ティファール クック フォーミー レシピ。 Мультисистемні технології

クックフォーミーエクスプレス。中毒レシピランキング【全人類に食わせたい】

ティファール クック フォーミー レシピ

ひたすらつっこんで、ぶっこんで、圧力圧力圧力圧力。 …気付けば、 を買って、 100回以上使いこんでた今日この頃。 思えば、クックフォーミーエクスプレスの内蔵レシピなり、その他適当に作ったものなり、様々な料理に挑戦してきました。 「これはうめえええええ!中毒系!人に食わせたい」 「ぶっちゃけイマイチ…」 「そもそもこれ、クックフォーミーで作る必要あるんだろーか…」など、様々な結果がありました。 そんな中、独断と偏見で「これは自信をもってすすめられる!クックフォーミーに支払った諭吉4枚を、絶対投資回収できる!」と断言できるレシピを紹介します。 先に言います。 カロリー気にしちゃいけません!(笑) タップできるもくじ• 5位 骨までほろ~ん!魚嫌いもパクっといけちゃう「さんまとごぼうの生姜煮」 さんまはおいしいですが、いかんせん骨が面倒くさい。 小骨をとって食べてると、たべれる身まで一緒に残っちゃったりして、「ああもったいない…」と思います。 貧乏性。 でもクックフォーミーの「さんまとごぼうの生姜煮」なら大丈夫。 甘辛いしょうゆ味の身はもちろん、背骨までやわらかく、丸ごとパクっといただけちゃいます。 はじめて食べた時の感想、「…骨どこいった?」でした。 魚の小骨をとる面倒がなければ、こってりしたさんまの煮物の味を、全身全霊で味わえる。 小骨嫌いな全人類の勝利です。 ちなみに、1日おくと味がしみわたってオススメ。 あと、炊きたての白米の上にのっけて、丼にするのもオススメです。 箸がすすんで止まりません。 骨気にしなくて済むので、丼でガツガツかきこめます。 内蔵レシピにはありません。 4位 某Pステルに喧嘩うれるよ。 なめらか濃厚「クレームブリュレ」 「す」がない。 ただそれだけでなめらか。 こんなに美味しい 口にいれると、なめらかにトロトロにとろける、魅惑の味。 口どけのなめらかさが命、でも蒸すのが意外と難しい。 ちょっと失敗して「す」が入るとおいしさが半減してがっくり…それがクレームブリュレです。 でも、クックフォーミーなら、内蔵レシピに丸投げで、勝手に上手に蒸しあげてくれます。 レシピ本もとに作って失敗経験ある、私のような不器用人間でも大丈夫。 超ウマく完成します。 ちなみにクックフォーミーの実力に半信半疑だった旦那、コレを食べたら「すごい!家でこんなの作れるなんて、クックフォーミー買ってよかった」とコロっと態度をひるがえしました。 諭吉4万の概念かえるくらい、威力があるウマさです。 \某Pステルのプリンに勝負を挑める/ 3位 またポトフ?なんて言わせない。 トリプルだしが決め手の「和風ポトフ」 だしのうま味って最高。 イイ味でるんです 根菜入れて、鶏肉いれて、コンソメで煮こむ、ポトフ。 家庭のザ・定番料理です。 うちも冷蔵庫の在庫処分で、よく作ります。 ただ、おいしいけど「飽きた」ってなりがちです。 毎回とくに工夫もなくて、正直、地味~な料理だと思ってました。 そのポトフの概念をぶっ壊したのが、クックフォーミーの内蔵レシピの「和風ポトフ」。 毎度おなじみ、冷蔵庫の在庫処分で「ま、作ってみるか~」となんも期待しないで作ってみたのですが、作ってみて、まー衝撃。 根菜がやわらかく、ゴロゴロでウマーーー! 鶏の骨付き肉も、箸でほぐせるやわらかさ。 そして何より、和のかつおだし、鶏の骨付き肉、根菜の「トリプルだし」があいまって、スープがハンパなくウマーーーーーーーーー!! 和風なのであっさり、さらっとしつつも、鶏だしがこっくり。 体と心にじんわり、温かさがしみわたります。 体が冷え切ったとき、カゼひいたときは、まっさきにこちらを作ります。 こってり・がっつりがニガテな方にはこの「和風ポトフ」、特にオススメです。 2位 全人類が夢見た。 箸でほどける「角煮」 豚バラブロックを完膚なまでにやわらかく調理する、クックフォーミーの底力。 クックフォーミーの購入を検討している人、買った人が、おそらく一番作りたい料理。 それが「角煮」かと思います。 内蔵レシピに従って、切って、入れて、ホタンおすだけ。 なのに箸でほどける角煮。 反則です。 あまりにもカンタンに箸でホロン!が実現するので、我が家ではすっかり角煮がテッパン料理に定着しました。 ちなみにクックフォーミーなら、肉と一緒にゆで卵を入れて圧力をかけることもできます。 箸で切ると、黄身までしっかりとしょうゆがしみ込んで、豚バラと合うんだなあ。 ホントに「入れて、おすだけ」で、ウマウマ角煮ができちゃうんです。 過去数時間かけてた手間暇、何だったのマジで。 \角煮はラクできる料理です/ 1位 もう豚バラしか信じない。 胃袋攻略最終兵器「蒸し塩豚」 ハテ、なんだそれ?って人も多いかと。 あまりなじみがない料理、でもだからこそ文句なしの1位で「蒸し塩豚」をご紹介します。 内蔵レシピに従って、塩をまぶした豚バラのブロックを蒸すだけ。 超絶カンタン。 なのに蒸すと、「むっちん」「むっちむち」とした新食感に早変わりするんです! ギュギュっと濃縮された豚のうまみが、口の中で弾力をもって跳ね返してくるんです。 あまりのウマさに、旦那と2人、豚バラブロックをペロっと食べつくしました…。 カロリーが恐ろしいですが作って後悔はさせません。 キングオブ中毒料理です。 「蒸し塩豚、こんなカンタンなのに、なんでもっと有名にならないんだろ?」とフシギになります。 「来客時に出したい料理1位」にも勝手にランキングしました。 \家族で食べて驚愕の味です/ まとめ 以上、クックフォーミーで作れる、中毒料理ランキングでした。 クックフォーミー=角煮、と思っている人も多いかと思います(ていうか自分がそうだった)。 でも、角煮だけじゃないんです。 概念ぶっこわしてくる、超ウマい料理、たくさんあるんです。 「クックフォーミー、ウマいんです。 ぜひ使ってみてええええ!」と全力で世の中にオススメしたいんです。 そのくらいこの5つは、中毒料理です。 \中毒料理作っちゃおう/.

次の

Мультисистемні технології

ティファール クック フォーミー レシピ

真っ白もちもち、あったかご飯。 どんぶりでかきこむように食べると、幸せを感じますね。 電気圧力鍋・クックフォーミーは、そんなウマウマご飯をたくことができる「炊飯器」でもあります。 ただ、実際やってみると、状況によっては「柔らかくなってしまう」「うまくたけない…」なんてことも。 そこで今回は、クックフォーミーで炊飯すること50回以上、もはやわが家の炊飯器の存在を消し去った私・あずもとが、クックフォーミーでご飯をたくコツを徹底解明! 白米はもちろん、おこげつきのウマウマ炊き込みご飯や、柔らかくなったご飯の対処法も、実験のうえ、まとめてみました。 さあ、クックフォーミーで炊く、むっちりピカピカ、ご飯の世界へまいりましょう…! 吸水時間とか設けません。 水と米いれて、いっきに炊きます。 その方が時短でウマい! 米を吸水させると、お米がかなり柔らかくなりまるため、吸水やめちゃいました(笑)。 洗ってすぐに、クックフォーミーで炊き始めちゃって大丈夫です。 無洗米も同様です。 炊く時間は、3分でオッケー。 クックフォーミーにプリセットされている時間です。 【2】炊きあがり後の、蒸らしの時間15分をマストで設ける 余熱10分程度、加圧3分でご飯が完成します。 完成のブザーがなってすぐ、ご飯をすぐに食べたくなります。 …でも、炊けてすぐのご飯は、こんなかんじで「べちゃっ」としてます。 「べちゃっとしすぎて失敗?ちょっと芯も残ってるし」…そう思っても大丈夫! フタをしめて15分、何もせずに蒸らしてください。 15分後、フタをあけると、あら不思議! 柔らかさ、ベチャっと感が消えました。 米粒も1粒1粒たっていて、モチモチして、とってもおいしいですよ。 30分以上おくと味がなじんで、バッチリです! というわけで、炊いてみてスグ「あれ、水分量を守ったのに、柔らかい…?」と思っても、安心してくださいね。 おかずを作りつつ、15分ほど、フタを閉めて完全放置しちゃってください。 べちゃべちゃ、柔らかすぎ…と思ったお米が、ふっくらしっとり…に変わりますよ。 炊き込みご飯っておいしいですよね。 でも、悲しいかな、実際やってみると失敗しやすい料理でもあります。 レシピ通り作っても、具から想像以上に水が出てべちゃっとなったり、逆に水が少なめで芯がのこったり…。 でも大丈夫! 具の中身をいろいろアレンジしつつも、クックフォーミーでウマウマな炊き込みご飯を作るコツ、あるんです。 具にはしっかり味がしみて、玄米は玄米の独特なくさみが一切なく、やさしくプチプチで白米と変わらぬうまさ。 玄米での炊き込みご飯です。 米3合で作るなら、液体の調味料いれたあとに、玄米3合の水分量の線まで水をいれる。 水をいれきったあとにはじめて具を入れる。 (じゃないと水分量がわかららなくなるため) ・具は目分量で、ご飯の4割程度にして、入れすぎない。 水分が出やすい具(しめじとか、えのきとか、大根とか)を使う場合は、水を30~50ミリくらい減らす。 ・具は上にのせるだけ。 炊く前には、ご飯とまぜない。 玄米で炊き込みご飯を作るなら、玄米のモードを使いましょう。 通常の白米での炊き込みご飯なら、オートで調理ができるよう、玄米の場合は使わない(加圧時間がちがうので)。 ・玄米の炊き込みご飯の場合、加圧時間は、25分がオススメ(もともとは20分がデフォルトで設定されてる時間を変更)。 これで若干固めに仕上がるようなら、そこから追加で3~5分加圧して調整する。 かなり固いようなら追加の加圧前に、だし汁少々たすのもアリ。 具の水分の量によりますが、我が家の玄米の場合は、加圧28~30分がちょうどいい模様。 ・加圧後はべちゃっとするので、蒸らしの時間はマストで設ける。 最低15分。 30分以上おくと味がなじんで、一気にめちゃウマになりますよ! クックフォーミーだと、炊き込みご飯の失敗率が格段にへります。 理由は、デジタルで時間を管理できる点にあります。 クックフォーミーで、ちゃちゃっと3分くらい追加の加圧すれば、加熱不足は解消! 炊飯器で再炊飯となると、このスピードは無理。 ご飯の時間数十分はおくれます。 しかも、1分単位で加圧の調整ができるので、べちゃっと柔らかくなりすぎる…までいかなくて済むんです。 azu ゆきさん 読んでいただき、ありがとうございます!そして、クックフォーミー仲間、嬉しいです! クックフォーミーでお米をたいて、べちゃっとなってしまうこと…あるあるです!(笑) せっかく頑張って炊き込みご飯などつくったのに、ちょっとショックですよね^^; 召し上がられてるお米によるのかもしれませんが、参考までに、対策書きますね。 【1】米を炊く前の吸水はさせない。 米をといでから、すぐに加圧をはじめる。 米を吸水させると、うちで買っているお米はやわらかくなりすぎるため、吸水やめちゃいました(笑)。 洗ってすぐにクックフォーミーで炊き始めちゃってます。 白米も玄米も同様です。 【2】炊きあがり後の、蒸らしの時間はマストで設ける。 最低、15分。 30分以上おくと味がなじんで、おいしいかなと思います。 とくに、クックフォーミーのピラフやお米系料理すべてにおいて【2】がポイントかと思います。 炊きあがり直後は、水分量を守っててもべちゃっとしちゃうので。 上記【1】【2】ともに、もしもうやってみた後でしたら、すみません! 私もほかに対策考えてみます。 クックフォーミーをまわりで使ってる人がだれもいないので、こういった情報交換できると嬉しいです! いい使い方や料理ありましたら、ぜひ教えてくださいね。

次の

ティファール 公式サイト

ティファール クック フォーミー レシピ

真っ白もちもち、あったかご飯。 どんぶりでかきこむように食べると、幸せを感じますね。 電気圧力鍋・クックフォーミーは、そんなウマウマご飯をたくことができる「炊飯器」でもあります。 ただ、実際やってみると、状況によっては「柔らかくなってしまう」「うまくたけない…」なんてことも。 そこで今回は、クックフォーミーで炊飯すること50回以上、もはやわが家の炊飯器の存在を消し去った私・あずもとが、クックフォーミーでご飯をたくコツを徹底解明! 白米はもちろん、おこげつきのウマウマ炊き込みご飯や、柔らかくなったご飯の対処法も、実験のうえ、まとめてみました。 さあ、クックフォーミーで炊く、むっちりピカピカ、ご飯の世界へまいりましょう…! 吸水時間とか設けません。 水と米いれて、いっきに炊きます。 その方が時短でウマい! 米を吸水させると、お米がかなり柔らかくなりまるため、吸水やめちゃいました(笑)。 洗ってすぐに、クックフォーミーで炊き始めちゃって大丈夫です。 無洗米も同様です。 炊く時間は、3分でオッケー。 クックフォーミーにプリセットされている時間です。 【2】炊きあがり後の、蒸らしの時間15分をマストで設ける 余熱10分程度、加圧3分でご飯が完成します。 完成のブザーがなってすぐ、ご飯をすぐに食べたくなります。 …でも、炊けてすぐのご飯は、こんなかんじで「べちゃっ」としてます。 「べちゃっとしすぎて失敗?ちょっと芯も残ってるし」…そう思っても大丈夫! フタをしめて15分、何もせずに蒸らしてください。 15分後、フタをあけると、あら不思議! 柔らかさ、ベチャっと感が消えました。 米粒も1粒1粒たっていて、モチモチして、とってもおいしいですよ。 30分以上おくと味がなじんで、バッチリです! というわけで、炊いてみてスグ「あれ、水分量を守ったのに、柔らかい…?」と思っても、安心してくださいね。 おかずを作りつつ、15分ほど、フタを閉めて完全放置しちゃってください。 べちゃべちゃ、柔らかすぎ…と思ったお米が、ふっくらしっとり…に変わりますよ。 炊き込みご飯っておいしいですよね。 でも、悲しいかな、実際やってみると失敗しやすい料理でもあります。 レシピ通り作っても、具から想像以上に水が出てべちゃっとなったり、逆に水が少なめで芯がのこったり…。 でも大丈夫! 具の中身をいろいろアレンジしつつも、クックフォーミーでウマウマな炊き込みご飯を作るコツ、あるんです。 具にはしっかり味がしみて、玄米は玄米の独特なくさみが一切なく、やさしくプチプチで白米と変わらぬうまさ。 玄米での炊き込みご飯です。 米3合で作るなら、液体の調味料いれたあとに、玄米3合の水分量の線まで水をいれる。 水をいれきったあとにはじめて具を入れる。 (じゃないと水分量がわかららなくなるため) ・具は目分量で、ご飯の4割程度にして、入れすぎない。 水分が出やすい具(しめじとか、えのきとか、大根とか)を使う場合は、水を30~50ミリくらい減らす。 ・具は上にのせるだけ。 炊く前には、ご飯とまぜない。 玄米で炊き込みご飯を作るなら、玄米のモードを使いましょう。 通常の白米での炊き込みご飯なら、オートで調理ができるよう、玄米の場合は使わない(加圧時間がちがうので)。 ・玄米の炊き込みご飯の場合、加圧時間は、25分がオススメ(もともとは20分がデフォルトで設定されてる時間を変更)。 これで若干固めに仕上がるようなら、そこから追加で3~5分加圧して調整する。 かなり固いようなら追加の加圧前に、だし汁少々たすのもアリ。 具の水分の量によりますが、我が家の玄米の場合は、加圧28~30分がちょうどいい模様。 ・加圧後はべちゃっとするので、蒸らしの時間はマストで設ける。 最低15分。 30分以上おくと味がなじんで、一気にめちゃウマになりますよ! クックフォーミーだと、炊き込みご飯の失敗率が格段にへります。 理由は、デジタルで時間を管理できる点にあります。 クックフォーミーで、ちゃちゃっと3分くらい追加の加圧すれば、加熱不足は解消! 炊飯器で再炊飯となると、このスピードは無理。 ご飯の時間数十分はおくれます。 しかも、1分単位で加圧の調整ができるので、べちゃっと柔らかくなりすぎる…までいかなくて済むんです。 azu ゆきさん 読んでいただき、ありがとうございます!そして、クックフォーミー仲間、嬉しいです! クックフォーミーでお米をたいて、べちゃっとなってしまうこと…あるあるです!(笑) せっかく頑張って炊き込みご飯などつくったのに、ちょっとショックですよね^^; 召し上がられてるお米によるのかもしれませんが、参考までに、対策書きますね。 【1】米を炊く前の吸水はさせない。 米をといでから、すぐに加圧をはじめる。 米を吸水させると、うちで買っているお米はやわらかくなりすぎるため、吸水やめちゃいました(笑)。 洗ってすぐにクックフォーミーで炊き始めちゃってます。 白米も玄米も同様です。 【2】炊きあがり後の、蒸らしの時間はマストで設ける。 最低、15分。 30分以上おくと味がなじんで、おいしいかなと思います。 とくに、クックフォーミーのピラフやお米系料理すべてにおいて【2】がポイントかと思います。 炊きあがり直後は、水分量を守っててもべちゃっとしちゃうので。 上記【1】【2】ともに、もしもうやってみた後でしたら、すみません! 私もほかに対策考えてみます。 クックフォーミーをまわりで使ってる人がだれもいないので、こういった情報交換できると嬉しいです! いい使い方や料理ありましたら、ぜひ教えてくださいね。

次の