幹細胞。 RE:アールイー

幹細胞治療

幹細胞

幹は、やに成長する 分化する 元となる細胞で、それぞれの臓器で固有に存在する。 大人になれば消えてしまうと考えられていたも、マウス、サル、などで1990年代に相次いで見つかった。 幹細胞をうまく増殖、分化させることによって、必要とされる細胞や組織を作り出すことができる。 2007年11月、京都大学の山中伸弥教授らのグループによって、皮膚由来の体細胞 主に線維芽細胞 に数種類のを導入することで、細胞に似た分化万能性 pluripotency を持たせた人工多能性幹細胞 ;induced pluripotent stem cells を作成することに成功した。 これにより、ヒト胚を使うという倫理的な問題については、解決されることになる。 幹細胞を利用した医療の具体例としては、肝硬変や血液疾患、心筋梗塞、バージャー病の治療、血管の構築、骨や角膜の再生、移植用皮膚の確保、などが考えられている。 最近、由来の幹細胞から血管新生を行い、狭心症、心筋梗塞などの治療に成功している。 今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2008年 分化するを保ったまま自己増殖するの特別な細胞。 適切な条件を与えられると、分化細胞を生み出す。 受精卵はがもつすべての細胞を作りだすことができる幹細胞で、を繰り返し、様々な機能をもつ体細胞へと分化する。 体細胞の中にも、分化できる細胞の範囲は狭まるが、多様な細胞に分化する能力を保ったがあり、 骨髄 の他、神経幹細胞、筋肉幹細胞、肝臓幹細胞などが知られている。 垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説.

次の

ES細胞とiPS細胞:幹細胞のあれこれ

幹細胞

幹は、やに成長する 分化する 元となる細胞で、それぞれの臓器で固有に存在する。 大人になれば消えてしまうと考えられていたも、マウス、サル、などで1990年代に相次いで見つかった。 幹細胞をうまく増殖、分化させることによって、必要とされる細胞や組織を作り出すことができる。 2007年11月、京都大学の山中伸弥教授らのグループによって、皮膚由来の体細胞 主に線維芽細胞 に数種類のを導入することで、細胞に似た分化万能性 pluripotency を持たせた人工多能性幹細胞 ;induced pluripotent stem cells を作成することに成功した。 これにより、ヒト胚を使うという倫理的な問題については、解決されることになる。 幹細胞を利用した医療の具体例としては、肝硬変や血液疾患、心筋梗塞、バージャー病の治療、血管の構築、骨や角膜の再生、移植用皮膚の確保、などが考えられている。 最近、由来の幹細胞から血管新生を行い、狭心症、心筋梗塞などの治療に成功している。 今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2008年 分化するを保ったまま自己増殖するの特別な細胞。 適切な条件を与えられると、分化細胞を生み出す。 受精卵はがもつすべての細胞を作りだすことができる幹細胞で、を繰り返し、様々な機能をもつ体細胞へと分化する。 体細胞の中にも、分化できる細胞の範囲は狭まるが、多様な細胞に分化する能力を保ったがあり、 骨髄 の他、神経幹細胞、筋肉幹細胞、肝臓幹細胞などが知られている。 垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説.

次の

再生医療で使用される「幹細胞」のメリットとデメリット

幹細胞

幹細胞ってなに? 人の体には健康維持に重要なさまざまな種類の細胞があります。 これらの細胞は体を毎日動かすのに必要で、たとえば、心臓を動かす、脳を使って考える、腎臓で血液をきれいにする、あたらしい皮膚の細胞をつくる、などです。 幹細胞に特有な仕事は、これらの細胞を作ることです。 つまり、幹細胞はこれらの種々の細胞の供給源になります。 幹細胞が細胞分裂するとき、同じ幹細胞に分裂することもできるし、他の細胞になることもできます。 たとえば、 皮膚の幹細胞は皮膚幹細胞をもっとつくることもできるし、さらにメラニンという皮膚色素をつくる分化した皮膚細胞をつくることもできるのです。 幹細胞はどうして大切なの? わたしたちが怪我をしたり病気になると、細胞も怪我をしたり死んだりします。 このとき、 幹細胞が活躍します。 幹細胞は怪我した組織を治癒させ、死んでしまった細胞を補います。 こうすることで、 幹細胞は私たちを健康に保ち、早すぎる老化を防ぎます。 幹細胞はわたしたちの体の中の小さなお医者さんです。 幹細胞にはどんな種類があるの? 幹細胞にはいろんな種類があります。 いままでの研究によると、わたしたちの体のそれぞれの臓器が異なる幹細胞を持っていると考えられています。 たとえば、血液は血液幹細胞からつくられます。 ほかには、ひとの発達過程のとても早い時期に存在する幹細胞があります。 胚性幹細胞の仕事は体の中のすべての組織や臓器をつくることです。 ですから、先に述べた他の種類の幹細胞(大人の幹細胞)とちがい、 胚性幹細胞はどんな細胞になることもできます。 たとえば、血液幹細胞は血液しかつくれませんが、 胚性幹細胞は血液、骨、皮膚、脳などいろいろなものをつくることができるのです。 さらに、胚性幹細胞は大人の幹細胞と違って組織や臓器を作るちからをもっています。 つまり、 胚性幹細胞は病気の臓器をなおす力を持っているのです。 胚性幹細胞は体外受精治療で使われる胚子の残り(本来ならば捨てられるもの)を使って研究室のディッシュのなかでつくられます。 iPS あるいは人工多能性幹細胞とはなに? iPS 細胞とは人工的に誘導した多能性幹細胞のことで、この新しいタイプの幹細胞が科学者や医師の間で注目をあびています。 なぜなら、iPS 細胞は 胚性幹細胞とほとんどおなじ性質を持っていますが、胚子からつくられるのではないので、倫理上の問題がありません。 さらに、iPS 細胞は患者さん自身の幹細胞ではない細胞を使ってつくられるため、つくった iPS 細胞を拒絶反応の心配をすることなしに戻すことができると考えられています。 これは、幹細胞移植をするさいにとてもだいじなことです。 幹細胞はどのように役に立ち、今後の治療をかえるので? 幹細胞の病気や古い細胞を新しい細胞に置き換えるという性質を使って、さまざまな治療の開発が考えられています。 幹細胞そのもの、あるいは幹細胞からできた新しい細胞を投与して患者さんを治すという考えです。 たとえば、心臓発作の患者さんに、幹細胞を移植してダメージのおこった心臓を修復するのです。 わたしたちの体内にも、幹細胞はあるのですが、その量はほんの少しで、傷を治すことはできません。 心臓にも幹細胞がありますが、それだけでは傷ついた心臓を治すことはできません。 しかし、何百万もの幹細胞なら治すことが可能です。 多くの幹細胞を移植することで、体内にある自分の幹細胞のしごとを助けてあげるのです。 幹細胞治療が実際に使われるためには、多くの問題を解決しなければなりません。 たとえば、安全性(幹細胞はがん細胞になる可能性もあります)や拒絶反応の問題です。 それでも幹細胞の有用性を考えると、これからの医学を変える可能性が十分にあります。 10年、20年後、知人やわたしたち自身が幹細胞移植を受けているかもしれません。 幹細胞は今わたしたちが抱えている病気の数々(がん、心臓病、パーキンソン病、多発性硬化症、脳梗塞、ハンチントン病、脊髄損傷など)に対する将来の治療となる可能性を秘めています。 幹細胞治療は今できるのでしょうか? なぜ、多くの医師は幹細胞治療に対して用心深く、最後の手段としてしか考えていないのでしょうか? 現在、安全性と有用性が確認されている幹細胞治療は骨髄移植を除いてはほとんどありません。 しかし、安全性と有効性が確認されていない幹細胞治療が数多く世界中で宣伝され、実施されています。 スポーツ選手などの有名人が治療を受け、マスメディアで紹介され、あっという間に注目を浴びています。 専門の科学者や医師はこのような安全性と有効性が確認されていない幹細胞治療を勧めません。 実際、このような治療を受けた患者が亡くなっています。 不治の病気にあるとき、すべての選択肢を考慮するのはもちろんですが、幹細胞治療は最後の手段として考慮すべきで、治療医をよく相談をした結果決断することを勧めます。 Translator: Noriko Satake Biotech has launched new experimental "COVID kids" stem cell treatment expanded access program for esp. sick children with MIS-C from coronavirus infection. cell. sciencemag. Those submitted to this blog will be posted at the sole discretion of the editor and may be edited for content. Comments cannot include person attacks, promotional material for stem cell clinics, or other inappropriate content. Commenters are encouraged to use their real names, but anonymous comments are accepted.

次の