お シッコ が 出 にくい 女性。 尿が出ない原因は?病気?女性に多く表れるの?

尿の出が悪いです

お シッコ が 出 にくい 女性

腰痛を引き起こす病気や障害の中には、以下のような「膀胱や直腸の障害による症状」を伴うものがあります。 自分の症例に当てはまるものを探して原因を探ってみましょう。 現れる症状や程度には個人差がありますので、あくまで参考とするに留めてください。 <目 次>• 尿が多い・少ない、尿が出ない・出にくい、尿がもれる 失禁 、おしっこの回数が増える 頻尿 、残尿感がある• 尿に血が混じる 血尿 、濃い茶色の尿が出る 黄疸 、たんぱく尿が出る• 排尿時の痛み• 便秘、下痢• 血が混じった赤黒い便や、黒いタール状の便が出る 血便・下血 、白い便が出る、肛門から血が出る• 排便時の痛み.

次の

排尿痛がある、排尿時に痛い

お シッコ が 出 にくい 女性

よろしくお願いします。 今年30歳になった女です。 一ヶ月くらい前から急に尿の出が悪くなりました。 とくに頻尿だとか量が少ないわけではなく 純粋に出方が前はシャーと出たのに ここ一ヶ月くらいはシャーっとでなくなりました。 あと足のむくみがひどくなりました。 一年ほど引きこもりで最近立ち仕事とを再開したのと夏なのと 仕事場のトイレが洋式と、 ここ最近で思いつくのはこのくらいなのですが さっさと泌尿器科に行くべきでしょうか それとも少し様子をみて違う症状が出たときに行くか 迷ってます。 仕事を再開したばかりなのでお金がなく 病院に行くのに足踏みしております。 似たような症状よくあるよ、等あればご助言よろしくお願いします。 Q 30代女です。 尿を我慢していたとしてもなかなか尿が勢いよく出ません。 だいたい毎日こんなかんじです。 ここ数年で、キレ?も悪く、さらに勢いが弱くなってきた?気もします。 勢いよく出るの時がほとんどありません。 あったとしたら、排便を思いっきりした後(力んだあと?)のみ「シャー」と出るかんじです。 寒くても利尿作用のある飲料を飲んでも、ほかは全くです。 尿を、昔(幼児期)から我慢することが多く長時間いくらでも我慢ができる方で、トイレに行く回数もものすごく少ないほうでした。 もともと、このころから勢いは良いほうではありませんでした。 8年ほど前に病気で大きな腹部の手術を数回しました。 その後レントゲンを撮ったところ、全体的に内臓が下垂?しているというような事を医師に言われました。 これが関係しているのかはわかりませんが、思い当たる事はこれぐらいです。 あとは、当時大病をして長い間闘病生活を送っていましたので、内臓全体の老化が早まった?とも考えれます。 排泄能力?も弱まった?のでしょうか? なにが考えられるでしょうか? また、普通の女性のように、勢いよく排尿できればうれしいです。 女性の方々は絶対皆さん我慢していなくても勢いはあるはずです。 なにかいい方法ないでしょうか? 30代女です。 尿を我慢していたとしてもなかなか尿が勢いよく出ません。 だいたい毎日こんなかんじです。 ここ数年で、キレ?も悪く、さらに勢いが弱くなってきた?気もします。 勢いよく出るの時がほとんどありません。 あったとしたら、排便を思いっきりした後(力んだあと?)のみ「シャー」と出るかんじです。 寒くても利尿作用のある飲料を飲んでも、ほかは全くです。 尿を、昔(幼児期)から我慢することが多く長時間いくらでも我慢ができる方で、トイレに行く回数もものすごく少ないほうでした。 もともと、こ... 脅かして申し訳ないですが、腎臓機能は、かなり余力のあるものですので、普通の人の80%とかに減少しても症状は出ないものです。 個人差もありますが腎機能が50%を切ってから症状が出るものだと言われています。 と言う点から、既にかなり進行している可能性があるかと思います。 腎臓機能が低下したら、腎不全と言われる状態になり、末期になると、透析の治療で延命していく事になります。 腎臓病は治らないものが多いですが、治療で進行を遅らせる事が出来ますので、一刻も早く病院に行かれる事をおすすめします。 腎臓内科があればベストですが、なければ総合内科などだと思います。 ちなみに僕は、Iga腎症と言う病気です。 A ベストアンサー 泌尿器科が抵抗あるなら、 内科で良いですよ。 尿検査で膀胱炎の診断がつけば、 血液検査は不要かもしれません。 患部を見ることは、よほど症状がひどかったり、 肉眼的血尿で、陰部に出血が考えられる場合以外はありません。 膀胱炎で症状がひどくないなら、 水分をたくさんとって、 膀胱内の細菌を洗い出せば治るかもしれません。 1日水2リットルを飲み、普通に食事をして、 コーヒーやココアなどの利尿作用があるものも 1日数杯飲みましょう。 数日で症状が軽減されれば 病院に行かなくても良いかもしれませんよ。 ただ繰り返しやすいので、 尿意を我慢しない、日ごろから水分をしっかり取るなど 気をつけたほうが良いと思います。 Q 尿の回数と量が少なくて困っています。 緑茶とウーロン茶が好きで毎日たくさん飲んでいますが、普段は1日に3回しかトイレには用がありません。 量もそう多いとは思えません。 ずっと以前からのことなので私自身はそれが普通なのだと思っていましたが、友達から「遠いよね」と言われて気が付きました。 太ってるだけだと思っていたのがどうやらむくみに大きな原因があったようです。 食事以外から摂る水分は多い日で2~3リットルくらいです。 このくらい飲んでようやく4回くらいでしょうか。 私が摂った水分は一体どこへ行ってるんでしょう。 体に不必要なものはすぐに排出してしまいたいので、有効な方法をご存知の方、よろしくお願いします。 A ベストアンサー 体内に取り込んだ水分は不必要な分は殆どは汗か尿で排出されるか、細胞に取り込まれるのだそうです。 必要以上に水分が細胞に取り込まれている状態が「水太り」「むくみ」と言った状態です。 この状態の方の特徴として 1)ぽっちゃりしていて色白。 2)固太りではなく、脂肪が付いた部分がぶよぶよしている。 3)どちらかと言うと下半身太り。 これらが挙げられるそうです。 piyopuryさんはこれらに当てはまりますか? もし、当てはまるようだと「水太り」の可能性があるかも知れません。 実は私もその傾向が普段からあったのですが、気が付くと尿に量も減っていて、そちらの方が気になって薬剤師さんに相談したことがあるんですよ。 その時、「水太り」を指摘され勧められた薬が下記URLです。 「水太り」に効果があるとは明記されていませんが、利尿作用があり、新陳代謝を促すとの事で余分な水分で膨らんだ細胞からそれを取り除く作用があるのだと説明されました。 他にも塩分を控えたりもしましたので、この薬による明らかな効果かどうかはわかりませんが、確かに尿の量も回数も増えました。 pharm. kanebo. 必要以上に水分が細胞に取り込まれている状態が「水太り」「むくみ」と言った状態です。 この状態の方の特徴として 1)ぽっちゃりしていて色白。 2)固太りではなく、脂肪が付いた部分がぶよぶよしている。 3)どちらかと言うと下半身太り。 これらが挙げられるそうです。 piyopuryさんはこれらに当てはまりますか? もし、当てはまるようだと「水太り」の可能性があるかも知れません。 実は私もそ... Q 2,3週間前に尿道付近にツンとする痛みがあり、内科に行き尿に菌があるという事で、膀胱炎と診断されました。 しかし、膀胱炎の特有の症状がなく(排尿時の痛み、頻尿)が心配だったので次の日、婦人科を受診しました。 特に性病にかかっているという訳でもなく、抗生物質をだされ5日間服用しました。 症状が改善されたと思っていたら、また数日したらツンとした痛みが再び。 また、婦人科を受診し、内診などをしてもらいましたが、なんでもないと言われ気にしないようにしていました。 しかし、日ごとに痛みが強くなってきたので、内科にまたいきました。 尿検査をしたところ、尿に菌があり今回は血液反応もありました。 また、抗生物質(クラビット)を現在4日服用していますが、排尿時の痛みがとれません。 これは本当に膀胱炎なんでしょうか? 尿道炎や何か性病のようなものでしょうか? そして、何科を受診したらよいのでしょうか? A ベストアンサー 次に受診するのは、ぜひ、泌尿器科にしてください。 膀胱炎などの泌尿器の感染症は、甘く見てはいけません。 膀胱炎などを繰り返すときは、理由があります。 基本的には、受診時に検尿で膀胱炎と診断されたら、抗菌剤(抗生剤)を服用して、良くなってきた頃にもう一度尿検査をします。 このとき、尿沈査という検査をします。 尿を遠心分離機にかけて、分離されたものを顕微鏡で覘きます。 白血球が見つからなければ、尿にばい菌はいない、ということになって、初めてそこで薬を中止します。 もしかしたら、今までの病院では、検尿用の検査テープでしか、していなかった可能性もあります。 もちろん、顕微鏡で覘いたほうが、確実です。 テープのほうは、ごくわずかな異常では、引っかからない可能性もあります。 つまり、ごく初期では、分からない可能性もある、ということです。 泌尿器科では、原因のばい菌も調べる場合もあります。 女性の場合、解剖学的に、もともと尿道が短いので、尿量が少なかったりすると、男性よりも尿路感染症は起こしやすいです。 それに、例えば、セックスの後などは、感染しやすいので、セックスのあとは、必ず排尿しておいた方がいいですね。 排尿時の痛みですが、痛みは主観的なもの(感じやすい人と、そうでない人がいる)なので、一概に異常だとは言い切れません。 とにかく、一度、泌尿器科を受診しましょう。 そして、原因をはっきりさせましょう。 早く直るといいですね、お大事に。 次に受診するのは、ぜひ、泌尿器科にしてください。 膀胱炎などの泌尿器の感染症は、甘く見てはいけません。 膀胱炎などを繰り返すときは、理由があります。 基本的には、受診時に検尿で膀胱炎と診断されたら、抗菌剤(抗生剤)を服用して、良くなってきた頃にもう一度尿検査をします。 このとき、尿沈査という検査をします。 尿を遠心分離機にかけて、分離されたものを顕微鏡で覘きます。 白血球が見つからなければ、尿にばい菌はいない、ということになって、初めてそこで薬を中止します。 もしかしたら、今... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... A ベストアンサー 症状の現れ方は、人それぞでみたいですが、突然痛みが生じるのが胸痛みたいです。 私の場合、痛みもなく血尿が出ました。 その数日後、腹部から背中にかけての痛みが生じました。 その時は、痛いことは痛いのですが、まだ余裕がありました。 最高潮は、腹部全体(どこが痛いかわからない)が激痛って感じです。 (のたうち回る感じ) 造影剤検査などして、数ヶ月薬を服用していたのですが、激痛の後、痛みが消え、尿として出たのかなと思っていたのですが、定期的の造影剤検査をしたところ、石が大きくなり尿管に詰まり痛みが麻痺している状態でした。 危なく水腎症になるところでした。 衝撃波で砕き5年以上経ちますが、再発はありません。 一応、参考まで。 Q 半年前あたりから残尿感、大事なところを触られてるような感覚で 何だろう? すぐ治るからいいかな と 思い放ってたのですが 12月頃になって治らなくて 気になってネットで調べたら膀胱炎とわかりました 年明けに泌尿器科に行って 膀胱炎と診断されました。 そして5日分の薬をいただいて、飲んだのですが治りませんでした。 その数日後耐えられず 今度は抗生剤をいただいて飲んだのですが 少しは良くなったもののやはり治らず そして今日病院にいって尿検査をしたのですが尿は少し綺麗になってきてますよ と言われました 親に相談しようと思ったのですが 恥ずかしくてなかなか相談できずに時が過ぎてしまいました。 もしかして性病なのかな・・?などいろいろと想像してしまい 駄目でした 膀胱炎は慢性化してるのでしょうか 自分でいうのもなんですが若いので これからずっと薬を飲まないといけないと思うと 心配で 涙が出てきてしまいます A ベストアンサー 何をされてるのか分かりませんが、膀胱炎はストレスが強いほど免疫力が低下しておこりやすくなります。 ストレスは排便や排尿など排泄を抑制しますので知らず知らず排尿の回数が減るようになります。 なかなか治らないのは思いのほか強いストレスが慢性的に続いてるからです。 もともと体温が低い人にストレスが上乗せされるとなおさらです。 なにかハードになったこととか思い当たることはありませんか。 膀胱炎だけでなく、便秘や冷え、疲れ易い、疲れがとれない、など他に不調はありませんか。 とりあえず水分補給をしながら毎日お風呂でしっかり体を温めてください。 また睡眠時間もふやさないといけません。 体を温めたり休養を増やしたりできるだけ心や体をリラックスさせることが免疫力を回復させ治癒への近道となります。 Q たまに、残尿感があります。 トイレに行くのを我慢したとかじゃなくて、トイレに行った後からすごくモヤモヤして気持ち悪いです。 一度、膀胱炎にもなったことがあるんですが、それの軽いようなものって感じです。 大体、1時間ぐらいするとおさまってはくるんですけど・・・膀胱炎のときは応急処置でなるべく水分を取った方がいいと言われましたので、残尿感があるときは水分を取った方がいいのかなぁと思っていますが。 残尿感の原因と考えられることってなんなのでしょうか?とても気持ちが悪いので、食べ物や生活習慣などで気をつけたほうがいいことなどあれば知りたいのですが・・・私の母親も似たようなことがあったし、私も昔からこのようなことがたまにあるので、遺伝とか、もともと膀胱が弱いのでしょうか?治すいい方法などあったら教えてください。 A ベストアンサー 年齢、性別が不明ですが尿道が短く感染を起こしやすい女性であろうということで回答します。 過去に膀胱炎の既往もあり、現在の症状は慢性的な膀胱炎状態と考えてよいと思います。 抗生物質や水分摂取により尿量を増やすなどで膀胱炎の症状が消失しても細菌が完全になくなっておらず、こうのうような形で再発がみられることがあります。 まず泌尿器科を受診され検尿の検査を受けられることをお勧めします。 また少しでも血尿があれば膀胱癌も考慮する必要もあるでしょう。 vital-package. php.

次の

「尿が出にくい」を予防する3つの対策法

お シッコ が 出 にくい 女性

症状の対策 こちらのページでは、「尿が出にくい」という症状を予防するための3つの方法をご紹介しています。 日頃の生活の中から対策していきましょう。 前立腺肥大を予防する3つの方法 「尿が出にくい」という自覚症状がよくある原因として前立腺肥大があります。 まずは以下の3つの方法を試してみましょう。 多く摂りたい食べ物、控えめにしたい食べ物 前立腺肥大は肥満や生活習慣病と大きな関わりがあります。 故に、脂質や塩分などが多く含まれる食事はなるべく避けましょう。 また、唐辛子など辛い食べ物、刺激が強い食べ物は腸が必要以上に活発化し、膀胱や前立腺に炎症が起きることもあります。 コーヒーやお茶などに含まれるカフェインは利尿作用があり、膀胱を過剰に刺激することで前立腺肥大を悪化させる危険性があります。 脂質、塩分が多いもの、辛い食べ物、コーヒーは摂取しすぎないよう心がけましょう。 一方、カロテンやビタミンC、鉄分、イソフラボノイド、リグナンなどは前立腺肥大を抑える働きがあると言われています。 野菜、豆(特に大豆)、ごまなどを摂取すると良いでしょう。 1日1. 5リットルの水分補給 適度な水分を摂ることで排尿を促し、スムーズにおしっこが出るようになります。 とはいえ、あまりにも水分を摂りすぎると今度は頻尿の原因となってしまいます。 1日1. 5リットルの水分補給が良いとされていますので、尿が出にくい場合は少し多めに水分を摂ってください。 先程「カフェインは良くない」と解説しましたが、「尿をスムーズに出す」という観点で見れば、適量であればむしろ利尿作用があって前立腺肥大に効果があると言えます。 快尿スクワット 排尿を促す運動も効果的です。 股間周りの筋肉を引き締めることで、尿トラブルを防ぐ効果があると言われています。 両足を肩幅よりも少し大きくなるくらいに開いて立ち、深呼吸をしながらゆっくりと膝を曲げ、息を吐きながら膝を伸ばすという簡単な運動を10回、1日3セット行うだけです。 症状がひどい場合は他の病気の可能性も 以上、日常生活の中から尿が出にくい場合の対策方法をご紹介しました。 しかし、あまりにも症状がひどかったり、対策しても治らない場合は、前立腺がんなど別の病気の可能性もあります。 「毎日対策してるから大丈夫」と思い込まず、違和感があったらすぐに検査を受けましょう。 前立腺がん以外で前立腺が肥大する症状 前立腺肥大症 前立腺系疾患の中で最も多くみられるのが、前立腺肥大症です。 推定患者数は400万人。 55歳以上の男性のうち、5人に1人は前立腺肥大症だと言われています。 前立腺の尿道に近い部分を内腺、尿道から遠い部分を外腺と言いますが、前立腺肥大症は尿道から近い「内腺」に良性腫瘍ができる疾患。 前立腺がんは外腺に発生した悪性がん腫瘍が肥大したもので、前立腺肥大症とはメカニズムや症状が異なります。 前立腺肥大症になりやすい人と原因 前立腺肥大症は30代から増えはじめ、50代以降に急増します。 名古屋大学大学院医学系研究科の後藤百万教授が組織学的にみた前立腺肥大症の罹患率は以下です。 【前立腺肥大症の罹患率】• 50歳…30%• 60歳…60%• 70歳…80%• 80歳…90% 前立腺肥大症の詳しい原因は明らかになっていませんが、年を重ねると男性ホルモンの環境が変化するため、男性ホルモンの影響によるものだと考えられているようです。 また、生活習慣病に関連する症状(メタボリックシンドローム、高血圧、高血糖など)が前立腺肥大症に関係しているという声もあがっています。 前立腺肥大症の特徴・症状 前立腺肥大症になると現れるのは尿関連の症状です。 前立腺肥大症の症状は前立腺がんの症状ととてもよく似ています。 【前立腺肥大症の代表的な症状】• 尿を出したいのになかなか出ない• 尿の勢いが弱まる• 排尿が途切れる• 力まないと尿が出ない• 1日に何回も尿が出る• 尿意を我慢できずに漏らしてしまう• 急に尿意が強くなる• 就寝していても尿意で起きてしまう• 尿を出してもすっきりしない 前立腺の内腺にできた良性腫瘍が肥大すると尿道が圧迫されてしまうため、尿が出にくくなります。 また、腫瘍がさらに大きくなると膀胱を圧迫し、膀胱に尿を溜め込めなくなるため、頻尿や尿漏れ、失禁などの症状が起こるのです。 前立腺肥大症の注意点 前立腺肥大症の腫瘍は良性なので、腫瘍が小さい場合は治療しなくても問題ありません。 しかし、生活に支障が出るほど症状が悪化している場合は、次のような合併症が起こる可能性があるため注意が必要です。 血尿…前立腺肥大症による圧迫で尿道粘膜がダメージを受けると粘膜出血しやすくなります• 尿閉…前立腺肥大症によって尿道が圧迫され、膀胱に溜まった尿を出せない状態です• 尿路感染症…細菌感染による炎症が膀胱や尿道などで起こりやすくなります• 膀胱結石…前立腺肥大症の圧迫によって膀胱に尿が溜まり、結石ができやすくなります• 腎機能障害…尿は腎臓でつくられたのち膀胱へ送られます。 そのため、前立腺肥大症によって膀胱が圧迫されると腎臓に尿が溜まって腎機能障害が起こります• 溢流性尿失禁(いつりゅうせいしっきん)…圧迫された膀胱に尿を溜められなくなり、常に尿が漏れ出る状態のことです 前立腺肥大症の治療法 前立腺肥大症の治療には、薬物療法、手術、保存療法などがあげられます。 薬物療法は、こわばった前立腺平滑筋をゆるめる薬剤を投与して尿道の圧迫を緩和したり、男性ホルモンの作用をおさえる薬剤を投与して前立腺を小さくしたりする方法です。 手術では、電気メスやレーザー、マイクロ波などで肥大した前立腺を切除、または縮小します。 保存療法では、生活習慣の改善や運動で前立腺肥大症にアプローチ。 水分やコーヒー、アルコールの摂取量や運動量を指導して、定期的な経過観察を行ないます。 参照元: 尿道狭窄症(にょうどうきょうさくしょう) 何らかの理由で尿道が傷つき、その傷を修復する過程でできた傷あと(線維化・瘢痕化)により尿道が狭くなる疾患です。 尿道狭窄症の原因 (1)外傷による尿道狭窄症 尿道狭窄症の代表的な原因は、股間の強打や骨盤骨折による尿道損傷。 はしごや鉄棒、柵をまたぐ際などに足を滑らせた、股間を蹴られたなど、誰にでも起こりうる事故によるものが多いため、注意が必要です。 また、大きな事故(交通事故や重機による事故など)で骨盤を骨折して、尿道狭窄症になるケースもあります。 (2)炎症による尿道狭窄症 昔は、淋病性尿道炎によって尿道粘膜が腫れあがり、尿道狭窄症が起こるケースが多かったのですが、現在は抗菌薬を投与することで炎症を鎮め、後遺症なく治癒できるようになっています。 (3)医原性の尿道狭窄症 排尿がうまくいかない際、尿の通り道を確保するために行なわれる処置・検査・手術によって尿道粘膜が傷つき、尿道狭窄症になるケースがあります。 これが医原性(医療行為が原因)の尿道狭窄症です。 高齢者の尿道狭窄症は、ほとんどが医原性によるもの。 元は外傷によって尿道を損傷した場合も、尿の通り道を確保するために挿入したカテーテルによって狭窄が悪化することがあります。 尿道狭窄症のメカニズム 男性の尿道は女性よりも長いため、大きく5つにわけられます。 亀頭部…性器の先端• 振子部…陰茎• 球部…肛門から睾丸にかけて• 模様部…前立腺の中心• 膀胱頸部…膀胱と前立腺の境目 この中で、最も尿道狭窄症になりやすいのは、足を滑らせたり、蹴られたりしたときにダメージを受けやすい「球部尿道」です。 原因によっては、その他の尿道で起こるケースもあります。 尿道狭窄症の特徴・症状 尿道狭窄症になると、前立腺がんや前立腺肥大症と同じように「排尿障害」が起こります。 ただし、前立腺がんや前立腺肥大症でみられる頻尿や強烈な尿意などの症状はありません。 前立腺がんや前立腺肥大症は、腫瘍が尿道や膀胱を圧迫するため、相反する症状(尿が出にくい・尿が何度も出る)が現れます。 対して、尿道狭窄症は尿道そのものが狭まる疾患で、膀胱は圧迫されません。 尿道の傷跡が悪化すればするほど尿の通り道が狭くなり、最終的には力んでも尿が出なくなる可能性があります。 そのほか、尿道狭窄症になると肛門から睾丸にかけて激しい痛みが生じたり、尿道や前立腺、精巣といったさまざまな部位で炎症が起こったりします。 尿道狭窄症の注意点 「尿が出にくい」と言う症状をあまくみていると、尿度狭窄症が悪化して合併症が起こり、生活に重大な支障をきたす可能性があります。 起こりうる合併症をまとめているので、ご確認ください。 血尿…力んで尿を出そうとすると、尿道粘膜が傷ついて血の混じった尿が出ることがあります• 尿閉…尿が通れないほど尿道が狭まり、膀胱や尿道にカテーテルを挿入しないと排尿できなくなる疾患です• 膀胱炎…尿道が狭く、排せつするはずの尿が膀胱に逆流した結果、膀胱で細菌が繁殖して炎症が起こります• 腎機能障害…尿が逆流して膀胱炎になると、尿をつくって膀胱に送る腎臓の機能にも影響がおよびます• 射精・勃起障害…尿道と精管は繋がっているため、尿道狭窄症が悪化すると遅漏やED、男性不妊症などが起こります 尿道狭窄症の治療法 前立腺肥大症の代表的な治療方法は以下の2つです。 尿道形成術 尿道を狭くしている傷あとを切除する手術です。 成功率が高いのが大きなメリット。 尿道にメスを入れる高難易度の手術で専門的な技術を要するため、一部の医療機関でしか導入されていないのがデメリットです。 また、手術は全身麻酔を用いて行なわれ、術後は長期間の入院が必要となります。 経尿道的治療 金属の棒や風船で尿道を拡張する治療です。 病院によっては、内視鏡の先につけたナイフで傷あとを切り開き、尿道を広くするケースもあります。 尿道形成術に比べて難易度が低く、さまざまな病院で導入されているため、住んでいる場所を問わずに受けやすいのがメリットです。 デメリットは、金属の棒や風船を挿入する際に尿道が傷つき、治療を受ける前よりも尿道狭窄症が複雑になるおそれがあることです。 尿道形成術に比べると成功率は低く、治療が完了するまでに長い期間を要します。 尿道狭窄症を治すには、状態が悪化する前に治療を受けることが大切です。 少しでも尿が出にくいと感じたらすぐに病院を受診して、原因をつき止めたうえで適切な治療を受けましょう。 参照元: 参照元:.

次の