フェデラー最強。 ロジャーフェデラーのプレースタイル

ロジャーフェデラーのプレースタイル

フェデラー最強

男子テニスの世界ランク2位、ラファエル・ナダル(右)のおじで元コーチのトニ・ナダル氏は、今の世代では同4位のロジャー・フェデラー(左)が最強と述べた。 トニ氏はユーロスポーツの番組「プレーヤーズ・カット」で「フェデラーは素晴らしい選手」とコメント。 「私がラファエルのおじでもコーチでもなければ、フェデラーに全ての試合に勝ってほしい。 彼のプレーはとても優雅かつ効果的なので気に入っている」と語った。 さらにトニ氏は「フェデラーは史上最強。 ロッド・レーバー(オーストラリア)も同等かもしれないし、ラファエルとの差も大きくはない。 しかし現時点ではフェデラーが最強」と話した。 また、同氏はナダルにとっては世界1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)との対戦の方が困難とも発言。 直接対決では29勝26敗とジョコビッチが上回っている。 メジャー過去13大会では、ナダル、フェデラーかジョコビッチが優勝。 8月に39歳となるフェデラーはメジャー大会で通算20勝を挙げており、ナダルは19勝、ジョコビッチは17勝している。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

『ロジャー・フェデラー』男子テニス最強プレイヤーの生い立ちと名言│御パンダと合理天狗の雑記

フェデラー最強

フェデラーのフォアハンドは世界でもトップクラスの威力を持ち、テニスをプレーする方の憧れでもあります。 動画を見ていただいてもその華麗なフォームで変幻自在のコースに矢のような威力あるボールを放っています。 フェデラーに憧れ打ち方を真似しようと思った方も多いと思いますが、実はフェデラーのフォアハンドは基本に忠実でお手本のようなフォームをしている一方で、フェデラーにしかできないいくつかの特徴があります。 まずは、フェデラーの凄さを解説した後に、フェデラーのフォアハンドの打ち方を徹底解説していきます。 真似をすべき所のコツと気軽に真似をしてはいけないポイントも合わせて解説していますので、ぜひご参考ください。 イースタングリップは、フラットに適した握り方といえます。 そのため、フェデラーのフォアハンドはフラットやフラットドライブ主体でスピードのあるボールを打っています。 プロのような勢いのあるボールをイースタングリップで受けると、大抵勢いに負けて弾かれてしまいます。 ですがフェデラーは、 体幹の強さやタッチ感覚・手首の柔らかさがずば抜けてることで、プロのボールでも精密機械のようにスピードボールでコントロールすることを可能にしています。 これは、フェデラーにしかできない芸当で、一般プレーヤーが薄い握り方でフェデラーのフォアハンドの真似をしてもうまくいきません。 グリップ1つを見てもフェデラーの凄さをうかがえます。

次の

フェデラー 雪が降るなかで壁を相手にトリックショットを連発

フェデラー最強

史上最強との呼び声も高い選手、ロジャー・フェデラーのフォアハンドは、自分からガンガン打つというよりも、相手の力をうまく利用するタイプです。 フォアハンドは美しく、なめらかな動きで、スムーズな身体の回転を利用して打ちます。 体幹がしっかりしており、無駄な力が入らず、こめた力が逃げない省エネのフォームと言えます。 ハンド・アイ・コーディネーションが非常に良く、ミスヒットが少ないし、微妙なタッチのショットも抜群にうまく、他の選手たちからは「ゴッドハンド」とも呼ばれています。 フォームのなめらかさが特徴で、現代的な強打もできる理想的なフォアハンドです。 ぜひ、生でフェデラーの試合見てほしいと思います。 スイングがなめらかで美しいです。 フォームに硬さがないので、ボールの「深さ、角度、スピード、高さ、スピン」を多様に使うことができ、非常に多くの戦術を使うことができます。 コンパクトな構えから、腕が急に伸びてくる。 インパクトしてからフォロースルーを終えるまで、上半身の回転のスピードは鋭い。 全選手中最もテイクバックはコンパクトです。 自然すぎて、テニスが簡単に思えてきます。 無駄な力が入らず、コースが読めずどこを狙っているのかボールを打つ瞬間まで分かりません。 対戦相手は大変だろうと思います。 戦術的には、フェデラーは、相手をむやみに走らせません。 相手をやみくもに走らせても、リズムを与えてしまい、相手の調子を上げてしまうからです。 フェデラーは突然コーナーに打ちます。 相手は、走り慣れていないので、いつもなら届くようなボールに届かず、ミスをしてしまう。 大事なポイントでその戦術を使うから、勝負強いです。

次の