悪役 令嬢 ブラコン に ジョブ チェンジ し ます。 悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします【電子特典付き】 電子書籍版 / 著者:浜千鳥 イラスト:八美☆わん :B00162259768:ebookjapan

悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします[小説情報]

悪役 令嬢 ブラコン に ジョブ チェンジ し ます

コミカライズ企画進行中。 ありがとうございます!】 お兄様、生まれる前から大好きでした! 社畜SE雪村利奈は、乙女ゲームの悪役令嬢エカテリーナに転生した。 前世の頃から皇子より悪役令嬢の兄アレクセイにハマっていたけど、実物はさらに素敵!そして悪役兄妹の生い立ちが可哀想すぎて泣く! よーし破滅フラグと国の滅亡フラグを回避して、みんなで幸せになるぞー。 かくして建国以来四百年続く超名門ユールノヴァ公爵家の悪役令嬢と、口が悪くて気が強い歴女なアラサー社畜、ふたつの人格が統合。 真面目で前向き、社会人の常識や歴史の知識で、多忙な兄を助けつつゲームイベントを乗り切ってゆく。 なんかそのたびに、超有能お兄様のシスコンレベルが上がっていくような。 いや最初からシスコンだけど。 ブラコンシスコンのラブラブ兄妹で幸せだけど。 そして、ヒロインと皇子に近づかないという破滅フラグ対策が、どんどんグダグダになってしまうのはなぜなのか。 いや、二人ともいい子でいい友達だけど。 ところで皇子、あんま寄ってくんな。 それにしても乙女ゲームの世界と言いつつ、設定になかったことだらけ。 とにかく悪役令嬢エカテリーナは、お兄様のために頑張ります! 作者名 キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 乙女ゲーム 悪役令嬢 ブラコン 妹 シスコン 兄 学園 皇子(まとも) ヒロイン(善良) オジサマ率高め 架空歴史 内政 書籍化 恋愛要素が長期休暇 女主人公 ジャンル 異世界〔恋愛〕.

次の

悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします

悪役 令嬢 ブラコン に ジョブ チェンジ し ます

ご感想ありがとうございます。 抱っこのバリエーション、どれも萌えますよねー! 正解は次回更新で! でも下手な抱っこは逆に疲れる、その通りです。 されたことないですけど(笑) ああっ貴重な皇子派がー(笑) でも皇子もこれから育つ予定ですから。 ゆっくりじっくり逆攻略していくはずです。 そして、お言葉ありがとうございます。 とても嬉しいです! 今回の地の文は、魔竜王初登場ということで、迫力が出るような言葉や字面を選びました。 気に留めていただけてありがたいです。 もしもお気が向かれましたら、書籍もご覧いただければ幸いです。 書き下ろしもありますし、とても素敵な挿絵をつけてもらえたので、楽しんでいただけるのではないでしょうか。 これからも更新頑張ります。

次の

悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします 浜 千鳥

悪役 令嬢 ブラコン に ジョブ チェンジ し ます

『ブラコン悪役令嬢と家庭教師』 「あっはっは」 皇都 ( こうと )ユールノヴァ 公爵邸 ( こうしゃくてい )の広大な庭園の一角、花の植え替えのために黒々とした土が 剥 ( む )き出しになっている区画に、大きな笑い声が 響 ( ひび )き渡っていた。 笑っているのはアナトリー・マルドゥ。 大柄 ( おおがら )なたくましい 体躯 ( たいく )の持ち 主 ( ぬし )だが、 眼鏡 ( めがね )をかけた顔は 温和 ( おんわ )な 印象 ( いんしょう )だ。 公爵令嬢の家庭教師で、 魔力制御 ( まりょくせいぎょ )を教えている。 彼の前で 澄 ( す )ました表情、けれど口の 端 ( はし )だけは 笑 ( え )みを 抑 ( おさ )えきれずにいるのが、十五歳の公爵 令嬢 ( れいじょう )エカテリーナ・ユールノヴァ。 藍色 ( あいいろ )の 髪 ( かみ )に紫がかった青い 瞳 ( ひとみ )、 大人 ( おとな )びた 美貌 ( びぼう )の持ち主だが、実は日本で過労死したアラサーSEだった前世の 記憶 ( きおく )を持っていたりする、令嬢の皮を被った 社畜 ( しゃちく )なのである。 そんなわけで、今も内心では『笑かしてすいません』とド 庶民 ( しょみん )に謝っているのに、外側はいかにも令嬢然と言う。 「まあ先生、わたくしの魔力制御は、そんなに 可笑 ( おか )しゅうございまして?」 「ははは、いやいや、 素晴 ( すば )らしいです。 お嬢様に魔力制御をお教えして一カ月、今まで一度も学んだことがおありでないとは信じられないほど、進歩なさいました」 エカテリーナは病弱だったため、今まで一度も魔力制御をきちんと学ぶことができなかった。 というのは 建前 ( たてまえ )で、 祖母 ( そぼ )の 嫁 ( よめ )いびりにより半年前まで母親と共に 幽閉 ( ゆうへい )されていたのが 真相 ( しんそう )だ。 半年前に父親と祖母が立て続けに 亡 ( な )くなり、公爵位を 継承 ( けいしょう )した兄が母とエカテリーナを救い出してくれた。 けれど、寝たきりだった母は直後に息を引き取ってしまい、エカテリーナは 誰 ( だれ )とも話そうとしない引きこもりになっていた。 一カ月前に前世の記憶が戻り、ようやく世界と向き合うことができるようになったのだ。 エカテリーナの魔法学園への入学が近づいたことから、授業の集大成として、土属性の魔力制御では花形といえるゴーレムの生成と 操作 ( そうさ )を実技で行うことになったのだが。 「いや、本当に。 初めての生成で、全長三メートルものゴーレムを生成するのは、なかなかできることではありません。 お嬢様には、すぐれた 素質 ( そしつ )がおありです。 し、しかし、動きが。 いや、このような操作ができるのは素晴らしいですが。 あっはっは!」 さきほどマルドゥから生成したゴーレムを動かすようにうながされて、エカテリーナはついついやってしまった。 (あ、よいよいよいやさっと) ゴーレムに、 盆踊 ( ぼんおど )りを踊らせたのである。 この世界にはもちろん盆踊りは存在しないが、 妙 ( みょう )な動きは家庭教師の笑いのツボに見事はまってしまったのだった。 「ゴーレムを踊らせる人は初めてです! いや素晴らしい動きでした、初心者はゴーレムを動かすことさえ難しいものなのに、あれほどなめらかに動かせるとは、大変な才能です。 しかしあの踊り」 もうゴーレムは土に 還 ( かえ )っていたが、思い出しても可笑しいらしく、またひとしきりマルドゥは笑う。 「そんなに楽しんでいただけて、 嬉 ( うれ )しゅうございますわ」 表情をとりつくろうのをやめて、エカテリーナも笑った。 「課題がこなせて、嬉しくなってしまいましたの。 お許しくださいましね」 「楽しませていただいて、許すなんてそんな」 首を振り、マルドゥは 眼鏡 ( めがね )を 外 ( はず )して涙をぬぐう。 「お嬢様は、見かけによらず 愉快 ( ゆかい )な方ですね」 「先生は、今日はいつもより少し沈んでおられたようでしたわ」 エカテリーナの言葉に、マルドゥはぎくりとしたようだ。 「 不快 ( ふかい )な思いをされたようでしたら、申し訳ありません」 「そのような。 わたくしこそ、ぶしつけな言葉でしたわ。 申し訳のう存じます」 「いえそんな」 マルドゥはあわてて首を振った。 「本当にすみません、大したことではないのです。 もともと期待していなかった 就職 ( しゅうしょく )先が、無理だとはっきりしただけでして」 「まあ!」 エカテリーナは大きく目を見張る。 「それは、お 辛 ( つら )いことでしたわね。 わたくし一カ月教えていただいて、先生はたいそう学識深く、応用力にも 富 ( と )んだ有能な方と感じておりますの。 その就職先は、せっかくの機会を 逃 ( に )がして残念に思うべきですわ」 「身に余るお言葉です」 マルドゥは 破顔 ( はがん )した。 「ですが、身の 程 ( ほど )知らずでした。 アカデミーで研究者の職を得ることは、多くの学者の夢ですので。 妻子 ( さいし )を養わねばならない身で、夢など見るべきではなかったのです」 「就職希望先はアカデミーでしたの。 先生は、ご家族がいらっしゃいますのね」 「はい、妻と三歳になる 娘 ( むすめ )が。 家庭教師として 雇 ( やと )っていただいたおかげで、家族で食いつなぐことができまして、ありがたい限りです」 「三歳なら 可愛 ( かわい )いさかりですわね。 お嬢様はさぞ愛らしいことでしょう」 「 恐 ( おそ )れ入ります。 親 馬鹿 ( ばか )ですが、さいわい妻に似たようでして……いや、お嬢様にこんな話をお聞かせして申し訳ありません。 本日の授業はここまでです、たいへんお見事でした」 「ミナ。 次にマルドゥ先生がお 出 ( い )での時、お 菓子 ( かし )をたくさんお渡しするよう 厨房 ( ちゅうぼう )に伝えてちょうだい。 小さなお子様がいらっしゃるのですって」 「わかりました」 いつもエカテリーナの側に 控 ( ひか )えているメイドのミナが、いつも通りの無表情でうなずく。 紫髪 ( むらさきがみ )ボブの美人で、話し方はかなりぶっきらぼうなのだが、よく気の 利 ( き )く 忠義 ( ちゅうぎ )なメイドだ。 そんな会話を 交 ( か )わしながら部屋へ戻ろうとした時、声がかかった。 「エカテリーナ」 「お兄様!」 邸 ( やしき )の 廊下 ( ろうか )で行き合った兄アレクセイに、エカテリーナは顔を 輝 ( かがや )かせる。 アレクセイも 微笑 ( ほほえ )んで妹に手を差し伸べたので、エカテリーナは喜んでその手に手を重ねた。 妹の白い指先に、アレクセイは口付けを落とす。 ユールノヴァ公爵アレクセイは、 弱冠 ( じゃっかん )十七歳。 この若さで公爵としての責務をこなす彼は、どう見ても二十代に見えるほど 大人 ( おとな )びている。 水色の髪に水色の 瞳 ( ひとみ )、 片眼鏡 ( かためがね )がトレードマークの知的な顔立ちは、整っていればこそ冷たい印象だ。 しかし妹を見る時には、彼はなんとも甘く優しく微笑むのだった。 「お会いできて嬉しゅうございます。 お 忙 ( いそが )しいのではありませんこと、お疲れでは?」 「さあ、どうだったかな。 お前に会った喜びで、自分が疲れていたかも忘れてしまった。 今はただ幸せだよ」 「まあ、お兄様ったら」 今日もシスコンですね! 私も今日もブラコンです! アホな心の声は、エカテリーナの通常運転である。 エカテリーナは前世の社畜時代から、アレクセイを知っていた。 前世でハマった 乙女 ( おとめ )ゲームの悪役令嬢の兄としてだ。 攻略対象 ( こうりゃくたいしょう )ではなかったが、好みにどストライクだったため、攻略対象そっちのけでどハマりしていた。 ゲーム内でもアレクセイは、シスコンすぎるキャラだった。 転生して初めてわかったその理由は、両親も祖父母も 喪 ( うしな )った 兄妹 ( きょうだい )はお 互 ( たが )いがたった一人の家族であること。 アレクセイは長く幽閉されていた妹が 不憫 ( ふびん )でならず、たった一目会っただけで喪った母への 罪悪感 ( ざいあくかん )を、よく似た妹への愛情にすり替えてもいるのだ。 そんなアレクセイはゲームの中で、悪役令嬢エカテリーナの悪事を一切止めず、一緒に 破滅 ( はめつ )する。 ゲームの設定にこんなこと書いてなかった、二人とも 可哀想 ( かわいそう )! 破滅なんて絶対させません! 前世の記憶が戻ってすぐ、そう 誓 ( ちか )ったエカテリーナなのだった。 この後すぐに、エカテリーナは魔法学園に入学し、破滅フラグをへし折るべく 奮闘 ( ふんとう )する。 家庭教師のアナトリー・マルドゥは、そうとは知らないながら彼女の助けとなり、やがてユールノヴァ公爵家に思いがけない職を得ることになる。 物語の小さな 断片 ( だんぺん )、その光景である。 kadokawa. html.

次の