飯盒 炊爨 と は。 飯ごうの炊き方!アウトドアでおいしくご飯を炊くコツとは?

飯ごうの炊き方!アウトドアでおいしくご飯を炊くコツとは?

飯盒 炊爨 と は

概要 [ ] 「盒」の字は合わせ蓋のついた容器を意味する。 ではMesstin(メスティン、食事+缶の意味)。 本来は兵士が野戦等の際に食料を入れて携行したり、食事の配給を受け取るのに用いる食器というのが主な用途であり、非常時には調理器具やバケツなどとしても用いられた。 日本ではが野戦時の炊飯用として改良・利用したことで、野外炊飯用として定着している。 本体や蓋の素材は一般に製。 日本で単に飯盒と言えば、主にキドニー()型(あるいはソラマメ型)と呼ばれる曲がった扁平な形をしたものを指し、 兵式飯盒とも呼ばれる。 旧日本陸軍の兵士が装備した「ロ号飯盒」が原形で、この他に将校用が存在したため「兵士用」の意味で「兵式」の名がある。 形状は他に角形のもの(旧日本軍将校用、など)、楕円形のもの()などがある。 焚き火よりキャンプ用コンロによる使用が多くなった最近の日本でのレジャー用には、円筒形のものが増えた。 兵式飯盒の独特の形状はなど各国の軍用飯盒に見られる形で、日本でも旧日本陸軍、で歴代採用されている。 この形状が採用された理由としては、以下のような説がある。 ベルトや背嚢()にくくりつけて携行する際に、かさ張らず安定するため(調理を主用途としないヨーロッパの飯盒や各国の軍用水筒でも同様の形状がみられることから、これが第1の理由であると考えられる)。 多数の飯盒でツルに棒を通して同時に炊飯するときに、全体の幅が狭くなってを小さくでき、を節約できて効率的であるから。 均一に火が当たりにくいでの炊飯でも対流によって全体に熱が回りやすく、容易にが炊けるため。 炊爨後の中身の入った飯盒を片手で複数まとめて運ぶ際に、他の形状と違い一様に水平になり安定するため。 日本の飯盒は炊飯用に特化しており、標準的な兵式飯盒は米4合炊きで、本体に2合、4合で用いる水量の目安が刻印されている。 本体のほかに蓋と中子(中蓋・掛子)で構成され、それぞれ食器や米の計量にも使用される(中子が2合、蓋が3合)。 旧日本軍において、飯盒のふた部分を「メンコ」と呼んでいた。 焚火で加熱調理したり手に提げて持てるように、本体には鉄製のつり手(つる)が付く。 つり手は回転するだけのものと、携行時にはスライドさせてかさばらないよう出来るタイプ(将校用飯盒や自衛隊の飯盒、一部のレジャー用)もある。 日本の飯盒の中にも、「食器」「弁当箱」を主用途としつり手がないもの(初期の将校用飯盒、従軍看護婦用小型飯盒など)も存在した。 外蓋に折り畳み式で製のハンドルが付きとして使えるタイプもあり(ヨーロッパ各国の軍用で一般的)、日本のレジャー用ではチロル式・スイス式と呼ばれる。 日本の伝統的な兵式飯盒では、本体外側にベルトを縦に通すためのベルト通しの金具が着く。 これは平紐やベルトで背嚢に縛り付ける際に用いられたが、今日そのような形で携行されることはほぼないため、近年ではこの金具が省略された製品も少なくない。 なお、このベルト通しにL型の金具を引っ掛け、取外し可能なハンドルとして使用する事も可能である。 歴史 [ ] 飯盒はヨーロッパ起源と思われるがその歴史は浅い。 をはじめとする諸々の金属がそのの高さゆえに携行に適さず、調理器具を携帯することが現実的でなかったためである。 にの量産が可能になったことで携帯を前提とする野外用の調理器具が現実的となった。 末から現在のスイス式と同様なものがで使われていた。 また、制定のドイツの軍装に現在と同一のデザインのものを発見できる(ただし、蓋をフライパンとして使うためのハンドル付きである)。 また、『』で主人公たちが食事を受け取る際に使用されているのを見ることができる。 以下、主に日本の飯盒について説明する。 日本にはの後、が自宅にて飯盒にて炊飯を楽しんだという記録があることから、洋式軍隊と共に導入されたと思われる。 飯盒導入以前の兵食はやを携行する、とほとんど変わらないものであった。 旧日本陸軍が飯盒を採用したのは、の頃とされる。 ただし、この当時の飯盒はやで食器としての機能しか無かった。 今日あるような調理機能を持つ飯盒が採用されるのは(明治23年)のことで、陸軍火砲製造所が製造したものであるという。 これが洋式のデザインとなり、さらに米を炊くよう工夫された。 平時の兵営生活では炊事場で調理された食事をで食べ、献立もご飯に・といった家庭とあまり変わらないものであった。 飯盒による炊飯は煙や竈の数で敵に部隊の配置や勢力を暴露する危険があり、野戦の、しかも不可避な場合に限られた。 戦場での野戦給食は、単位で後方の野戦炊具で調理した食事を隷下の各部隊に配給するのが基本で、各兵士は配給された料理を飯盒で受け取った。 また、携行食として等が配給されることもあった。 このような補給が受けられない場合のみ、前線で飯盒で炊飯したのである。 当時から兵式飯盒は通常4合炊きで、ヨーロッパ各国の軍用飯盒より容量が大きい。 これは当時の日本兵は1食2合が標準であり、2食分を一度に炊けるようにしたためである。 今日レジャー用の飯盒も多くが4合炊きであるが、これはその名残である。 明治期〜昭和初期の兵式飯盒は今日の物よりやや小さかった。 その後()終結までは主にロ号飯盒と呼ばれる、今日のレジャー用兵式飯盒とほぼ同じ形状のものが採用された。 飯盒炊爨には複数の兵士で行う組炊爨と兵士が各個に行う各個炊爨とがあった。 組炊爨の場合は複数の飯盒をセットで用い一部で炊飯し残りで副食物を調理した。 各個炊爨では、米を炊く際に中蓋へ副食物を入れて炊飯と同時に調理する方法が取られた。 各個炊爨では副食物の火加減が不可能でまずくなることが避けられず、陸軍の調理マニュアルの「」においては、一個の飯盒で炊飯と副食物の同時調理を行うことはやむを得ない場合を除き避け、なるべく複数の飯盒で組炊爨を行うよう指示している。 兵士が糧食を携行する場合、通常は布袋に入れて背嚢に入れるが、飯盒に生米を入れて携行する場合もあった。 内盒と外盒の入れ子式になっており、両方を用いると一度に最大8合の米が炊け、または飯4合と味噌汁を同時に調理することもできるようになった。 それまでの4合炊きの飯盒では1日3食6合の調理に少なくとも2回の炊爨が必要だったが、九二式飯盒では一度に炊爨可能になった。 ただし、一般的な兵式飯盒に比べ構造が複雑で煩雑になるなどの欠点から、間もなく前述のロ号飯盒に置き換えられた。 太平洋戦争末期の(昭和19年)には、金属類の不足と生産工程簡略化のために、飯盒から中蓋が省略され、で作られるようになった。 終戦後は、復員兵たちが持ち帰った飯盒が物資不足の日常生活の中で活用されたようである。 現在の利用状況 [ ] 軍用としては、現在でも飯盒は欧州やなど各国で軍装備品の中に採用されている。 しかし、薪が必要であることやの進化により、では、取っ手の付いたフライパンになる皿とナイフ、フォークのから飯盒は除かれた。 陸上自衛隊では、戦後はロ号飯盒と同様の構造の飯盒(後に1型と呼ばれる)を長年使用したが、ほとんど炊飯には用いず食器としての用途が主となった。 現在ではより食器としての利便性を優先し、高さが低く容量の小さな(2合炊き可)「戦闘飯盒2型」と呼ばれるものに変わっている。 飯盒本体や蓋にビニール袋をかぶせてその上から食事を盛り付けることがあり、その場合には喫食後にビニール袋だけを捨てればよいため、洗浄の手間を省くことができる。 また、登山においても調理用ストーブが普及し、登山中の焚火はほとんど行われなくなったこと、兵式飯盒の形状がストーブでの使用に向かないこと、使いやすく収納効率の良い(コッヘル)類が普及したこと、 や食品が発達したことなどにより、使われることはほぼなくなっている。 またキャンプ向けにライスクッカーと呼ばれる炊飯専用の鍋が登場したことで、需要は多様化している。 とは言え、現代においてもキャンプや小・中学校のなどでは飯盒炊爨は定番行事である。 また炊飯以外では兵式飯盒の独特の形状がカレーやご飯のパックを温めたり、四角く成形された(特に2食分)を調理するのに向いている。 また深さがあるため、などの麺類を茹でるのにも向く。 その独特のデザインや雰囲気も含めて飯盒の需要は現在でも少なくなく、ホームセンターやアウトドア用品店で依然販売されている。 また、一般的な飯盒やライスクッカーは容量が大きく単独行には向かないため、元々「ハンドル付き食器」である社製角型メスティンが、日本では一人用飯盒として使われている場合もある。 ただしこれは日本独特の使い方で外国では湯煎以外では殆ど調理には使われない。 なお、本来の使用目的からは大きく外れるものの、兵式飯ごうを裁縫道具入れとして使用する例などもある。 野外炊飯・炊爨の方法 [ ] 研いだ米と水を入れて中蓋は入れずに蓋をして火にかける。 と、言う方法が初心者向けで書かれているが、実はこの中ブタは計量カップでもあり、食器でもあり、スープなど一度の調理で食べ物を温める、蒸すなどという事が出来る便利な調理器でもあり、そして高地、低地のキャンプでも中の気圧力を加えふっくら米を炊く事が出来る便利な器である。 キャンプで強火、直火で使う時にはアルミの形を変形させにくい、また、良く炊飯時に起こる吹き出しに依って蓋が取れないと言った事故を防ぐと言う大切な役目もある。 移動時には飯盒を補強し比較的柔らかいアルミで出来た飯盒全体形を保つ、飯盒自体の寿命を延ばすと言う大事な目的を兼ねている。 一度に2個以上を火にかける際は地面に浅い溝を掘って燃料を置き、Y字型の木の枝を両端に突き刺して立て、複数の飯盒の弦に棒(通常は木の枝でも構わないが、1度に多数の飯盒を掛ける場合は金属の棒が望ましい)を通してY字の支えに掛ける。 1個だけで炊く場合は状にするのが便利である。 2mほどのを用意し、ほぼ同じ長さの真っ直ぐな木の枝の一端を束ねて他方を三脚の様に開いて地面に立てる。 針金の残りを下に垂らしてそれに飯盒の弦を通して吊るし、残りを括った針金の付近に巻き付けて止める。 三脚を広げたり狭めたりすることで飯盒の高さや位置を自由に調節することができる。 蓋に木の枝や棒等を当てて、振動が無くなった時をもって炊き上がりとする。 飯盒を上下逆さまにして数分間蒸らした後に食べる。 逆さまにせずとも出来上がりに大した違いはないが、その方が内側に出来た焦げが蒸されるので後で落としやすくなる。 逆さまにしているときに草などで底面の汚れを拭き取っておくと、後で洗う際に楽になる。 蒸気が逃げにくいよう、大量な吹きこぼれなどと言った問題を防ぐ為に蓋の上に重石をすることがある。 高地で炊く場合はの関係でが下がり、低地で炊く場合よりも温度が上がらず、上手く炊けないことがあるので、中ブタを入れて圧力を上げる。 なお、火にかける前に水で溶いた、水で溶かした泥などを飯盒の外側に塗布しておくと、火にかけた際に飯盒の周りに付着するが落としやすくなる。 これは火にかけて使用する道具(、など)にも共通して利用できる方法である。 脚注 [ ] []• レファレンス共同データベース 参考文献 [ ]• 『帝国陸軍戦場の衣食住 : 糧食を軸に解き明かす"知られざる陸軍"の全貌』学習研究社、2002年、。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

【みんなが作ってる】 飯ごうのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

飯盒 炊爨 と は

A 強力粉 250g• A 薄力粉 50g• A 砂糖 30g• A 卵 1個• 牛乳 125cc• ドライイースト 6g• バター 無塩 40g• 塩 3g• バターを柔らかくする 暑い日なら陽が当たるところに放置• 牛乳を人肌に温め、ドライイーストを入れ混ぜる• ボウルに A と2を入れて混ぜてよく捏ねる• 粉っぽさがなくなったらバターと塩を入れてさらに捏ねる• まとまったら丸くまとめボウルにラップをして40分くらい発効させる• 飯盒はアルミホイルを敷いてその上にクッキングシートを敷いておく• 二倍に膨らんだらガス抜きをしてまとめなおし飯盒へ• 蓋をして30分二次発酵をさせる• 炭火の網の上に置き、飯盒の蓋の上にも熱した炭をのせ、とろ火で20分から30分焼く.

次の

飯盒炊爨?飯盒炊飯?その違いを徹底解説!

飯盒 炊爨 と は

こちらの飯盒炊飯の方が、飯盒炊爨よりもよく耳にするのではないでしょうか。 飯盒炊飯は読んで字のごとく、飯盒で炊飯することです。 飯盒は携帯用の煮炊きをする、アウトドアでお馴染みの道具です。 では、大きな違いの炊飯の意味とは何でしょう。 炊飯とは「米を食用にするために水と加熱して飯にする操作」です。 つまり、飯盒炊飯とは飯盒を使用してご飯を炊くことを言います。 ちなみに、飯盒炊飯に使用する飯盒ですが、あの独特なそら豆型の形をしている理由はご存知ですか? 「変な形だな」、と思っている方も多いかもしれませんが、非常に理にかなった形なのです。 あの独特な形のおかげで、火をかけた時に飯盒の内で、水の対流が起こり均等に熱が加わるのです。 今でこそ丸形のクッカーという万能ツールが販売されていますが、飯盒の開発された20世紀初頭では、非常に画期的なシステムでした。 飯盒炊飯は飯盒でご飯を炊くことでしたよね。 それでは、この飯盒炊爨との違いは、どのようなものがあるのしょうか。 飯盒は同じで、炊爨の部分だけが違います。 炊爨の「爨」って字なのですが、あまり一般的な漢字ではありませんし、非常に難しい漢字ですね。 調べたところ、「爨」の一文字で「かしぎ」と読むそうです。 その意味は、かまどや炊くという意味で、「炊」という漢字とほぼ同じ意味です。 炊爨とは同じ「炊く」という意味の漢字を並べた同義語ということがわかります。 では、「炊く」とはどのような意味なのでしょうか。 「炊く」とは、米などの穀物を煮て食べられるようにするという意味と、西日本では煮るという意味で「炊く」を使うそうです。 「炊く」というだけで、その中にはご飯を炊くという意味も含まれているようです。 つまり、飯盒炊爨も飯盒を使って米を炊くという意味では、ほとんど同じことなのですね。 飯盒炊飯と飯盒炊爨の違いはない!? 飯盒炊飯と飯盒炊爨の違いですが、結局のところ両方とも同じ飯盒を使って、お米を炊くという意味では間違いないようです。 では、なぜ飯盒炊飯と飯盒炊爨、同じ意味で2種類の言葉が存在するのでしょうか。 もう少し掘り下げてみましょう。 私が調べたところ、比較的年配の方が飯盒炊爨の方をよく使うようです。 かつては、炊飯という言葉がなく炊爨という言葉を使っていました。 しかし、高度成長期を迎え、炊飯器という家電が広く普及しだしてから、炊爨から炊飯という言葉が一般的になったのではないかと推測されます。 そこから、炊爨と炊飯、同じ意味で混同して使われていったのではないでしょうか。 ちなみに、飯盒の歴史はとても古いです。 先にも述べたように、20世紀初頭に開発されました。 当時の飯盒は兵式飯盒と言われており、皆さんお馴染みのそら豆型の飯盒のことを言います。 兵式飯盒という名前の通り、旧日本軍内において使用する携帯調理器具として、兵隊一人一人に配給されていました。 屋外を使用することを前提にしており、非常に軽量かつ頑丈で携帯性に優れたものとなっています。 そら豆型にも意味があり、対流が起こるだけでなく、あの形が体に丸くフィットして携帯しやすく、飯盒を複数並べて炊く際に適度な隙間が空き、火が均等に伝わりやすくなるよう設計されているのです。 アウトドアで飯盒を使用する際に、そんなウンチクを披露するのもいいのではないでしょうか。 飯盒炊飯・飯盒炊爨の炊き方 ここまで、飯盒炊飯と飯盒炊爨について解説してきましたが、どちらも、「米を炊く」という意味では同じようです。 それでは、ここからは、飯盒を使ったお米の炊き方についてご紹介しましょう。 まずは、米と水の計量をしましょう。 分量はきっちり量りましょう。 大体これくらいかなと、目分量で測ってしまうと、べちゃべちゃの炊きあがりになったり、水分が少ないと焦げてしまうかもしれません。 しっかりとお米はすり切りいっぱい、水は水平な場所において計量しましょう。 お米と水の割合は1対1.2を目安に量ります。 新米の場合は水分量が多いので1対1.1くらいで、古米の場合は1対1.3で調整してください。 飯盒の準備ができたら火にかけます。 まずは、強火です。 中のお水を沸騰させましょう。 ぐつぐつと沸騰する音が聞こえたら、中火に調整して引き続き火にかけましょう。 吹きこぼれが見えてきたら、次は弱火に移して、さらに火にかけ続けます。 吹きこぼれが収まったら、火から離して、10分くらい蒸らします。 この際、ひっくり返すと全体的に炊きムラがなく仕上がると言われていますが、どちらでもいいそうです。 複数の飯盒を使用している場合は、ひっくり返す場合とひっくり返さない場合、2パターン試してみて、味の違いを比べてみるのもいいかもしれません。 炊きあがった際に、芯が残っていたり、まだ水分が残っていてびちゃびちゃした仕上がりになっていたら、極弱火でもう少し火にかけて調整しましょう。 この時火加減が強いと、すぐ焦げてしまうので注意してください。 そして、焦がしてしまった場合は修正するのが難しいので、焼きおにぎりやチャーハンなどにして、レシピを変更して臨機応変に対応しましょう。 どうしても、修正不能なくらい焦げてしまったら、食べるのを諦めましょう。 もったいないからと言って、無理に食べてしまうとお腹を壊してしまうかもしれないので、決して食べてはいけません。 飯盒炊飯・飯盒炊爨で!いつもと違った一工夫レシピ 飯盒炊飯・飯盒炊爨では、白米を炊くのが一般的ですが、ここからはいつもと違い、一工夫した美味しいレシピをご紹介します。 まずは、飯盒で作る炊き込みご飯の作り方です。 先にご説明したお米と水の分量を量る必要があります。 そして、ここでご紹介するのは、炊き込みご飯なので水ではなく、だし汁を準備します。 だし汁を作るのですが、本格的にカツオと昆布の合わせだしをとってもいいですし、便利なだしパックを使用しても構いません。 さらに、面倒な場合は顆粒だしを使用してもいいと思います。 だし汁を準備したら、だし汁200㏄に対して、醤油を大さじ1杯、酒を大さじ1杯を入れて、炊き込みご飯用のだし汁の完成です。 お好みで、みりんを加えたり、ごま油を加えたりすると、味や風味が変わって美味しいと思います。 次に具材を準備しましょう。 これも、お好みで好きな具材を入れればいいと思うのですが、定番は鶏肉・人参・ごぼう・こんにゃく・油揚げなどでしょうか。 本当にお好みなので、アサリなどの海産系を入れても美味しいです。 具材・だし汁が準備できたら、あとは普通の飯盒と同じように作ってください。 だし汁の分量は、具材からの水分が出るので気持ち少な目がいいでしょう。 お米1に対して、だし汁が1.1くらいですね。 また、炊く時もだし汁や醤油などが入っている分、若干焦げやすくなっています。 いつものお米と同じように炊くと少し焦げるかもしれないので、これも気持ち火を抑えめで炊くと丁度いい具合に仕上がります。 吹きこぼれが収まるところで、火からは外すように言いましたが、この時も少し早めに引き上げるといいでしょう。 一工夫した炊き込みご飯は、いつもと違う格別の味になります。 普通の飯盒炊飯ができるようになったら、ステップアップして炊き込みご飯を作ってみましょう。 飯盒炊飯・飯盒炊爨以外にも!?汁物レシピ 飯盒炊飯・飯盒炊爨は、お米を炊くことを意味しますが、ここではお米以外の調理方法もご紹介します。 飯盒というのは意外と優れもので、煮物・汁物・炒め物なんでも可能です。 その中で、比較的簡単なのが汁物です。 煮物・炒め物は少し上級者の料理で、屋外では火の加減の調整をするのは難しく、初心者は悪戦苦闘する可能性があります。 ここでは、簡単で、アウトドアで大人気の豚汁の作り方を紹介します。 アウトドアの季節は暑い夏が定番でわざわざ熱いものを作るのもどうかと思いますが、火が沈み少し肌寒くなってきたころに、温かい汁物はじんわりと胃にしみて、非常に美味しいものです。 それでは、まずは具材を準備しましょう。 豚バラ肉・大根・人参・こんにゃく・里芋・長ネギなどが定番でしょうか。 お好みで、白菜やシイタケなどをいれても、味に深みが出てとても美味しいです。 料理はどの食材を使っても間違いというわけではありませんので、キャンプで余ってしまった野菜を一掃してもいいかもしれませんね。 作り方としてはまず、だしをとりましょう。 だしは炊き込みご飯の時と同じで、こだわってとってもいいですし、面倒なら顆粒だしを使用しても構いません。 あとは、火の通りにくい順から、飯盒に入れて煮たら完成です。 豚肉を先に炒めてから、汁の中に入れると香ばしくて美味しくなります。 あく取りはしっかりしましょう。 火加減が強すぎると、具材に火が通る前に水分が飛びすぎて、濃い味付けになってしまうので、注意が必要です。 非常に簡単で、体がほっこり温まる豚汁をぜひ試してみてください。 飯盒炊飯でも炊爨でもどちらでもいい 飯盒炊飯と飯盒炊爨の違いについて、ご説明しました。 両方とも同じ意味で、飯盒を使ってご飯を炊くという意味です。 飯盒炊飯という方が、今では一般的のようですが、飯盒炊爨と言っても間違いではありません。 友人から間違いを指摘されたら、自信をもって間違っていないことを主張しましょう。 古くから使われているのは飯盒炊爨の方のようなので、そういった微妙な違いを知っておくのもいいかもしれません。 アウトドアの時に、ちょっとしたウンチクとして話をするのもいいかもしれません。 アウトドアをみんなで楽しめる豆知識になるでしょう。

次の