安倍 内閣 の 支持 率。 安倍内閣不支持64% 支持率、1カ月半で17ポイント減 毎日新聞世論調査

安倍内閣の支持率「岩手民報は3%」拡散した各紙のデータ、ほとんどが不正確

安倍 内閣 の 支持 率

グラフは横にスクロールできます 2020年6月 (6月23日更新) 内閣支持36%、不支持49%(NHK世論調査) NHKは、今月19日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。 調査の対象となったのは、2202人で58%にあたる1270人から回答を得ました。 それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より1ポイント下がって36%でした。 一方、「支持しない」と答えた人は、4ポイント上がって49%で、平成24年12月に第2次安倍内閣が発足して以降、最も高くなりました。 内閣を支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が58%、「支持する政党の内閣だから」が19%などとなりました。 逆に、支持しない理由では、「人柄が信頼できないから」が44%、「政策に期待が持てないから」が27%などとなっています。 「移動自粛緩和のタイミングは適切か」 政府が、都道府県をまたぐ移動の自粛を緩和したタイミングについては、支持政党や地域によって考え方の違いが出ています。 支持政党別にみると、与党支持層は、「適切なタイミングだ」が43%、「早すぎた」が41%ときっ抗しています。 一方で、野党支持層では、「適切なタイミングだ」が32%、「早すぎた」が47%となったほか、支持なし層でも「適切なタイミングだ」が30%、「早すぎた」が52%といずれも「早すぎた」が「適切なタイミングだ」を上回りました。 また、地域別にみると、北海道・東北で、「適切なタイミングだ」が28%、「早すぎた」が59%となったほか、関東でも、「適切なタイミングだ」が36%「早すぎた」が46%と「早すぎた」が上回りました。 一方で、近畿では「適切なタイミングだ」が41%、「早すぎた」が40%と、きっ抗しています。

次の

安倍政権の内閣支持率 無党派層ではわずか9%との回答に

安倍 内閣 の 支持 率

・高知新聞:26%(正確、ただし2018年末のもの) 2018年11月28日〜12月7日に同社が実施した県政世論調査で、安倍内閣の支持率は26. 8%だった。 高知県内有権者から無作為抽出した3000人が対象で、郵送方式で実施。 有効回収率は46. 2019年1月16日に詳報された。 ・十勝新聞 24%(ほぼ正確、ただし2013年のもの) そもそも十勝新聞は存在しない。 ただし、名前の似ている十勝毎日新聞が2013年4月20〜23日に十勝管内で実施したでは、安倍内閣の支持率は24. 十勝は酪農が盛んで、直前のTPP参加表明が影響したと分析されている。 調査は個人宅に無作為に電話をかけ、男女合計500人に実施したという。 ・MXTV 22% (不正確) もともとのブログで根拠とされているのは、当時生放送されていた番組「週刊リテラシー」のリアルタイムのアンケート調査で、世論調査ではない。 2015年12月19日の番組では「2015年 安倍首相に成績をつけるなら?」という設問が示され、以下のような結果が出ていた。

次の

安倍内閣不支持64% 支持率、1カ月半で17ポイント減 毎日新聞世論調査

安倍 内閣 の 支持 率

沖縄県民の民意を無視して辺野古の埋め立てが進められ、 近隣諸国に喧嘩を売るような外交ばかり行い、 ポンコツ戦闘機の爆買いに私たちの血税が何兆円も使われ、 与党の審議拒否は100日ほどに達し、 年金は減るから2000万蓄えよ、ときゅうに詐欺めいたことを言う。 差別発言、問題発言も息が吐かれるように頻繁に飛び出す。 まだモリカケ問題も解決していない。 今の政権はこんなにもめちゃくちゃです。 これは何かおかしい! 支持してくれそうな人を恣意的に選んで調査しているのか、なんらかの操作が加えられているだろうと考えるのが普通だと思いますが、ひょっとしたらそのカラクリが判明したのかもしれません。 ツイッターで、安倍政権に批判的な人が、世論調査の電話を受けたことツイートされていましてが、その世論調査の行い方が驚くべきものだったようです。 このページは、以下の内容を確約するものではなく、こういう話があった、確かにそうかもしれない、というスタンスでお読みいただければと思います。 安倍内閣高支持率のカラクリ?驚愕の世論調査実施方法! 安倍政権に批判的な人が、おおよそ以下のような内容をツイートしていました。 世論調査の電話がかかってきた。 「衆参の選挙があったら行くか?」と問われて「行く」と回答• 同じような経験をした人もたくさんいたようです。 安倍内閣に不都合な回答をしたら途中で切られる経験のほか、以下のようなものもありました。 「安倍内閣を支持するなら1を、しないなら2を押してください」と言われ、2を押しても進まない(1を押すまで次に進ませない)• 支持政党を聞く質問で、「自民党なら1を押してください」と言われて、2番からは全く聞いたことないような小さな政治団体が読み上げられ、共産党や立憲民主党などは8番くらいになる、これではほとんどの人が途中で聞くのが嫌になって切ってしまうだろう。 そして大概の世論調査は半分ほどが無回答であり、おそらく途中で切れたのは無回答となっているのだろう、と推測されています。 スポンサーリンク どこかのメディアが安倍内閣に忖度しているのは間違いない これは自民党が行なっている世論調査なのかな、という推測もありますが、私は違うと思います。 自民党が調査をするときは、党内の気を引き締めるために、むしろ自民党には厳しい結果になるような方法をとることが多いからです。 このツイッターの話が事実ならば、おそらくどこかのメディアが安倍政権に忖度して行っていることは間違いないでしょう。 メディアで、高い支持率が報じられれば、あまり政治に詳しくない人は安倍さん人気なんだな、じゃあ私も自民党に入れようか、となる効果があります。 このツイッターの話は、本当かどうかはハッキリと分かりません。 しかし、メディアが安倍政権に忖度しているのは間違いありません。 ほっしゃんさん、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんやラサール石井さんなど、安倍政権に批判的な芸能人はたちまちテレビで見かけなくなっています。 一方で、千原せいじさんや松本人志さんなど、政権ヨイショの人はいつまでもで続けています。 メディアは、おそらくネトウヨからの批判を恐れてか、安倍政権に批判的なコメントがなるべく放送されないように忖度しています。 冒頭にも述べたように、今の内閣は問題だらけです。 にも関わらず、テレビで大きく取り上げられるのは芸能人の結婚、不倫など、国民生活に影響がないものばかり。 そして国民も愚かで、そういった簡単な話にばかり興味を持つ。 メディアが上手いこと政治の無関心を誘います、ネットではネトウヨ、ネトサポが幅を効かせることにより、今の政権が維持されているようです。 1日も早く国民が眼を覚ますといいですね。

次の