よみうりランド イルミネーション。 【稲城市】よみうりランドのクリスマスイルミネーション2020

【東京】イルミネーションを楽めるよみうりランドなど遊園地!厳選5選!!

よみうりランド イルミネーション

スポンサーリンク よみうりランドのイルミネーションの楽しみ方! よみうりランドのイルミネーション「ジュエルミネーション」は広い園内にまるで宝石を散りばめたような美しさで人気です。 初めてよみうりランドへイルミネーションを見に行く場合、どの様に楽しんだら良いのか迷ってしまいますね。 全てをくまなく見て回りたいところですが、案外時間が足りなかったりするんです。 イルミネーションの点灯時間は16時。 終わりの時間は時期により違いはありますが20時半か21時です。 イルミネーションを楽しむためのポイント! ・ナイト入園の開始時間16時には入園できるように ・折角行くならイルミネーションと合わせてアトラクションも ・アトラクションの待ち時間とショーの時間をよく考えて ・車でのアクセスの場合の駐車場閉鎖時間に注意 まず、時間がある様で案外ないので、イルミネーションの点灯する16時、ナイト入園開始と同時に入園できるように行きましょう。 平日は問題ないかもしれませんが、週末やクリスマスシーズンは周辺道路や駐車場が混雑しますので、時間には余裕を持って行きましょう。 イルミネーションがメインであってもせっかくの遊園地ですから、乗り物も楽しみたいもの。 とは言え、16時から入園してアトラクションを全て制覇!というのは無理があります。 混雑時には人気のアトラクションは1時間待ちとか普通にあります。 無計画にアトラクションへ並んでしまうと、並ぶことに時間のほとんどを費やしてショーが見られなかった、なんてことにもなりかねません。 入園したらまず、どのアトラクションに乗るかとその待ち時間、見たいショーの開始時間はチェックして、どの様に回るかを決めてから動くと良いですよ。 また、車でのアクセスの場合、混雑時には臨時駐車場へ駐車することもありますね。 臨時駐車場の場合は、閉鎖時間が早いので帰りの時間も考えつつ行動しましょう。 大観覧車 園内に数あるアトラクションの中でもイルミネーションをメインに行ったなら絶対に外せないのがこの大観覧車! 園内のイルミネーションが一望できる上、目線の先には東京の夜景が広がります。 視界が良好だと、遠くに東京タワーやスカイツリーも見えますよ。 場合によっては、閉園時間と一周回る時間を考慮して早目に受付終了ということもありますので、何時頃に乗りたいか、並ぶ時間と合わせて作戦を練っておきましょう。 ちなみに、ナイトパスを購入して入園してもこの大観覧車は別料金です。 なので、観覧車だけが目的ならナイト入園料だけ払って入園し、観覧車のチケットを個別で買えばOKです。 噴水ショー 「アクアエリア」で開催される噴水ショーは絶対見るべき! こちらは並ぶ必要はなく、ショーの時間に合わせて噴水のところに行けば良いので、時間の予定も決めやすいです。 夕方から15分おきにショーがありますが、日没後、完全に真っ暗になってから見るのがおすすめです。 イルミネーションの光と、ライトアップ、噴水の動きが合わさってとてもキレイですよ! 低速のアトラクションがおすすめ 園内にはたくさんのアトラクションがあり、中でも「バンデット」や「ループコースター」などのスピード系のアトラクションはとても人気です。 が、イルミネーションがメインなら、こういったスピード系の乗り物より、低速系の乗り物がおすすめですよ。 高いところからイルミネーションを見ながらゆっくりと周れる「スカイサイクル」や、逆に低い位置からイルミネーションに囲まれて走る「ゴーカート」は、光の中を進む感覚がとても幻想的で気持ちよいです。 ナイト入園から閉園時間までは本当にあっという間。

次の

よみうりランド、イルミネーションの混雑具合と周辺のおすすめホテル

よみうりランド イルミネーション

東京都稲城市矢野口4015-1 電車だと 京王相模原線の「 京王よみうりランド駅」か 小田急小田原線の「 読売ランド前駅」が最寄駅となります。 京王線からだと駅からゴンドラのスカイシャトルが出ていて往復500円で直接訪れることができオススメです。 ゴンドラを使わない場合は京王線・小田急線共に小田急バスに乗り換え訪れます。 今回は車でよみうりランドに訪れました。 訪れる前は遠いイメージがあったのですが、横浜駅を起点に車で訪れたと考えても下道で1時間くらいで到着し非常に近く感じました。 駐車場 よみうりランドには 専用の駐車場があります。 実際に利用しましたが、立体駐車場となっていて上の階に駐車した場合でも下に降りるための歩行者専用スロープが設置されているのでベビーカーでもお困りません。 イルミネーションの特徴 宝石がテーマになっている よみうりランドのイルミネーションは「 ジュエルミネーション」というテーマで開催されていて 宝石がコンセプトになっています。 このテーマを元に 世界的に有名な照明デザイナーが監修してつくられているだけあり、全体から見渡すとまるで宝石箱のように光り輝くイルミネーションを見ることができます。 また 宝石のような輝きを出すためにオリジナルのLEDが使われているそうです。 今まで関東三大イルミネーションになっている「さがみ湖イルミリオン」や「江の島湘南の宝石」、さらにドイツ村のイルミネーションなどに訪れたことがあるのですが、よみうりランドのイルミネーションは確かに他とは違う宝石のような輝きを楽しむことができました。 子供たちもイルミネーションが綺麗だったと今でも話していて記憶に刻まれたようです。 噴水ショーがすごい よみうりランドでは噴水ショーが楽しめます。 噴水ショーといっても以下の3種類あり、時間によって開催されるショーが異なります。 ・エーゲ海の輝き ・ラ・フォンテーヌ ・シルエット〜光りと影のダンスショー〜 15分毎に何れかの噴水ショーが行われるので長時間待つ必要がないですし、連続して別の噴水ショーを観ることもできます。 以下でそれぞれのショーの特徴を簡単にまとめます。 エーゲ海の輝き エーゲ海をテーマに行われる噴水ショーで、ギリシャ神話に出てくる泉の守護神であるポセイドンの力強さを炎や光、音楽や映像そして水を使ってダイナミックに表現しています。 ラ・フォンテーヌ ラ・フォンテーヌは大迫力の噴水が魅力のショーです。 噴水の高さはなんと15mにまで及び、数も242本と多くなっています。 ウォータースクリーンを使った演出も魅力です。 シルエット〜光りと影のダンスショー〜 噴水ショーとダンスがコラボしたショーで光と陰を楽しむことができます。 ダンスを行うのは光をまとった本物のダンサーで炎の演出もあります。 ダンス好きな子供が増えていますが、子供も一緒に楽しめるショーなのではないかと思います。 1日に行われるのは2回のみと他の噴水ショーと比べて少なくなっているため、観たい方は時間を調整して訪れるようにしてください。 アトラクションが多く楽しめる 遊園地だけあり イルミネーションが行われている時間でもアトラクションに乗ることができます。 よみうりランドには40以上のアトラクションがあります。 それぞれのアトラクションには年齢制限や身長、さらに付き添いが必要かどうか細かく決められています。 一つ一つ異なっているので 入場時に園マップとアトラクション一覧が載ったガイドブックをもらうことをオススメします。 ちなみに 幼児連れであれば保護者も一緒に乗る必要があるアトラクションが多かったです。 ワンデーパスやナイトパスではなく 入園料のみのチケットを購入した場合は、保護者の分もチケットが必要なので倍料金がかかります。 詳細は以下の公式ページをご確認ください。 アトラクションチケット自動販売機 入園料のみのチケットの場合はアトラクションに乗るためのチケットを園内で購入する必要があります。 エリア毎にチケット自動販売機が設置されていて、こちらで購入することができます。 チケットは100円券と300円券があり1枚から購入することができますが、 100円券3枚と300円3枚がセットになった回数券が1000円で売られていてバラで購入するより200円お得です。 幼児が楽しめた乗り物 ここでは実際に幼児が楽しめたアトラクションを紹介します。 スピンドライブ スピンドライブという名の通りドリフトを楽しむことができる乗り物でイルミネーションが始まる前の明るい時間に訪れました。 こちらは2人乗りになっていて、 2歳以上で身長90cm以上だと子供一人でも乗ることができます。 料金は300円で一周3分となっています。 娘は3歳で一人でも乗れる身長があり、大人の付き添いは必要ありませんでした。 スピンドライブは楕円形のコースになっていて、 カーブを曲がる際にスピードが上がりドリフトします。 このドリフトが怖くて泣いてしまうのではないかと心配していましたが、お友達と一緒に乗ったこともあってか楽しめたようです。 あっという間に終わってしまうので、2度3度と連続して乗り楽しんでしました。 ぐるぐるドライブ ぐるぐるドライブは小さな自動車に乗りコース内を走るアトラクションです。 2人乗りで3歳以上でかつ身長が90cm以上130cm未満であれば乗ることができます。 料金は1回300円で、 大人の付き添いはできず子供専用の乗り物ですのでご注意ください。 自動車は全て種類が異なり、ピンクの可愛らしい車から働く車、スポーツカーなど好みの自動車を選んで乗車することができます。 コースは8の字になっていて上に登ったり下に降りたりするのでスピード感も楽しめます。 イルミネーションが始まる前と始まってからそれぞれ乗りましたが、 イルミネーション時はメリーゴーランドのように光が付き綺麗でした。 ちびっこ消防隊けしっぴー 消防車に乗って実際に水を発射し、消火活動を行うアトラクションです。 身長や体重制限はありませんが、 5歳未満は大人の付き添いが必要です。 1回300円で、3歳の娘を持つ我が家は大人の付き添いを入れて600円でした。 まず消防車に乗り込む前に消防隊員の衣装と帽子を被り、まるで消防士になった気分になります。 スケートが楽しめる イルミネーションを楽しみながらスケートをすることができます。 スケートはワンデーパスやナイトパスの乗り放題チケットは使用することができず別途料金が必要です。 幼児の場合でも付き添い者がいれば楽しむことができます。 子供はヘルメットやひざ当て、ひじ当てを無料で借りることができるので安心です。 もし訪れる予定であれば 手袋を持参するようにしてください。 忘れた場合は300円から販売しています。 詳細は以下の専用ページをご確認ください。 感想とまとめ よみうりランドのイルミネーションは他にはない輝きが特徴のイルミネーションで楽しむことができました。 遊園地の敷地すべてが会場なので特定の場所に混雑が集中せず、比較的余裕を持って観ることができたのも良かったです。 アトラクションの数も豊富でイルミネーションをいろんな角度から楽しめる魅力がありました。 そして噴水ショーは規模も大きく、遠方から訪れてでも観る価値があります。 来年も行きたいイルミネーションになりました。

次の

よみうりランドイルミネーション2019の料金と割引情報を徹底解説!

よみうりランド イルミネーション

MEMO12月14日(土)- 25日(水)は21:00まで、1月6日(月)- 4月5日(日)は20:00まで。 休園日 2019年:11月1日(金) 2020年:1月20日(月)- 23日(木)、2月4日(火)- 6日(木)、3月10日(火) 料金• ワンデーパス(入園+乗り物乗り放題) 大人(18歳-64歳) 5,500円 中高生 4,400円 小学生・シニア(65歳以上) 3,900円 未就学児(3歳以上) 3,400円• 入園料 大人(18歳-64歳) 1,800円 中高生 1,500円 小学生・シニア(65歳以上) 1,000円 未就学児(3歳以上) 1,000円• ナイトパス(16時以降の入園+夜の乗り物乗り放題) 大人(18歳-64歳) 2,500円 中高生 1,700円 小学生・シニア(65歳以上) 1,700円 未就学児(3歳以上) 1,700円• ナイト入園料(16時以降の入園のみ) 大人(18歳-64歳) 1,500円 中高生 800円 小学生・シニア(65歳以上) 500円 未就学児(3歳以上) 無料 スポンサーリンク 割引やクーポンはある? 学校行事振替休日キャンペーン 運動会・学園祭などの学校行事による振替休日に、ワンデーパスを1,000円引きで購入できる期間限定キャンペーンです。 開校記念日、市制記念日などで学校が休日になる場合も適用対象です。 2019年10月25日(金)- 31日(木) 群馬県に在住・在学・通勤している方• 2019年11月13日(水)- 19日(火) 茨城県に在住・在学・通勤している方• 2019年11月14日(木) 埼玉県に在住・在学・通勤している方• 2019年11月20日(水)- 26日(火) 山梨県に在住・在学・通勤している方 【料金】• ファミリー割引キャンペーン 未就学児のワンデーパスを購入すると、同伴の大人2名までワンデーパスを4,400円で購入できます。 【期間】 2019年10月1日(火)~ 【料金】• 【販売場所】 京王線・井の頭線の各駅の自動券売機 注意京王よみうりランド駅とよみうりランドを結ぶゴンドラは別料金です。 【料金】• おすすめですよ!(1日1回開催) ヘラの宮廷 最高神ゼウスの妻である最高位の女神ヘラをイメージしたエリア。 ヘスティアの宮廷 家庭生活の守護神であるヘスティアをイメージしたエリア。 アルテミスの宮廷 狩猟の象徴であり月の女神であるアルテミスをイメージしたエリア。 アテナの宮廷 知恵の女神アテナをイメージしたエリア。 アレスの宮廷 戦いの神アレスをイメージしたエリア。 デメテルの宮廷 農耕の女神デメテルをイメージしたエリア。 アフロディーテの宮廷 美と愛の女神アフロディーテをイメージしたエリア。 ゼウスの宮廷 最高神ゼウスをイメージしたエリア。 ポセイドンの宮廷 海洋の神ポセイドンをイメージしたエリア。 ジュエリー・コングレス ~夜の観覧車~ 観覧車もジュエルミネーションバージョンになって、より幻想的に。 注意ナイトパスでは利用できません。 都心方面を眺めると、東京スカイツリーと東京タワーも見えます。 噴水ショー ポセイドンの宮廷にある噴水。 音楽とイルミネーションが融合した噴水ショーが行われ、ダイナミックな演出に圧倒されます。 スパイラル・パサージュ ヘルメスの宮廷にある、140mにわたる光のトンネル。 その中を歩いていると、まるで別世界に来たかのような不思議な感覚になります。 スターライトバンデット ~流星コースター~ 一番人気のコースター「バンデット」が、流星をモチーフにして、コースター自体が綺麗に輝きながら園内を疾走します。 ワンデーパスでもナイトパスでも利用できます。 スカイシャトル(ゴンドラ) 京王よみうりランド駅とよみうりランドを結ぶゴンドラ「スカイシャトル」。 夜になると、真上からイルミネーションを楽しめます。 バスでの移動、観光スポットのチケットなどがセットになっている。 ツアーによっては、他の観光スポットにも行けたり、食べ放題が含まれていたり、おみやげがもらえたりなど、内容が充実している。 現地までバスで直行できるので、途中で乗り換える必要がない。 必ず座れるので、楽しんだ後は、寝ながら帰ってくることができる。 バスツアーの場合は時間が決められているので、車や電車などで行く場合と比べて多少バタバタしてしまうかもしれません。 そこで、僕がおすすめするのは 「HISバスツアー」です。

次の