マイクロソフト アカウント。 資格に関連付けられているマイクロソフトアカウントを変更する方法

【画像あり】マイクロソフトアカウントの作成方法|パソコンヤシステム

マイクロソフト アカウント

Windows 10のログインは2つの種類のログイン方法があります。 1つ目はマイクロソフトのアカウントを使ったログイン、もう1つはローカルアカウント(そのPCでのみ使えるアカウント)です。 どちらがいいとかはなく、どちらもメリット・デメリットがあるので自分の使用用途によってどっちのアカウントを使うかを決めればいいと思います。 (マイクロソフト的にはマイクロソフトアカウントを推奨していますが何かと不便もあるので。。 ) 顔認証などができるWindows Helloはどちらのアカウントでも使えますぜ。 Windowsの設定を開きます。 中にある「アカウント」をクリックします。 ローカルアカウントの場合 左のメニューで「ユーザーの情報」をクリックします。 右側に表示されるユーザー情報のアイコンの下に「ローカルアカウント」、下に「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」と表示されていればローカルアカウント(このPCのみのアカウント)でログインしているということになります。 マイクロソフトアカウントの場合 左のメニューで「ユーザーの情報」をクリックします。 右側に表示されるユーザー情報のアイコンの下に「Microsoftアカウント」、下に「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」と表示されていればマイクロソフトアカウントでログインしているということになります。 左のメニューで「ユーザーの情報」をクリックして右側に表示される「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。 マイクロソフトアカウントのIDとパスワードが求められます。 IDはメールアドレスや電話番号など登録しているものであればOKです。 Windowsパスワードを設定している場合は、入力します。 持ってない場合は空白で「次へ」をクリックします。 この切り替えはサインアウトなどは発生せず、シームレスに移行できます。 左のメニューで「ユーザーの情報」をクリックして右側に表示される「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。 まず現在ログインしているマイクロソフトアカウントのパスワードを入力する必要があります。 次にローカルユーザー(このPCのみのユーザー)が表示されるのでログインパスワードを設定します。 マイクロソフトアカウントと同じパスワードでもOKです。 最終確認が表示されます。 「サインアウトと完了」をクリックすると、Windowsから一度ログアウトされ、その後ローカルアカウントでログインできるようになります。 Windowsストアやマイクロソフトの各種サービスを使う人はマイクロソフトアカウントの方がラクチンです。 ただ、自分もそうなのですが、Windowsストアは別に使わない、このPCだけで他とそんなにデータを同期したりしない(Dropboxなどを使うから)という人はローカルアカウントで十分だったりします。 好みや作業環境にも左右されると思いますのでお好きな方をどうぞ。 切替は楽チンですが、ローカルアカウントに切り替える時はサインアウト(Windowsからのログアウト)が発生するので作業途中のものなどがあればお気をつけてどうぞ!• カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

Outlookメール,マイクロソフトアカウント(無料)の新規作成

マイクロソフト アカウント

「アカウント」をクリックします。 今回は新しく作成するので、「作成しましょう!」をクリックします。 「新しいメールアドレスを取得」をクリックします。 他のユーザーと被らなければ、使用できますの表示が出ます。 アカウントを削除したり作り直したりは出来ますが、Officeを登録した後だとOfficeの移行は出来なくなります。 パスワードを忘れてしまったり入力を間違えたりすると、アカウントにログイン 出来なくなるので気を付けて下さい。 万が一パスワードを忘れてもログインできる方法やパスワードを省略する方法もありますが、いずれ記事にする予定です。 携帯の電話番号を入力します。 パスワードを忘れてしまった時などにコードが送られてきたりするのですが、 抵抗がある場合はメールアドレスでもOKです。 その場合、電話番号は入力せず「代わりに連絡用メールアドレスを追加」を クリックします。 YahooでもGoogleでもいいので予備のメールアドレスを入力します。 YahooやGoogleのメールアドレス取得方法は下記の記事を参考にして下さい。 入力したら「次へ」をクリックします。 赤枠の「Microsoftにお客様の情報を利用させて下さい。 」の所に チェック が入っているので、チェックを外しておく事をオススメします。 現在利用している、ローカルアカウントでパスワードを設定している 場合は、パスワードを入力して下さい。 パスワードを設定していない場合は空白で「次へ」をクリックします。 「次へ」をクリックします。 PINを作成するように促されますが、後からでも設定できるので ここではスルーします。 「キャンセル」をクリックして下さい。 アカウントの作成後、PINコードを設定される場合は下記の記事を参考に してみて下さい。 「後でPINを設定する」をクリックします。 アカウント作成画面が閉じ、ユーザーの情報の名前の所がOutlookの メールアドレスに切り替わればOKです。 すぐに切り替わらない場合もあるので、設定画面を開き直したりすると 大体切り替わります。 Microsoftアカウントの情報を管理する 「Microsoftアカウントの管理」をクリック アカウントの情報管理のページが開くので「あなたの情報」をクリックします。 「名前の追加」と「生年月日の追加」をそれぞれ設定していきます。 名前の追加ではこのような画面が開くので、名前を入力して変形している文字を 下に入力しましょう。 本名でなくても登録できるので、会社名などでもOKです。 入力したら保存をクリックします。 生年月日の追加ではこのような画面が開くので、それぞれの項目を入力します。 ここに関しては説明しなくても入力できるかと思います。 タイムゾーンだけは東京、日本にしておかないとOutlookメールの送受信などで 時差の関係でタイムラグが出てしまうので気を付けましょう。 また、個人情報を埋めておかないとCortanaなど利用する時にいちいち生年月日 などの情報を催促されるので煩わしいです。 また、でたらめな情報を入力するとパスワードを忘れた時などに個人情報を聞か れる事があるので、答えられなくなるとログインできなくなる可能性があります。 入力したら保存をクリックします。 あなたの情報画面で入力した情報が適用されていればOKです。 アカウントの本人確認の方法 本人確認の手続きをしないと、一定の期間が経った後に本人確認をするようメッセージで促されます。 またOutlookメールなどの機能が使えなくなったりアカウント情報が編集できなくなったりします。 「セキュリティ」をクリックします。 赤枠の「更新情報」をクリックします。 登録したメールアドレスや電話番号が表示されます。 今回はメールアドレスで本人確認を取ります。 確認をクリックすると記載してあるメールアドレスにコードが送信されます。 こんな感じの画面が出てくるので、メールで送られてきたコードを入力します。 確認が消えて、削除だけの表記になったら本人確認完了です。 以上で、マイクロソフトアカウントの作成は終了になります。 マイクロソフトオフィス2016を設定される場合は以下の記事を 参考にしてみて下さい。 では、また次回に。。。

次の

【画像あり】マイクロソフトアカウントの作成方法|パソコンヤシステム

マイクロソフト アカウント

マイクロソフトアカウントって何ですか。 先日、windows7のPCが調子が悪くなったのでwindows10のPCに買い替えたのですが、最初のセットアップをする際に「マイクロソフトアカウント」を作るようにと言われました。 その時はよく分からなかったのでその処理はスキップし、ローカルアカウントのみ作成してセットアップを終えました。 その後、インストールされていたoffice2016を使おうとすると、「ライセンス認証をしてください」と出てきました。 プロダクトキーを入れるぐらいならいいかな?と思って実行しようとしたのですが、ここでも再び出てきた「マイクロソフトアカウント」の文字。 意味が分からず、結局ライセンス認証はしないまま終了しました。 教えていただきたいのが、大きく分けて以下の二点です。 絶対に作る必要があるのでしょうか。 こんな事は初めてで、マイクロソフト社に個人情報を教えなくてはいけないのかと考えると、正直登録するのが怖いです。 マイクロソフト社に聞こうにも、サポートの時間が私の体の空いてる時間ではやっていない状態です。 何かご存知でしたら、教えていただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。 補足補足です PC購入時には「マイクロソフトアカウントを作らなくても大丈夫」とは言われていたのですが、office2016を使いたいなら登録するしかないのでしょうか。 登録した時、しない時のメリット・デメリットが特によく分かっていません。 「Microsoft アカウント」とはMicrosoftが提供するサービスを利用する権利です。 Windowsのユーザーアカウントにも「Microsoft アカウント」があるので、紛らわしいですね。 「ローカルアカウント」でも「Microsoft アカウント」にサインインすることが出来ます。 Microsoftのサービスを利用するためにはMicrosoftアカウントは必要です。 しかし、PCにMicrosoftアカウントを作る必要はありません。 常時Microsoftのサーバーに繋いで置くのが嫌なら、ユーザーアカウントは「ローカルアカウント」にして、必要なときだけ、Microsoftアカウントにサインインすればいいです。

次の