バレー 日本 代表。 2019年度女子日本代表チーム 選手・監督・スタッフ|女子日本代表|公益財団法人日本バレーボール協会

厳しいセッター争いにも折れない心。バレー代表・深津英臣「這い上がる」

バレー 日本 代表

FIVBワールドカップとは 国際バレーボール連盟 FIVB が主催する、 オリンピック・ 世界選手権と並ぶ 世界3大大会のひとつで4年に一度開催される。 開催国・ 日本、 2018世界選手権の優勝国を含む世界のトップチームが集結し 男女各12チームが総当たりで順位を争う。 前回のワールドカップバレー2015では日本女子が 木村沙織キャプテンのもと セルビア・ロシアなどの強豪と激闘を演じ 5位。 世界デビューとなった 古賀紗理那が才能を開花させた。 また2011年大会10位の日本男子は 6位と大躍進。 石川祐希・ 柳田将洋が 大ブレイク、チケットが瞬く間に完売する人気ぶりとなった。 リオ五輪前年に開催された この大会の女子上位3チーム 中国・セルビア・アメリカ が五輪でも同順位でメダル獲得。 男子は優勝したアメリカ、2位イタリアがリオ五輪でメダルを獲得した。 まさに今回のワールドカップバレー2019は、 その10か月後に迫る 2020東京五輪に直結する重要な大会となる。 開催概要 大会名 FIVBワールドカップバレーボール2019男女大会 FIVB Volleyball World Cup 2019 開催日程・開催都市 女子大会 2019年9月14日 土 ~9月29日 日 開催都市 横浜 浜松 札幌 富山 大阪 男子大会 2019年10月1日 火 ~10月15日 火 開催都市 福岡 長野 広島 試合方式 男女とも12チームによる1回戦総当たり戦 シングル・ラウンドロビン方式 出場チーム 開催国・日本と2018世界選手権優勝国を含む 世界のトップチーム男女各12チーム 放送 フジテレビ系で日本戦全試合を放送 主催 国際バレーボール連盟(FIVB) 共催• FIVBワールドカップバレーボール2019組織委員会• 公益財団法人日本バレーボール協会(JVA)• フジテレビジョン• 産経新聞社• サンケイスポーツ• ニッポン放送• 関西テレビ放送• テレビ西日本• テレビ静岡• 北海道文化放送• テレビ新広島• 長野放送• 富山テレビ放送 特別協賛• 日産デイズ• ジャパネット 協賛• 久光製薬• ミキプルーン.

次の

日本女子バレーボール代表選手の一覧

バレー 日本 代表

FIVBワールドカップとは 国際バレーボール連盟 FIVB が主催する、 オリンピック・ 世界選手権と並ぶ 世界3大大会のひとつで4年に一度開催される。 開催国・ 日本、 2018世界選手権の優勝国を含む世界のトップチームが集結し 男女各12チームが総当たりで順位を争う。 前回のワールドカップバレー2015では日本女子が 木村沙織キャプテンのもと セルビア・ロシアなどの強豪と激闘を演じ 5位。 世界デビューとなった 古賀紗理那が才能を開花させた。 また2011年大会10位の日本男子は 6位と大躍進。 石川祐希・ 柳田将洋が 大ブレイク、チケットが瞬く間に完売する人気ぶりとなった。 リオ五輪前年に開催された この大会の女子上位3チーム 中国・セルビア・アメリカ が五輪でも同順位でメダル獲得。 男子は優勝したアメリカ、2位イタリアがリオ五輪でメダルを獲得した。 まさに今回のワールドカップバレー2019は、 その10か月後に迫る 2020東京五輪に直結する重要な大会となる。 開催概要 大会名 FIVBワールドカップバレーボール2019男女大会 FIVB Volleyball World Cup 2019 開催日程・開催都市 女子大会 2019年9月14日 土 ~9月29日 日 開催都市 横浜 浜松 札幌 富山 大阪 男子大会 2019年10月1日 火 ~10月15日 火 開催都市 福岡 長野 広島 試合方式 男女とも12チームによる1回戦総当たり戦 シングル・ラウンドロビン方式 出場チーム 開催国・日本と2018世界選手権優勝国を含む 世界のトップチーム男女各12チーム 放送 フジテレビ系で日本戦全試合を放送 主催 国際バレーボール連盟(FIVB) 共催• FIVBワールドカップバレーボール2019組織委員会• 公益財団法人日本バレーボール協会(JVA)• フジテレビジョン• 産経新聞社• サンケイスポーツ• ニッポン放送• 関西テレビ放送• テレビ西日本• テレビ静岡• 北海道文化放送• テレビ新広島• 長野放送• 富山テレビ放送 特別協賛• 日産デイズ• ジャパネット 協賛• 久光製薬• ミキプルーン.

次の

【2020年度】男子バレー日本代表メンバー、選手一覧!東京オリンピック、年間スケジュールも│バレサポ

バレー 日本 代表

4年に1度の国際大会の戦績を見れば、中垣内祐一監督が就任した17年のワールドグランドチャンピオンズは6チーム中6位。 昨年イタリアとブルガリアの共催で行われた世界選手権は1次リーグ敗退。 確かに、結果は出ていない。 では何が変わったのか。 「やっと日本が本気になった」フランス人コーチの存在 まず1つは、中垣内監督の就任と共に招聘された、フィリップ・ブランコーチの存在だ。 かつてフランス代表監督を務め、ポーランド代表ではコーチとしてチームを世界一に導いた。 指導者として豊富な経験を持つブランコーチが日本代表スタッフとして招聘されると、それまでは「日本は時代遅れ」と常に辛辣な意見を述べてきたイタリア人記者も、「素晴らしいチョイスだ。 やっと日本が本気になった」と称賛したほど。 体格も、対世界との経験も、恵まれているとは言い難い日本男子が世界と戦うために何をすべきか。 戦術や戦略形成の軸となったのが、ブランコーチの経験だった。 リオ五輪以前までの戦い方を徹底的に分析し、日本がサイドからの攻撃数に比較して、ミドルブロッカーを始めとするコート中央からの攻撃数が圧倒的に少ないことを重視した。 チームスタート時の17年はまずミドルブロッカーの打数を増やすことを掲げ、同じ東レに所属し、代表初招集のセッター藤井直伸とミドルブロッカーの李博がホットラインとなり、それまでの「パスが返ればミドルを使う」という固定観念から、「どんな状況でも使えるならミドルを使う」と新たな発想へと転換。 さらに翌年は、そこからのベースアップとして、前衛ミドルの攻撃と同じテンポで展開するコート中央からのバックアタックを多用することで攻撃に厚みが増した。

次の