志村 けん カラス の 歌。 志村けん

【ドリフ大爆笑】志村けん 歌

志村 けん カラス の 歌

スポンサーリンク 「勝手でしょ~」と歌ったのは、あのコメディアン! この動画を聞いてもらうと、わかりますが… ネ!そうです。 この「カ~ラ~ス~、なぜ鳴くの~? カラスの勝手でしょ~」というのは、 日本を代表するコメディアン、 志村けんさんの大ヒットギャグ。 動画の中でも大きな歓声が沸いていたように、当時のこどもたちから、大絶賛のギャグだったのです。 ただしコレ、当時の親達やPTAなどには、歓迎されていませんでした。 「ちゃんとした歌詞を歌いなさい!」と注意された思い出のある人も多いのでは? 親世代から渋い顔をされるアニメやギャグというのは、いつの時代でもあるものですよね~。 正式な曲や名前も知っておこう! 正しい歌はコレ!あなたは覚えていますか? この歌の正しい曲名は、 『 七つの子』といいます。 野口雨情が作詞、 本居長世が作曲した童謡です。 本当の歌詞はコレだ! 童謡 『 七つの子』 からす なぜなくの からすはやまに かわいいななつの こがあるからよ かわいい かわいいと からすはなくの かわいい かわいいと なくんだよ やまのふるすへ いってみてごらん まるいめをした いいこだよ オトナになった今ならば、 親ガラスの心情をうたった素敵な歌詞だなぁ、と感じられますが、 こどもたちには、この意味を理解するのは少々難しいでしょうね…。 つまり、作詞家自身の我が子に対する愛情を鳴くカラスに投影しているのでは?という見解。 これは、野口雨情さんの孫娘 モデルとなった7歳の息子の子供 による主張であるため、なかなかに説得力があるようです。 まとめ• 「勝手でしょ~」という替え歌は、コメディアン志村けんのギャグがヒットしたもの。 正しい曲名は「七つの子」。 野口雨情が作詞、本居長世が作曲した童謡である。 本来の歌詞は、山にいる子を想う親ガラスの心情をうたった内容。 「七つの子」は、野口雨情の息子が7歳のころに作った歌なので、「7歳説」が少々有力。 現在30代の私はまさに、「カラスの勝手でしょ~」という歌詞しか出てこない世代です 笑 30年ほど前、「ちゃんとした歌詞でうたいなさい!」と苦い顔をしていたオトナの気持ち… こうしてちゃんと歌詞の意味を知ってみると、やっと理解できるものですネ。 こちらの記事もオススメ!.

次の

【ドリフ大爆笑】志村けん 歌

志村 けん カラス の 歌

スポンサーリンク 志村けんが最初はグーのじゃんけん考案!カラスの勝手でしょは欽ちゃんでどっち? 志村けんが最初はグーのじゃんけん考案 実はじゃんけんの 「最初はグー」を考案したのは志村けんさんで、飲み会の席で払う際のじゃんけんの時に発案し、「8時だョ!全員集合」で志村けんさんが広めたのです。 誕生のきっかけは、1969~85年まで放送されていた人気コントバラエティ番組「8時だョ!全員集合」(TBS系列)。 会計を支払う人を決めるためにじゃんけんしたところ、全員が酔っ払っていたせいで手を出すタイミングが合わなかったのだとか(笑)。 そこで「最初はグーだよ!」と号令をかけたことから、この掛け声が生まれたそうです。 引用: 志村けんさんは飲み会で払う際に、酔ってタイミングの合わないじゃんけんのために、「最初はグー」と号令をかけたことから誕生。 そして、「8時だョ!全員集合」の企画「ジャンケン決闘」で志村けんさんが「最初はグー」という掛け声を使ったことから広まったのです。 (画像引用元:) 志村けんがカラスの勝手でしょ考案? 志村けんさんは 「カラスの勝手でしょ」と「からす、なぜなくの、からすはや~ま~に…」の替え歌を考案したと言われています。 これも「8時だョ!全員集合」にて志村けんさんが「七つの子」の「からす、なぜなくの、からすはや~ま~に…」を「カラス なぜなくの カラスのかってでしょ~」と替え歌にしたことで流行しました。 ただこの「カラスの勝手でしょ」があまりにも浸透したため、芸能人の高梨臨さんや本仮屋ユイカさんは替え歌だと知らないほどだったのです。 いちごの赤にちなみ、青春時代に赤面したことを聞かれた 高梨は「志村けんさんがテレビ番組で歌っていた『カラスの勝手でしょ』という曲を友達の前で歌っていたら、『その曲の本当の歌詞なんだっけ?』と聞かれて、この曲は替え歌なんだ、違うんだと知りました」と告白。 本仮屋も「えっ! 本当は違うのですか? 『からすはや~ま~に…』は2番だと思いました」と、替え歌だったことを知らず高梨の話を聞いて驚いていた。 この日は、佐賀県知事の山口祥義氏(53)も登壇。 2人の話を聞いて「本当に?」と世代の違いで驚きながらも「あれ? 本当の歌詞ってなんだっけ?」と、志村が歌った替え歌の影響力のすごさを実感。 高梨は「私たちの世代の人は未だに勘違いしている方が多いのではないでしょうか」と呼びかけていた。 引用: スポンサーリンク カラスの勝手でしょは欽ちゃんの番組が起源? 「カラスの勝手でしょ」は志村けんさんが広めましたが、 実は志村けんさんが発する前に、欽ちゃんの番組が「カラスの勝手でしょ」の起源だと判明しました。 志村が初めて歌ったその数週間前に、他局の欽ちゃんのどーんとやってみよう。 って番組で視聴者からの替え歌コーナーですっかり同じ歌が読まれたことがあって、志村は子供たちがうたってるのを参考にしたらしいのですが、その子供たちは欽ドンをみて口ずさんだと思います。 引用: 珍しく「8時だよ!」の方を観ていると、例の「カラスの勝手でしょー」の替え歌ギャグを、志村けんがやっていた。 そのとき、私は、その替え歌が「欽ドン」で披露されていたことを思い出した。 確か、視聴者からの投書ギャグを紹介するコーナー(バカウケ/ややウケ/ドッチラケ)だったと思う。 その替え歌が紹介されると、スタジオ内爆笑、うちのお茶の間も爆笑だったのでよく覚えていた。 引用: 余談ですが、「全員集合」で「カラスの勝手でしょ」の替え歌が人気となった際には、ある新聞のインタビューで 当時の番組担当者が「関西の方でこういうものが流行してると聞いてやり始めた」などと話していた覚えがあります。 引用: どうやら「カラスの勝手でしょ」は欽ちゃんの番組「欽ちゃんのどーんとやってみよう」で視聴者からの替え歌コーナーで生まれたもののようです。 それを、志村けんさんが「8時だョ!全員集合」で歌い、お茶の間に広まったのが本当の経緯だったようです。 志村けんが最初はグーのじゃんけん考案!カラスの勝手でしょ起源は欽ちゃんで広めた! 志村けんさんは「最初はグー」や「カラスの勝手でしょ」を広めた偉大な人物であり、どちらも「8時だョ!全員集合」で広まったのです。 改めて志村けんさんでなく「8時だョ!全員集合」が、今の時代にも影響を与えるとはすごいですね! こうやって、後世にずっと残り続ける志村けんさんの偉大さに、また改めて凄さを知りました! みなさんも、「最初はグー」「カラスの勝手でしょ」を広めた偉大な番組「8時だョ!全員集合」を見て笑い転げましょう! せばな~.

次の

時代の喜劇王 志村けんさんへの鎮魂歌。 | JAYTHREE Blog

志村 けん カラス の 歌

志村けんさんが逝った。 いくつもの追悼報道がなされた。 どうしても新型コロナウイルスとの関連で語られてしまうが、1人の芸人の「完結した」生き方を見せてもらったという思いで追悼したい。 比類なき大物だったのかどうか、笑いの神だったのかどうかは、志村さんに何かをもらい続けた各人が決めればいい。 ただ、やはり彼はひとつの才を与えられ、「役割」を担っていたように思う。 彼のマイム的お笑いは、人々の「ある時期」の楽しみとして大きな役割を果たし、まるで職人のごとく、多くの世代に伝えた。 彼が時代とともに歩んだのではなく、わたしたちが通過できるように、いつもそこに止まっていてくれたのだと、わたしは思う。 この年の主な事件は、「パンダのホァンホァン、中国・北京より上野動物園着」「政府、アフガニスタン問題でモスクワ五輪不参加を表明」「東京銀座昭和通りで、トラック運転手、1億円を拾得」「大平正芳首相、心筋梗塞で死去。 衆参ダブル選挙で自民党圧勝」「イエスの方舟、集団失踪事件」「鈴木善幸内閣成立」「新宿駅西口バス放火事件」「長嶋茂雄、巨人軍監督辞任。 王貞治現役引退」「栃木県川治温泉・川治プリンスホテル全焼」「金属バット殺人事件」など。 校内暴力、家庭内暴力が問題化。 歌手の山口百恵が結婚・引退。 原宿の路上で踊る竹の子族が話題となった。 一世を風靡(ふうび)した「カラスの勝手でしょ」。 本当のところ、この流行語にさしたる意味はないのだと思う。 ただ子供にとって面白かったし、なんだかうれしかった。 志村さんは生前、子供にバカと思われているのがコメディアンの本望だと語っていた。 ただただ、残念である。 (中丸謙一朗) 〈昭和55(1980)年の流行歌〉 「恋人よ」(五輪真弓)「ダンシング・オールナイト」(もんた&ブラザーズ)「雨の慕情」(八代亜紀) PR.

次の