マリアナ 海溝 生物。 地球最深マリアナ海溝で微生物の群集を発見か

世界のUMA目撃情報まとめ!未確認生物は実在するのか?

マリアナ 海溝 生物

Contents• マリアナ海溝は怖い? マリアナ海溝には恐怖を感じずにはいられません。 それにはいくつかの理由が挙げることができます。 光が届かないこと まず第一に、光が届かないことです。 おおよそ私たちが生活している日常と呼ばれる世界には、光で溢れています。 それは普段は便利な存在であり、時に人の存在を知らせてくれる希望でもあります。 普段の光さえ届かない世界、考えただけでも恐ろしく思えてしまいます。 未知の生物が数多くいると言われていること 第二の理由に、未知の生物が数多くいると言われていることです。 詳しくは後述しますが、アカデミー賞監督であるジェームズキャメロン氏が過去にマリアナ海溝に潜ったことのある著名人です。 彼はそこにこの世界の未知を探しにいくことと、インスピレーションを感じたいという理由から潜りました。 とても厳重な装備をして。 この事が恐怖を感じる第三の理由になります。 水圧の強さから、常に死が隣にある事です。 人の体は深海の水圧に耐えられる様に設計されていません。 そのため、もし何らかの機械トラブルがあれば、水圧で私たちは一瞬のうちに死んでしまいます。 これは言い換えれば、マリアナ海溝の光さえ届かない場所には、本当に死神がいるかの様な気がしませんか。 全てが未知であり、光さえ存在しない。 そして、すぐ隣に死神が漂う。 同じ地球の中でこの様な同一条件を満たすのは、他にありません。 マリアナ海溝の水圧や底について!海溝の底に辿り着ける? マリアナ海溝の水圧やその深さについて考えてみましょう。 まずマリアナ海溝の深さについてですが、過去何度もその深さの計測を試みる実験が行われてきました。 1875年に計測された時の測深記録は、約8,184mを記録。 その後、1899年の調査では9,636mを記録。 1925年に日本の技術による測量では、水深9,814mを記録。 この様に徐々にその全貌が明らかになる様に、水深がより深く計測されていった歴史があります。 そして 今現在、その深さは10911メートルだと計測されています。 世界最高のエレベストですら収まり、そして2020年現在でさえも、その全貌は謎とされている秘境中の秘境です。 次にその水圧についてです。 今現在、マリアナ海溝の水圧は108. 6MPaと言われております。 この見慣れない単位は、パスカルと呼ばれるもので、1パスカルは、1平方メートル m2 の面積につき1ニュートンの力が作用する圧力と定義されています。 イメージする事がなかなか困難ではないでしょうか。 ではその未知の空間には、私たちはたどり着く事ができるのでしょうか。 それには、特別に作られた潜水艇を使うことで、たどり着く事ができます。 スポンサーリンク マリアナ海溝のヒトガタとは!? マリアナ海溝には不思議な話、いわゆる都市伝説があります。 マリアナ海溝付近では、過去にいくつもの海難事故がありました。 そこを航海していた船に何か大きなものが衝突したというのです。 この海難事故自体の多くはもちろん公式の記録です。 しかし、その原因には諸説あるのが実情です。 その中でも特に奇妙な説が一つあります。 「ヒトガタ」と呼ばれるその原因は、人間に似た大きな生物による物だというものです。 海難事故に巻き込まれた目撃者たちの証言は様々ですが、その中での共通項が、「大きな人型の存在を見た。 」という点です。 具体的なその大きさは20メートルから30メートルと言われており、白い色をしている巨大生物。 そして手足にはヒレの様なものを見たという証言もあれば、決してクジラではない生き物だという証言まであります。 果たして、その様な誰も観測したことのない生物がマリアナ海溝付近には生息しているということなのでしょうか。 言い換えれば、マリアナ海溝には謎の巨大生物が他にも存在しているのではないかという仮説が浮かび上がります。 マリアナ海溝の謎の巨大生物とは!? マリアナ海溝では過去にいくつもの新種と呼ばれる生物が発見されてきた歴史があります。 深海における新種発見の実績は、その深さに比例して見つかっていくものなのです。 そう考えると、先にも述べました一つ面白い仮説を立てる事ができます。 「マリアナ海溝には未知の巨大生物が存在しているのではないか?」この事に疑問を持った一人の著名人が探索に向かいました。 あのアカデミー賞映画「タイタニック」や「ターミネーター」の監督であるジェームズキャメロン氏です。 彼は未知の生物の観測と、次の映画へのインスピレーションの刺激という理由で、暗黒の深海に単身潜りました。 もしそこで未知の巨大生物を発見すれば、世界的にも大ニュースとなります。 彼は人類初の単独探査の中で、恐怖と希望を同時に胸に持っていたと述べています。 その結果、どうなったのでしょうか。 残念ながら、気になる巨大生物は見つけることはできませんでした。 しかし、とても興味深いコメントを残しています。 探査を経て、氏のインタビューが下記の通りです。 「海底はまるで荒れ果てた地だと感じだ。 私たちがよく知る普段の世界とは完全に隔絶されており、私は自分が全人類から切り離されたかのようにさえ感じた。 マリアナ海底に行ったのは現実に起きた出来事でしたが、まるで異なる他の惑星に行って戻ってきたかのような気さえする。 」 まだその大部分が未知で構成されているため、本当に巨大生物が存在している可能性も否めません。 まとめ 昔に生きた人々は、この世界の不思議なことは夕暮れ時と夜になる間のわずかな時間に起きると考えていたそうです。 英語ではそれをトワイライトと呼び、その不思議な世界を「トワイライトゾーン」と呼ぶ人たちもいます。 私たちの住むこの世界は、毎日の様に未知や不思議、その「トワイライトゾーンの世界」が消えていってしまいます。 ですが、この マリアナ海溝だけはいまだに人々に侵食されることなく、その道を2020年現在も保っているのです。 いつかその全てが明らかになる日まで、この神秘は続いていくのでしょう。

次の

マリアナ海溝 ~世界一深い海のなぞ~

マリアナ 海溝 生物

過去に4回しか到達していない深海・マリアナ海溝… 地球上で最も奥深い場所が神秘的だった… 深海というフレーズから何を想像しますか? 今までに見たことがない珍しい生き物が生息していそうですが、 今回はその深海よりももっと深いマリアナ海溝について紹介します。 マリアナ海溝とは 北西大西洋のマリアナ諸島の東に位置するマリアナ海溝は 深海の深さが6mに対してなんと10. 911mもあります。 マリアナ海溝の深さは地上で例えると あのエベレスト山脈も超えてしまうほどなのです。 もし石を落としたら到達するまでに 1時間もかかってしまうというとんでもない深い場所で このマリアナ海溝は一体どのようにしてできたのでしょうか? マリアナ海溝は1875年にイギリスの チャレンジャー号によって初めて発見されましたが、 科学者たちによるとここ何百万年かけて起きた 巨大な地質変動により作られたものであると推測されています。 地球は巨大な駒のように自転していますが、 年に数cm程度、自転極が移動する傾向が確認されています。 マリアナ海溝の海底の水温は124度と高く、大部分は真っ暗です。 また水圧は8トンでこれはショットガンが 発射される時の銃内の圧力と同じなので もし生身の人間がこの場所に晒されたら 結果は容易に想像できますよね。 このような場所のため、 人間の探査が到達したのは過去に4回しかありません。 過去4回の探査 1回目の探査は1060年にアメリカのTrieste号が達成しましたが、 海底付近に到達した時には窓にヒビが入り 1枚の写真も撮影できないまま、撤収。 その後は1996年と2009年に無人探査機で到達、 そして2012年、ある人物が人類の歴史を変える行動を起こしたのです。 ある人物とは映画アバターやタイタニックを制作した ジェームズ・キャメロン監督。 マリアナ海溝を探査するために 1人用の潜水艇を作って直接操縦しながら潜ったのです。 他の人が誰も達成していないことをやり遂げたかったのでしょうか。 ジェームズ・キャメロン監督は 「もし潜水艇が8トンの水圧に耐えられなければ、 ジャムになってしまう」 と冗談を言いながらも2012年3月26日に無事に到達。 彼はこの場所についてまるで他の惑星に来たようだと表現していました。 当初は6時間の滞在予定でしたが、 潜水艇に見つかった問題によって わずか3時間しか滞在できませんでした。 しかし、その3時間で68種もの新種の生命体を発見したのです。 マリアナ海溝の海底で発見された代表的な生物は 年齢を重ねるごとにどんどん深い場所に潜っていく 透明のタコや探査機の餌を噛みちぎる甲殻類、 新種の巨大ナマコ、特殊な小魚などでした。 その後、2015年にはマリアナ海溝の海底にマイクと録音機を設置し、 その音声には巨大なクジラと推測させるような 鳴き声も録音されていました。 105時間にも及ぶ撮影に成功 2014年にはアバディーン大学とハワイ大学の調査チームが マリアナ海溝を調査、105時間にも及ぶ撮影に成功しています。

次の

深海の生物から驚くべきレベルの汚染物質が検出される

マリアナ 海溝 生物

地球上には未だに発見されていない未確認生物が存在する。 今回はそんなUMA 未確認生物 の目撃情報をご紹介しましょう。 内容は「飼い犬が殺されて、投げ捨てられている!」というものだった。 当時の警察は動物の仕業と思い込み、特になにも対応はしなかった。 すると、数日後の夜中、また男性から電話があった。 内容は「外に黒いなにかがウロウロしている!」というものだった。 男性はしきりに「早く来てくれ!外に2m以上の黒い何かがいる!」と訴えます。 「俺の事を見ている!暗くて見えない!クソッ!でけぇ!」と電話口で声を荒げます。 その後、すぐに警察が到着しますが、家の周りにはなにも見当たらなかったという。 結局真相は謎のままなのだが、実はアメリカのワシントン州ではこのような「ビックフッド」の目撃情報が多数確認されているという。 夕暮れ時、子供達はUFOが農場に墜落していくところを目撃しました。 子供たちは急いで家に帰り、母親のメイ夫人と犬を加え皆でUFOが墜落した農場に向かいました。 丘を登ると、そこには大きな火の玉が浮かんでいて、一帯は目や鼻を焼くような刺激臭のある霧が漂っていたと言います。 そんな時、少年が少し離れた大きな樫の木の下に、二つの小さな光るモノを見つけます。 気になった少年はその光に懐中電灯を向けました。 なんと、それは3メートル以上の赤い顔をした生物でした。 そしてその生物は突然シューッと音を立て、少年たちに向かい浮上しながら近づいてきました。 驚いた子供達は一目散に逃げ出しました。 逃げ遅れた母親はここで油のような液体を掛けられてしまいますが、なんとか逃げ帰る事ができたといいます。 ただその後、母親と少年たちのうち数人が鼻の痛みやのどの腫れなどを訴えました。 中には嘔吐や痙攣に悩まされた者もいたという。 彼らを診療した医者は、彼らの症状がマスタードガスという化学兵器の被害者と同じ症状だと言います。 当然事件現場には、報道陣や警察が殺到しましたが、そこにはもう誰もいなかったといいます。 この事件は大々的に報道され、様々な関連情報が寄せられましたが何もわかっていません。 中には、 金属とプラスチックの欠片が落ちていたという情報もありますが、何者かに回収されてしまったとのこと。 そんな海で最も深いとされるのがマリアナ海溝。 マリアナ海溝はあまりにも深いため、技術的に調査するのが不可能と言われています。 マリアナ海溝よりも火星の情報の方が多い。 といわれるほど情報がありません。 これはそんなマリアナ海溝で起きた話です。 1960年、海洋学者のジャックピカールがマリアナ海溝の調査に挑んだ。 だが途中、窓に亀裂が入ってしまい調査は続行不可能となってしまった。 ただ、その後提出された彼の調査報告書には「途中に円盤型の何かと遭遇した」と記載されていた。 彼に詳しく問うと、何かがこちらの様子を伺っているように見えた。 ただ窓に亀裂が入っていたため詳しくはわからない。 などと証言したという。 実は、このように海底でUFOを見かけたという情報は数多く存在している。 特に、マリアナ海溝には150年前に生存していた巨大サメ「メガロドン」が生息している。 などの噂があり、数々の目撃情報が確認されている。 画像にあるような実際に巨大なサメの歯なども発見されているという。 もしかすると、彼が見たのもこの「メガロドン」なのかもしれない。 実はメロンヘッドは元人間だったと言います。 このメロンヘッドは地元では誰もが知る都市伝説なのだそう。 昔この辺りで、髄液が頭に溜まり脳室が通常より大きくなってしまった子供の治療が行われていた。 この治療が異常だったという。 そのため収容所から子供たちは逃げ出してまった。 脳を弄る異常な治療のせいで子供たちは凶暴になってしまい、それから人を襲うようになったというのです。 さらにこのメロンヘッドは人を食うようになってしまったという。 当時、「ヒト型の何かが飛んでいる!」と多数の目撃情報が話題になりました。 大きさは約2メートルほどで、光る赤い目、翼の生えた人間のような生き物という目撃者情報からモスマン 蛾人間 と呼ばれるようになりました。 実はこのモスマンは、不吉の象徴とされている。 世界中の事故現場などで、このモスマンらしき生物が多数確認されているのだ。 チェルノブイリ原子力発電所の事故やアメリカ同時多発テロ事件の際も確認されているという。 不吉の象徴と言われているが、もしかするとモスマンは事故などを警告してくれている存在なのかもしれません。 それが件 くだん。 日本では妖怪として有名な「件」の見た目は、人間の顔をした牛です。 最初の目撃情報は、1827年、件は森の中に現れた。 そして件は目撃者に「病気が蔓延する、自分の写し絵を描いて呪符にしなさい」と告げたと言う。 件の目撃情報は、18~19世紀頃まで数多く確認されていて、災害など以外にも豊作などの「いい事」も助言・予言する生物として言い伝えられている。 この話が話題となり、当時は件の絵がお守りとして売られていたという。 だが、当時の江戸では件以外にも異形の妖怪などの絵をお守りとして売り歩く商人が存在していた。 もしかすると、流行病に乗り金儲けの宣伝として件 くだん などの妖怪を利用していたのかもしれません。 まとめ 地球上には未だに発見されていない民族も存在する。 と言われていますが、今回紹介した未確認生物の目撃情報はどれらも人間にはほど遠い存在のような気がします。 もしかすると、人間に近いとされるビックフッドや雪男と呼ばれる存在と、未確認生物と呼ばれる生物たちは、また違う生命体なのかもしれません。 なんにせよ、これらの目撃情報が本当なら地球上には未だに発見されていない未確認生物が存在している事は確かなようです。 ak6ark.

次の