河田陽菜 胸。 河田 陽菜 公式ブログ

【日向坂46】 河田陽菜を応援しよう!!

河田陽菜 胸

左)河田陽菜 、 右)金村美玖 なんで人参がうつってるのか気になりますか? その秘密はですね..。 自己紹介のところで、先ほどの写真の人参を使いました! 私は人参が苦手なので「人参を克服します!」と皆さんの前で宣言して ひと齧りしました。 でも緊張に負けずいつもこなして私にバトンタッチしてくれます!頼もしいです。 みくいっつもありがとう! 1日目は大きな不安を抱えながら皆さんの前に立ちました。 1日目の景色を思い浮かべながら2期生みんなで「頑張ろうね」「大丈夫だよ」と声を掛けながら、2日目の本番を迎えました。 2期生みんな一生懸命、自己紹介を考えていていました。 みんな個性的な自己紹介でどの自己紹介も大好きです!! そして「No War in the future」 初めて2期生が参加させていただいた20人の曲。 正直、自己紹介よりも緊張しました。 笑 1期生さんとパフォーマンス。 憧れた世界に一歩踏み入り、世界に浸りました。 ハッピーを共有しました。 自分の中の一生懸命を出しました。 すっごく楽しかったです!でもまだまだ完璧とは言えないです。 もっともっと上を目指して、満足を目指して、満足で終わらないように。 これも2期生のみんながブログに書いてたからご存知の方がたくさんいると思うんですが 1期生さんのパフォーマンスをモニターで見させていただきました。 圧巻なパフォーマンスで疲れひとつ見せず「ハッピーオーラ」を醸し出していました。 心から感動しました。 ほんとにほんとにすごかったです。

次の

河田陽菜(けやきざか46)の性格がかわいいって噂は本当!?気になる高校などの調査結果!

河田陽菜 胸

名前:河田 陽菜(かわた ひな ) 生年月日:2001年7月23日生まれ 出身地:山口県出身 血液型:B型 身長:153cm 所属グループ:日向坂46 河田陽菜ちゃんはメンバーから色んな呼び方をされていますが、1期生を含めて一番呼ばれているのは、「 かわださん」です。 かわたひなちゃんなので、どこから「かわだ」が来たのか気になりますが、その きっかけを作ったのは濱岸ひよりちゃんでした。 河田陽菜ちゃんが病院などでかわだと間違えられるという話をしたところ、それを気に入ったのか、かわださんと呼び始めることになります。 それがいつの間にか、2期生だけでなく1期生にまで広がり、ついにはファンまで「かわださん」と呼ぶように。 あだ名はふとしたきっかけで決まるとはよく言ったものですが、よく間違えられる名前があだ名になるという、なかなかややこしいことになっています。 河田陽菜のメンバー人気がすごい! 河田陽菜ちゃんは当初そこまで知られた存在ではありませんでしたが、加入して数か月後の2018年1月に 欅坂46の織田奈那ちゃんに見つかります。 ひらがなけやきのライブを関係者席で見ていた織田奈那ちゃん、河田陽菜ちゃんが出てくると悲鳴を出して大騒ぎ。 よほど好きになったようです。 織田奈那ちゃんと言えば、小林由依ちゃんを遠巻きに観察するぽんかんさつが有名ですが、 河田陽菜ちゃんを観察するひなかんさつを始めます。 出典: その可愛らしさから先輩である加藤史帆ちゃんからも可愛がられており、なかなか 刺激的な写真をブログに載せています。 先日はこちらも先輩である東村芽依ちゃんと金村美玖ちゃんと一緒に配信を行うなど、先輩にも溶け込んでる様子。 積極的にコミュニケーションをとるわけではないものの、それでも河田陽菜ちゃんの周りに人が集まるのですから、持って生まれた才能なのかもしれません。 河田陽菜は宇宙が大好き! 河田陽菜ちゃんは 宇宙のことについて考えることが好きなんだとか。 宇宙が永遠に続くのは変な気がするとブログで書くなど、宇宙の神秘に虜になっている様子。 去年アルバムの宣伝で訪れた広島のローカル番組では、宇宙博士としてテレビ番組に出演する 井筒智彦さんからのクイズに答えていました。 結果的には5問中3問を正解し、ご褒美のクラムチャウダーを食べることが出来ました。 本当に宇宙のことが好きなんだなと思う一方、最近宇宙に関するブログをあまり見かけないので、そのあたりの記事も書いてほしいところです。 バイバーイと大声で叫ぶ河田陽菜 河田陽菜ちゃんといえば声が小さくて、注意深く聞かないと聞き取れないような感じがありますが、実は バイバーイなら大声で叫ぶことが出来るという特殊な能力を持っています。 出典: ものすごい大きな声でバイバーイと叫ぶ河田陽菜ちゃんですが、これ以降SHOWROOMの配信でもバイバーイと叫ぶことになります。 突然バイバーイと叫ぶので、配信を耳だけで聞いている人はいきなり大声が聞こえてきて、何事かとびっくりする様子。 でも、大声で叫ぶのはこれだけ。 日向坂46には色々と変わったメンバー、個性的なメンバーがいますが、 河田陽菜ちゃんもなかなかに変わったメンバーと言えます。 河田陽菜のまとめ 出典: とにかく可愛らしい河田陽菜ちゃんですが、まどマギの舞台では暁美ほむらを見事に演じ切り、ほむほむの赤いメガネ姿がめちゃくちゃ可愛いと評判でしたね。 ひらがな推しではそこまで前には出ませんが、出なくてもそれなりに存在感を見せるあたりはポテンシャルの高さであり、前向きな姿勢が出ていると思われます。 日向坂46に改名し、ここから飛躍を遂げていく中で河田陽菜ちゃんはもう一段グループを成長させる存在になってくれそうです。

次の

河田陽菜、初ブログでめっちゃ可愛い自撮りを公開!ひらがなけやき2期生ブログリレー方式2人目

河田陽菜 胸

今年2月に「けやき坂46(ひらがなけやき)」から改名し、3月に1stシングル「キュン」でデビューしたアイドルグループ・。 全力で青春した4泊5日の沖縄旅行を撮り下ろした本作の魅力について、そしてグループの今について、2ndシングル「ドレミソラシド」センターの(16)、その両サイドを務める(18)と(18)の2期生トリオが語ってくれた。 でも改名して新しいグループになり、「日向坂46です!」と胸を張って言えるようになりました。 丹生:改名すると同時にデビューさせていただいて、新たな坂道グループとして認めていただいたと感じると同時に、グループカラーも少しずつ見えてきた気もします。 河田:2人が言ってくれたように、日向坂という新しい坂道ができて、以前よりも新しいことに挑戦させていただく機会も増えました。 それに、ファンの方々も私たちと一緒に改名とデビューを喜んでくれたのが、とてもうれしかったです。 小坂:日向坂という言葉を聞いた時に、直感的に「いいな」と思ったし、ファンの皆さんも私たちにもグループに対して「あたたかい」というイメージがあったので、秋元(康)先生もそう思ってくださっていたのかなと思いました。 周りを1期生に支えられている感じも心強くて、いい刺激をもらえるし、いろんな意味でいいポジションをいただけたと思います。 丹生:発表された時は不安しかなかったけれど、この場所でたくさんパフォーマンスをさせていただくたびに、どんどん楽しくなってきて、前よりも少しだけ自分に自信が持てるようになってきました。 フロントメンバーに選ばれて新しい経験をさせてもらい、自分が成長できた気がします。 今回のミュージックビデオでは、リップシンクのシーンが増えていたのも楽しかったです! 小坂:前作の「キュン」はデビューシングルのセンター、しかも1期生の先輩方に囲まれていたので、ちょっと緊張感もありました。 今回は両隣に同期の2人がいるのもすごくうれしかったし、いろいろ相談もできているので、リラックスしながらパフォーマンスできるようになっています。 一番注目される場所でプレッシャーもあるし、私をきっかけに日向坂46を知る方もいらっしゃると思いますので、「自分を見せたい」というよりも、「グループのイメージを悪くしたくない」という気持ちのほうが強かったです。 でも今はすごく周囲に支えられていると感じているし、責任感を持ちながら前向きに取り組んでいます。 丹生:最初はみんな自分のことで精一杯だったけど、2枚のシングルを発売させていただき「みんなでやるぞ!」っていう意識はすごく強くなっているし、みんなで今まで以上にセンターの菜緒を支えたいという気持ちになっています。 小坂:私たちがファンの皆さんにハッピーオーラを届けられる場所であり、ファンの皆さんからのハッピーオーラをたくさん感じられる場所は、ライブなんです。 メンバーもファンの皆さんもライブを大切にすることで、ハッピーオーラが作られていくのかなって思っています。 丹生:MCのオードリーさんきっかけで、私たちのファンになってくださる方もすごく多いんです。 握手会にオードリーさんのラジオリスナーである「リトルトゥースなんだ」って言ってくれる方も、本当にたくさんいらっしゃいます! 河田:番組が始まるときのアンケートで「MCは誰がいいですか?」という質問があって、菜緒だけが唯一「オードリーさん」って書いたんだよね。 」大声を上げて喜んで、撮影場所が沖縄って聞いて「キター!! 」ってなりました(笑)。 沖縄に行ったことがなかったし、みんなで形に残るものを作れるのもうれしくて、すべてがハッピーで楽しいことに包まれる予感がしたから、修学旅行のように「沖縄を満喫するぞー!」って(笑)。 小坂:いつかグループ写真集を出したいと思っていたから、聞いた時はすごくうれしかったですし、私も沖縄が初めてだったので「やったー!」って(笑)。 もちろん大切なお仕事だということは忘れず、沖縄で楽しんでいる素の姿っていうのを撮っていただきたかったので、撮影中は「全力で沖縄を楽しもう!」と思っていました。 でも、沖縄に着いたらいっぱい食べちゃって、特にサーターアンダギーが本当に大好きなので、たくさん買ってホテルの部屋で食べまくりで(笑)。 それまでに頑張って準備してきたから、もういいや!と本能のままに食べて、とっても幸せでした! 小坂:私は衣装合わせの時に「ソロカットがある」と聞いたので、坂道グループの先輩である乃木坂46さんと欅坂46さんの写真集を見て、「こんな感じで撮るのかな」ってポージングや表情を研究してみました。 それをくじ引きで決めたのですが、見事に当てることができて、すごくキレイな景色を見られて幸せでした! 金村美玖ちゃんと同じ部屋で、入った瞬間にベランダに出てジュースを飲みながら「これは語れるね〜」なんて話して(笑)。 撮影が終わって帰ってきてからもベランダから夜の海を楽しんで、朝になったらキレイな海の写真を撮って、オーシャンビューを大満喫しました! 河田:写真集の中にあるのですが、東村芽依さんと美玖ちゃんと3人で服を着たまま夜の海に入ったのが楽しかったです。 なかなかできない経験だから、みんなで水をかけ合いながら「青春だな〜」ってはしゃいじゃいました。 丹生:それはいいな〜! 夜にみんなで怪談話をしたのも楽しかった! それぞれが怖い話を披露して、みんなで「キャー!」って言って、女子だな〜って思いました(笑)。 小坂:私はみんなでご飯を食べに行った時に、沖縄料理がすごくおいしくて感動しました。 今まであまり食べたことがなくて、本場の味に感激したので、また食べに行きたい! ゴーヤチャンプルもソーキそばもおいしかったけど、紫芋の天ぷらが忘れられないです。 丹生:甘くておいしかったね〜! 私もまた食べたい〜! 河田:またみんなで沖縄に行きたいね〜! 小坂:あと、井口眞緒さんがロケバスから出た瞬間に、一気に強い雨が降ってきたのも面白かった(笑)。 それ以降、別のお仕事の時でも急に雨が降ったら「いま眞緒さんが外に出たよ」って言ってます(笑)。 写真集のお気に入りカットは? 河田:私は先ほどお話した3人での夜の海のカットです。 撮影されていることを忘れて素で楽しんじゃいました。 小坂&丹生:かわいい写真だね〜!! 丹生:私は菜緒のソロカットがすごく好きで、夕暮れに浜辺で撮影された写真にすごくキュンときたんです。 河田:ちょっと遊び疲れた夕方で、力が抜けた自然な感じもかわいい! 小坂:朝早くから撮影していた日の夕方の写真で、風が気持ちよくて心が休まっている感じだったかもしれないです。 私のお気に入りは、自分は参加できていないのですがスイカ割りをしているカット。 参加した全員が素で楽しんでいるのが伝わってくるし、の笑顔がすべてを物語っています(笑)。 丹生:これはメンバー同士でしか出せない表情だよね。 今回の写真集は、自分たちでも楽しめる旅行のアルバムだし、思い出が蘇ってくるタイムマシンのような存在なんです! 河田:ファンの方にも早く見ていただいて、握手会の時に皆さんの感想やお気に入りカットを聞いてみたいです。 小坂:これだけの人数のグループだと、朝から晩まで何日もメンバーとずっと一緒にいる機会って意外とないので、新鮮さもあったし、よりみんなの絆が深まったと思います。 河田:夜に変なテンションになる時ってあるじゃないですか(笑)。 ずっと一緒だったからそういうテンションも共有できてより仲が深まったし、お仕事だけど「こんなに素を出していいんだ」って、本当に楽しかったです。 河田:ビックリしたよね…。 いつも一緒にいる人たちだから、余計に照れちゃって。 私がやったら絶対に笑われるよね(笑)。 丹生:私もそういうキャラじゃないかな(笑)。 その写真を見たときは「はー!」ってなっちゃって(笑)。 日向坂の青春感だけじゃなく、大人な一面も写真集では見られます! 小坂:私も今は考えられないけど、いつかソロ写真集とかの機会をいただいたら、挑戦はしてみたいなと思います。 今は10代ですけど、大人に成長した一面も見せられれば…。 丹生:柿崎さんの卒業を最初に聞いた時は実感がなかったのですが、正式に発表されて「あぁ、そうか」と…。 最後まで背中を見届けたい気持ちもあるのですが、やっぱり悲しいという気持ちがあったり、感情がぐちゃぐちゃになる時もあって。 でもグループは変化していくものなので、日向坂46として前を向いて頑張りたいと思います。 丹生:個人的に私はずっと長濱さん推しで、欅坂46の握手会で会う機会があった時に思いを伝えたら、優しく受け止めてくださいました。 本当に大好きな人です。 小坂:私もねるさんをきっかけにひらがなけやきを知って、「私もこのグループに入りたい」と思ったので、その思いを伝えさせていただきました。 一緒にお仕事をした時もいろいろお話しさせていただいたり、フレンドリーに自分の話をしてくださって、欅坂46専任になってからもずっと私たちのことを気にかけてくださる心優しい方でした。 これからのねるさんの未来を日向坂46の1期生も2期生も応援していきたいですし、ねるさんが作ったひらがなけやきの思いも、私たちはずっと受け継いでいきます。 私たちのこれからを、ずっと見守っていてください。 翌年5月に1期生11名を加えた12名で活動を始め、2018年には1年間で2回の武道館3DAYS公演が即完するなど、人気が急上昇。 2019年2月に「日向坂46」に改名後、3月のデビューシングル「キュン」が、女性アーティストのデビューシングル初週売り上げ枚数で歴代1位を記録する。 7月17日、2ndシングル「ドレミソラシド」が発売。 トップギアで坂道を駆け上がっている.

次の