年収 550 万。 さらば独身ライフ!年収500万円で結婚したら生活がこう変わる!

29歳で年収550万円は多いほうですか?

年収 550 万

【この記事の目次】• 年収500万円は低所得世帯に入るのか? そもそも年収500万円は低所得世帯なのでしょうか?実は一般的に低所得世帯といわれているのは年収200万円以下とされています。 国税庁の調査では、平成26年の 日本の平均年収は415万円です。 世帯年収の平均で見ますと厚生労働省が統計を発表しており、 549. 6万円とのことです。 ただ、平均値は富裕層などが極端に稼いでいると一気に跳ね上がってしまいます。 たとえば年収500万円の人が4人、年収1億円の人が1人いる5人グループの場合、大半が年収500万円なのに、平均は2,400万円となり、参考にならない場合もあります。 そこで、データを小さい順に並べたときに中央に位置するデータである中央値も参考にすると、中央値は438万円となります。 平均値と中央値のどちらを参考にしても、 年収500万円は中流以上の年収といえそうです。 年収別の結婚率データを紹介 内閣府の「結婚・家族形成に関する調査」によると、男性の場合と女性の場合の結婚率はほとんど差がありませんが、 男性の場合は年収の高さと結婚率の高さはほぼ比例しています。 20代の場合、 年収500万円以上ですと結婚率も4割近くなりますが、• 年収400万円から500万円で 36. 5パーセント• 年収300万円から400万円ですと 25. 7パーセント• 300万円以下になりますと 8. 7パーセント までに低下します。 30代の場合も同様に、• 年収500万円以上で 35. 3パーセント• 年収400万円から500万円で 29. 4パーセント• 年収300万円から400万円ですと 26. 5パーセント• 300万円以下になりますと 9. 3パーセント までに低下します。 女性は年収にばらつきがありませんが、男性は年収と比例しますので、 男性はしっかりと稼がないと結婚しにくい状況といえます。 独身で一人暮らしの理想的な家計 年収500万円の人の手取りは約400万円です。 月割すると 33. 4万円の手取りとなります。 この金額をもとにファイナンシャルプランナーの資格を持つ著者が、無理なく生活できるレベルの理想的な家計をモデルケースとして提案します。 【年収500万円 独身の場合のモデルケースの提案】 収入 33. 4万円 支出 家賃 9万円 食費 6万円 通信費 2万円 水道光熱費 2万円 衣服費 1万円 日用品 1万円 保険料 1万円 交際費 2万円 遊興費 2万円 その他 2万円 合計 28万円 残り 5. 4万円貯蓄にまわす このモデルケースのポイントは、貯蓄をしっかりとしながらそれなりにゆとりのある生活ができるというところです。 住宅を購入する場合のローンの月々の支払の目安は、一般的に収入の 25パーセント以内と言われているので、今回の場合は10万円ほどの家賃を支払うことができるのですが、独り暮らしですので少し切り詰めて8万円までを提案いたします。 保険料は家族がいない間は保険料が安い掛け捨てタイプでも良いでしょう。 家族ができてから貯蓄性のある保険も検討しましょう。 貯蓄は毎月5. 4万円貯めていると、64. 8万円貯まります。 10年で648万円となりますので、自由にお金が使える間に少しでも貯えておくことをおすすめします。 夫婦2人の世帯の場合だとしても、家族が増えた分、食費は倍になりますし、通信費も倍になります。 独身の時よりも部屋の間取りが広くなると家賃も高くなる可能性がありますし、水道光熱費も上がるでしょう。 そして、娯楽費も今まで1人分だったのが倍になりますので、できることなら 家計簿をつけるなどして、出費のペースを把握しておきましょう。 出産前はいつまで働けばいいの? もしも奥さんが妊娠した場合、いつまで働けば良いのでしょうか?あくまでもお金の観点からお話すると、出産直前まで働くと経済的には楽だといえます。 ただ、大事なお子さんを安全に出産することが最優先ですので、体調的には医師としっかりと相談することが必須です。 また、出産前後には産休を取ることができますし、産休のあとは育休を取れることも法律で保障されています。 出産前後は物要りとなりますが、出産に関する手当や育児休業に対する手当など、さまざまな手当がありますので、そういった公的制度をきっちりと活用して経済的負担を軽減することをおすすめします。 学資保険のすすめ 無事に子どもが生まれたら学資保険への加入をおすすめします。 学資保険は教育費用の設計を目的に、毎月支払った保険料が満期になった時に返ってくる保険です。 保険会社や保険商品にもよりますが、毎月保険料を支払い、大学入学時から断続的に保険金がおりるものや、小学校や中学校の入学などの時にもちょこちょこと保険金がおりるものもあります。 いずれにせよ、 子どもの教育費用は公立か私立かにもよりますが、おおよそで700万円から2,000万円かかるといわれています。 節目のタイミングで少しでも費用が捻出できるように、子どもが産まれたらすぐにでも学資保険を検討しましょう。 正直にいいますと、この場合はかなりギリギリといわざるを得ません。 共働きをおすすめしますが、事情があってご主人だけの給料でやっていく場合は下記を目安に家計プランを立てられてはいかがでしょうか? 【年収500万円 4人世帯の場合のモデルケースの提案】 収入 33. 4万円 支出 住宅ローン 10万円(ボーナス払い含む) 水道光熱費 2万円 食費 6万円 日用品 1万円 通信費 2万円 教育費 3万円 小遣い 2万円 保険 1. 5万円 遊興費 1万円 自家用車関連 1. 5万円(車検代、自動車保険含む) 住宅維持費用 1万円(固定資産税含む) 合計 31万円 残り 2. 4万円:貯蓄にまわす 切り詰めるところは切り詰めながら、無理のない生活ができるプランを提案しております。 住宅ローンや教育費、保険など、一般的に言われている目安の最低基準程度で設計し、まとめて払わなければならない車検代や固定資産税などの積み立ても同時に行っています。 冠婚葬祭などの臨時出費にそなえるために、貯蓄もしっかりとしておきましょう。

次の

年収550万円サラリーマンの手取り額と生活レベルを解説

年収 550 万

75万円=17. 25万円(月額14,375円) 課税所得 税率 控除額 195万円以下 5% 0円 195万円〜330万円以下 10% 97,500円 330万円〜695万円以下 20% 427,500円 695万円〜900万円以下 23% 636,000円 900万円〜1,800万円以下 33% 1,536,000円 1,800万円以上 40% 2,796,000円 4,000万円以上 45% 4,796,000円 住民税の計算 住民税は、定められた額を一律に課される 「均等割」と所得に応じて課される 「所得割」を合算した額を納付します。 ここでは東京都渋谷区の住民税で計算します。 課税所得は、収入から所得控除を差し引いて求めます。 所得控除額は人により異なりますが、ここでは基礎控除33万円、給与所得控除164万円、社会保険料控除78万円を差し引いています。 75万円=19. 75万円(月額16,458円) 課税所得 税率 控除額 195万円以下 5% 0円 195万円〜330万円以下 10% 97,500円 330万円〜695万円以下 20% 427,500円 695万円〜900万円以下 23% 636,000円 900万円〜1,800万円以下 33% 1,536,000円 1,800万円以上 40% 2,796,000円 4,000万円以上 45% 4,796,000円 住民税の計算 住民税は、定められた額を一律に課される 「均等割」と所得に応じて課される 「所得割」を合算した額を納付します。 ここでは東京都渋谷区の住民税で計算します。 課税所得は、収入から所得控除を差し引いて求めます。 所得控除額は人により異なりますが、ここでは基礎控除33万円、社会保険料控除52万円(国民健康保険料33万円、国民年金19万円)を差し引いています。 【住民税の公式】 均等割額+所得割額ー調整控除額=住民税 税金で少しでも得をしたいなら「ふるさと納税」がおすすめ 税金で少しでも得をしたいなら「ふるさと納税」がおすすめです。 ふるさと納税とは、 地方自治体に寄付をすることで、お礼品をもらえて税金が安くなる制度です。 自己負担金は、2,000円かかりますが、お礼品をもらえて税金が安くなるので、非常にお得な制度です。 例えば、このようなイメージです。 10万円寄付したら税金が98,000円安くなり、お礼品がもらえる• 1万円寄付したら税金が8,000円安くなり、お礼品がもらえる 特産品は、お肉やお酒などの飲食料品だけでなく、家電や家具もあるので、あなたに合ったお礼品が必ず見つかると思います。 ふるさと納税のおすすめサイト ふるさと納税のおすすめサイトは、下記の通りです。 知名度の高いサイトの方が、商品数が多く、使いやすいので、おすすめですよ。 1位: 2位: 3位: おわりに 年収550万円の税金を「会社員」と「個人事業主」に分けて解説しました。 所得税と住民税の計算方法は非常に簡単なので、ぜひご自身で計算してみてください。 特に、副業をされている方は、確定申告の義務が発生するので、慣れておくことをおすすめします。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。 関連記事•

次の

【ホームズ】その年収なら、どんな家に住める?(2) 購入できる物件を年収から試算!

年収 550 万

女性も働いているので相手に高い年収を求めなくなった サンマリエのアンケートでは、2017年のアンケートで同率1位だった「結婚相手に求める年収・500万円、600万円」から「400万円」がトップになり話題となりました。 女性の社会進出が進み、女性も男性と同じように働く人が増えたことから以前のように「三高」(さんこう)を相手に求めなくなっています。 ちなみに「三高」とは「高学歴・高収入・高身長」のことです。 相手の年収が高くなくても、自分も働いているから問題ないという意識に変化していることがアンケートの結果から分かります。• 男性は「結婚相手の年収は気にしない」派が多い アンケートで、女性が具体的な年収を条件として挙げていることに比べ、男性は「こだわらない」と答えた人が約4割を占めました。 もちろん自分の稼ぎだけで生活するのは大変だと考えた上で、「ある程度の収入はあってほしい」と考える男性がほとんどです。 ただし女性の方が年収が高く、子供ができたことをきっかけに、男性が家事や育児をする「主夫」になるというパターンもあり、柔軟な考え方をする男性が増えてきています。 共働きをすれば生活は可能 男性の年収400万円は、月収にすると月25万円で夫婦2人が生活をする分にはそこまで大変ではありませんが、子供ができると生活は苦しくなります。 将来のことを考えると、男性だけの収入に頼るのは危険です。 反対に 結婚しても夫婦で共働きを続ければ、貯金もでき、将来に備えることができます。 「結婚後も働こう」という考えを持ち、男性の収入にこだわらない女性も少なくありません。• 30代:460〜520万円 仕事に慣れて中堅となる30代男性は、平均年収489万円です。 30代後半となると役職などにつく人もいますので、年収はさらに上がります。 女性は30代は結婚や出産などで休職することも多いため、年収の幅は狭くなっています。 30歳~34歳 35歳~39歳 男性 461万円 517万円 女性 315万円 313万円 (出典:) 40代:570〜630万円 40代男性の平均年収は600万円です。 男性は同じ会社に勤めている場合、実績を積めば順当に給与が上がっていきます。 女性は結婚や出産で休職、退職して再就職することが多いので、年収はそれほど伸びません。 40歳~44歳 45歳~49歳 男性 569万円 630万円 女性 308万円 310万円 (出典:) 続いては、結婚した後に必要となってくるお金についてご紹介します。• 子供が3歳になるまでにかかるお金は400万円 妊娠から出産、そして子供が3歳になるまで必要なお金は400万円です。 出産にかかる費用は、妊娠から出産までの検診、出産準備に必要な備品の購入、また入院費などで60万円近くかかります。 健康保険から「出産育児一時金」として42万円が支払われるので、実際に自分が支払うのは15万円前後ですが、これはあくまでも順調に出産ができた場合です。 早期に入院が必要となった場合には、入院の費用に加え、外食費などもかかります。 また出産後、赤ちゃんの服やおむつ、ミルク代などに加え、1歳まではお宮参りや初節句などがあり、出費がかさみます。 未就学児の場合、1年にかかる費用は約104万円ですが、保育所や幼稚園に入ると費用が上乗せされ増えます。 (参考:) 子供が小学校から大学まで行く場合にかかる費用は2,000万円以上 子供が小学校から大学まで公立に通った場合、また私立に通った場合には、それぞれ費用に差が出てきます。 によると、幼稚園から高校までにかかる学費は以下の通りです。 (学費他、給食費や学校活動費も含む) 幼稚園 小学校 中学校 高校(全日制) 公立 233万円 322万円 478万円 450万円 私立 482万円 1528万円 1326万円 1040万円 一番お金がかかるのは、公立、私立共に中学校です。 さらに大学に進学する場合、国立、私立文系、私立理系で学費は変わってきます。 大学入学から4年間の学費を合わせると、公立大学では500万円、私立文系大学では700万円、私立理系大学だと880万円必要となります。 幼稚園から大学まで、「学費だけをみると1,000万円必要である」と教育ローンなどを取り扱う銀行では提示していますが、実際にはその他の費用も必要になります。 トータルで考えると、幼稚園から大学まで公立に通ったとしても、学費として必要なお金は2,000万円以上です。 ただし今後留学の必修化など、学校によって学費が変わる可能性もあります。 マイホームを購入する場合かかる費用は3,000〜4,000万円 マイホームを購入にかかる費用は、3,000万円から4,000万円です。 マイホームを建てる場合、まず建てるための土地が必要となります。 もし夫婦どちらかの実家の敷地内にマイホームを建てるのであれば、建物だけ建てればいいので、2,500万円から3,000万円の資金があると良いでしょう。 ただし土地を新たに購入し、マイホームを建てる場合、土地にもよりますが土地代と建物代を合わせて5,000万円近くかかってしまうこともあります。 4.理想は共働き?結婚する相手の選び方 結婚する場合には、結婚した後の生活も考え、どれぐらいの年収が相手にあれば生活ができるのか考える必要があります。 結婚相手を選ぶ場合に、考えておきたい選び方について詳しく見ていきましょう。 結婚資金などを考えると、最低でも200万円、できれば300万円以上あると結婚後も安心です。 貯金額を考えると、20代での結婚はかなり厳しいのが現状です。 また、年収が高くても、それだけ使ってしまう人と結婚すると、子供ができた時に学費の備えがないまま生活していかなければならなくなります。 結婚式の費用や新居の費用などを、貯金でまかなえるかどうかも確認しておきましょう。 もちろん、あなた自身も貯金がきちんとできるようにしておく必要があります。 貯金がきちんとできる人であれば、年収が200万円であっても子供を育て、マイホームを建てることも不可能ではありません。 あなたも働けば、相手の年収が低くても十分にカバーすることは可能です。 年収ばかりを相手に求めていては、結婚したいと考えている相手も少なくなってしまいます。 子供は何人欲しいのか、またマイホームが欲しいか、将来的に両親と同居する可能性はあるのかなど、ライフスタイルによって必要となるお金は変わってきます。 ただし「お金がなくてもなんとかなる」と夢や理想ばかりを口にしている相手だと、経済的に破綻する可能性もありますので、注意が必要です。 お金のこと、生活スタイルなど、自分と考えや価値観が同じであれば問題ありませんが、全く違う場合は問題です。 年収がいくら高くても、一緒に暮らして行きたいと思える相手でなければ意味がありません。 目先のお金にとらわれず、相手との未来の生活が思い浮かべられるかどうか、しっかりと見極めましょう。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ 女性が結婚相手の男性に求める平均年収は400万円です。 夫婦2人での生活であれば、年収400万円でも問題はありませんが、将来子供ができてからのこと、また将来の生活を考えると、男性だけの年収では不安ですよね。 それでも女性も仕事をし、男性とほぼ変わらない収入を得られるようになっている現代では、共働きが一般的になっており、十分に子育てが可能となっています。 結婚を考える際には、男性の年収も大切ですが、自分も働くこと、また働いている間にできる貯金などを考えて一緒に力を合わせて生活していきたいと考えられる相手を探すことが大切です。

次の