富士 フィルム 株価。 富士フイルムホールディングス (4901) : 株価/予想・目標株価 [FUJIFILM Holdings]

富士フイルムホールディングス (4901) : 株価/予想・目標株価 [FUJIFILM Holdings]

富士 フィルム 株価

[4901]富士フイルムホールディングス 企業情報 企業概要 [4901]富士フイルムホールディングスは、 富士フイルムと 富士ゼロックスを傘下に持つ持株会社です。 本社は東京都港区。 三井グループに所属 [4901]富士フイルムホールディングスは、社名には含まれていませんが、 三井グループに属しています。 同じような社名に三井が含まれない三井グループの企業には、• IHI• デンカ などがあります。 沿革 [4901]富士フイルムホールディングスの起源は、1934年。 写真フィルムの国産化を目指し、 富士写真フイルム株式会社として設立されました。 1962年にイギリスの ランク・ゼロックスと業務提携を締結し、複写機メーカー 富士ゼロックス株式会社を発足。 2006年には、持株会社制に移行し、これらを統合し、現在の社名・ 富士フイルムホールディングスに商号変更し、純粋持株会社となりました。 写真事業の縮小と事業転換 [4901]富士フイルムホールディングスの従来の主力事業であった写真フィルム、カラー印画紙といった 写真市場は、 デジタル製品化によって 縮小してています。 そこで、写真技術を技術力を応用して、 液晶ディスプレイや、 医療・医薬品、 機能性化粧品、サプリメントなど、 新規の事業展開を積極的に行っています。 ドキュメント領域では、 コピー機など、オフィスを始めとする仕事の現場で用いる機器を提供しています。 部門別の売上比率 [4901]富士フイルムホールディングスの部門別の売上比率です。 従来の 写真事業(イメージング)の売上比率は 10%台にとどまり、 ヘルスケア・マテリアル、ドキュメントといった新事業で 8割以上の売上を出していることが分かります。 部門 売上高(億円) イメージング 3,869 ヘルスケア・マテリアル 10,390 ドキュメント 10,056 [4901]富士フイルムホールディングス 株価 ( 2020/06/13時点) [4901]富士フイルムホールディングスの 株価は、 4826円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約48.3万円です。 1年チャート 5年チャート [4901]富士フイルムホールディングス 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [4901]富士フイルムホールディングスの配当金関係の基本情報です。 ( 2020/06/13時点) 配当金 [4901]富士フイルムホールディングスの 1株当たりの配当金は、 0円です。 100株保有の場合、 年間0円の配当金が支払われます。 配当利回り [4901]富士フイルムホールディングスの 配当利回りは、 0%(税引き前)です。 79685= 0% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [4901]富士フイルムホールディングスの 権利確定月は、 3月・9月です。 配当性向 [4901]富士フイルムホールディングスの 配当性向は、 0%です。 [4901]富士フイルムホールディングス 配当金まとめ 株価 4826円 年間配当 0円 最低購入額(100株) 約48.3万円 年間配当(100株) 0円 利回り(税引き前) 0% 実質利回り(税引き後) 0% ( 2020/06/13時点) [4901]富士フイルムホールディングス 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [4901]富士フイルムホールディングスの 配当金支払い実績です。 綺麗な増配カーブが見て取れます。 配当利回りの推移 [4901]富士フイルムホールディングスの 配当利回りの推移です。 配当利回りは、1%台で推移しています。 配当性向の推移 [4901]富士フイルムホールディングスの 配当性向の推移です。 配当性向は、おおむね30%以下で推移しており、問題ない範囲と言えます。 [4901]富士フイルムホールディングス 業績 売上高 [4901]富士フイルムホールディングスの 売上高です。 (単位:百万円) 営業利益 [4901]富士フイルムホールディングスの 営業利益です。 (単位:百万円) 税引き前利益 [4901]富士フイルムホールディングスの 税引き前利益です。 (単位:百万円) 純利益 [4901]富士フイルムホールディングスの 純利益です。 (単位:百万円) まとめ [4901]富士フイルムホールディングスは、強力な増配傾向が魅力の銘柄です。 利回りは2%台とまだまだですが、これだけの増配傾向があれば、長期保有を前提に購入していい企業であると思われます。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

富士フイルムホールディングス (4901) : アナリストの予想株価・プロ予想 [FUJIFILM Holdings]

富士 フィルム 株価

富士フイルムホールディングスのみんかぶ目標株価は「5,308円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】 理論株価 4,723円 、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 6,108円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 4,185円 と判断されています。 富士フイルムホールディングスは、【01銘柄、エボラ出血熱関連、写真フィルム】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

富士フイルムホールディングス(株)【4901】:時系列の株価推移

富士 フィルム 株価

[4901]富士フイルムホールディングス 企業情報 企業概要 [4901]富士フイルムホールディングスは、 富士フイルムと 富士ゼロックスを傘下に持つ持株会社です。 本社は東京都港区。 三井グループに所属 [4901]富士フイルムホールディングスは、社名には含まれていませんが、 三井グループに属しています。 同じような社名に三井が含まれない三井グループの企業には、• IHI• デンカ などがあります。 沿革 [4901]富士フイルムホールディングスの起源は、1934年。 写真フィルムの国産化を目指し、 富士写真フイルム株式会社として設立されました。 1962年にイギリスの ランク・ゼロックスと業務提携を締結し、複写機メーカー 富士ゼロックス株式会社を発足。 2006年には、持株会社制に移行し、これらを統合し、現在の社名・ 富士フイルムホールディングスに商号変更し、純粋持株会社となりました。 写真事業の縮小と事業転換 [4901]富士フイルムホールディングスの従来の主力事業であった写真フィルム、カラー印画紙といった 写真市場は、 デジタル製品化によって 縮小してています。 そこで、写真技術を技術力を応用して、 液晶ディスプレイや、 医療・医薬品、 機能性化粧品、サプリメントなど、 新規の事業展開を積極的に行っています。 ドキュメント領域では、 コピー機など、オフィスを始めとする仕事の現場で用いる機器を提供しています。 部門別の売上比率 [4901]富士フイルムホールディングスの部門別の売上比率です。 従来の 写真事業(イメージング)の売上比率は 10%台にとどまり、 ヘルスケア・マテリアル、ドキュメントといった新事業で 8割以上の売上を出していることが分かります。 部門 売上高(億円) イメージング 3,869 ヘルスケア・マテリアル 10,390 ドキュメント 10,056 [4901]富士フイルムホールディングス 株価 ( 2020/06/13時点) [4901]富士フイルムホールディングスの 株価は、 4826円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約48.3万円です。 1年チャート 5年チャート [4901]富士フイルムホールディングス 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [4901]富士フイルムホールディングスの配当金関係の基本情報です。 ( 2020/06/13時点) 配当金 [4901]富士フイルムホールディングスの 1株当たりの配当金は、 0円です。 100株保有の場合、 年間0円の配当金が支払われます。 配当利回り [4901]富士フイルムホールディングスの 配当利回りは、 0%(税引き前)です。 79685= 0% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [4901]富士フイルムホールディングスの 権利確定月は、 3月・9月です。 配当性向 [4901]富士フイルムホールディングスの 配当性向は、 0%です。 [4901]富士フイルムホールディングス 配当金まとめ 株価 4826円 年間配当 0円 最低購入額(100株) 約48.3万円 年間配当(100株) 0円 利回り(税引き前) 0% 実質利回り(税引き後) 0% ( 2020/06/13時点) [4901]富士フイルムホールディングス 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [4901]富士フイルムホールディングスの 配当金支払い実績です。 綺麗な増配カーブが見て取れます。 配当利回りの推移 [4901]富士フイルムホールディングスの 配当利回りの推移です。 配当利回りは、1%台で推移しています。 配当性向の推移 [4901]富士フイルムホールディングスの 配当性向の推移です。 配当性向は、おおむね30%以下で推移しており、問題ない範囲と言えます。 [4901]富士フイルムホールディングス 業績 売上高 [4901]富士フイルムホールディングスの 売上高です。 (単位:百万円) 営業利益 [4901]富士フイルムホールディングスの 営業利益です。 (単位:百万円) 税引き前利益 [4901]富士フイルムホールディングスの 税引き前利益です。 (単位:百万円) 純利益 [4901]富士フイルムホールディングスの 純利益です。 (単位:百万円) まとめ [4901]富士フイルムホールディングスは、強力な増配傾向が魅力の銘柄です。 利回りは2%台とまだまだですが、これだけの増配傾向があれば、長期保有を前提に購入していい企業であると思われます。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の