ライジン 7 月 28 日。 7月28日に生まれた人々/誕生日データベース

7月28日に生まれた人々/誕生日データベース

ライジン 7 月 28 日

ひと昔前は、格闘技といえば男・男・男の世界でした。 それは格闘技をやる側を観る側も同じで、自分の強さに対する憧れをそのファイターと重ねあわせ、一喜一憂するのが格闘技ファンの醍醐味でもありました。 しかしここ数年、日本の格闘技界にも大きな新しい風が吹いています。 それは、女子格闘技というジャンルです。 女子プロ プロレス は日本では昭和の時代からメジャーで歴史もありましたが、女子格闘技が当たり前のようにテレビ地上波で放映されるなんて、昭和の時代からは想像もできませんでした。 それだけ、女子格闘技は爆発的に一気に日本でも認知され、さらにこれから定着するかどうかまさに正念場となる段階に差し掛かっていることは間違いありません。 今回はそのジョシカクの中心である「RIZIN」における女子ファイター事情について語ってみたいと思います。 スポンサーリンク RIZINのジョシカクの歩み 2015年の大晦日に産声をあげた格闘技イベント「RIZIN」。 かつてのPRIDEからのイメージ払拭を狙って、 ライジンは当初より女子格闘技に力を入れてきました。 よってRIZINの女子格闘技はUFCなどに比べまだ歴史は浅く、それにもかかわらず一気にここ数年でその人気・認知度が上がり、当たり前のようにテレビで見るようになりました。 まだまだ走り出したばかりのライジンの女子格闘技ですが、その歴史は確実に一人の日本人選手を中心に始まり、ここまで展開されてきました。 その選手とは 「RENA」選手です。 ジョシカクのスーパースターRENA まだまだマイナーだった女子格闘技を、男子の格闘技並みに人気や認知度を上げるには、RENA選手ほどその目的にピッタリなファイターはいなかったでしょう。 ルックス・実力ともに折り紙つきで、ぱっと見「モデルさん?」と見間違えるほどでした。 そんな可愛いらしい女子が一点、リングに上がればバチバチの殴り合いを行い、日本人そして外国人ファイターとバッタバッタと倒していく映像は非常にショッキングでもありつつ、 「あー日本の格闘技も新しいフェーズに突入したんだなあー」 と日本中の格闘技ファンが衝撃を受けたはずです。 その大役を一人で担ってきたのが「RENA」選手なのです。 また 昨年の大晦日には初めてRIZIN内で女子トーナメント戦が組まれました。 トーナメントと言っても、4名によるトーナメント 日本人選手2名、外国人選手2名 で正直誰もが 「このトーナメントはRENA選手が王者になる為のトーナメントだ」 と思ったはずです。 — 2018年 2月月28日午前12時00分PST 結果から言えば、なんと 1ラウンドでRENA選手の一本負け。 まだ数年とはいえ、日本の女子格闘技をリードしてきたという最後のプライドがRENA選手に「タップ負け」という選択肢を与えなかったのでしょう、それが逆効果となり打撃の絶対女王、RIZINのエースの失神KOシーンが大晦日の日本中に放映されてしまったのです。 この試合以降も、 麻倉カンナ選手は先日のRIZIN. 10にも出場、判定勝利ではあるものの確実に勝利を重ねています。 しかしまだRENA選手は大晦日以降試合を行っていませんし、 次回の7月に行う試合も舞台はRIZINではありません。 しかしながら、このRIZIN. 10においてちょっとした波乱がありました。 RENA掟破りの再戦要求!! 勝利を収めた麻倉カンナ選手に対し、試合後マイクを持ちリングに上がったRENA選手は、なんと大晦日の敗戦から一度も公式試合を行わないまま、そのままカンナ選手に対し 「再戦要求」をぶち上げたのです。 これに対し、麻倉選手は不満を露骨に表現。 個人的には、トーナメント決勝で誰もが認める一本負けをした選手が、 一度も試合をせずまた同じ選手と再戦できるなど聞いたことがありません。 少なくとも2試合、3試合こなして 勝利して 、再びリベンジ戦を行うのが常識でしょう。 しかし、このRENA選手の一連の行動から、RENA選手の強い自負・プライドが見て取れます。 自分がこのライジンの女子格闘技を引っ張ってきた。 なのに人々の視線は自分とは別の人物に向いている、この状況が我慢ならなかったのでしょう。 しかし、麻倉カンナ選手はまだ若い選手です。 基本は寝技・グランドの選手ですが、これから打撃なども覚えていけばまだまだ強くなる伸びしろがたくさんある選手です。 まだ、立ち上げから3年ではありますが、こう言った格闘・戦いの人間ドラマが生まれることが、一つその興行が盛り上がるのに不可欠なポイントの一つです。 これから日本のジョシカクは「RIZIN」を中心に回ることは間違いないですが、 2018年そのRIZINジョシカクの中心になるのはRENA選手と麻倉カンナ選手の二人で間違いないでしょう。 ぜひ、この二人の動向に注目しましょう!.

次の

ライジン(格闘技)の女子が熱い!

ライジン 7 月 28 日

来歴 [ ] 9月18日、第12回フェザー級(-60kg)に出場。 決勝でに判定勝ちし優勝を果たした。 10月1日、マイク・ハヤカワ戦でプロ修斗デビュー。 判定勝ちを収めた。 はフェザー級の新人王決定トーナメントに参加。 太田悟、田村和也を破り決勝に進出を果たすと、12月8日の金山康宏との決勝でも一本勝ちを収め、フェザー級新人王の座を手にした。 7月18日、「修斗伝承 02」大会で田中ヒロユキにTKO勝ち。 11月29日の「修斗伝承 04」大会ではと対戦し、0-1の判定でドローに終わった。 3月20日、「修斗伝承 06」大会でに判定勝ち。 2009年10月18日、新設された修斗環太平洋フェザー級(-60kg)チャンピオン決定戦でと対戦し、KO負けを喫し王座獲得に失敗した。 4月3日、修斗環太平洋フェザー級(-60kg)チャンピオン決定戦で松本輝之と対戦し、2-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。 1月8日、修斗環太平洋フェザー級(-60kg)チャンピオンシップでと再戦し、3-0の判定勝ちを収め初防衛に成功した。 2012年5月18日、修斗世界フェザー級(-60kg)チャンピオンシップで王者のと対戦し、で一本勝ちを収め王座獲得に成功した(規定により環太平洋王座は返上)。 3月16日、修斗世界フェザー級(-60kg)チャンピオンシップでと対戦し、2Rにスリーパーホールドを極められ一本負けを喫し王座陥落した。 は、大会で行われる8名によるフライ級トーナメントに参加し、春日井健士との一回戦 、カナ・ハヤットとの準決勝戦 、シーザー・スクラヴォスとの決勝戦を制し優勝を果たした。 4月23日、修斗世界バンタム級(-56. 7kg)チャンピオンシップで王者の菅原雅顕と対戦し、フロントスリーパーホールドで見込み一本勝ちを収め王座獲得に成功した。 以来となる修斗史上2人目の2階級制覇を達成した。 2016年、「」のに参加。 率いるチーム・ベナビデスに所属。 フライ級トーナメント一回戦でカジムロ・ズルと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。 準々決勝でアダム・アントリンと対戦し、判定勝ち。 準決勝でと対戦し、判定勝ち。 決勝戦でと対戦し、判定負けを喫し準優勝となった。 10月15日、修斗世界フライ級チャンピオンシップでオニボウズと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収め初防衛に成功した。 2018年7月29日、でと約5年ぶりに再戦するも、判定負け。 2019年5月6日、修斗世界フライ級チャンピオンシップでと対戦し、判定3-0のテクニカル判定で勝利(当初の裁定では「KO勝ち」だったが、偶発的な頭部接触の影響があったとして変更)。 2度目の防衛に成功。 2019年7月28日、でと対戦し、判定勝ち。 2019年12月31日、のバンタム級王座挑戦者決定戦でと対戦。 第12回フェザー級 優勝(2005年)• 修斗フェザー級新人王(2007年)• 第2代修斗環太平洋フェザー級王座(2011年)• 第8代修斗世界フェザー級王座(2012年)• フライ級トーナメント 優勝(2014年)• 第6代修斗世界フライ級王座(2016年) 脚注 [ ]• PROFESSIONAL SHOOTO 公式サイト• 当時はフェザー級(-60kg)王座• 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年3月20日• 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年10月18日• 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年4月3日• 格闘技ウェブマガジンGBR 2012年1月8日• 格闘技ウェブマガジンGBR 2012年5月18日• eFight 2013年3月16日• eFight 2014年2月23日• eFight 2014年6月28日• eFight 2014年10月4日• eFight 2016年4月23日• eFight 2016年7月22日• eFight 2016年9月7日• eFight 2016年11月10日• eFight 2016年11月23日• eFight 2016年11月30日• eFight 2017年10月15日• イーファイト. 2018年7月29日閲覧。 eFight 2019年12月31日• RIZIN FIGHTING FEDERATION 2019年12月4日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - チャンネル• Hiromasa0401 -• - 公式ブログ• - のプロフィール (英語) 空位 前タイトル保持者 第2代環太平洋王者 2011年4月3日 - 2012年5月18日 空位 次タイトル獲得者 前王者 第8代世界王者 2012年5月18日 - 2013年3月16日 次王者 前王者 菅原雅顕 第6代世界王者 2016年4月23日 - 現在 次王者.

次の

【Bスプリント2020(船橋)予想】本命メイケイライジン│【血統フェスティバル】競馬予想ブログ

ライジン 7 月 28 日

2019年7月28日(日)に開催された「(). 17」。 メインの「vs」をはじめ、「vs」、「vs」、またでの人気から出場までたどりついたシュメトフ選手などが出場しました。 ここでは、「(). 17」の試合結果についてまとめています。 試合結果|「. 17」 第1試合: vs. Hideki [ キックボクシングルール : 3分 3R(67. A 10-8 first round and strong second-round performance mean congrats are in order for the RISE stalwart. — Kyle Johnson VonPreux 第2試合: vs. ステファニー・エッガー [ 女子ルール : 5分 3R(63. The alum wins her promotional debut by unanimous decision. — Kyle Johnson VonPreux 第3試合:ハム・ソヒ vs. [ 女子ルール : 5分 3R(49. ROAD FC's empress has won four straight and stopped three of those bouts by knockout. Miyuu is next. ビタリー・シュメトフ [ ルール : 5分 3R(93. A third-round cut stoppage boosts the " Bear" to 3-1 in his last four. — Kyle Johnson VonPreux 第5試合:・サトシ・ソウザ vs. [ ルール : 5分 3R(71. アリ・アブドゥルカリコフ [ ルール : 5分 3R(71. ジョニー・ケース [ ルール : 5分 3R(71. Case has won five straight and stopped 22 overall, 18 by knockout, and 15 in round one. — Kyle Johnson VonPreux 第8試合:大雅 vs. [ キックボクシングルール : 3分 3R(62. キム・フン [ ルール : 5分 3R(93. [ ルール : 5分 3R(61. As readily as Hiro swarmed on the mat, the latter roared back with … —. vaobhr vaobhr 第11試合: vs. [ ルール : 5分 3R(61. The former King of and …… —. vaobhr vaobhr 第12試合: vs. [ ルール : 5分 3R(70. The saber-rattling, two-division OUTSIDER champ has won six straight 5-0 in. He's going to the LW grand prix. — Kyle Johnson VonPreux What a badass ending to a badass night of fights! — Kyle Johnson VonPreux. 17の見逃し配信について 2019年7月28日(日)開催の「. 17」見逃し配信はこちらのページから視聴できます。 あなたにおすすめの記事 karate-kids.

次の