眼精疲労 目薬 おすすめ。 【ドライアイや疲れ目をすっきり】人気の目薬おすすめランキング15選

眼精疲労におすすめな市販の目薬はコレだ!【2018年最新】

眼精疲労 目薬 おすすめ

Contents• 疲れ目・眼精疲労になるしくみや原因とは? まずは疲れ目や眼精疲労が起こってしまう原因からみていきましょう。 疲れ目になるしくみ 目は何かを見るときに水晶体というカメラのレンズのような働きをする部分を調節しながら目のピントを合わせています。 この水晶体を動かす毛様体筋という筋肉が長時間の目の酷使により緊張状態にあると、筋肉疲労を起こしてしまいます。 このように筋肉疲労を起こすことにより疲れ目になってしまうのです。 疲れ目・眼精疲労の原因 目に負担となる行動として主に上げられるのは以下が考えられます。 長時間のパソコン作業・スマホの見すぎ メガネやコンタクトレンズの度が合っていない 老眼 パソコンなどディスプレイを長時間見続けると画面を凝視してしまう為、まばたきの回数が減り目が乾いた状態となり ドライアイになりやすくなります。 さらにドライアイになってしまうとピントが合いずらかったり、目のかすみを引き起こしてしまいます。 また正常な目の表面は涙に覆われていて滑らかですが、目が乾いていると涙が少ないために表面がデコボコします。 すると通常であればピントが合っている状態でもぼやけてしまい、必要以上にピントを合わせようとする力が働くことにより筋肉疲労を起こしやすくなるという悪循環にも陥ってしまいます。 さらに長時間の作業での目を酷使や手元での細かい作業が多い方も目を構成している細胞に必要な栄養や酸素が不足しがちになり、細胞の代謝が低下し疲労を回復しづらくなるのです。 老眼の場合はピント調節力が老化で弱まり近くが見づらくなってしまいます。 すぐに眼科へ行き処置をしてもらったりメガネをかけるなどの対策を行えば症状を改善させることができますが、これを放置したまま無理して近くを見続けると目が疲れやすくなります。 疲れ目・眼精疲労に効く目薬の選び方とは? 先ほど解説したようにこういった原因で疲れ目や眼精疲労が起こると、 【目の充血】【かすみ】【まぶしい・目がしょぼしょぼする】といった症状が起こり酷くなると頭痛や肩こり、吐き気などに繋がってしまいます! これらを予防するために必要不可欠なことは、 こまめに休憩をとったりブルーライトカットメガネを装置するなどの疲れ目対策をしてPC作業をするなどが必要となります。 疲れ目対策にプラスして目薬を使用するとより効果的となりますが、どんな症状にどんな目薬が良いのか以下にポイントをまとめましたので参考にしてください。 スポンサーリンク 目薬の成分で選ぶ 目薬は含まれる成分によって発揮する効果が全く違います。 パッケージの裏を購入前に確認し、自分の症状に合う成分を含んだものを選ようにしましょう。 目の充血におすすめの成分とは 目の充血をおさえたいという方には以下の成分が含まれている目薬がおすすめとなります。 塩化ナトリウム・塩化カリウム コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 塩化ナトリウム・塩化カリウムには涙液不足を補いドライアイなどの眼の乾燥を緩和させてくれる働きがあります。 またコンドロイチン硫酸エステルナトリウムには 角膜の修復作用や水分を保持する働きがあり、涙を角膜上に留め保護する働きがあります。 目の乾燥を改善することにより疲れ目や眼精疲労を緩和させることができるので、ぜひこれらの成分が含まれている目薬を試してみてください。 複数の症状があらわれている人におすすめの成分とは 目の乾燥やかすみなど複数の症状が出ていて全部直したい方や、症状が具体的には分からないけれど目は疲れているという方には以下の成分が含まれている目薬がおすすめです。 グリチルリチン酸二カリウム アラントイン イプシロン-アミノカプロン酸 L-アスパラギン酸 タウリン ビタミンB6・B12 総合的に直したいという方はまず目の炎症を抑えて、充血などを軽減してくれる働きのある グリチルリチン酸二カリウムや アラントイン・イプシロン-アミノカプロン酸が含まれる目薬を選びましょう。 またタウリンは目に栄養を与えてくれ、L-アスパラギン酸も目のエネルギーを生み出す効果を高めてくれる働きがあります。 ビタミンB6・B12は疲労した目の神経の機能を高めて疲労回復させてくれる効果があります。 炎症を抑え栄養を与えることにより疲れ目や眼精疲労を総合的に改善する事ができるので、総合的に直したい方にはおすすめです。 スポンサーリンク 目薬のさし心地で選ぶ 目薬が苦手という方の中にはスーッとした清涼感が嫌だという方も多いお思いますが、目薬を選ぶ基準としてさし心地も重要なポイントとして抑えておくことをおすすめします。 目薬には清涼感が強いものやマイルドなものなど数種類があります。 清涼感が苦手という方にはマイルドタイプ、気分をリフレッシュしたいという方には清涼感のあるクールタイプがおすすめです。 さす時に不快感を感じないように自分に合う目薬を選んでおきましょう。 ソフトコンタクト使用の人は防腐剤・血管収縮剤が入っているかチェックする 防腐剤とは目薬が雑菌を繁殖させず安全に使用できるようにするために含まれており、主に使い捨てタイプの目薬以外には配合されています。 また血管収縮剤には充血を抑える効果があり、 塩酸テトラヒドロゾリンや ナファゾリン塩酸塩に含まれています。 こういった防腐剤・血管収縮剤は危険と思われがちですが、 目薬の安全性を高めるためや効果を高めるためにはどうしても必要なものになります。 しかしソフトコンタクトレンズを使用している方は防腐剤の有無には気をつけておく必要があります。 目薬に防腐剤として配合されることの多いソルビン酸カリウムや塩化ベンザルコニウム・パラベンという成分は、コンタクトに悪影響を与える恐れがあるのです。 ソフトコンタクトを使用している人は目薬の成分を事前に確認して、目に悪影響のない目薬を使うようにしてくださいね。 先程解説した疲れ目・眼精疲労に効く目薬の選び方で解説した内容を踏まえた上でおすすめの目薬をご紹介していますので参考にしてみていきましょう! 第1位:目の疲れ・かゆみ・充血を効果的に改善『ロート製薬 ロートV11』 ロート製薬 ロートV11 4種の栄養成分と3種の抗炎症成分をバランス良く配合したロート製薬の目薬です。 またその他11種もの有効成分がつらい目の疲れやかゆみ、充血を抑え正常な状態に戻してくれます。 清涼感のあるクールタイプなので、長時間酷使した目もリフレッシュすることができます。

次の

眼精疲労に効く目薬の選び方とおすすめ5選【市販薬】はコレ!

眼精疲労 目薬 おすすめ

老眼による眼精疲労・疲れ目に効く目薬 おすすめランキング! 老眼や視力の低下、ドライアイなど、年齢に伴って増えてくる「目の悩み」。 そうした原因からくる眼精疲労・疲れ目の手軽な対策として、 目薬を活用している人は多いのではないでしょうか。 最近は様々な種類の目薬が販売されていて、いったいどれが効くのか迷ってしまいがちです。 そこで今回は、老眼による眼精疲労・疲れ目に効く目薬の中でおすすめのものを、ランキング形式でご紹介します。 年齢や目の酷使による眼精疲労・疲れ目に効く目薬です。 ビタミンA・E・B6、L-アスパラギン酸カリウムなど、10種類の有効成分が配合されており、ピント調節や新陳代謝促進、涙の安定化等の効果を発揮します。 ライオン 売り上げランキング : 18 【効果・効能】• 目の疲れ• 目のかすみ 目やにの多いときなど• 眼病予防 水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど• 結膜充血• 目のかゆみ• 眼瞼炎 まぶたのただれ• 紫外線その他の光線による眼炎 雪目など• ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感 角膜の代謝機能を高める成分配合で、年齢に伴う目の乾き、眼精疲労・疲れ目の回復に効く目薬です。 パンテノール、タウリン、ビタミンB2などの有効成分が、基準内の最大濃度で配合されています。 ロート製薬 売り上げランキング : 132 【効果・効能】• 目のかすみ 目やにの多いときなど• 目の疲れ• 結膜充血• 目のかゆみ• 眼病予防 水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど• 眼瞼炎 まぶたのただれ• 紫外線その他の光線による眼炎 雪目など• ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感 涙に近い性質を持った「 人口涙液」です。 年齢に伴う涙の減少による、乾き目、疲れ目などの症状を改善します。 また、ソフトサンティアはコンタクトレンズに対して影響を及ぼさないため、ソフト・ハードタイプに関わらずコンタクトを着用したまま点眼することが可能です 参天製薬 売り上げランキング : 15 【効果・効能】• ハードコンタクトレンズまたはソフトコンタクトレンズを装着しているときの不快感• 涙液の補助 目のかわき• 目の疲れ• 目のかすみ 目やにの多いときなど 疲れ目・眼精疲労に効く目薬です。 瞳の代謝を促進するタウリンや、角膜を保護するコンドロイチン硫酸エステルナトリウム、目の中の筋肉の疲れを癒すビタミンB12など、5つの成分が配合されています。 参天製薬 売り上げランキング : 7 【効果・効能】• 目の疲れ• 結膜充血• 目のかすみ 目やにの多いときなど• 目のかゆみ、眼病予防 水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど• 眼瞼炎 まぶたのただれ• 紫外線その他の光線による眼炎 雪目など• ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感 サンテメディカル10は、目の毛様体筋に働きかけ、ピント調節機能の改善や、眼精疲労・疲れ目に効く目薬です。 ビタミンB12とネオスチグミンメチル硫酸塩を中心に、5つの成分が配合されています。 参天製薬 売り上げランキング : 45 【効果・効能】• 目の疲れ• 結膜充血• 目のかすみ 目やにの多いときなど• 目のかゆみ• 眼病予防 水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど• 眼瞼炎 まぶたのただれ• 紫外線その他の光線による眼炎 雪目など• 溢れて目の周りの皮膚が炎症を起こしてしまうこともありますので、説明書の用法・容量を守って正しく使うようにしましょう。

次の

ゲームで疲れた目に効く目薬ランキング!その目薬の選び方間違っているかも?

眼精疲労 目薬 おすすめ

sponsored link 今回、わたし自身が眼精疲労とまでは言えませんが、目の疲れが治まりづらくなった事もあり、眼精疲労の目薬でおすすめの品を探すついでに、おすすめの目薬の紹介記事でも書こうと思っていました。 色々調べると、安易に眼精疲労の目薬がネット上で沢山紹介されていましたが、私は市販の目薬を紹介出来ません。 紹介できない事実を色々とご説明させてもらいますね。 眼精疲労の目薬 副作用 まずは、市販目薬での副作用について。 ドライアイになる ドライアイに関しては、眼精疲労で最も多い症状です。 PC作業中はまばたき回数が減り、1時間に1度の休憩なども出来ないことから目が乾く。 改善しようと何も気にせず市販目薬を使うと酷くなるそうです。 成分と言うより目薬が習慣化し点眼し過ぎると、本来持つ涙の分泌機能が低下してしまいます。 目薬をさすことで目に潤いを与える事がクセになるので。 角膜にキズが出来る 角膜のキズに関しては、眼精疲労が始まった時にはキズが無かった方でも目薬を利用する事によりキズが出来てしまうようです。 皮膚炎 接触性皮膚炎に関しては、分かりやすく言うと目の周りのただれ。 目薬で目が潤い、目の周りに細菌が繁殖して起こるそうです。 充血する 充血は、眼精疲労の症状で多いですよね。 抑えようと目薬を利用するのに、使えば使うほど充血してしまう。 細かくは沢山ありますが、市販の目薬を利用するとこのような症状になることがあります。 PC作業が多い理由などで眼精疲労になり、市販の目薬をさして改善しようと努力すればするほど副作用などの危険な状態になって行くそうです。 sponsored link 眼精疲労の目薬 市販目薬の成分に問題あり 上記の副作用などは、配合成分の理由がほとんどです。 大きく分けると2つ。 防腐剤 防腐剤ですが、ほとんどの市販目薬に使われています。 目薬を利用するにあたり、開封後も清潔に保てるように細菌を繁殖させない理由で使われています。 ですが、上であげた角膜にキズ・皮膚炎のほとんどが防腐剤の理由です。 角膜のキズですが、眼精疲労の方の症状で多いドライアイに目薬をさすと、通常ならば涙で流れるのですが目に留まってしまいます。 防腐剤は、まつげや目薬の差し口の細菌を抑える為にある成分ですので、目の事を考えての成分ではなく、目薬を長く使うための成分。 その防腐剤が乾燥した目に溜まる事により、角膜にキズが出来てしまうそうです。 皮膚炎に関しても同じ。 目薬を点眼した時に溢れだした成分で目の周りが赤くただれたりするのですが、その理由の1つが防腐剤。 主な成分の名称は、ホウ酸・クロロブタノール・塩化ベンザルコニウムなど。 長く使う為の成分であり、目からすると異物が防腐剤です。 眼精疲労の方でも、目を気にする人が近年では多く防腐剤が入っていない目薬を利用する方が増えました。 市販でも防腐剤なしの目薬は少ないですがあります。 眼精疲労に効く栄養素を点眼するのではなく、目に潤いを与え回復を目指す使い方。 この様な商品です。 血管収縮剤 もう一つが血管収縮剤。 こちらもほとんどの目薬に使われています。 眼精疲労でもそうですが、目薬を点眼する時の目は充血している事が多くあります。 この血管収縮剤は充血がとれる成分。 これが厄介なんです。 わかりやすく言うと、一時的には充血がとれるけど使えば使うほど充血になってしまう。 もっと言うと、製薬会社が沢山売りたいから。 根本的に抑えるのでは無く、あくまでも一時的。 充血が気になって目薬を利用する方は、点眼後に充血が治まれば「この目薬は効く」と思うのが普通です。 そうなると充血すれば点眼するの繰り返し。 使えば使うほど充血する目になってしまう事も知らずに…。 血管収縮剤を点眼すると、充血している毛細血管などを細くし血流を悪くします。 血流が悪くなれば充血は治まりますよね。 血が流れないですから。 ですが、充血していると言う事は、本来は血管が太くなり血流をよくし異物を流して改善させようとしています。 それを無理やり血管収縮剤で止めてしまう。 主な成分の名称は、塩酸ナファゾリン・塩酸フェニレフリン・塩酸テトラヒドロゾリンなど。 目薬を利用した人は充血が治まり改善されたと考えますが、一時的。 血管収縮剤の効果が無くなれば更に血管が拡張され、また充血が始まり目薬を利用する。 sponsored link 眼精疲労の目薬 眼科で処方される目薬は では、眼科に行くと処方される目薬を見て行きましょう。 ネットで調べるとほとんどの方が「サンコバ」と言う目薬を処方されています。 成分には当然ですが防腐剤や血管収縮剤はありません。 眼精疲労で処方される目薬で、ビタミン12が入っています。 ビタミン12はピント調節をする筋肉を改善させる成分で、眼精疲労には必須の成分との事。 上で紹介した、血管収縮剤が入っていない「サンテドウ」にも含まれていますが、成分量が全然違います。 わかりやすく言うと、サンコバはビタミン12のみ。 ピント機能が眼精疲労には重要で、その機能を回復させることに専念している目薬とでも言うのでしょうか。 処方されている方のコメントなどを見ると、眼科に行くのが面倒だが改善されている方が多くいるようです。 あなたも眼科に行って、診察する所から始めたほうが良いのではないでしょうか。 そしてネット上では、眼科で市販薬を使うならと勧められた目薬があると書かれていました。 それが、最初にご紹介したソフトサンティアと言う市販目薬との事です。 YouTubeで眼科専門医の方の動画がありましたので、ご覧ください。

次の