ニッセイ 確定 拠出。 転職・退職時には「確定拠出年金(DC・401k)」の手続きを! [仕事・給与] All About

確定拠出年金のお得な受給方法とは?3つの方法から賢く選ぼう!

ニッセイ 確定 拠出

あ行 アクティブ運用 運用会社が、銘柄選択・資金配分・売買タイミング等を独自に判断し、ベンチマーク(日経平均株価やTOPIX等の市場平均)を上回る運用成績を目標とする運用方法。 安定収益追求型バランスファンド 株式や債券等の配分比率を、経済環境や市場動向に応じて運用会社が機動的に変動させることで、リスクを抑えながら安定的に収益を積上げることを目標とするバランスファンド。 株式や債券等の配分比率を固定する従来のバランスファンドと区別される。 インデックス運用(パッシブ運用) ベンチマーク(日経平均株価やTOPIX等の市場平均)に連動する運用成績を目指す運用方法。 パッシブ運用とも呼ばれる。 運営管理機関 確定拠出年金制度の運営・管理を行う機関。 加入者に関する情報の記録・保存等の記録関連業務を行う「記録関連運営管理機関」と、運用方法の選定・提示等の運用関連業務を行う「運用関連運営管理機関」に分類される。 運営管理機関になるためには主務大臣への登録が必要で、運営管理機関の一覧は厚生労働省のHPで公開されている。 日本生命が運営管理機関を務める確定拠出年金制度では、「運用関連運営管理機関」が日本生命、「記録関連運営管理機関」が日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社(NRK)となっている。 運用指図者 掛金拠出が無く、運用の指図のみを行う人のこと。 個人型の場合は、加入資格のなくなった人のほか、希望により運用指図者となることもできる。 (企業型の場合は、資格喪失年齢に到達して加入者でなくなった人、またはその企業型制度で障害給付金の受給権を持つ人が該当する。 ) なお、確定拠出年金の「加入者」とは掛金拠出が有る人を指すため、運用指図者は「加入者」ではない。 加入者と運用指図者を合わせて「加入者等」と呼ぶ。 運用商品預替(スイッチング) 保有している運用商品を売却し、その資金で他の運用商品を購入すること。 スイッチングとも呼ばれる。 運用割合変更 掛金で購入する商品について、その配分割合を変更すること。 か行 確定給付企業年金(DB) 従業員の給与水準や勤続年数に応じて給付額があらかじめ決められ、年金数理に基づいて算出した掛金を払い込む制度のこと。 企業が拠出金を一括して運用し、給付を保証する。 確定拠出年金(DC) あらかじめ決められた掛金を拠出し(払い込み)、その運用実績により給付額が変動する制度のこと。 企業または個人が掛金を拠出し、加入者自身が自己責任で運用を行う。 確定年金 受給者の生死に関係なく、10年、15年等のあらかじめ定められた一定期間にあらかじめ定められた一定額が支払われるタイプの年金のこと。 年金受取期間中に死亡した場合、残りの期間に対応する年金の現価に基づき計算される金額等が遺族に支払われる。 元本確保型商品 元本の保全を重視した商品のこと。 元本確保型商品の主なものには、保険、預金等がある。 基準価額 投資信託の受益権1口当たりの時価(純資産価値)を示す価額のこと。 資産から手数料等の負債を控除した純資産総額を、そのときの受益権口数で除して求められる金額となる。 拠出限度額 確定拠出年金において、拠出できる掛金の上限額のこと。 拠出限度額は、加入している確定拠出年金が企業型か個人型か、および自分の立場、加入している他の年金制度等によって異なる。 個人型確定拠出年金の拠出限度額は以下のとおり。 国民年金基金を途中で脱退した人(加入員期間15年未満)や解散基金の加入者に対する年金原資を一元的に管理して年金や遺族一時金の給付を行い、共同事務処理事業等を行う。 また、個人型の確定拠出年金においては、年金規約の制定、加入申込の受付、拠出限度額の管理等、多くの役割を担う。 個人型確定拠出年金 国民年金基金連合会が主体となって、60歳未満の自営業者、企業の従業員(企業型年金の加入者にあっては、加入している制度が加入者掛金(マッチング拠出)を導入しておらず、個人型確定拠出年金への加入を可能とする旨を規約で定める企業の加入者に限る)、公務員、専業主婦(夫)等を対象として実施する確定拠出年金制度のこと。 個人が任意で加入し、拠出限度額の範囲内で任意に拠出を行う。 個人型年金規約 国民年金基金連合会が作成し、個人型年金を遂行するにあたり一定事項を定めたもの。 主な内容に、(1)委託を受けた運営管理機関の名称・業務等、(2)掛金額の決定・変更、給付の額・支給方法、事務費の負担に関する事項、(3)運用方法の提示・運用指図に関する事項等がある。 さ行 GIC 利率保証契約 Guaranteed Interest Contract のこと。 確定拠出年金制度の運用商品の中では、「元本確保型商品」に分類され、保険会社が取扱う「利率保証年金」等が該当する。 市中金利水準に応じて、5年や10年といった一定期間(満期)にわたって利回りが保証される運用商品で、満期まで保有した場合は元本が保証されているものの、満期前に解約する(資金を引き出す)場合には解約控除が課される場合がある。 終身年金 生存している限り年金が受取れるタイプの年金のこと。 支払保証期間が10年、15年といった支払保証期間付きのタイプがある。 信託財産留保額 投資信託を信託期間の途中で換金(売却)する際の費用。 資金流出が起きる投資信託の安定性を高めるのと同時に、換金(売却)せずに長期間保有する投資家との公平性を確保するために、換金(売却)代金から差し引かれ、投資信託に残される。 信託報酬 信託業務の対価として、受益者(投資家)から販売会社・運用会社・受託銀行に対し、信託財産から支払われる報酬のこと。 投資信託を保有している間にかかる費用であり、資産額に対する比率(年率)で表される。 セーフティーネット もともとは預金先の金融機関が破綻した際の、預金の保護に関する取扱いのことだが、今日的には銀行・保険会社・証券会社等に預けている資産について、それらの金融機関が破綻した場合に保護される仕組みを総称してセーフティネットという。 金融商品ごとに、保護される仕組みは異なる。 た行 第1号被保険者 国民年金の加入者のうち、20歳以上60歳未満の自営業者・農業者とその家族・学生・無職の人等の、第2号被保険者・第3号被保険者ではない者のこと。 第2号被保険者 国民年金の加入者のうち、民間の会社員や公務員等の厚生年金の加入者のこと。 第3号被保険者 国民年金の加入者のうち、厚生年金に加入している第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者(年収が130万円未満)のこと。 通算加入者等期間 確定拠出年金制度(企業型または個人型)の加入者である期間(運用指図者として資産運用のみ行っていた期間を含む)のこと。 確定拠出年金の加入にあたって、その他の退職金・年金制度から確定拠出年金に資産を移換した場合には、移換元制度の加入期間も通算される。 特別法人税 年金資産に対して課税される法人税のこと。 年金制度は、掛金の拠出時点では将来の給付額が確定していないため、実際の給付時まで課税を繰り延べることとされている。 この遅延利息に相当するものとして、年金資産に対して特別法人税が課税される。 現在は課税が凍結されている。 な行 は行 分割払年金 年金受給権取得後も資産運用を継続しながら、一定額の年金を受取るタイプの年金。 資産運用実績に応じて最終的な受取総額が増減する。 ベンチマーク 投資信託等の資産運用において、運用の目標基準あるいはパフォーマンスの評価基準等となる指標のこと。 例えば国内株式の場合は、日経平均株価やTOPIXをベンチマークとすることが多い。 ポータビリティー 離職・転職や新たに企業に就職することで確定拠出年金の加入者資格を喪失した場合等でも、それまで積立ててきた個人別管理資産を非課税で持ち運ぶことができること。 (利率や基準価額の適用日となる) ら行 わ行.

次の

確定拠出年金の「ベスト」な受け取り方 年金、一時払いどっち?

ニッセイ 確定 拠出

ニッセイの確定拠出年金のメリットとデメリット、おすすめ商品は? 確定拠出年金を利用する会社選び、もう決まりましたか? もしまだ迷っているのであれば、 日本生命(通称ニッセイ)の確定拠出年金はいかがでしょうか。 今回はニッセイの確定拠出年金商品に関する様々な情報について、詳しくご紹介していきたいと思います。 種類や 特徴はもちろん、どのような ラインナップなのか、 メリット・デメリットにはどのような点があるのかなど、 まだ商品選びで迷われている方には必見の情報ばかりですよ。 ニッセイの個人型確定拠出年金 iDeCo のここがオススメ! 充実した商品のラインナップ ニッセイには 充実した商品ラインナップが用意されています。 詳細については上記の画像の通りですが、これだけあれば自分にぴったりの商品が見つかりそうですよね。 またニッセイでは ニッセイ自身が資産配分をあらかじめ決めてくれているため、 資産運用の基礎となる分散投資を自動的に実現することができます。 つまり 投資経験があまりない方でも、気軽に利用しやすい商品カテゴリになっているということですね。 もちろん「運用に自信がない」なんて方でも安心のコースがあります。 それが下記の 元本保証型の商品です。 【元本確保型】 種別 商品名・引受会社 保険 ニッセイ利率保証年金(10年保証プラス/日々設定) 引受:日本生命保険 預金 りそな据置定期預金「フリーポケット401k」 引受:りそな銀行 他にも様々な商品ラインナップがありますので、そちらについてはこの後詳しくご紹介したいと思います。 安心と充実のサポート ニッセイは 確定拠出年金業界で唯一、「五つ星認証」を4年連続取得している会社です。 この五つ星認証とは、 HDI-Japanが提供する「五つ星認証プログラム」で、下記の両方を上回った場合に認定される評価制度のことです。 【問合せ窓口格付け】 【Webサポート格付け】 つまり ニッセイのサポート体制は、世界が認める高品質なものということになります。 これならば、安心して利用することができますね。 ニッセイの個人型確定拠出年金 iDeCo の商品一覧 ニッセイの確定拠出年金の種類について ニッセイの確定拠出年金の種類では下記の分類がされ、全部で 18種類取り扱われています。 【元本確保型年金】• ニッセイ利率保証年金(5年・元本保証タイプ/日々設定)• ニッセイ利率保証年金(5年保証/日々設定)• ニッセイ利率保証年金(10年保証/日々設定)• 三菱東京UFJ 確定拠出年金専用 3年定期預金• 三井住友銀行 確定拠出年金 定期預金(3年) 【バランス運用タイプ年金】• DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(債券重視型)• DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(標準型)• DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(株式重視型)• DCニッセイ安定収益追求ファンド 【国内債券】• DCニッセイ国内債券インデックス• DCニッセイ国内債券アクティブ 【国内株式】• ニッセイTOPIXオープン• ニッセイ日本株ファンド• フィデリティ・日本成長株・ファンド 【海外債券】• DCニッセイ/パトナム・グローバル債券• モナリザ ゴールドマン・サックス世界債券ファンド 【海外株式】• ステート・ストリート DC外国株式インデックス・オープン• DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式 ニッセイの個人型確定拠出年金 iDeCo の手数料は? ニッセイの確定拠出年金でかかる 手数料には下記のものがあります。 加入期間中• その他(加入時・給付金受取時・還付金受取時) それぞれを支払先と共に一覧表にまとめたものが以下の通りです。 加入期間中の手数料(税込) 金額合計 金額内訳 支払先 加入者 月額:480円 毎月の掛金から負担 103円 国民年金基金連合会 313円 運営管理機関(日本生命) 64円 事務委託先金融機関 運用指図者 月額:377円 個人別管理資産から負担 313円 運営管理機関(日本生命) 64円 事務委託先金融機関• その他の手数料(税込) 金額合計 金額内訳 支払先 個人型加入時 2,777円 加入者:初回の掛金から負担 運用指図者:個人別管理資産から負担 国民年金基金連合会 給付金受取時 送金1回あたり:432円 給付金から負担 事務委託先金融機関 還付金受取時 1,461円 還付金から負担 1,029円 国民年金基金連合会 432円 事務委託先金融機関 個人型確定拠出年金 iDeCo の5つのメリット 掛け金は全額所得控除対象になり所得税・住民税が軽減されます 毎月の 個人型確定拠出年金への掛け金(保険料)は、全額が所得控除の対象となります。 ちなみに掛け金の金額は 月額5,000円~68,000円の間で自由に決めることが出来ますが、サラリーマンなどの 2号被保険者の場合は、上限が月23,000円までになります。 資産の運用益は非課税になります。 FXや株式などの 一般の金融商品では運用益に対して課税がされますが 、確定拠出年金制度では運用中の利益に対して税金が掛かりません。 税金で引かれるはずの金額もそのまま運用に回せますので、 運用期間が長くなればなるほど、複利効果や節税メリットが大きくなるのです。 年金受け取り時も受け取り内容に応じて税制の優遇があります 将来お金を受取る時にも、 受取り方法に応じて税制優遇があります。 一時金として受取る場合は 「退職所得控除」• 年金として受取る場合は 「公的年金等控除」 これらの控除が受けられるのです。 年金の破綻リスクがない この個人型確定拠出年金は、 拠出された年金は個人単位で管理されることになります。 つまり例え 他人が運用に失敗したからといって、その痛みをこちらが負う必要はないということです。 もちろんその分 運用のリスクは自分で負うことにはなりますが、自分以外の第3者の尻拭いをしなければならない可能性がある 国民年金基金制度よりは破綻リスクが低いと言えるでしょう。 自己破産しても財産が残る 確定拠出年金は、 確定拠出年金法第32条によって「換価不要な資産」として保護されています。 そのため、例え 自己破産したとしてもその財産は清算されず、老後(60歳以降)には自分が掛金を払って貯めた年金(一時金)はそのまま受け取ることができるのです。 この自己破産というのは多くの方にはあまり関係がない話かもしれませんが、 個人事業主や企業経営者の方にとっては、有難い保証となるかもしれませんね。 税制メリットのシミュレーションをしてみよう! 「節税できるのはわかったけど、自分がやった場合はどれくらいお得なんだろう」 そんな疑問が出てきた方は、下記の 節税シミュレーションを行ってみましょう。 課税所得• 運用利回り この 4つを記入するだけで、どれだけ節税になるのかすぐに調べることができますよ。 個人型確定拠出年金 iDeCo の3つのデメリット その1:60歳までは解約や年金の引き出しができない 確定拠出年金のデメリットのうち、なによりも大きいデメリット、それが 「60歳までは解約や途中引き出しができない」という点です。 個人型確定拠出年金は あくまでも「年金」なので、 途中で解約して現金で受け取るということができません。 そのため、 始められる際は余裕資金で行う必要があるでしょう。 ただし 掛け金額の変更は行えますので、「掛け金の拠出が苦しくなってきたので掛け金の額を減らしたい」といった柔軟な対応は行うことが可能です。 確実に「老後資金の運用」として考えるのであれば、こちらは問題のないデメリットかと思います。 その2:利用には手数料がかかる 2つ目のデメリットは 「手数料がかかる」ということです。 個人型確定拠出年金の場合、 加入時の手数料(2,777円)と、毎月数百円程度の「口座管理手数料等」がかかることになります。 節税メリットがとても大きいものですので、それと比較して見ると金額的にはごくわずかではありますが、手数料は定額(固定)になりますので、 運用金額が少ないうちは手数料がやや重荷となるかもしれませんね。 ちなみに どんなに安く抑えた場合でも、年間2,004円は必要になってきます。 確定拠出年金の 残高が10万円しかない場合ですと、その2%ほどが年間コストという事になるわけです。 しかし残高が増えてきた時であれば、さほど気にならなくなるでしょう。 例えば 残高が100万円になれば0. 2%、500万円になれば0. 04%程度の金額です。 この 手数料というデメリットは、少額の掛け金しか掛けていない人や、運用額が小さい人にとって大きなデメリットとなるのです。 利用者の制限がある? 2016年までは、下記の方々は個人型確定拠出年金(iDeCo)への加入ができませんでした。 しかし 2017年1月以降に、こちらの方々も 加入できるようになりましたのでご安心ください。 とはいえ、 いくつか注意せねばならない条件もあります。 それぞれのリンクにそれらの詳細情報が記載されていますので、該当される方は最初に確認しておくようにしましょう。 ニッセイの個人型確定拠出年金|オススメ商品はコレだ! 元本確保型年金(利率保証年金)について ニッセイで取り扱っている 元本確保型年金タイプの商品は、全部で 5種類あります。 ニッセイ利率保証年金(5年・元本保証タイプ/日々設定)• ニッセイ利率保証年金(5年保証/日々設定)• ニッセイ利率保証年金(10年保証/日々設定)• 三菱東京UFJ 確定拠出年金専用 3年定期預金• 三井住友銀行 確定拠出年金 定期預金(3年) バランス運用タイプ年金について バランス運用タイプの商品は 4種類です。 DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(債券重視型)• DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(標準型)• DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(株式重視型)• DCニッセイ安定収益追求ファンド 国内債券について 国内債券商品につきましては、現在 2種類の取り扱いしかありません。 DCニッセイ国内債券インデックス• DCニッセイ国内債券アクティブ 国内株式について 国内株式商品ですと、先ほどより1つ増えて 3種類の取り扱いがあります。 ニッセイTOPIXオープン• ニッセイ日本株ファンド• フィデリティ・日本成長株・ファンド 海外債券について ニッセイでは、 海外商品の取り扱いが少ないというデメリットがあります。 海外債券ですと下記の 2種類です。 DCニッセイ/パトナム・グローバル債券• モナリザ ゴールドマン・サックス世界債券ファンド 海外株式について 海外株式に関しても、上記同様 2種類しか取り扱われていません。 ステート・ストリート DC外国株式インデックス・オープン• DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式 ニッセイの確定拠出年金でおすすめの商品について ニッセイでの取り扱い商品についてご紹介してきましたが、 どの商品にも共通して言えることがあります。 それが 「60歳まで引き出すことが出来ないことが前提である」ということです。 つまり 「長期的に見てリスク管理出来るかどうか?」をしっかり考えなければいけません。 そのため2・3年先だけを見て決めるのではなく、 長期的に安定してリターンを見込める商品を選ぶ方が建設的だと思われます。 そういう意味では 日本の市場に投資するのではなく、今後も拡大し続けるであろうグローバル市場に投資する方が良いかもしれませんね。 投資資金の半分に当たる 50%程度は、海外株式や海外債権に投資することをおすすめします。 マッチング拠出について 確定拠出年金の特徴ってなに? 確定拠出年金は 掛金が確定している制度のため、積立不足は発生しない仕組みになっています。 そのため事業主にとっては、 費用予測が簡単に行えるという特徴があります。 また会計上は 「退職給付債務の対象外」になりますので、 当期掛金の費用認識のみです。 企業型確定拠出年金の加入はどうするの? 原則として、 60歳未満の厚生年金被保険者を加入対象としています。 しかし一定の条件が整えば、上記の加入対象者を 一部に制限することも可能ですよ。 ただしその際は加入対象外の従業員に対して 代替給付が必要となるので注意しましょう。 掛金について 労使合意に基づく規約内で、あらかじめ決められた掛金を 事業主が毎月拠出することになりますが、この 拠出する掛金は全額損金算入することができます。 運用方法は? 商品提供を行っている会社から 提示された運用商品の中から、 加入者がご自分で運用商品を自由に選んで 運用を行います。 給付について 給付額は、 加入者が自身で行った運用成果により変動します。 60歳未満の 中途退職でも、それでも原則は給付は60歳以降の開始となります。 ニッセイの確定拠出年金の離転職はどうなるの? それまでに拠出した年金資産は、 転職先の確定拠出年金(企業型)や確定拠出年金(個人型)に移すことができます。 ニッセイのコールセンターは繋がりやすい!3つの特徴 確定拠出年金の相談に幅広く対応している ニッセイ確定拠出年金コールセンターでは、様々な手助けをしてくれています。 手続き相談• 運用相談• 資産評価額照会• 運用商品の変更 など、 幅広い対応力が魅力のひとつなのです。 高い返答率を目指している 総着信件数に対し、応答できた件数の割合を示す 応答率は、なんと驚きの 97%以上です。 コールセンターが繋がりやすいというのは嬉しいですよね。 海外からも利用が可能である 日本国内のみならず、 55の国と地域の海外からでも利用できる通話料無料の電話番号が用意されています。 また 電話だけでなくメールでの照会も可能ですよ。 コールセンターはどこにかければいい? 通話料無料のフリーダイヤルがあります。 0120-218656 コールセンターは何時から何時まで?• 月~金曜日:9:00~20:00• 土・日曜日:9:00~17:00 祝日・振替休日、年末年始等はこの限りではありません。 該当日前に発表される公式からの情報を確認しておきましょう。 住所・電話番号はインターネットでも変更できる 住所変更や電話番号の変更など、何かしらの 個人情報の変更は、インターネットでも変更手続きを行うことができます。 下記のページにログイン後すれば、 2分程度で手続きを完了させることができますよ。 ニッセイの確定拠出年金アプリ ニッセイの確定拠出年金は、 携帯アプリでも管理することが可能です。 【iPhoneの方はこちら】 【androidの方はこちら】 レコードキーピング会社『NRK』の特徴について 出資企業の豊富なノウハウを活かしたレコードキーピング(RK)サービス NRKとは、日本を代表する金融機関である 三菱系金融4社・三井住友系金融4社・住友生命・大和証券グループ本社・日本生命の 計11社のノウハウを活用し、お客様からの様々なニーズに応える 質の高いレコードキーピング会社です。 11社ものノウハウを活用できますので、 預金・投信・保険など、各種金融商品への幅広い対応を可能としています。 信頼性を重視したレコードキーピングシステム NRKには、 高い信頼性を誇るレコードキーピングシステムがあります。 それは処理能力やセキュリティなどを考慮し、 信頼性の高いメインフレームを採用しているからです。 金融システム開発の豊富な経験があるベンダーによるシステム開発のおかげで、万全の管理・運用が行われています。 効率化・低コスト化の追求 各センターでの 集中管理や、加入者数推移に合わせた 処理能力の効率化、データを中心にした 事務処理による事務コストの削減など、 NRKは合理化の推進による低コストを実現しています。 NRKに関する詳しい情報は、下記の公式ページから確認してみましょう。 確定拠出年金に加入の際は自分にあったものを選ぼう! ニッセイの確定拠出年金はいかがでしたでしょうか。 やはり長い目で見て考えねばならないものだけに、 いかに自分に合っているかどうかがとても大事になってきます。 ぜひ今回の情報を参考にして、選択肢のひとつとしてニッセイの商品も考えてみてくださいね。

次の

日本生命ニッセイ確定拠出年金おすすめ銘柄(設定解説もあり)企業型DC編

ニッセイ 確定 拠出

あ行 アクティブ運用 運用会社が、銘柄選択・資金配分・売買タイミング等を独自に判断し、ベンチマーク(日経平均株価やTOPIX等の市場平均)を上回る運用成績を目標とする運用方法。 安定収益追求型バランスファンド 株式や債券等の配分比率を、経済環境や市場動向に応じて運用会社が機動的に変動させることで、リスクを抑えながら安定的に収益を積上げることを目標とするバランスファンド。 株式や債券等の配分比率を固定する従来のバランスファンドと区別される。 インデックス運用(パッシブ運用) ベンチマーク(日経平均株価やTOPIX等の市場平均)に連動する運用成績を目指す運用方法。 パッシブ運用とも呼ばれる。 運営管理機関 確定拠出年金制度の運営・管理を行う機関。 加入者に関する情報の記録・保存等の記録関連業務を行う「記録関連運営管理機関」と、運用方法の選定・提示等の運用関連業務を行う「運用関連運営管理機関」に分類される。 運営管理機関になるためには主務大臣への登録が必要で、運営管理機関の一覧は厚生労働省のHPで公開されている。 日本生命が運営管理機関を務める確定拠出年金制度では、「運用関連運営管理機関」が日本生命、「記録関連運営管理機関」が日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社(NRK)となっている。 運用指図者 掛金拠出が無く、運用の指図のみを行う人のこと。 個人型の場合は、加入資格のなくなった人のほか、希望により運用指図者となることもできる。 (企業型の場合は、資格喪失年齢に到達して加入者でなくなった人、またはその企業型制度で障害給付金の受給権を持つ人が該当する。 ) なお、確定拠出年金の「加入者」とは掛金拠出が有る人を指すため、運用指図者は「加入者」ではない。 加入者と運用指図者を合わせて「加入者等」と呼ぶ。 運用商品預替(スイッチング) 保有している運用商品を売却し、その資金で他の運用商品を購入すること。 スイッチングとも呼ばれる。 運用割合変更 掛金で購入する商品について、その配分割合を変更すること。 か行 確定給付企業年金(DB) 従業員の給与水準や勤続年数に応じて給付額があらかじめ決められ、年金数理に基づいて算出した掛金を払い込む制度のこと。 企業が拠出金を一括して運用し、給付を保証する。 確定拠出年金(DC) あらかじめ決められた掛金を拠出し(払い込み)、その運用実績により給付額が変動する制度のこと。 企業または個人が掛金を拠出し、加入者自身が自己責任で運用を行う。 確定年金 受給者の生死に関係なく、10年、15年等のあらかじめ定められた一定期間にあらかじめ定められた一定額が支払われるタイプの年金のこと。 年金受取期間中に死亡した場合、残りの期間に対応する年金の現価に基づき計算される金額等が遺族に支払われる。 元本確保型商品 元本の保全を重視した商品のこと。 元本確保型商品の主なものには、保険、預金等がある。 基準価額 投資信託の受益権1口当たりの時価(純資産価値)を示す価額のこと。 資産から手数料等の負債を控除した純資産総額を、そのときの受益権口数で除して求められる金額となる。 拠出限度額 確定拠出年金において、拠出できる掛金の上限額のこと。 拠出限度額は、加入している確定拠出年金が企業型か個人型か、および自分の立場、加入している他の年金制度等によって異なる。 個人型確定拠出年金の拠出限度額は以下のとおり。 国民年金基金を途中で脱退した人(加入員期間15年未満)や解散基金の加入者に対する年金原資を一元的に管理して年金や遺族一時金の給付を行い、共同事務処理事業等を行う。 また、個人型の確定拠出年金においては、年金規約の制定、加入申込の受付、拠出限度額の管理等、多くの役割を担う。 個人型確定拠出年金 国民年金基金連合会が主体となって、60歳未満の自営業者、企業の従業員(企業型年金の加入者にあっては、加入している制度が加入者掛金(マッチング拠出)を導入しておらず、個人型確定拠出年金への加入を可能とする旨を規約で定める企業の加入者に限る)、公務員、専業主婦(夫)等を対象として実施する確定拠出年金制度のこと。 個人が任意で加入し、拠出限度額の範囲内で任意に拠出を行う。 個人型年金規約 国民年金基金連合会が作成し、個人型年金を遂行するにあたり一定事項を定めたもの。 主な内容に、(1)委託を受けた運営管理機関の名称・業務等、(2)掛金額の決定・変更、給付の額・支給方法、事務費の負担に関する事項、(3)運用方法の提示・運用指図に関する事項等がある。 さ行 GIC 利率保証契約 Guaranteed Interest Contract のこと。 確定拠出年金制度の運用商品の中では、「元本確保型商品」に分類され、保険会社が取扱う「利率保証年金」等が該当する。 市中金利水準に応じて、5年や10年といった一定期間(満期)にわたって利回りが保証される運用商品で、満期まで保有した場合は元本が保証されているものの、満期前に解約する(資金を引き出す)場合には解約控除が課される場合がある。 終身年金 生存している限り年金が受取れるタイプの年金のこと。 支払保証期間が10年、15年といった支払保証期間付きのタイプがある。 信託財産留保額 投資信託を信託期間の途中で換金(売却)する際の費用。 資金流出が起きる投資信託の安定性を高めるのと同時に、換金(売却)せずに長期間保有する投資家との公平性を確保するために、換金(売却)代金から差し引かれ、投資信託に残される。 信託報酬 信託業務の対価として、受益者(投資家)から販売会社・運用会社・受託銀行に対し、信託財産から支払われる報酬のこと。 投資信託を保有している間にかかる費用であり、資産額に対する比率(年率)で表される。 セーフティーネット もともとは預金先の金融機関が破綻した際の、預金の保護に関する取扱いのことだが、今日的には銀行・保険会社・証券会社等に預けている資産について、それらの金融機関が破綻した場合に保護される仕組みを総称してセーフティネットという。 金融商品ごとに、保護される仕組みは異なる。 た行 第1号被保険者 国民年金の加入者のうち、20歳以上60歳未満の自営業者・農業者とその家族・学生・無職の人等の、第2号被保険者・第3号被保険者ではない者のこと。 第2号被保険者 国民年金の加入者のうち、民間の会社員や公務員等の厚生年金の加入者のこと。 第3号被保険者 国民年金の加入者のうち、厚生年金に加入している第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者(年収が130万円未満)のこと。 通算加入者等期間 確定拠出年金制度(企業型または個人型)の加入者である期間(運用指図者として資産運用のみ行っていた期間を含む)のこと。 確定拠出年金の加入にあたって、その他の退職金・年金制度から確定拠出年金に資産を移換した場合には、移換元制度の加入期間も通算される。 特別法人税 年金資産に対して課税される法人税のこと。 年金制度は、掛金の拠出時点では将来の給付額が確定していないため、実際の給付時まで課税を繰り延べることとされている。 この遅延利息に相当するものとして、年金資産に対して特別法人税が課税される。 現在は課税が凍結されている。 な行 は行 分割払年金 年金受給権取得後も資産運用を継続しながら、一定額の年金を受取るタイプの年金。 資産運用実績に応じて最終的な受取総額が増減する。 ベンチマーク 投資信託等の資産運用において、運用の目標基準あるいはパフォーマンスの評価基準等となる指標のこと。 例えば国内株式の場合は、日経平均株価やTOPIXをベンチマークとすることが多い。 ポータビリティー 離職・転職や新たに企業に就職することで確定拠出年金の加入者資格を喪失した場合等でも、それまで積立ててきた個人別管理資産を非課税で持ち運ぶことができること。 (利率や基準価額の適用日となる) ら行 わ行.

次の