声優養成所 オーディション 内容。 ヒラタオフィスとオーディションの評判と内容を理解して所属を目指す

プロ・フィット 声優養成所/募集要項・お問い合せ

声優養成所 オーディション 内容

Contents• 面接はどんなことを聞かれる?• なぜ声優を目指したのか• 特技は何か• 趣味は何か• 仕事は何をしているか• 最近一番感動したことは何か• 最近一番怒ったのはどういう時か• 親は賛成してくれているか• 30秒~3分間の自己PRをしてください といったことを聞かれたり、言われたりすることが多いです。 年齢や、経験、受ける声優養成所によって聞かれることは多少変わってきます。 試験官1人と受験者多数• 試験官と1対1• 試験官複数人と受験者多数• 試験官複数人と受験者1人 など、面接の方法は声優養成所によって変わります。 この辺りは公表されていないですし、 基本的にオーディション内容を他の人に話すのはNGなので、実際に受けてみる他ありません。 自己PRさえ考えておけば、後は普通に聞かれたことを素直に答えておけば大丈夫です。 自己PRは何をすればいい? 自己PRの時間に関しては、書類で事前に伝えられることが多いです。 多くは30秒~3分程度で、 1分間が特に多いように感じます。 自己PRは、 誰でも受かる声優養成所(各養成所のページに載せています)なら、志望動機を覚えて伝える形で問題ありません。 受かりにくい声優養成所の場合は、志望動機をそのまま伝えるだけですと、落ちてしまう可能性が高くなります。 その場で披露できる自己PRを考えて行った方が良いです。 自分が得意なこと、人より上手なことは何かを考えて自己PRを改めて考えましょう。 声優養成所の場合は• 他言語が喋れる• ボイスパーカッションができる• 歌がプロレベルに上手い• 無音の演技ができる• ダンスが上手い といった、 声に関することや、舞台演技に関係することが比較的高評価です。 の記事で詳しく解説していますが、受かりにくい声優養成所は「すでに光るものを持っている人」を欲しているので、自分の特技を存分にアピールしましょう。 実技は何をするの? 実技試験では• セリフ• 早口言葉 辺りが一般的です。 原稿はその場で渡されるので、当日まで内容はわかりません。 セリフや朗読の内容は• アニメのようなセリフ• コマーシャルのようなセリフ• ナレーション• 一緒に面接を受ける人との掛け合い• 同じ言葉を状況別で演技を変える まで、声優養成所によってさまざまです。 『同じ言葉を状況別で演技を変える』というのは、例えば 「おはよう」 というセリフを• 母親に対する「おはよう」• 友達と会った時の「おはよう」• 好きな人に会った時の「おはよう」• 嫌いな人に会った時の「おはよう」• 遠くにいる友達に「おはよう」 といった感じで状況別に演技を変えていくことです。 どの実技もゆっくりと落ち着いて行うよう心がけましょう。 面接官も「未経験」ということはわかっているので、上手さよりも熱意や頑張りを見ています。 筆記試験は何をするの? 筆記試験は、• 高校生レベルの一般科目や一般常識• 漢字問題• 作文 といったことが行われます。 高校時代に普通に勉強をしていれば解けるレベルの問題なので、 事前に勉強しておく必要は特にありません。 20分程度の短い試験です。 作文の題材はその場で発表されますが、基本的に「自分事(自分の考えや気持ちを書く)」ものが多いので、特に準備をしていく必要はありません。 入所試験まとめ.

次の

81プロデュースオーディションの日程や内容 声優になろう!

声優養成所 オーディション 内容

の事務所やプロダクション・養成所に入るには? 声優として働くためには事務所やプロダクションに所属することが必須で、そのために養成所に入ることを目指す人も少なくありません。 ただし養成所は誰でもすぐ入れるわけではなく、入所試験(オーディション)を受けて合格する必要があります。 養成所にはいるためには、まず募集要項を満たしているかを確認しましょう。 一般的に養成所の入所オーディションの場合は、高卒以上の学歴で30歳ぐらいまでが一定のラインといわれていますが、子どもからお年寄りまで歓迎しているような年齢制限がないところもあります。 養成所ではあまり問われないことも多いですが、事務所やプロダクションに所属する場合は、年齢や学歴、また声優としての活動歴や演技経験を問われることもあるため注意が必要です。 試験・オーディションの流れ 養成所の入所試験は、大きく分けて「書類審査」「面接」「演技試験」で、書類審査に通った人が、面接や演技試験に進めるといった流れが一般的です。 面接の内容としては、1分間程度の自己アピールや志望動機、好きな声優や趣味・特技などについて問われることが一般的です。 面接官と1対1で行われることもあれば、複数の面接官に対して声優志望者も複数人という場合などさまざまなケースがあるようです。 面接において最も大切なのは、何よりも「素の自分を出すこと」です。 声優は演じることで人に何かを伝える仕事であるため、自信がないようなそぶりを見せれば、「この子は声優には向いていないな」と思われてしまう可能性が高まります。 声優は個性も重視される仕事であるため、変に飾り過ぎず、自然体の自分でいることを心がけましょう。 また面接当日の服装や髪型も、一般的な試験のようにスーツなどではなく、自分をよく表現できるようなものが勧められているようです。 なお、養成所の入所試験には受験料が発生することが多く、一般的に5,000円から8,000円程度がかかります。

次の

プロ・フィット 声優養成所/募集要項・お問い合せ

声優養成所 オーディション 内容

シン先生 声優養成所に入るためのオーディションの合格率は3~5倍くらい に入るためのオーディションの合格率は、養成所にもよりますしその年ごとにも違いますが、目安として3~5倍くらいです。 某大手養成所では300人~500人くらいが受けて、60人くらいが合格といった感じです。 (ちなみに声優専門学校にいくより一般的にはに通う事が王道の声優になるためのルートです。 ) 養成所に入る段階のオーディションはそれほど難しくはない!尻込みせずに受けてみよう! 5人に1人や3人に1人などと思うと「え、大丈夫かな?」と不安に思うかもしれませんが、この段階のオーディションは「ちょっと軽い気持ちで受けてみた」という人も混ざっているので(軽い気持ちで受けて受かる人も中にはいらっしゃいますが)、一概にこの数字ばかりを気にする必要はありません。 養成所に入る段階のオーディションはそれほど難しくはないので、尻込みせずに思い切って受けてみましょう! シン先生 オーディションてどんなことをするの? 養成所にもよりますが、たいていは、CMなどのナレーションとセリフであるところが多いです。 中には朗読やパントマイムなどがオーディション内容に含まれることもあります。 何をするかは養成所のオーディションの募集要項に載っているので、まずは資料を取り寄せてみるのが一番です。 写真はどうすれば良い? 宣材写真などになるときちんとしたプロの方に撮ってもらいますが、養成所に入る段階の写真はそこまで気合の入ったものでなくても大丈夫です。 大きなオーディションを受ける場合はきちんとしたところで撮ってもらうことをおすすめします。 またそのときの写真を使いまわしても良いかもしれません。 もちろん養成所のオーディションであってもプロに撮ってもらいたい人は撮ってもらえばそれがベストですが、無理をする必要はありません。 自己PRって何を言えば良いの? 自己PRって難しいですよね!これは最初のうちはみなさん本当に頭を悩ませます。 大々的なオーディションの場合、自己PRで特技や歌やダンスなどを披露することが多いですが、養成所に入所するためのオーディションでそこまでやる人もいれば、普通に自己PRをしている人もいらっしゃいます。 養成所に入る段階のオーディションでは、めいっぱい思ったように自分を出して自由にやればいいと思います。 一生懸命さや素直さが伝わればOKです。 アドバイスをするならば、小さな声でごにょごにょ言うのではなく、元気よく無理のない笑顔で明るくやりましょう。 注意点は、自己PRは自己紹介ではないということです。 あとツカミは大事です。 話がうまい人ばかりではないと思うので、あまり話すのが得意ではない人は、まじめで明るく素直など、人柄の良さが雰囲気に出ていてきちんと話せればOKです。 この段階では自己PRは下手で当たり前なので、あとは養成所で教えてくれます。 思い切って自分の思ったようにやってみましょう。 当日はどんな服装で行けば良い? そこの養成所のオーディション内容に身体を動かすようなものが入っていなければ、清潔そうな服装であればどんな服装でも大丈夫です。 あえて注意点をあげるならば、どんなにおしゃれで流行っていようと、必ずしも審査をする年代の大人がそのファッションを「あ~、それ流行っているよね!」となるとは限らないので、「だらしがない」と誤解を受けそうなものは避けたほうが無難でしょう。 合格率の高い養成所のオーディションでどんな年代の審査員が来ているのかもわからずに一か八かの服装はリスクが高いです。 普通にしていればうかります。 学生さんなら制服を着てきている人もいらっしゃるので、制服というのもアリです。 養成所からプロダクションに入るためのオーディションの合格率はどれくらい? どこのプロダクションも、「毎年この人数をとる」ということはなく、「そのときほしい人材」、「そのとき優秀な人がいればとる」という感じなので、どれだけの人がうかるかはまちまちです。 あくまでも例年これくらいである養成所が多いということであれば、養成所からプロダクションに入るためのオーディションの合格率は、養成所の人数に対して5倍~10倍前後くらいでしょうか? 人数でいうと5人に1人~10人に1人くらいになります。 養成所に入るオーディションをうける人数から考えると、もし300人受けるとして、300人が5人~10人くらいになるので、養成所を受験した30人に1人~60人に1人くらいが預かりにまでいけるという感じです。 そして 預かり期間を経て正式にプロダクションに所属できるのが、自ら辞めていく人もわりといらっしゃるのでそれも入れると、預かりになった人数の約半数以下くらいです。 なので2人~5人くらいがそこの養成所を卒業した人の中から最後まで残れる人数の目安と言えます。 (あくまでも目安です。 その分ライバルも多いわけですが、 「アーツビジョン」や「アイムエンタープライズ」などの声優業界では大手のプロダクションが受け皿にいくつかあるので、ヘタな専門学校よりは安心です。 日ナレのパンフレットは無料で受け取り可能 パンフレットには、 気になる授業内容はレッスンの詳しい内容まで書いているのでHPにも乗っていない情報が盛りだくさんです。 卒業後のグループプロダクションの話もHPよりかなり詳しく書かれているで卒業後の進路が不安な人は参考になるかと思います。 基本的には、養成所に入る前のオーディションではそれほど高度なことは誰も求めていません。 美人だからうかる、イケメンだからうかるといったことはあるかもしれませんが、その逆だから落ちるというわけでもありません。 暗そうだから落ちるということはあるかもしれませんが・・・。 とは言うものの、別に暗くたって大丈夫です。 オーディションのときに暗くないフリをすれば良いのです! フリをしているうちに「フリ」が「本当」になっていくこともあります。 「自分なんかどうせ無理だろう」と最初から決めつけてしまわずに、一度思い切って養成所のオーディションを受けてみてはいかがでしょうか? あとで振り返ってみるとなぜあんなに不安だったのかと笑ってしまうかもしれませんよ!.

次の