ふる なび。 旅行プラン一覧

旅行プラン一覧

ふる なび

ふるなびの支払い方法は? 支払い方法は5つありますが、 自治体によって支払い方法は異なるので、寄付する時にチェックしましょう。 支払い方法 詳細 クレジットカード 申請時に決済が完了するので便利 クレジットカード(Yahoo! 公金支払い) 「寄附申請の完了画面」「寄附申請完了メール」で案内がされている「Yahoo! 公金支払い」の支払いページへ移動して、クレジットカード決済することで納付完了 納付書支払い 自治体より納付書が届くので、届いた納付書をお近くの支払機関 コンビニなど で支払う 銀行窓口 自治体より納付先の銀行口座を通知されるので、銀行振込で支払う 郵便振替 後日、郵便振替用紙が発送されるので振替用紙にて支払う 簡単なのは、クレジットカード払いだと思います。 クレジットカードなら手軽に納税できて便利ですよ! ふるなびの災害支援募金・義援金• ふるさと納税をショッピング感覚で行える• 寄付金額に応じてAmazonギフトカードがもらえる• レビューでもAmazonギフトカードがもらえる• ふるさと納税の返礼品にAmazonギフト券や商品券もある メリット1:ふるさと納税をショッピング感覚で行える のサイトも見やすいですし、ネットショッピングの感覚でふるさと納税をすることができます。 使いやすいので、インターネットに慣れていない方でも簡単にできると思いますよ。 メリット2:ふるなびではAmazonギフトカードがもらえる では、 ふるさと納税の寄付金額の1%のAmazonギフトカードがもらえます。 1%還元されるのと同じことなので、他のサイトでふるさと納税するよりもお得に寄付することができます。 メリット3:レビューでもAmazonギフトカードがもらえる では、 寄附した返礼品にレビュー投稿するとAmazonギフト券が50円分もらえます! レビュー書くだけで50円もらえるというのはすごくうれしいですね!.

次の

ふるなびの評判は悪い?ふるさと納税他サイトと比較したデメリットメリット|カトナビ

ふる なび

ふるさと納税ポータルサイト最大手である「」は、家電や商品券類は紹介しない方針をとっていますが、ふるなびに関しては、家電や商品券類を返礼品に加えている自治体も積極的に掲載しています。 そのため、こういった返礼品を目当てにふるさと納税する方にとってはふるなびが一番利用しやすいサイトと言えるわけです。 寄付の支払いに期間固定Tポイントを利用できる ふるさと納税の寄付金額を納入する方法として、ふるなびでは以下の3通りの方法が用意されています。 クレジットカード ヤフー公金支払い• 銀行振込• 郵便振替 ふるなびの寄付金支払い方法 このうち、クレジットカード ヤフー公金支払い を利用すると、ヤフーショッピングやヤフオクなどの利用で貯まった期間固定Tポイントを支払いに利用できます。 ふるなびでは期間固定Tポイントが使える 期間固定Tポイントは、利用できるのがヤフー関連のサービスに限定されることから消費方法に困ることもあるかと思います。 そんな時にお得な利用方法が節税に繋がるふるさと納税に使う方法です。 ヤフーふるさと納税サイトでも期間固定Tポイントは利用出来ますが、ふるなびの方がAmazonギフト券も貰えるので、お得です。 ふるなびの使い方 ふるなびを利用したふるさと納税は簡単ではありますが、ここで改めて寄付する流れを紹介します。 まず、のサイトにアクセスします。 次に、検索窓に欲しい返礼品を入力して検索ボタンを押します。 ふるなびで、返礼品を検索する 検索結果の一覧が表示されるので、興味がある商品を選択します。 次に、寄付を申し込むを選択します。 ふるなびでふるさと納税の申し込みを行う 次に、氏名や住所などの情報を入力する画面が表示されます。 ここで、ふるなびへのログインが求められる画面が表示される場合があります。 ふるなびへログインした状態で寄付の申し込みを行うと前述したAmazonギフト券の還元がありますが、 会員登録しない状態やログインしない状態で寄付を行うと、寄付額に対する1%のAmazonギフト券付与はありませんので注意してください。 寄付の支払い方法を選択します。 ふるなびにおける寄付金の支払い方法 Amazonギフト券を還元してもらうためには、クレジットカード Yahoo公金支払い を選択してください。 それ以外の 銀行振込や郵便振替で寄付した場合は、Amazonギフト券の還元はありません。 以上でふるなびを利用したふるさと納税は完了です。 ふるさと納税が完了しているかは、ふるなびのマイページで確認できます。 マイページでふるさと納税の履歴を確認できます 不明な点があれば、下記ふるなびの公式説明ページを御覧ください。 ふるなび関連サイト ふるなびにはいくつかの関連サイトがあります。 ここではそれらについて簡単に紹介します。 ふるなびトラベル ふるなびトラベル ふるなびトラベルは、文字とおり旅行関連のサイトです。 ふるさと納税制度を利用して旅行代金の補助を受けることができます。 具体的には、ふるなびトラベルに掲載されている自治体の旅行プランから、行き先を選んで、ふるさと納税で寄付を行うとトラベルポイントというポイントが付与されます。 ふるなびのトラベルポイントとは このトラベルポイントは、旅行代金から差し引かれる形になるので、旅行代金が安くなるという仕組みです。 今後、一般的なふるさと納税では、旅行券が返礼品から消えることが濃厚であるため、旅行好きな人にとってはふるなびトラベルは注目したいサービスといえます。 ふるなびグルメポイント ふるなびグルメ ふるなびグルメポイントは、ふるさと納税によって得られる独自のポイントです。 このポイントは、ふるなびが提携する飲食店の支払いに利用できるポイントになります。 例えば、地方駅を活性化させるプロジェクトなどがあります。 JR上麻生駅前賑わいプロジェクト ただ、現状「ふるなびクラウドファンディング」ではあまり寄付が集まっていないのが実情です。 今後返礼品競争がもう少し落ち着けば、こういったプロジェクトを応援する形のふるさと納税にも寄付が集まるようになるのではと期待しています。 ふるなびを数年間利用してみた個人的な感想 ここ数年ふるさと納税する際に毎回利用しているのが「ふるなび」です。 その理由は、他のふるさと納税サイトではあまり扱っていない家電や金券類などの返礼品を探せるからが大きな理由です。 そして、更に寄付額に対して1%から10%ものAmazonギフト券をキャッシュバックする還元策も魅力的ですし、貯まった期間固定Tポイントを消費できるのも便利です。 このように他のふるさと納税サイトに比べて魅力的なふるなびですが、今後は返礼品から家電や金券類は徐々に消えていくことが濃厚な事から、大きなメリットを1つ失います。 ただ、ベンチャー企業のアイモバイルですから、引き続き利用者を獲得すべく魅力的な施策を実施してくるに違いないと思っています。

次の

ふるさと納税におすすめの『ふるなび』を徹底解説

ふる なび

さとふるはソフトバンクグループが運営をしており、CMも数多く放送されているので、認知度が非常に高いポータルサイトとなっています。 ソフトバンクグループということもあり、 携帯電話の料金とまとめて支払いすることもでき、決済方法が多彩なところがとても便利です。 現在存在するポータルサイトの中でも、サイトの構造がシンプルでわかりやすくなっているところもGOODです。 また、他サイトではほとんど返礼品のレビュー機能は搭載されていないのですが、さとふるは返礼品にレビューが掲載されているので、さとふるを使うことで返礼品の失敗を予防できるところが魅力的ですね! 返礼品の事前評価が知りたいならここがおすすめ!! 比較ポイント ふるさとチョイスはふるさと納税の大手サイトで、サイト上には日本全ての自治体が掲載されており、返礼品の登録数も他ポータルサイトと比較すると圧倒的な掲載数となっています。 実際に寄付できる自治体は約1,300ですが、全ての自治体情報が網羅されており、この 情報量こそがふるさとチョイス最大の魅力です。 漠然と「肉」と調べてしまうと、情報量が多すぎて迷ってしまいますが、逆にどのようなものが登録されているのかを調べるときはとても便利です。 また期間内であればいつでもお礼品に交換できる「ふるさとチョイス公式ポイント」を取り扱っており、非常に便利なシステムもあります。 まずは 登録しておいて間違いのないおすすめのふるさと納税サイトのひとつです! 比較ポイント ふるぽはふるさと納税を行うことによって、ポイントが与えれれ、ポイントで好きな返礼品に交換するというポイント制が敷かれたポータルサイトです。 ポイント制の一番の魅力は、有効期限内であれば交換はいつでもいいというところです。 中々返礼品が決まらなくて、とりあえず選んでしまうということが無くなるので、とても便利ですね。 自治体により有効期限は1~2年となっています。 欲しいものが無い場合でも、お中元やお歳暮として使うことができるので、使い道には困りません。 またJTB西日本が運営していることもあり、返礼品の中に「旅行」というカテゴリがあります。 じっくり好きなときに選びたいならふるぽがおすすめです。 比較ポイント Yahoo! ふるさと納税を使う最大のメリットといえば、Tポイントを寄付にあてることができることです。 日常からTポイントを貯めておけば、ポイントのみで寄付金をまかなうことができるので、とてもおすすめです。 Yahoo! ふるさと納税サイト内からは、ふるさとチョイスへ連結も行っているので、返礼品の幅も多いところも魅力と言えます。 注意しなければならないのは、寄付金額に応じてTポイントが得られるということではないということです。 クレジットカード決済にYahoo!JAPANカードを使うことで、寄付額に応じてTポイントを得ることができるようになるので、Yahoo! ふるさと納税を使う場合はYahoo!JAPANカードをセットで使うことをおすすめします。 比較ポイント ルクサが運営しているふるさと納税で、一流レストランで活躍中のシェフが解説&おすすめしている返礼品が特徴的で、具体的な解説を見ることができることから失敗しない返礼品選びができます。 寄付した自治体の特産物を使っている高級レストランへの招待など、ルクサにしかない返礼品が多く掲載されています。 デメリットとしては返礼品数や提携レストランが見劣ってしまうところにありますが、今後の展開に期待して良いでしょう。 ルクサでは高級レストラン、ホテルなど最大90%OFFの会員特別クーポンが購入できるエグゼクティブなサイトなので一見の余地はあります! 失敗した返礼品選びを避けたいならLUXAがおすすめです。 比較ポイント.

次の