業物 装填拡張 どっち。 【MHWIB】ラージャンライトと覚醒水ライト徹甲榴弾Lv3を使うならどっちがいい?

【MHWアイスボーン】ヘビィボウガンのおすすめ最強装備|覚醒武器【モンハンワールド】|ゲームエイト

業物 装填拡張 どっち

金獅子砲【万雷】のメリット・デメリット 金獅子方【万雷】のメリットとデメリットを考えていきたいと思います。 メリット ・攻撃力が高い。 金獅子砲【万雷】は2019年12月時点では最高火力のライトボウガンになります。 徹甲榴弾のダメージは攻撃力依存になるので、多くのダメージを与えたい場合は攻撃力を上げるのにつきます。 ・装填数が多い。 デフォルトで2発装填可能で、装填拡張スキルを3つつけると3発まで拡張が可能です。 継戦能力が高く、また弾数管理も行いやすいのがメリットです。 デメリット ・反動が大きい 反動が大きいです。 徹甲榴弾Lv3を撃てるライトボウガンのほとんどは、反動が大きく設定されています。 反動軽減パーツを2つつけても、反動大になります。 リロードも遅いため、回避装填パーツをつけないと使用は難しい武器です。 赤龍ノ狙ウ弩・水のメリットデメリット メリット ・覚醒能力でシリーズスキルを付与できる。 これが赤龍ノ狙ウ弩・水を使う上での最大のメリットだと思います。 素火力は低めでも、シリーズスキルを付与することによって、火力を高めることが可能です。 砲術5、真・弾丸節約の両立や、砲術5・KO術5の両立なんてことも可能になります。 砲術5・KO術5で使用すると、かなり火力が高く、面白いくらい相手がスタンしまくります。 また、武器にシリーズスキルを付与できることで、ビルドに幅を持たせることができることも意味しています。 金獅子砲【万雷】より武器の火力は低いですが、同じスキル構成だけど金獅子ビルドより攻撃を盛れる、なんてことも可能です。 覚醒能力として、ゾラマグナがあまり出てこないのがネックですね。 ・反動が普通になる。 こちらもかなり大きいメリットではないかと思います。 反動軽減パーツを2つ使用すると、反動が普通になります。 反動が普通以上になると移動しながら、発射が可能になり、非常に戦いやすくなります。 デメリット ・弾数が少ない デフォルトで1発しか装填できないのが、赤龍ノ狙ウ弩・水の最大のデメリットです。 装填拡張スキルを入れても、2発にしかなりません。 参考動画 参考動画として、真・弾丸節約を使用した時のダメージを載せておきます。 「金獅子砲【万雷】と」「赤龍ノ狙ウ弩・水」、真・弾丸節約は共通して使用し、ほぼ同じスキル構成での威力比較を行っています。 「赤龍ノ狙ウ弩・水」は覚醒能力としてシリーズスキルを付与し、砲術5・真・弾丸節約をいれています。 金獅子砲【万雷】 金獅子砲【万雷】のスキル構成です。 徹甲榴弾Lv3を使用する際、今までメインで使っていた構成です。 業物の護石を持ってなかったので、このような構成で使用していました。 KO、砲術、フルチャージは基本ですね。 スタミナ急速は回避装填を行うので、あるとかなり便利なスキル。 赤龍ノ狙ウ弩・水 対して比較対象、赤龍ノ狙ウ弩・水のビルドはこちら。 攻撃に関する構成は、金獅子砲【万雷】とほとんど同じです。 覚醒能力の構成としては、迅竜の真髄と攻撃6555です。 そのため、余った1枠にゾラマグナ防具を入れ、砲術5を導入しました。 また、挑戦者スキルや特殊射撃強化スキルも入れることができました。 似たようなビルドですが、中身は結構変わりますね。 武器にシリーズスキルを使用できるだけでこれだけ変わります。 砲術5を使用しているため、攻撃力は金獅子砲【万雷】より低いですが、威力はこちらのほうが高くなりました。 最後に 同じ砲術5で比較すれば、金獅子砲【万雷】の火力のほうが高いでしょう。 また、継戦能力も金獅子砲【万雷】のほうが高いです。 しかし、赤龍ノ狙ウ弩・水は金獅子砲【万雷】にはないビルドの幅の高さがあります。 ビルドによっては金獅子砲【万雷】以上に狩りやすくなるでしょう。 赤龍ノ狙ウ弩・水でいろんなビルドを試してみてくださいね。 ではまた次回〜。 赤龍ノ狙ウ弩・水の徹甲榴弾ビルドはこちらに書いています。 著者の基本的な食事 これにプロテインなどがプラスされます。

次の

【MHWI】絶対入手すべき、アタリ覚醒武器とその装備の紹介

業物 装填拡張 どっち

強化パーツ• 反動が少ないほど次の弾を撃つまでの感覚が短くなり、その分ダメージ増加が期待できるので、反動抑制パーツは優先的に装備しましょう。 また、リロード補助パーツを1つ取り付けることで水冷弾のリロード速度を「やや遅い」から「普通」に短縮することが出来ます。 カスタム強化• 会心率強化II EXシルバーソル防具のシリーズスキル「銀火竜の真髄」を覚醒能力で発動。 スキル発動のために会心率も強化しています。 覚醒能力の「会心率強化V」とカスタム強化の「会心率強化II」を合わせると、武器の基礎会心率が40%まで上昇。 会心率がそれほど必要ない場合は「攻撃力強化V」を積みましょう。 攻撃で会心が発生した際に、与える属性ダメージが高くなります。 武器の基礎会心率と見切りLv7の効果で、どの部位に攻撃が当たっても 80%の確率で会心が発生します。 覚醒能力で「攻撃力強化」を積むスタイルでは、ムフェトジーヴァの「翼」破壊を狙う際に「弱点特効」の効果があまり期待できなかったので、武器の会心率自体を上げてみました。 攻撃力の低さはフルチャージで補っています。 弱点部位に関係なく高い会心率が期待できるので、ムフェトジーヴァの部位破壊を狙うのに最適です。 EX龍紋シリーズの水速射ライト装備 EX龍紋シリーズ用のカスタマイズ カスタム強化• 回復能力付与II• 属性・状態異常強化I ムフェトジーヴァ防具のシリーズスキル「龍脈覚醒」が発動していると、攻撃時に自傷ダメージを受けるようになるので、その対策として武器のカスタム強化で「回復能力付与」を積んでおきましょう。 回復能力付与を積んでおけば受ける自傷ダメージ分を回復させることが出来るので、シリーズスキルのデメリットなしに安定して立ち回ることが出来ます。 自傷ダメージを利用して「 逆恨み」を発動させつつ、カスタム強化の「 回復能力付与」で体力を回復するスタイルです。 ただし、攻撃を外してしまうと自傷ダメージを受け続けてしまうので、体力の量には充分に注意して立ち回りましょう。 自傷ダメージがきついと感じた人は「精霊の加護」を「体力回復量UP」に変更して、回復する量を調整してください。 徹甲榴弾運用の装備 徹甲榴弾ライトのカスタマイズ カスタム強化• 回復能力付与• 攻撃力強化 EXゾラマグナ防具のシリーズスキル「熔山龍の真髄」を覚醒能力で発動。 その他の覚醒能力やカスタム強化に関しては「攻撃力強化」で埋めています。 徹甲榴弾運用では会心率を上げる必要はないので、ひたすら攻撃力を強化していきましょう。 スキルの発動確率は約25%ということなので、4発に1発の割合で発動。 非常に弾持ちが良いので、ムフェトジーヴァのような同じエリアで長時間戦うモンスターに効果的です。 覚醒能力を「 迅竜の真髄」に変え、ナルガ2部位とゾラマグナ3部位で運用しても同じシリーズスキルが発動します。 手持ちの覚醒武器に合わせて装備を組んでみてください。 KO術を5まで積むと気絶威力を1. 6倍まで上げることができ、モンスターをスタンさせやすくなります。 ムフェトジーヴァをスタンさせて部位破壊の手助けをするのがこの装備の狙い。 1回のクエストで4回くらいスタンが取れます。 頭の部位破壊を狙うことも出来るので非常におすすめ。 ただし、上で紹介したナルガ&ゾラマグナ装備よりは弾持ちが良くないので注意が必要です。 水速射ライトでの立ち回り方 水速射ライトを担ぐ場合、ムフェトジーヴァ戦では基本的に「 翼」の部位破壊を担当することになります。 部位破壊できていない箇所を優先的に攻撃• エリア3では「腹部」を攻撃• 徹甲榴弾、麻痺弾、睡眠弾の使用はエリア3から クエスト2週目では「部位破壊できていない箇所」や「腹部」を優先して攻撃します。 ムフェトジーヴァが臨界状態になるエリア3で攻撃を集中させたいので、モンスターの動きを止める徹甲榴弾、麻痺弾、睡眠弾の使用はエリア3まで控えましょう。 まとめ 以上、ムフェトジーヴァの水速射ライト「赤龍ノ狙ウ弩・水」用装備の紹介でした。 「水速射ライト」と「徹甲榴弾ライト」、どちらで運用しても強力です。 徹甲榴弾でスタンが狙える他に、麻痺弾や睡眠弾で味方のサポートも行えるので、水速射ライトが1人でもいてくれればクエスト周回が非常に楽になります。 ムフェトジーヴァ周回の際は、是非「水速射ライト」を担いでみてください。

次の

【MHWアイスボーン】ヘビィボウガンのおすすめ最強装備|覚醒武器【モンハンワールド】|ゲームエイト

業物 装填拡張 どっち

ハンターのみなさん! 調子はいかがでしょうか? 僕は、最近やっと 導きの地に慣れてきまして。 始めたばかりの狩り仲間のお手伝いをしつつ、合間、合間に導きの地……といった感じで、毎日眠気の限界が来るまで遊んでいます。 あぁ、モンハン楽しい。 それで本題なんですけど、ついに見つけてしまいました。 ヘビィボウガンを愛用しているガンナーなら、一度は試したくなるであろう ゾンビヘビィ装備の最終形態を。 (ゾンビヘビィに必須なスキル構成を発動させるにはこの組み合わせしかなさそうっていう意味で。 ) アイスボーン向けゾンビヘビィ装備の スキル構成と 必要な装飾品、僕はまだ最終段階まで行けてないため、 目指すその先まで、さくっとご紹介していこうと思うので、ゾンビヘビィで快適にモンスターと戦いたい! という人はぜひ参考に。 装備を揃えること自体は全然難しくないので、すぐに揃えられるかと思います。 装飾品無しで発動スキルは以下の通り。 装飾品無しの発動スキル• 見切り Lv. ガード性能 Lv. 3 ~ 5(護石の強化具合によります。 体力回復量UP Lv. 回復速度 Lv. 龍属性強化 Lv. 超回復力(シリーズスキル) うん、スキルは全体的に中途半端ですね。 これが装飾品がシビアになった理由です。 ゾンビヘビィとして、確実に発動させたいスキルは、 体力回復量UP Lv. 3、 回復速度 Lv. 3、そして、シリーズスキル「 超回復力」。 安定感抜群な「体力増強」や、トータルで火力をUPしてくれる「業物・弾丸節約」などは発動させる余裕がありませんでした。 ちなみに、この装備は「鉄壁の護石」を「業物の護石」に付け替えれば「 業物・弾丸節約」を発動可能です。 守りの硬さを取るか、トータルな火力UPを取るかはあなた次第。 見切り Lv. 体力回復量UP Lv. 回復速度 Lv. 弱点特攻 Lv. ガード性能 Lv. 3 ~ Lv. 散弾・剛射強化 Lv. 超会心 Lv. 龍属性強化 Lv. 滑走強化 Lv. 1(おまけ)• 攻めの守勢 Lv. 1(おまけ)• 超回復力(シリーズスキル) ざっとこんな感じ。 アイスボーンでは、鉄壁の護石を強化すればガード性能をLv. 5まで上げれるため、守りの硬さは 鉄壁の護石の強化次第と思ってもらえれば! それじゃ、もう少し詳しく 使っている装飾品について見ていきましょう。 7は無理なく発動できるかと。 入手が難しくて、この装備構成で必須な装飾品は……• 解放珠• いずれの装飾品も 様々な装備構成で使えるものばかりなので、一つの目標にするといいかもしれません。 貫通ヘビィでも、通常ヘビィでも、各種弾丸強化の装飾品を持っていれば、自由に付け替えられますが、ゾンビヘビィはシールド散弾との相性が良いんですよね。 ゾンビヘビィのおすすめ武器は、 王牙砲【震雷】。 武器のカスタム強化は「回復能力付与」がおすすめです。 ヘビィボウガンは、 カスタム強化【回復能力付与】の回復量が少ないんですが……、ガード性能がしっかりついているため、モリモリ回復しながら戦えるようになります。 王牙砲震雷までに必要な素材は以下の通りです。 雷狼竜の雷電殻は、ジンオウガの背中破壊と腕破壊の部位破壊報酬から出るんですけど、まぁ出ないこと。 何度か周回しないとかも……です。 霊脈の剛竜骨は、導きの地の 危険度レベル2の歴戦モンスターから入手可能です。 5の組み合わせはガッチガチになります。 さらに ガード強化もあれば怖いもの無しなんですけど、僕は装飾品が無いし、火力も落ちるので諦めました。 この装備でよく使う 基本の武器カスタマイズは……• 反動抑制(ジンオウガヘビィは必須)• 近距離射撃• 近距離射撃• シールド• シールド モンスターにより付け替えたりもしますが、これが安定して立ち回れるラインかな? と。 ガード性能がLv. 【おまけ】導きの地は、破壊王と地学を発動させていきましょう 導きの地はこんな感じのスキルでウロウロしてます。 最後におまけなんですけど、導きの地って 地質学Lv. 1を付けると、部位破壊でモンスターが落とす落とし物が増えるんですって。 知ってましたか? 僕は最近知りました。 普通に驚き。 地質学 Lv. そういう仕様なのか、不具合で今だけなのか分からないですが、これは活用しとかないともったいないですよね。 導きの地で「地質学 Lv. 1」を落とすと、モンスターの落とし物が増えます。 素材を入手したいだけなら、部位破壊を効率よくするため、「破壊王Lv. 3」もおすすめ。 3」を付ければさらに効率はUP! 今回紹介したゾンビヘビィ装備は、スキルスロットも多いため、ぜひ 地質学 Lv. 1と 破壊王 Lv. 3を発動させて導きの地に行きましょう! ゾンビヘビィ、おすすめです MHW アイスボーンの 導きの地って今までのモンハンにはなかったタイプのエンドコンテンツですけど、どうしてこんなに楽しいのか。 し、これはしばらくモンハンから抜け出せなさそうです。 それも僕の中で。 ゾンビヘビィは、 安定するし、楽しいし、間違いなくおすすめですが、火力で言えばもっとすっごいヘビィボウガン用装備もあるし、機関竜弾特化とか面白い構成の装備もあるので、ゾンビヘビィ装備を含め、色々試してみましょう。

次の