体調 に 気 を つけ て メール。 体調に気をつけて メール

体調を気遣う言葉「お体に気をつけて」の使い方と類語

体調 に 気 を つけ て メール

「体調を気遣うメール」を送るとどうなるか? よそよそしいやり取りから一転、とても親しみをもってくれるようになります。 そして、親しくなっておくと何がいいのか?ご存知ですか? 仕事でトラブルにが起きたときの、「あたり」が違うのです。 これは、実体験で、本当に感じていることです。 メールを通じて、仲良くしている取引先の方との間にトラブルが起きたとしても• 」 疑いからではなく、信頼があるところからのトラブル解決は、解決までの時間が短くてすむので、仕事の進行の妨げになる時間は最小限で済みます。 お客さんとの信頼関係は、こんなところで効果を発揮します。 お客さんとの関係を近くする「体調を気遣うメール」文例 「そうは言っても、具体的にどんなふうにメールしていいか分からない・・」 そんなあなたのために、私が実際にお客さんとのやり取りの仲で頂いたメールにあった一文をご紹介します。 「朝晩肌寒くなったせいか、身の回りに自分も含めて風邪を引く人が続出中です。 」 これから寒くなる10月頃に使えそうなフレーズです。 周りの人と自分の体調から、こちらの体調まで気遣ってくれるイマジネーションに感服しました。 「まだまだ暑い日が続きますが、お互いにがんばりましょう。 」 真夏の暑いときには、こちらなどいかがでしょう? 「梅雨空が続きますのでくれぐれもお身体お大事に。 」 6月にぴったりなフレーズです。 梅雨の時期は憂鬱なもの。 でもこの一言でちょっと気が和らぎますね。 「寒さ厳しき折、お風邪など召さぬようご自愛ください。 」 こちらはちょっと目上の方向けの丁寧な言い回しです。 目上の人は、大事にされて嫌な気になる人はいません。 「お仕事、大変かとは存じますが、大丈夫でしょうか?ときおりお休みくださいね」 納期がある仕事に挑んでいる取引先には、ねぎらいの言葉をちょっと入れてみましょう。 違う仕上がりの成果物が上がってくること請け合いです! 実際にメールの文末に体調管理や気遣う文を付けてみよう! 上に文例を挙げましたが、そのままではなく、どんどん自分流にアレンジして下さい。 むしろ、どんどん自分の言葉でアレンジしたほうが、より息遣いの聞こえるメールになること請け合いです! メールは、顔も声色もわからない分、ちょっとくらい大げさな表現の方が相手に伝わります。 特に、こういったポジティブ、前向きなことの場合はなおさらです。 思いやり、やさしさって、イマジネーション、想像力なんです。 日常生活で、自分の体調に気を配ってくれる人、いますか? 一人暮らしだと、気が付いてもらえないこともあるのではないでしょうか? そんなときに、仕事のメールでも体調のことを気遣ってもらえただけで、ほろっときてしまいますよね。 情けは人のためならず。 優しくしてあげられる余力があるときに、ぜひ優しい言葉を投げかけておきましょう。 誰かにかけた情けは、巡りめぐって自分に戻ってきます。

次の

体調に気をつけて メール

体調 に 気 を つけ て メール

三重県鈴鹿市の魅せ方話し方講師 浜田果歩です。 季節の変わり目で、毎日の気温の変化も大きく、体調を崩しやすい時期ですね。 このような時期には、手紙やメールなどにも、相手の体調を気遣う言葉を入れる方が多いと思います。 この時に、目上の方へ、 「体調に気をつけてください」という表現をされる方がいます。 これは、敬語表現になっていません。 上司が部下に言う場合の言い方ですので、大変失礼になります。 目上の方に対しては 「体調には、お気をつけになってくださいませ」 「体調には、くれぐれもお気をつけくださいませ」 もっと丁寧に表現すると 「体調には、くれぐれもお気をつけになってお過ごし下さいませ」 あるいは、もっと丁寧さを感じる言葉として 「どうぞご自愛くださいませ」 「くれぐれも、ご自愛くださいませ」 「体調を崩されませんように、ご自愛のほどお祈り申しあげます」 というように「ご自愛」を使います。 「ご自愛」は、「自分の体調に気をつけて大切にする」という意味ですから、 「お体、ご自愛ください」という使い方は、間違いです。 また、「ご自愛ください」は書き言葉として使われることが多いので、口語の場合は、 「どうぞ、くれぐれも、お体、お気をつけになってくださいませ」と、「気をつける」を使いましょう。 目上の方へ失礼のない言葉遣いは、信頼へとつながります。 「正しい言葉遣いワンポイントレッスン」動画 こちらもぜひ、ご覧下さいね。 話し方オンラインレッスン開講します!! 家に居ながらにして、話し方の基本をじっくりと学んでいただける オンラインの定期グループレッスンです。 オンラインでも、おひとりずつスピーチをしていただきますので、他の受講者さんのスピーチを見て聞いていただくことで、聞く力も自然と身につけていただくことが出来ます。 6回の定期レッスンです。 欠席された場合は、レッスン内容の録画をお送り致します。 オンライン1DAYレッスン 印象の整え方・話の構成法・あがりの克服法が1日でわかる 「1DY伝わる話し方レッスン」 定期レッスンが難しい方、短時間で話し方のポイントを身につけたい方におすすめです。 オンラインセミナー 大人の女性として、一段と魅力ある人になるためのセミナーです 個人レッスン 自宅に居ながらにして、話し方・魅せ方を身につけられる!! スピーチ・会話・オンラインでの話し方・印象力・声の出し方 自分の苦手をマンツーマンレッスンで克服しましょう!! 6カ月コース 1年コース 水曜朝 10時15分~12時 声で、あなたの強みや特性がわかります。 自分の潜在意識・顕在意識を客観的に見ることで、ストレスからの解放法や、今後の方向性などを探ります。 毎日、実践していただきたい課題もお伝えしていますので、ぜひ、実践してみてくださいね。 *携帯メールは、届かない場合が多いようです。 なるべくパソコンアドレス、もしくはGmailでのお申し込みをおススメいたします。 の登録お申し込みはこちら line@で、ぜひ、おともだちになってくださいね。 ご希望の方に、 「あなたの話を最も効果的に伝えるための6つのポイント」をお届けします。 友だち登録後、メッセージをお送りいただくと、私と1対1でのトークが可能となります。

次の

「体に気をつけて」に関連した英語例文の一覧と使い方

体調 に 気 を つけ て メール

基本的に「お体に気をつけて」は手紙やメールで使われることが多いでしょう。 手紙やメールでは、文章の形式というものが重視されます。 最後の文末には締めの挨拶をすることになり、そのときの定番として「お体に気をつけて」が使われるのです。 慣用的な表現となっているため、文末をどうするか迷ったときには「お体に気をつけて」を使っておけば便利でしょう。 「お体に気をつけて」を文末に書くだけで、その手紙やメールがきちんと形式にのっとったものとなるのです。 一般的な手紙だけではなく年賀状に使われることも多いです。 年賀状の最後に相手の体調を気遣う文章を載せると印象が良いです。 年賀状の書き方に悩んでいる人は積極的に「お体に気をつけて」を使いましょう。 「お体に気をつけて」はこれだけで単独で使われることもあるのですが、手紙やメールでは前後にいろいろな言葉を付け加えて使うのが一般的です。 そこで、どういう言葉をつけるのかによって、たくさんのバリエーションがあります。 たとえば、季節によって言葉を変えることができ、「お体に気をつけて」を用いた表現は1年を通してずっと使い続けることができるのです。 年賀状と夏場の手紙では、「お体に気をつけて」の文の書き方は変わってくるでしょう。 前後の文章を工夫すると、毎回違った表現にすることができます。 毎回、同じ表現ばかり使っていると手抜きの印象を与えてしまうかもしれません。 それは失礼になってしまうため注意しましょう。 例文 ・「お体に気をつけて良い年をお過ごしください」 ・「風邪など召されませんよう、お体に気を付けてお過ごしください」 年賀状は新年の挨拶をするものであり、新しい1年ずっと健康で暮らしていけるようにという気持ちを込めた手紙を作成しましょう。 年賀状の文末の締めとして「お体に気をつけて」は定番な表現といえるでしょう。 また、年賀状を出すシーズンというのは冬場で風邪を引きやすい時期のため、このことに言及するのも良いでしょう。 年賀状は決まりきったフレーズばかり使われることが多いため、表現を工夫しましょう。 「お体に気をつけて」の文章にもいろいろなパターンがあるため、年賀状で使うときにはオリジナリティを出すと良いでしょう。 そうすれば印象に残る年賀状を作れます。 心をこめた年賀状にしましょう。

次の