西友 赤羽。 【赤羽散歩】 スーパーの仁義なき戦い 赤羽戦争編

西友news|赤羽本部オフィス勤務の従業員1名が新型コロナウイルス感染

西友 赤羽

電子マネー 独自の電子マネー 独自の電子マネーであるSEIYUショッピングカードを発行している。 相性の良い電子マネー mijica、SEIYUショッピングカード ゆうちょのプリペイドカードmijicaを西友で使えば永久不滅ポイントが2倍。 SEIYUショッピングカードは支払い時にポイントは貯まらない。 チャージは現金とセゾンカードからのみ可能。 最大チャージ額が10万円と大きい。 デビットカード 使える VISAデビット、JCBデビット 商品券・ギフトカード 西友商品券・サニー商品券・パルコ商品券・クレジットカード系ギフトカード 全国百貨店共通商品券・QUOカードは使えません ポイントカード SEIYUアプリの来店スタンプ SEIYUアプリから貯まるスタンプ。 100個集めると50円オフのクーポンと交換可能(あくまでおまけ程度に考えて良さそう)。 貯まりやすいポイント 永久不滅ポイント 現金いらず得点 4. 0点(5点満点中) 独自の電子マネーがあるものの、ポイントが貯まらないので魅力にかけるかも!?スマホdeレジの普及に期待。 PayPayの導入で利便性アップに期待。 公式HP 概要• 西友で使える電子マネー 西友ではプリペイド型・ポストペイ型を問わず主要な電子マネーがほとんど使えません(系列店のリヴィンやサニーなどでも同様)。 楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay、交通系電子マネーのSuica、PASMO、PiTaPa、ICOCAなども使えません。 イオン系列のWAONやセブングループのnanacoではなくても、せめて楽天Edyや交通系電子マネーなどが導入されたら便利。 各種電子マネーが使えない代わりに、独自の電子マネーが発行されています。 それが、 西友・リヴィン・サニーの各店舗共通で使える独自の電子マネーのSEIYUショッピングカードです。 チャージ出来る限度額が10万円と高額なのは嬉しい。 一度数万円入金してしまえば西友内ではお財布いらずです。 チャージは現金とクレジットカードチャージも可能ですが、 セゾンカードのみです。 通常のプリペイドカードのように支払い時にポイントが貯まるわけではないので あくまで西友、リヴィン、サニーでの現金払いが嫌な人用だと言えます。 プリペイドカードを使うならゆうちょが発行している電子マネーのmijicaがおすすめ。 貯まるポイントはセゾンカードでおなじみの永久不滅ポイントで、西友で使えばポイントが2倍貯まります。 クレジットカードの扱いで、au PAY プリペイドカードやソフトバンクカード、LINEPayカードは使えます。 西友で使えるクレジットカード 西友ではVISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカードが使えます。 金券類や切手のみクレジットカード払いは出来ません。 サインは食品売り場では3万円以下ならサインレスで利用出来ます。 その他、衣料品・住居用品売場等ではセゾンカード以外、買物額に関わらずサインが必要(セゾンカードだと3万円以下なら食品売り場以外でもサインレス)。 SEIYU、リヴィン、サニーで一番お得なクレジットカード 西友で一番お得なカードは、 セゾンカードとの提携カードであるウォルマート・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードです(ウォルマートは世界最大の小売チェーンで西友の親会社)。 このカードを使うことで「毎日3%OFF」で購入することができます。 どんなに還元率が高いクレジットカードを駆使してもこの3%分の割引 還元率3% にはなかなか勝てないでしょう。 割引に関しては、割引率の高い方のみが適用されるので、毎日3%オフと合わせて8%OFFとはなりません。 貯まるポイントは永久不滅ポイント。 5%分の永久不滅ポイントは貯まりません。 5%貯まります。 年会費も無料なので、 西友系列のヘビーユーザーならポイントなどに興味はなくても、割引狙いと、現金がいらない利便性で作るのは「アリ」なカードになっています。 毎日西友を使うような方でしたら必携といえるでしょう。 また、 西友のネットスーパーの「楽天西友ネットスーパー」でも2%OFFとなります。 >> 西友で使えるQRコード決済 西友、及びサニーではQRコード決済のPayPayが全店舗で利用可能です(2019年9月1日から開始した)。 ユーザーがQRコードを読み取って金額を入力するMPMタイプです。 その他、LINE Payや楽天ペイ、Origami Payなどは現在のところ導入の発表はありません。 西友で使える商品券・ギフトカード 西友では西友商品券と、サニー商品券、パルコ商品券などが全店で使えます(お釣りが出ます)。 西友商品券は一部のパルコでも使えます。 JCB、VISA、ダイナース、DC、UC、ニコス、Dinersなど各クレジットカード会社が発行するギフトカードも全店で使えます(お釣りは出ません)。 JTBナイスギフトも一部の西友で使えます。 全国百貨店共通商品券やQUOカードは使えません。 西友のポイントカード、ポイント制度 西友は実店舗では楽天スーパーポイントやdポイントなどの共通ポイントには参加していません。 独自のポイント制度としてはSEIYUアプリから1日1来店でスタンプ(ポイント)が貯まります。 スタンプは西友、LIVIN、サニーでアプリを起動してチェックインするか、店舗に設置されているQRコードを読み取ってスタンプをゲットします。 ただし、 スタンプは100個集めて、ようやく50円オフのクーポンなので、あくまでついで程度に考えたほうが良さそうです。 その他、独自のポイントカードは用意されていません。 ネットスーパーの「楽天西友ネットスーパー」では楽天ポイントが貯まります 「やっぱコスパ」が売りなので、ポイント分を価格に反映しているものと思われます。 なので、基本的にはポイントを貯めたければ、普段から使っているクレジットカードで支払ってポイントを貯めましょう。 ただし、どんなに高還元率のカードでも3%引きのウォルマートセゾンアメリカンエキスプレスカードに還元率で勝てるものは稀です。 ポイント制度ではなく、あくまで親会社の発行カードによる「割引」がメインになっています。 「スマホdeレジ」について 西友は、手持ちのスマホで商品のバーコードをスキャンし、専用レジでスマホの画面をスキャンして会計をする新型レジ 「スマホdeレジ」を導入しています。 レジで行う操作は精算のみとなるので、列に並ぶことなく会計を済ませることができます。 2018年10月時点では、西友赤羽店と東大宮店の2店舗のみでの導入となっていますが、年内に導入店舗を数店増やすつもりとの情報があり、今後導入店舗は増えていく見込みです。 スマホdeレジ利用の大まかな流れは、以下の通りです。 店舗でアプリを起動する• 購入商品のバーコードをスマホで読み取る• アプリは、西友の「スマホdeレジ」導入店の近くに行かないと起動しません。 導入店に着いたら、アプリを起動して、購入したい商品のバーコードを読み取ります。 青果商品や一部の惣菜、パンなどバーコードが存在しない商品や、アプリでスキャンできない衣類、雑誌、書籍はスマホdeレジアプリでのスキャンはできません。 専用レジに備え付けてあるスキャナーで商品を追加してください。 セルフレジの要領です 医薬品、POSAカード iTunesカードなど 、タバコに関しては、「スマホdeレジ」専用レジでの会計そのものが不可となります。 購入商品のスキャンを終えたら、アプリで「お支払い」を選択して、バーコードを表示させます。 このバーコードを、「スマホdeレジ」専用レジのスキャナーで読み取り、レジの案内に従って支払います。 通常のセルフレジと同様、クレジットカードなどの、VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Dinersの国際ブランドつきカードや、西友ショッピングカードでの支払いが可能です。 利用可能時間は11:00から20:00までとなっています。 24時間営業の店舗でも、利用時間は上記の時間に限られます。 レジには係員が常駐しているので、不明点があった場合には気軽に質問することができて安心です。 現在、アプリで税込32,400円分の商品を購入するごとに、西友ショッピングカード1,000円分をプレゼントするキャンペーンが行われています。 ショッピングカードへの交換は、「スマホdeレジ」設置店のサービスカウンターで実施中です。 筆者も実際に「スマホdeレジ」アプリを利用して購入しましたが、アプリでのバーコード読み取り感度が良く、サクサクと精算に進むことができました。 ただ、1つバーコードを読み取るごとに、再度バーコード読み取り画面に移動する操作が必要なので、大量の商品を買う場合は大変かもしれません。 購入商品数が少なめの場合に利用するのがオススメです。 西友で現金必要? 必要かも。 ヘビーユーザーの方なら ウォルマートセゾンアメリカンエキスプレスカードを作って支払いを徹底したいところ。 そうすれば現金は全く必要なくなります。 クレジットカードを持っていない場合、使える電子マネーが独自のSEIYUショッピングカードだけなのは少し物足りない印象。 なので、西友を利用する際には現金という選択肢は未だ捨てきれないでしょう。 運営会社が外資(ウォルマート)なので日本国内の電子マネーへの対応が遅くなるのはわかりますが、対応して頂けると嬉しい・・・。

次の

西友の支払い方法

西友 赤羽

西友赤羽店に西日本からの刺客が 大量消費、大量生産という言葉には、もはやノスタルジーさえ感じるこの頃であるが、当時は価格安い大量の商品を揃えることは正義であった。 とにかく競争相手よりもよい品を1円でも安く消費者に提供することが求められた時代であった。 さて、赤羽の話である。 この街を元々領地としてたスーパーは、西友赤羽店であった。 当時、西武鉄道ないし西武百貨店の傘下であった西友は、本拠地の池袋にも近いこの赤羽は絶対に落とせない街であったのだろう。 地上7階建ての大型店舗を作り上げた。 この店舗は全国10位以内のトップクラスであったということに、西友がいかに赤羽を重要視していたかが分かる。 そんな赤羽を虎視眈々と狙っていたのが、価格破壊の旗印を掲げて西日本から攻め上がってきたダイエーだ。 スーパーマーケット界のカリスマであった総帥中内功の元、首都圏攻勢を狙っていて、この赤羽に拠点を築こうとしてたのであった。 満を持して開店したダイエー赤羽店は、東京23区で初となる店舗面積1万㎡クラスの大規模総合スーパーであったという。 大型店対大型店。 超弩級戦艦同士の海戦を思わせるような戦いである。 西友赤羽店とダイエー赤羽店は、今後の首都圏での覇権をかけて、この赤羽でぶつかりあったのである。 当時の戦いで重要な要素は、価格でる。 西友に戦いを挑んだダイエーの戦略はこうだ。 爆発的に安い価格を広告などを使って消費者に提示し、お店に呼びこむ。 釣られたお客さん達は、その価格の安さと溢れんばかりの店頭の商品に惹かれて、どんどん買物をしてしまうという。 もちろん西友も負けてない。 ダイエーの価格よりも安い価格を提示し、取られそうになるお客さんを取り戻すのだ。 相手の価格が出てきたら、それよりも1円でも安い価格を提示する、すると再び相手も1円でも安い価格を提示する。 この繰返しだ。 言うならばこれは消耗戦であり、どちらかが倒れるまでの殴り合いである。 そしてこの赤羽戦争、結果としてはダイエーが勝ったという。 やはり価格破壊の代名詞であったダイエーは、こういう戦い方に慣れていたのであろう。 なんだかんだ言って百貨店傘下であった西友よりも、戦争を生き延びて闇市上がりの中内功率いるダイエーの方に分があったのだ。 一般大衆の街、赤羽でのダイエーの勝利は、大衆が力を持ってくるこの時代の覇権を予感させるものであった。 (なお価格競争に負けた西友はこの後、高級化路線に進んだという。 ) そして現在。。 今でも続く赤羽戦争 さて、時代は進む。 赤羽戦争を征しスーパーマーケット界の覇権を進んだダイエーも、バブル崩壊し失われた20年になると経営不振が表面化しイオンの配下へと降ることになった。 不採算店の廃止は進んだが、 赤羽店は存続している。 首都圏戦争の旗艦店であった旧来の店舗は2009年に建て直しを行い、新しい店舗はライフスタイル消費を重視した売り場へと変化している。 一方の西友は親会社のセゾングループ・西武百貨店は解体し、米国ウォルマートの傘下となった。 米国流の超超弩級の大量消費方式による価格安い(KY)戦略を行っているのである。 西友の高級化路線のひとつであったプライベートブランドは無印良品としてその後独立し、「シンプル is Best」の現在において強固なファンを持っているのである。 なお、ウォルマート傘下の西友における現在の本店はこの赤羽店である。 さて、赤羽において赤羽戦争後に西口に進出してきたのが、イトーヨーカ堂である。 セブン-イレブンで鍛えたPOSシステムと顧客重視の商品戦略は消費業界の巨頭として存在感を示す。 このように赤羽は庶民の消費生活の実験場さながらに、各スーパーマーケットが並んでいる。 また、駅前のファッションビルにはユニクロをはじめとする、各種専門店が入っている。 東口のララガーデン商店街は、チェーン店の飲食店が多いし、昔からのお店もある。 さらには、首都圏における人の流れを征するとされるJR東日本傘下の商業エリアもあるのだ。 というわけで、今の赤羽の勢力図はこんな感じです。 これらの店舗が時代の流れに合わせてどのように変化していくのか。 消費生活がどうなっていくのか。 それを観察出来そうな街ですね。

次の

西友news|赤羽本部オフィス勤務の従業員1名が新型コロナウイルス感染

西友 赤羽

電子マネー 独自の電子マネー 独自の電子マネーであるSEIYUショッピングカードを発行している。 相性の良い電子マネー mijica、SEIYUショッピングカード ゆうちょのプリペイドカードmijicaを西友で使えば永久不滅ポイントが2倍。 SEIYUショッピングカードは支払い時にポイントは貯まらない。 チャージは現金とセゾンカードからのみ可能。 最大チャージ額が10万円と大きい。 デビットカード 使える VISAデビット、JCBデビット 商品券・ギフトカード 西友商品券・サニー商品券・パルコ商品券・クレジットカード系ギフトカード 全国百貨店共通商品券・QUOカードは使えません ポイントカード SEIYUアプリの来店スタンプ SEIYUアプリから貯まるスタンプ。 100個集めると50円オフのクーポンと交換可能(あくまでおまけ程度に考えて良さそう)。 貯まりやすいポイント 永久不滅ポイント 現金いらず得点 4. 0点(5点満点中) 独自の電子マネーがあるものの、ポイントが貯まらないので魅力にかけるかも!?スマホdeレジの普及に期待。 PayPayの導入で利便性アップに期待。 公式HP 概要• 西友で使える電子マネー 西友ではプリペイド型・ポストペイ型を問わず主要な電子マネーがほとんど使えません(系列店のリヴィンやサニーなどでも同様)。 楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay、交通系電子マネーのSuica、PASMO、PiTaPa、ICOCAなども使えません。 イオン系列のWAONやセブングループのnanacoではなくても、せめて楽天Edyや交通系電子マネーなどが導入されたら便利。 各種電子マネーが使えない代わりに、独自の電子マネーが発行されています。 それが、 西友・リヴィン・サニーの各店舗共通で使える独自の電子マネーのSEIYUショッピングカードです。 チャージ出来る限度額が10万円と高額なのは嬉しい。 一度数万円入金してしまえば西友内ではお財布いらずです。 チャージは現金とクレジットカードチャージも可能ですが、 セゾンカードのみです。 通常のプリペイドカードのように支払い時にポイントが貯まるわけではないので あくまで西友、リヴィン、サニーでの現金払いが嫌な人用だと言えます。 プリペイドカードを使うならゆうちょが発行している電子マネーのmijicaがおすすめ。 貯まるポイントはセゾンカードでおなじみの永久不滅ポイントで、西友で使えばポイントが2倍貯まります。 クレジットカードの扱いで、au PAY プリペイドカードやソフトバンクカード、LINEPayカードは使えます。 西友で使えるクレジットカード 西友ではVISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカードが使えます。 金券類や切手のみクレジットカード払いは出来ません。 サインは食品売り場では3万円以下ならサインレスで利用出来ます。 その他、衣料品・住居用品売場等ではセゾンカード以外、買物額に関わらずサインが必要(セゾンカードだと3万円以下なら食品売り場以外でもサインレス)。 SEIYU、リヴィン、サニーで一番お得なクレジットカード 西友で一番お得なカードは、 セゾンカードとの提携カードであるウォルマート・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードです(ウォルマートは世界最大の小売チェーンで西友の親会社)。 このカードを使うことで「毎日3%OFF」で購入することができます。 どんなに還元率が高いクレジットカードを駆使してもこの3%分の割引 還元率3% にはなかなか勝てないでしょう。 割引に関しては、割引率の高い方のみが適用されるので、毎日3%オフと合わせて8%OFFとはなりません。 貯まるポイントは永久不滅ポイント。 5%分の永久不滅ポイントは貯まりません。 5%貯まります。 年会費も無料なので、 西友系列のヘビーユーザーならポイントなどに興味はなくても、割引狙いと、現金がいらない利便性で作るのは「アリ」なカードになっています。 毎日西友を使うような方でしたら必携といえるでしょう。 また、 西友のネットスーパーの「楽天西友ネットスーパー」でも2%OFFとなります。 >> 西友で使えるQRコード決済 西友、及びサニーではQRコード決済のPayPayが全店舗で利用可能です(2019年9月1日から開始した)。 ユーザーがQRコードを読み取って金額を入力するMPMタイプです。 その他、LINE Payや楽天ペイ、Origami Payなどは現在のところ導入の発表はありません。 西友で使える商品券・ギフトカード 西友では西友商品券と、サニー商品券、パルコ商品券などが全店で使えます(お釣りが出ます)。 西友商品券は一部のパルコでも使えます。 JCB、VISA、ダイナース、DC、UC、ニコス、Dinersなど各クレジットカード会社が発行するギフトカードも全店で使えます(お釣りは出ません)。 JTBナイスギフトも一部の西友で使えます。 全国百貨店共通商品券やQUOカードは使えません。 西友のポイントカード、ポイント制度 西友は実店舗では楽天スーパーポイントやdポイントなどの共通ポイントには参加していません。 独自のポイント制度としてはSEIYUアプリから1日1来店でスタンプ(ポイント)が貯まります。 スタンプは西友、LIVIN、サニーでアプリを起動してチェックインするか、店舗に設置されているQRコードを読み取ってスタンプをゲットします。 ただし、 スタンプは100個集めて、ようやく50円オフのクーポンなので、あくまでついで程度に考えたほうが良さそうです。 その他、独自のポイントカードは用意されていません。 ネットスーパーの「楽天西友ネットスーパー」では楽天ポイントが貯まります 「やっぱコスパ」が売りなので、ポイント分を価格に反映しているものと思われます。 なので、基本的にはポイントを貯めたければ、普段から使っているクレジットカードで支払ってポイントを貯めましょう。 ただし、どんなに高還元率のカードでも3%引きのウォルマートセゾンアメリカンエキスプレスカードに還元率で勝てるものは稀です。 ポイント制度ではなく、あくまで親会社の発行カードによる「割引」がメインになっています。 「スマホdeレジ」について 西友は、手持ちのスマホで商品のバーコードをスキャンし、専用レジでスマホの画面をスキャンして会計をする新型レジ 「スマホdeレジ」を導入しています。 レジで行う操作は精算のみとなるので、列に並ぶことなく会計を済ませることができます。 2018年10月時点では、西友赤羽店と東大宮店の2店舗のみでの導入となっていますが、年内に導入店舗を数店増やすつもりとの情報があり、今後導入店舗は増えていく見込みです。 スマホdeレジ利用の大まかな流れは、以下の通りです。 店舗でアプリを起動する• 購入商品のバーコードをスマホで読み取る• アプリは、西友の「スマホdeレジ」導入店の近くに行かないと起動しません。 導入店に着いたら、アプリを起動して、購入したい商品のバーコードを読み取ります。 青果商品や一部の惣菜、パンなどバーコードが存在しない商品や、アプリでスキャンできない衣類、雑誌、書籍はスマホdeレジアプリでのスキャンはできません。 専用レジに備え付けてあるスキャナーで商品を追加してください。 セルフレジの要領です 医薬品、POSAカード iTunesカードなど 、タバコに関しては、「スマホdeレジ」専用レジでの会計そのものが不可となります。 購入商品のスキャンを終えたら、アプリで「お支払い」を選択して、バーコードを表示させます。 このバーコードを、「スマホdeレジ」専用レジのスキャナーで読み取り、レジの案内に従って支払います。 通常のセルフレジと同様、クレジットカードなどの、VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Dinersの国際ブランドつきカードや、西友ショッピングカードでの支払いが可能です。 利用可能時間は11:00から20:00までとなっています。 24時間営業の店舗でも、利用時間は上記の時間に限られます。 レジには係員が常駐しているので、不明点があった場合には気軽に質問することができて安心です。 現在、アプリで税込32,400円分の商品を購入するごとに、西友ショッピングカード1,000円分をプレゼントするキャンペーンが行われています。 ショッピングカードへの交換は、「スマホdeレジ」設置店のサービスカウンターで実施中です。 筆者も実際に「スマホdeレジ」アプリを利用して購入しましたが、アプリでのバーコード読み取り感度が良く、サクサクと精算に進むことができました。 ただ、1つバーコードを読み取るごとに、再度バーコード読み取り画面に移動する操作が必要なので、大量の商品を買う場合は大変かもしれません。 購入商品数が少なめの場合に利用するのがオススメです。 西友で現金必要? 必要かも。 ヘビーユーザーの方なら ウォルマートセゾンアメリカンエキスプレスカードを作って支払いを徹底したいところ。 そうすれば現金は全く必要なくなります。 クレジットカードを持っていない場合、使える電子マネーが独自のSEIYUショッピングカードだけなのは少し物足りない印象。 なので、西友を利用する際には現金という選択肢は未だ捨てきれないでしょう。 運営会社が外資(ウォルマート)なので日本国内の電子マネーへの対応が遅くなるのはわかりますが、対応して頂けると嬉しい・・・。

次の