大阪市 国民健康保険料 シミュレーション。 退職したので、国民健康保険と国民年金の手続きをしてきました。

国保の保険料は免除ができる!無職でも未納、滞納は財産を差し押さえ!?

大阪市 国民健康保険料 シミュレーション

「収入」と「経費」を入力し、「計算」ボタンを押下して下さい。 申告による税額の比較、および、各月の支払額については、当ページ下部の「社会保険料+税金 白青比較」、「各月支払予定額」をご参照下さい。 計算内容については、およびをご参照下さい。 所得控除設定 控除名称 入力内容 入力注意 人的控除 本人 年齢 歳 配偶者 なし あり 年齢 歳 「専従者給与」または「専従者控除」対象者は人的控除対象外となるため、「なし」を選択して下さい。 125,000円を超えて入力すると、正しく計算できません。 「所得から差し引かれる額」とは社会保険料と税金の計算時に、所得から控除される 収入から減額できる)金額です。 計算対象によって以下のような特徴があります。 詳しくは、をご覧下さい。 詳しくは、国税庁「確定申告B」または「所得から差し引かれる額」をご参照下さい。 雑損控除• 寄附金控除• 医療費控除• 社会保険料控除(健康・介護保険料、国民年金、厚生年金、年金基金、雇用保険)• 小規模企業共済等掛金控除• 寄附金控除• 寡婦、寡夫控除• 勤労学生、障害者控除• (全額ではありません。 支払った金額と所得から控除できる金額の関係を正しく把握したい場合、 国税庁「生命保険料控除」をご参照下さい。 健康保険料率設定 おおよその健康保険料率から計算する場合には、左列の「高め」、「中位」、「安め」から選択して下さい。 ご自身がお住まいの国民健康保険料が「高め」、「中位」、「安め」かわからない場合は、をご参照下さい。 ご自身がお住まいの国民健康保険料で計算する場合には「任意入力」を選択後、各項目に数字を埋めて下さい。 おおよそから選択 高め (所得割率:11% 参考:広島市 中位 所得割率:9. 27% 参考:京都市 安め 所得割率:6. 3% 参考:東京目黒区 任意入力 以下直接入力 健康保険料 介護保険料 率設定 健康保険料 介護保険料 医療分 後期高齢者 支援金分 a 所得割額 所得に応じた負担額 % % % b 被保険者均等割額 加入人数に応じた負担額 円 円 円 c 世帯別平等割額 1世帯あたり定額 円 円 円 請求上限額 円 円 円 消費税設定 入力欄「経費」に消費税を含んでいる場合は、消費税「なし」を選択して下さい。 以下、「消費税あり、かつ、消費税率を適用」を選択した場合。 収入は全て消費税対象として計算されます。 健康保険料と介護保険料の納付回数は自治体によって、8~10回と異なりますが、当サイトでは10回納付で表示しています。 住民税は一括納付と四半期毎納付 4回)を選択できますが、当サイトでは四半期毎納付 4回)で表示しています。 控除率は額面年収が0以下 赤字 の場合、正しく計算されません。 一定の所得(額面年収)以下の場合、社会保険料、および、税金は各自治体に減額あるいは減免申請することで、数割~全額減額されますが、当サイトでは対応しておりません。 そのため、所得が0であっても、減額 減免 申請前の計算式で計算しております。 健康保険料率や額(均等割額、平等割額)をより厳密に入力したい場合、や各自治体のサイトをご参照下さい。 国民年金保険料は一人あたり 15,250円 平成26年度 2014年 分を適用。 16,260円 2016年改訂)16,410円 2019年改訂)で計算しております。 20歳以上、60歳未満を対象としております。 20歳、または、60歳の方は、誕生日を迎える月により計算結果が異なりますが、当サイトでは対応しておりません。 およびの値を利用して計算しております。 配偶者控除は一律 所得税38万円、住民税33万円 とし、配偶者特別控除 0~38万円 には入力対応しておりませんが、「所得から控除される額」に該当金額を加算して入力することで正しい結果が表示されます。 扶養控除は一律 所得税38万円、住民税33万円 とし、特定扶養親族 63万円 、老人扶養親族 48万円または58万円 は入力対応しておりませんが、「所得から控除される額」に該当金額を加算して入力することで正しい結果が表示されます。 所得控除のうち、災害、寄付金、寡婦、勤労学生など特殊な条件には入力対応しておりませんが、「所得から控除される額」に該当金額を加算して入力することで正しい結果が表示されます。 住民税の税額控除等 調整控除)は自治体や扶養人数、寄付金などによらず一律2,500円で計算しております。 健康保険料の請求上限額の改訂に伴い、医療分、後期高齢者支援金分、介護保険料の請求上限額をそれぞれ修正しました。 住民税の計算対象となる課税標準額を、1円単位から、1,000円未満切り捨てとし、その数字をもとに計算するよう修正しました。 住民税の市民税率、および、県民税率を乗算後の値をそれぞれ100円未満切り捨てとし、それらを住民税額の合計に利用するよう修正しました。

次の

退職したので、国民健康保険と国民年金の手続きをしてきました。

大阪市 国民健康保険料 シミュレーション

医療分 医療分の保険料は、加入者が病気やけがをしたときの医療費の支払いにあてられます。 所得割 世帯の国民健康保険加入者全員について、前年中の所得をもとに算定します。 所得額-基礎控除 が0円未満の場合は計算結果を0円とします。 保険料率は、一覧表にまとめましたので、下の保険料率一覧表を参照してください。 平等割 平等割額は下の保険料率一覧表を参照してください。 介護分 介護分の保険料は、介護費用 介護納付金 の支払いにあてられます。 介護分の保険料は、世帯の国保加入者のうち、40歳以上65歳未満の人について賦課されます。 世帯に40歳以上65歳未満の方がいない場合は必要ありません。 所得割 世帯の国民健康保険加入者のうち、40歳以上65歳未満の方について、前年中の所得をもとに算定します。 所得額-基礎控除 が0円未満の場合は計算結果を0円とします。 保険料率は、一覧表にまとめましたので、下の保険料率一覧表を参照してください。 平等割 府統一基準に則り、平成30年度より介護分の平等割を廃止します。 後期高齢者支援金分 後期高齢者支援金分の保険料は、後期高齢者医療制度への拠出金の支払いにあてられます。 所得割 世帯の国民健康保険加入者全員について、前年中の所得をもとに算定されます。 保険料率は、一覧表にまとめましたので、下の保険料率一覧表を参照してください。 平等割 平等割額は下の保険料率一覧表を参照してください。 賦課限度額 国民健康保険料には年間の保険料の限度額が決められており、これを賦課限度額といいます。 賦課限度額は医療分、介護分、後期高齢者支援金分ごとに決められていて、それぞれの所得割、均等割、平等割の合計が賦課限度額を超えた場合は、賦課限度額が年間の保険料になります。 賦課限度額については下の保険料率一覧表を参照してください。 保険料率等一覧表 医療分保険料率等 年度 保険料率 所得割 均等割額 円 平等割額 円 賦課限度額 円 31 7. 77パーセント 26,893 24,464 580,000 30 7. 62パーセント 26,330 23,000 540,000 29 7. 25パーセント 26,000 20,100 540,000 介護分保険料率等 年度 保険料率 所得割 均等割額 円 平等割額 円 賦課限度額 円 31 2. 08パーセント 15,199 0 160,000 30 1. 96パーセント 14,412 0 160,000 29 2. 70パーセント 11,700 5,800 160,000 後期高齢者支援金分保険料率等 年度 保険料率 所得割 均等割額 円 平等割額 円 割賦限度額 円 31 2. 54パーセント 8,709 9,438 190,000 30 2. 52パーセント 8,604 9,346 190,000 29 2. 78パーセント 10,000 7,500 190,000.

次の

国民健康保険 保険料の計算方法

大阪市 国民健康保険料 シミュレーション

「収入」と「経費」を入力し、「計算」ボタンを押下して下さい。 申告による税額の比較、および、各月の支払額については、当ページ下部の「社会保険料+税金 白青比較」、「各月支払予定額」をご参照下さい。 計算内容については、およびをご参照下さい。 所得控除設定 控除名称 入力内容 入力注意 人的控除 本人 年齢 歳 配偶者 なし あり 年齢 歳 「専従者給与」または「専従者控除」対象者は人的控除対象外となるため、「なし」を選択して下さい。 125,000円を超えて入力すると、正しく計算できません。 「所得から差し引かれる額」とは社会保険料と税金の計算時に、所得から控除される 収入から減額できる)金額です。 計算対象によって以下のような特徴があります。 詳しくは、をご覧下さい。 詳しくは、国税庁「確定申告B」または「所得から差し引かれる額」をご参照下さい。 雑損控除• 寄附金控除• 医療費控除• 社会保険料控除(健康・介護保険料、国民年金、厚生年金、年金基金、雇用保険)• 小規模企業共済等掛金控除• 寄附金控除• 寡婦、寡夫控除• 勤労学生、障害者控除• (全額ではありません。 支払った金額と所得から控除できる金額の関係を正しく把握したい場合、 国税庁「生命保険料控除」をご参照下さい。 健康保険料率設定 おおよその健康保険料率から計算する場合には、左列の「高め」、「中位」、「安め」から選択して下さい。 ご自身がお住まいの国民健康保険料が「高め」、「中位」、「安め」かわからない場合は、をご参照下さい。 ご自身がお住まいの国民健康保険料で計算する場合には「任意入力」を選択後、各項目に数字を埋めて下さい。 おおよそから選択 高め (所得割率:11% 参考:広島市 中位 所得割率:9. 27% 参考:京都市 安め 所得割率:6. 3% 参考:東京目黒区 任意入力 以下直接入力 健康保険料 介護保険料 率設定 健康保険料 介護保険料 医療分 後期高齢者 支援金分 a 所得割額 所得に応じた負担額 % % % b 被保険者均等割額 加入人数に応じた負担額 円 円 円 c 世帯別平等割額 1世帯あたり定額 円 円 円 請求上限額 円 円 円 消費税設定 入力欄「経費」に消費税を含んでいる場合は、消費税「なし」を選択して下さい。 以下、「消費税あり、かつ、消費税率を適用」を選択した場合。 収入は全て消費税対象として計算されます。 健康保険料と介護保険料の納付回数は自治体によって、8~10回と異なりますが、当サイトでは10回納付で表示しています。 住民税は一括納付と四半期毎納付 4回)を選択できますが、当サイトでは四半期毎納付 4回)で表示しています。 控除率は額面年収が0以下 赤字 の場合、正しく計算されません。 一定の所得(額面年収)以下の場合、社会保険料、および、税金は各自治体に減額あるいは減免申請することで、数割~全額減額されますが、当サイトでは対応しておりません。 そのため、所得が0であっても、減額 減免 申請前の計算式で計算しております。 健康保険料率や額(均等割額、平等割額)をより厳密に入力したい場合、や各自治体のサイトをご参照下さい。 国民年金保険料は一人あたり 15,250円 平成26年度 2014年 分を適用。 16,260円 2016年改訂)16,410円 2019年改訂)で計算しております。 20歳以上、60歳未満を対象としております。 20歳、または、60歳の方は、誕生日を迎える月により計算結果が異なりますが、当サイトでは対応しておりません。 およびの値を利用して計算しております。 配偶者控除は一律 所得税38万円、住民税33万円 とし、配偶者特別控除 0~38万円 には入力対応しておりませんが、「所得から控除される額」に該当金額を加算して入力することで正しい結果が表示されます。 扶養控除は一律 所得税38万円、住民税33万円 とし、特定扶養親族 63万円 、老人扶養親族 48万円または58万円 は入力対応しておりませんが、「所得から控除される額」に該当金額を加算して入力することで正しい結果が表示されます。 所得控除のうち、災害、寄付金、寡婦、勤労学生など特殊な条件には入力対応しておりませんが、「所得から控除される額」に該当金額を加算して入力することで正しい結果が表示されます。 住民税の税額控除等 調整控除)は自治体や扶養人数、寄付金などによらず一律2,500円で計算しております。 健康保険料の請求上限額の改訂に伴い、医療分、後期高齢者支援金分、介護保険料の請求上限額をそれぞれ修正しました。 住民税の計算対象となる課税標準額を、1円単位から、1,000円未満切り捨てとし、その数字をもとに計算するよう修正しました。 住民税の市民税率、および、県民税率を乗算後の値をそれぞれ100円未満切り捨てとし、それらを住民税額の合計に利用するよう修正しました。

次の