずに採取を行うプレイヤーも参加する事もあります。 その為、絶対にマルチプレイが最高率という訳ではありません。 まとめ ・導きの地は全ての地帯をレベルMAXにできないので、レベルを上げる地帯を選ぶ必要がある ・溶岩・氷雪地帯をレベル7で固定するのがおすすめ ・歴戦イヴェルカーナの素材で、ほとんどの素材がマカ錬金で交換可能。 リオレイア希少種などの素材は交換できないので集める必要あり ・地帯レベルを7にするまでに、マカ錬金で交換可能な素材を入手して履歴をつけておく アップデートの度に仕様が変わる導きの地ですが、2019年12月5日現在ではこの方法がおすすめだと思います。

次の