栗田慎一 日本農業新聞。 熊本地震:水枯れ「もう住めぬ」 断層の真上・西原村

栗本慎一郎

栗田慎一 日本農業新聞

今年は記録的な少雪の影響で水不足が心配されていましたが、4月の雨量が東日本を中心に観測史上最多であったので、田植えは大丈夫なようです。 その記事を掲載します。 yahoo. 今年は記録的な少雪の影響で水不足への不安が高まったが、4月の雨量が東日本を中心に観測史上最多級だったことなどで、「平年よりも潤沢」な農業用水が確保された。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う人手不足の懸念はあるが、農家や水稲関係者は「水不足とのダブルパンチは避けられた」と、ひとまずは安堵(あんど)している。 (栗田慎一) 気象庁の発表によると、4月の雨量は北、東、西日本の多くの地点で平年を大きく上回った。 一方で、低気圧の影響を受けなかった鹿児島と沖縄の2地点では過去最少となった。 新潟県は1月、通常は夏に開く渇水対策本部を急きょ開いた。 田植え時期に十分な水が確保できなくなる恐れが高いとして、県内26のため池の水抜きを中止するよう各土地改良区に呼び掛けた。 県農産園芸課の担当者は「慣例の水抜きをやめたことで、満水状態が保たれた。 さらに、4月の雨で県内4大河川も平年より流量が増え、不安は消えた」と言う。 宮城県農村振興課も「河川からポンプで水をくみ上げる計画だったが、4月の雨で県内17の農業用ダムや大小5500のため池もほぼ満水となった」と胸をなで下ろす。 一方、山の雪不足は夏まで影響するとの見方が強い。 宮城県の担当者は「梅雨に十分な雨が降らなければ、7月後半から田んぼの水を抜いて地表を乾燥させた後、稲穂が出る頃に再び田に入れる『花水』が不足する恐れがある」と警戒。 福島県農地管理課の担当者も「農業用ダムの貯水率は110%だが、少雪で山に水のストックがない分、盆前の花水が心配だ」と話す。 (写真)晴天の下、田植え機に乗って苗を植える船川さん(埼玉県幸手市で) 例年同様に準備 米農家も一様に安堵している。 平年通り田植えが始まった埼玉県幸手市で2日、市内で計95ヘクタールの水田を耕作する船川智弘さん(37)は「春先の雨が多かったので水は十分」と笑顔で話した。 一方で、高齢などを理由に離農する人が増えており、今年は新たに6ヘクタールを受け入れた。 水田が分散しており作業効率が悪く、規模拡大でのコスト面が課題になっているとし、「一枚の田の面積を広げるなどコスト削減で工夫している」という。 宮城県登米市の専業農家、佐藤瑛彦さん(34)も「河川の取水制限もなく、水の不安はなくなった」とし、例年同様に中旬から田植えを始める考えだ。 低気圧 頻繁に通過相次ぎ「史上最多」 気象庁によると、4月の1カ月間雨量が全国最多だった地点は三重・尾鷲の581ミリ(平年比2倍)で、観測史上最多だった3地点は東京296・5ミリ(同2・4倍)、兵庫・豊岡223ミリ(同2・2倍)、山形・新庄181ミリ(同1・9倍)。 この他、200ミリを超えたのは、高知・清水321・5ミリ、岩手・大船渡294ミリ、静岡248・5ミリ、横浜244・5ミリ、千葉221ミリ、松江219ミリ、京都・舞鶴203ミリなど計16地点だった。 記録的な多雨となったのは、日本列島付近を低気圧と高気圧が交互に通過し、大荒れの天気が続いたため。 一方で、高気圧の通過に伴い日照時間も記録的な長さとなり、千葉、静岡、愛知、高知、鹿児島など東、.

次の

熊本地震:水枯れ「もう住めぬ」 断層の真上・西原村

栗田慎一 日本農業新聞

新型コロナウイルス禍は、農業が外国人に支えられている現実をあぶり出した。 国際貢献と国際協力を目的に1993年導入された外国人技能実習制度は、農水省によると、2019年に農業分野で3万人を突破し、雇い入れ農家も10年間で2倍近くに増えた。 技能実習生の在留資格は「研修」であり、出稼ぎ目的の就労ではないとの前提がある。 このため、都道府県の最低賃金水準にある実習生がほとんどで、多くは中国やベトナム、フィリピン、カンボジアといったアジアの発展途上国からだ。 一方、アジア各国の経済成長に伴い、人集めは年々厳しさを増している。 ある監理団体の責任者は「日本で実習生として働く魅力が薄れ、どの国も都市部では人が集まらない。 人探しは地方から地方へ行き詰まりを見せている」と語った。 政府は2年前、技能実習制度に屋上屋を架す形で、「就労」目的を明確にした特定技能制度を新設した。 農業や介護など14分野で働く外国人を対象に、試験などを課すことで最大5年の就労を可能にした。 だが、全分野を通じた新制度利用者は「5年で34万人」の政府目標の1%。 長期滞在の条件となる通年雇用は、農業分野では群馬県嬬恋村や北海道などの雪国では困難で、技能実習制度と同様に単年ごとの人探しと信頼関係の構築が迫られる。 人手不足に悩む農家の多くが、同一人物の長期雇用を強く望み、農業の現実を反映した制度作りを求めている。 外国人に頼れなくなった時、日本の農と食をどう守るのか。 頼り続けるのであれば、安価な期限付き労働力でなく、「農業の後継者」として迎え入れる施策も必要な時代が来る。 コロナ禍で問われたのは食料自給の未来図だ。 (栗田慎一).

次の

[B! あとで読む] 日本農業新聞

栗田慎一 日本農業新聞

略歴 [ ] 出身。 父は元の(出身)。 母トシ子は元東京府会議長(出身)三女。 、、、卒業。 同大学大学院博士課程退学 [ ]。 専任講師、(現奈良県立大学)助教授、(〜)を経て、教授在任中、客員教授(〜)も務める。 7月、明治大学教授を辞任。 大学総合研究所を設立、(非正規大学 ) 開学。 官邸HPにも大学開学が経歴として記載されている。 嘱託教授、客員教授、客員教授、衆議院議員2期をへて、2011年有明教育芸術短期大学第二代学長兼理事(~2015年)。 同年春叙勲。 NPO法人理事。 名誉会長。 NPO法人元会長。 人物 [ ] 雑誌『』3月号をきっかけに論壇にデビューし、その後、いわゆる「ニューアカ()」ブームの先鋒をつとめた。 という言葉を作り出したり、議論の技術を向上させるを普及するため『』に出演するなど、積極的にマスコミに顔を出すとともに、、ら多くのタレント、文化人、学者と分野を超えて交流し、多数の対談・共著を出版した。 テレビ出演をするきっかけになったのはであるという。 の弟分である高名なのから突如電話を受け、それがきっかけで「物語」を執筆したり、過去にはとしてプロデュースの下シングル『平成若者大音頭』(1992年6月3日発売)を発表するなど幅広く活動する。 1999年10月頃、になった。 朝起きると左半身が動かなくなり、日課のウォーキング中で道が分からなくなる、病院に行こうとタクシーに乗るも、呂律が回らず運転手に行き先が伝わらない等の症状が出た。 栗本も一命は取り留めたものの左半身麻痺となってしまい、リハビリに励むも中々上手くいかなかった。 ある日、リハビリで左手を動かそうとすると右手が動く事に気付いた栗本は箱の真ん中に鏡を置き、箱の中に右手を入れ、鏡で右手を映しながら動かし、それと同時に妻が左手を同じ様に動かすという、鏡に映った右手を左手だと栗本の脳に錯覚させるというの「ミラーボックス」によるリハビリ法を試した結果、2ヵ月後には症状が良くなり、現在はゴルフや車の運転が出来るほどに回復した。 また栗本は文学にも造詣が深く、『』という文芸評論や、小説の実作「反少女」「敵意」「紐育の少女(がモデル) 」「白雨の少女」がある。 2012年6月9日、東京都の路上で乗用車を運転中、衝突事故を起こしていたことが、2012年6月15日にによって報じられた。 栗本の明大時代の教え子にタレントのや元野球選手のがいる。 学説・思想 [ ] 指導教授はの。 栗本は、経済史を研究するなかでその枠を超えてカールを祖とする実在派に辿り着き 、カールの弟子であるに師事する。 栗本は経済人類学の研究成果を踏まえ、近代以前の社会をであるとしたうえで非市場社会における財の生産、贈与、交換、廃棄等の経済活動の根底には、習俗によって規定されている人びとの行為に当人たちには意識されていない行為の動因があり、経済活動はその結果ないし機能にすぎないとする。 そのうえで、近代社会である市場社会においても上掲の事情は基本的には変わりがないとして、経済活動を人びとの合理的な利益追求であるとする従来のの常識に180度の転回を迫った。 栗本はその研究対象を広義の経済学の枠を超えて法社会学に広げて 、社会規範として人びとに行為を強制・禁止する習俗についての研究を進める一方 、その他方で人びとの行為・行動の動因となっているものを明らかにするためには、の問題を避けることはできないとして、ないし生命論等の議論をも踏まえたうえで、経済人類学を基礎として、経済学、、を包括した統一的理論の構築を目指した。 また、大学の講義等において前衛芸術家のにも言及し、モースやバタイユやと、1930年代のパリで直接交流のあった岡本のことを偉大な思想家として評価した最初の言論人である。 栗本は上掲のとおり学問の枠を超えた過激な見解を主張していたが、それでも当時はの見解をあげたうえで個別の学者・学説への批判を慎重に避けていた。 ところが、突如やら個別の学者を名指しして批判を始め、「危険な学者」と自称するようになった。 このように態度を一転させた理由は、学者がマスコミ進出によって大学教授という地位だけでなく、わずかばかりの知名度や収入を得てそれを守るために汲々とし、お互いに学問的な批判や議論を避けているとの不満と、山口や、らはその方向性を突き詰めれば社会システムを包括的にとらえる超統一的理論へと至るステップを準備するはずなのであるが、その作業をしていないかあるいはしていても極めて不徹底であることへの苛立ちにあったといえる。 栗本はその後、自身の理論を更に徹底させて上掲のいわゆる社会科学にとどまらず、すべての学問を包括的にとらえる超々統一的理論の構築を目指して、の科学哲学であるの理論を承継・発展させて、、の研究を進めて、、の研究の成果を取り込んだ後掲『意味と生命-暗黙知理論から生命の量子論へ』を上梓した。 さらにその後、等の脳内伝達物質にいち早く注目し、等のに関する経済学説を紹介したうえで、その原因がからのが関係していると主張するなど多くの著作を発表している。 社会的活動 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年1月) ニューアカブーム以降、では審査員を務めるなど多彩な活動でに知られるようになった。 に明治大学で事件(替え玉が発覚した20人の受験生の中に後のがいた)が発覚すると、栗本も大学の腐敗と学生の怠惰に抗議すると表明して突如教授を辞任、マスコミ活動のためにに所属した。 7月には、に自身が生まれ育った世田谷区とで構成ので慶應経済学部同級生代表幹事の結成間もないのを受けてで出馬し、当選し後に正式に新生党入党。 小沢側近の一人として活動した。 しかし、で支持したが敗北しとなり12月のの結党には参加せず、小沢と袂を分かった後はメディアで「ただの馬鹿」呼ばわりして話題となった。 所属を経て、自身の慶應・経済学部同級生のや自身の小学校の5年先輩のが属する及びへ。 世田谷には清和会現職が居たため、国会議員を引退した清和会副会長経験者のやの地盤を継承。 にも、自民党現職として及びからし、新進党新人のや現職のなどを破り再選された(松原VS宇佐美は史上初の出身者同士の定数1公選での激突、両候補は重複せず、松原が次点)。 9月、からに任命されポスト橋本のでは小泉推薦人。 4月のではだった候補の選対本部長をつとめ清和会を離脱したがと共闘した事に抗議し離反し石原支持。 (盗聴法)にとともに採決の際に反対し、単独で離党届をだす。 田中眞紀子はそのまま自民党に残ったが、栗本の離党届は受理されず除名処分となる(その時点のは清和会会長)。 率いるに参加する。 同年の10月29日に脳梗塞で倒れた。 脳梗塞で倒れる前日の記者会見ではろれつが回らなかったり症状が出ていたという。 左半身麻痺という後遺症が発症したが、自ら考案したリハビリ(右半身を鏡で見せて左半身を鏡で隠すといった方法)ののち、左半身麻痺が解消し復帰している。 では、成立時のだったと同じ選挙区()から自由連合公認・突破党推薦で重複立候補するが有効投票総数の1割未満で没収、最下位落選し、政界からも去った。 近年は大学の教壇に立つかたわらで、自身が経験した脳梗塞に関する仕事も精力的に行っている。 著書『かくして日は昇る』ではの自治についても大きな関心を示した。 引退後でかつての盟友・小泉に対し「頭も悪いが性格も悪い。 」等と痛烈な人格批判を行い物議を醸したが、小泉サイドからの抗議などはなかった。 北海道知事出馬への意向 [ ] の出馬の可能性が話題になっていた1990年末から1991年初めころ、栗本も道知事への出馬を考えていた。 舛添の「(当時存在しなかった)北海道本拠地のプロ野球チームを作るべき」というアイディアに賛意を表していた。 」などと問い詰めていたが、これには何も返答しなかった。 その直後、上記にもあるとおり地方自治を論じた『かくして日は昇る』という本を緊急出版した。 今まで地方自治について積極的に語らなかった栗本(当時の『』などでもを頑なに全面肯定していた)が、突如として北海道自治に関心を示し「もし私が道知事であったなら」などという仮定で政策提言している。 その後、西部邁(北海道出身)との共著(対論)「立ち腐れる日本」でもと道知事へのオファーがあったことを語り、西部から「貴方なら僕も応援するけどな」との賛意を得た。 家族・親族 [ ] 栗本家 [ ] 父・ ( (現)、)• 父・ (裁判官) 45年()生 - 4年()11月没• 母・ トシ子(人(元東京府会議長)三女 著書 [ ] 単著 [ ]• 『経済人類学』(、)• 『』(、)のち角川文庫• 『法・社会・習俗 法社会学序説』(、)• 『光の都市 闇の都市』(青土社、1981年)• 『 人間は、どういう生物か』(カッパサイエンス、1981年)• 『ブダペスト物語 現代思想の源流をたずねて』(、1982年)• 『経済人類学の眼』 青土社 1982年5月• 『ホモ・パンツたちへ』 情報センター出版局 1982年8月• 『血と薔薇のフォークロア』 リブロポート 1982年6月• 『東京の血は、どお-んと騒ぐ 冒険者たちの黙示録』 情報センター出版局 1983 のち角川文庫• 『都市は、発狂する そして、ヒトはどこに行くのか』 光文社〈カッパ・サイエンス〉 1983年6月• 『大衆文化論 若者よ、目ざめるな』 白夜書房 1984年5月 のち光文社文庫• 『』(光文社文庫オリジナル、1984年)• 『読書原論』 角川書店 1985年1月• 『 血も凍る「現代思想」の総批評』(光文社カッパサイエンス、1985年)• 『反少女』 角川書店 1985年11月• 『毒入り教授より愛をこめて 愚の眼・鷹の眼』 1986年4月 光文社文庫• 『教授のインテリジェント・テニス教室 技術と精神をきたえる! 』 角川書店 1986年7月• 』光文社 1988年1月• 『 「快感」は、ヒトをどこへ連れていくのか』(光文社、)• 『意味と生命-暗黙知理論から生命の量子論へ』(青土社、)• 『さぁ、クルマで出かけよう ヒトの生命・身体を発見する旅へ』光文社カッパ・サイエンス 1989年6月• 『ニッポンの終焉 2001年への最後の選択』(現代書林、)のち講談社文庫• 『縄文式頭脳革命』 講談社 1989年11月 のち文庫• 『五月のテニスボール』 六興出版 1990年10月• 『幻想としての文明』(、)• 『危ない現実 「正義」が思想を殺すとき』 学習研究社 1991年7月• 『 21世紀を読む』(東洋経済新報社、)• 『明大教授辞職始末』 講談社 1992年8月• 『パンツを脱いだロシア人 国家と民族の「現在」を問う』 光文社カッパ・サイエンス 1992年8月• 『クリシンの明日は無罪!! 』 メディアファクトリー 1992年7月• 『成り行き大国ニッポン 大転換期・日本をどう新生させるのか』(、1993)• 『教科書では教えない日本政治 栗本慎一郎の政治人類学』 東洋経済新報社 1997年2月• 『自民党の研究 あなたも、この「集団」から逃げられない』 光文社カッパ・ブックス 1999年10月• 『現代政治の秘密と構造』 東洋経済新報社 1999年12月• 『脳にマラカスの雨が降る 脳梗塞からの生還』 光文社カッパ・ブックス 2000年6月• 『栗本慎一郎の脳梗塞になったらあなたはどうする-予防・闘病・完全復活のガイド』(、)• 『脳梗塞、糖尿病を救うミミズの酵素 秘密は血管を浄化するミミズの酵素にあった! 』 たちばな出版 2001年4月• 『血栓を溶かし梗塞を予防しよう 驚異の酵素の発見』 東京農大出版会 2001年3月• 『-ヒトは、どうして生きていくのか』(、)• 『シリウスの都 飛鳥 日本古代王権の経済人類学的研究』(たちばな出版、2005年)• 『純個人的小泉純一郎論』(イプシロン出版企画、)• 『シルクロードの経済人類学 日本とキルギスを繋ぐ文化の謎』(東京農業大学出版会、)• 『ゆがめられた地球文明の歴史 「パンツをはいたサル」に起きた世界史の真実』(技術評論社、)• 『栗本慎一郎最終講義 歴史学は生命論である』(武久出版 )• 『【増補版】パンツをはいたサル』(現代書館; 増補版) 共著・対談・鼎談 [ ]• 『経済人類学』(・編)「講座西洋経済史5巻」(同文舘出版、1979年)• 『闇の都市-血と交換』、朝日出版社、。 (・・・・・)『法社会学研究』(三嶺書房、1985年)• (・・・)『創発の暗黙知-マイケル・ポランニー その哲学と科学』(青玄社、)• (・・・・山口昌男)『いまヨーロッパが崩壊する』(光文社、1994年)• (阿部謹也・山口昌男・・)『経済人類学を学ぶ』(、)• (河上倫逸・・山口昌男)『「正気」が「狂気」を生んだ-日本が知らないもうひとつのヨーロッパ(上)-』(光文社、1995年)• (樺山紘一・・)『ユダヤがイスラムを生んだ-日本が知らないもうひとつのヨーロッパ(下)-』(光文社、1995年)• (・)『「保守革命」宣言-アンチ・リベラルへの選択』(現代書林、)• )』 漫画原作 [ ]• 明治は近大に勝てるか? 画:(『大衆文化論 若者よ目覚めるな』所収) 訳書 [ ]• 『・の恐怖』(、1994年) 外国語に翻訳された著作 [ ]• 『經濟人类学』 (北京:商务印书馆、1997年)• 関連図書 [ ]• 『快感進化論』(現代書館、) 学問的後継者 [ ]• :著書名の「快感進化論」自体が栗本の造語であり、栗本自身が解説文を寄せている。 :誌上で栗本学派を自称した。 のプロフィールでは、好きな本の中に、M・ポランニーの『個人的知識』と並んで、『パンツをはいたサルを』を挙げている。 出演テレビ番組 [ ]• (フジテレビ)• (フジテレビ)• :審査員• () 記者役 出演ラジオ番組 [ ]• 『栗本慎一郎の社会と芸術を語る』()パーソナリティー(10月から) 映画出演 [ ]• 『』(大学教授役) Vシネマ [ ]• 『首相官邸の女』主演・監督(政治部記者役) 関連項目 [ ]• - 神経生理学者 「」「特集・ニューロフィロソフィー」で対談。 脚注 [ ] []• 朝日新聞1988年10月3日号13面読書欄書評委員紹介欄。 、、らと。 同年10月10日にはの『食と文化の謎』の書評を担当。 には博士課程「修了」とある。 元で者のがに問い合わせたところ栗自大は正式な大学ではなかったことが発覚した旨が、に書かれた。 高校生国際美術展• 「東京の血はどおーんと騒ぐ」文庫版 による解説• 上掲『講座西洋経済史5巻』257頁• 上掲『経済人類学』3〜16頁• ただし、に誘われてに行った頃は「法のこと、知らなかった」と、『』17ページで言っている。 上掲『法・社会・習俗』、『法社会学研究』• 上掲『経済人類学』3〜16頁• 上掲『パンツをはいたサル』。 詳細は『現代思想1982年2月号特集バタイユ』• 上掲『法・社会・習俗』42、43頁• 上掲『鉄の処女』• 上掲『大転換の予兆』56頁• 現在はが存在している。 本件のEXテレビ放映日が90年末であり、「かくして日は昇る」 が91年3月発売であることが奥付より証明できる。 は4月に実施。 「立ち腐れる日本」(光文社)75頁「男が女を、『女』が日本を駄目にした」の章• 『大日本司法大観』(編纂兼発行者 沖邑良彦 1940年 174頁)• 外部リンク [ ]• 学職 先代: 学長 第2代: - 次代:.

次の