世界一周 クルーズ 値段。 日本発着!憧れの世界一周クルーズの費用相場やおすすめの船&予約方法をご紹介!

『飛鳥Ⅱ 世界一周クルーズ の下見見学 Ⅱ』横浜(神奈川県)の旅行記・ブログ by timeupさん【フォートラベル】

世界一周 クルーズ 値段

世界一周クルーズとは? 世界一周クルーズとは 大型客船に乗船して20カ国前後の国をおおよそ3か月ほどかけて旅をする船旅です。 世界中には沢山のクルーズ船がありますが、実際に「世界一周」のクルーズを行なっているのは世界中で約10隻前後のみになります。 近年はクルーズブームがあり「クルーズ=世界一周」と想像してしまいますが、 実際は旅をする時期も船の種類も限定されています。 世界一周クルーズはいつでもできるもの? 飛行機のようにフライトが頻繁にあるわけではなく世界中でも世界一周が可能な客船も限られているように、世界一周に出発できる期間も決まっています。 世界一周旅行に乗船できる期間は、 基本的に年に一度、1月~4月の間のみです。 ただし、よく巷に貼ってあるポスターでも知られる ピースボート(5月もしくは9月)やチャーター便などの場合は近年では毎年4月初旬~5月にかけて出発する船が多いです。 世界一周クルーズの乗船場所 乗下船地は、客船の保有国によって変わります。 たとえば、世界で最も有名な豪華客船「クイーン・エリザベス号」や「クィーン・ヴィクトリア号」は、「タイタニック」の母港としても知られるイギリスの南部のサウサンプトンから。 全室バルコニー付きで話題の「セブンシーズ・マリナー」は、アメリカのサンフランシスコからと、 海外船の場合の乗下船地は海外になります。 海外の豪華客船に乗船をする場合は乗下船地までの往復航空代、現地での移動代等が別途かかりますのでご注意下さい。 日本からの世界一周クルーズ 日本を代表するクルーズ船といえば、日本郵船の子会社、郵船クルーズが所有・運航している 日本発の豪華客船「飛鳥II」でしょう。 横浜発着と神戸発着があるので関西の方も、関東の方もそれぞれに近いところから乗船が可能です。 海外客船顔負けの豪華客船ながらスタッフは当然日本人が多く、船上での食事も和食の割合が多いです。 そんな点も日本人には人気の秘密かもしれません。 現在日本は、シニア世代を中心にクルーズ人口も増加しているということで今後もこのようなチャータークルーズが多く出向することになるかもしれませんね。 世界一周クルーズにかかる平均費用は? クルーズ船といえばいわゆるすべて込みの「オールインクルージブ(アルコール類は含まず)」だと思っている方も多いかもしれませんが、 意外に「オールインクルージブ」スタイルを持っているクルーズ船は世界中で限られています。 世界一周クルーズの場合、通常客船の料金に含まれているものは以下になります。 通常料金に含まれるもの• 宿泊代(客室代)• 食事(1日3食以上)• 船内エンターティメント&カルチャープログラム費用• 船内ジム&プール等の共有施設利用• パーティ参加費用 など 通常料金に含まれないもの• 自宅~港間の移動費• 有料レストラン• アルコール(含まれる場合もあり)• 有料ソフトドリンク• 記念撮影• 大浴場• カジノ• ランドリーサービス• 託児所利用料• 寄港地でオプショナルツアー など。 クルーズ船を代表するあの世界的豪華客船 「クィーン・エリザベス」の一番ランクが低いクラスが 400万円代。 こちらで上記の物が全て含まれます。 最低ランクのクラスでそれぞれの世界一周旅行を見積もってみるとおおよそ300万円~。 (あくまでも平均でありこれ以下、これ以上もありえます)。 世界一周をクルーズでするメリット・デメリットは? 世界一周は、海を渡らなくても空からでもいける… ということで、ここではクルーズ船を利用して世界一周旅行をするメリットとデメリットをご紹介したいと思います。 世界一周をクルーズでするメリット• その1、移動時間も有意義 実際は移動をするのですが、大型船での移動になるので、部屋にいたり、ジムやプール、ヨガなどのお好きなアクティビティーをしながら次の国に移動できます。 身体的にも精神的にも楽ですよね。 その2、観光するのに余計な荷物を持っていかなくてよい。 観光をするにも、小さなバックにお財布やパスポートなど必要品をいれるだけ。 「あ、あれ忘れたかも!」なんてこともほとんどなし。 ちょっと外で具合が悪くなっても気軽に帰れる客室がある点も、異国の地では助かりますよね。 その3、コスパが良い 飛行機を使って陸地で実際に現地のホテルに宿泊してクルーズ旅行同様のクオリティーで世界一周旅行をした場合、実は1日2万や3万円以上の費用がかかります。 クルーズ船の場合(日本発着)で考えても、部屋代、食事代、移動代全部含めて1日2万円~。 クオリティーの高い旅を求める場合は、断然にクルーズ船の方がお得です。 世界一周をクルーズでするデメリット• その1、海外発着の船を利用する場合その国まで移動の費用や時間がかかる。 日本は発着の世界一周が可能なクルーズ船は日本の会社の船やJTBが今回初めて行うチャーター船のみ。 「クィーン・エリザベス号」を始めとする世界有数の豪華客船に乗船希望であれば、往復航空代、に加えて現地までの移動費がさらにかかり経済的、肉体的にも負担がかかります。 その2、長い間同じ国に滞在できない。 クルーズ船はおおよそ3か月で20か国以上の国をまわりますので、それぞれの国での停泊期間がスケジュールとしてきまっており一定の時間、日数しか同じ国に滞在することができません。 その3、年代がほぼ決まってきている 世界一周クルーズはたいてい100日以上と旅行期間が長い事と、一括で支払う費用が普通の旅よりも高額な為なのか、定年退職をされたシニア世代の方に人気があるようです。 対して料金がリーズナブルなこととボランティア活動をすることによってコストも抑えられるピースボートは、老若男女問わず参加されている方が多いようです。 日本発の世界一周するクルーズ船を比較 世界一周と聞くと日数もおおよそ3か月ちょっと長期の旅になるだけでなく、乗船する客船や部屋のランクによっても費用がグッとかわるもの。 今回は日本を乗下船地にする船をピックアップし、おおよそ3か月ほどかかる世界一周の旅をした場合を比較してみました。 飛鳥II 2018年の世界一周旅行の費用では、K:ステート と呼ばれるバルコニーなしのランクの部屋の場合、 通常価格が 4,125,000円、早期申込み割引き利用すれば3,671,000円になります。 ちなみに、 一番高級な部屋タイプである「ロイヤルスイート」利用の場合、通常価格は、26,250,000円(2018年度)とかなりの料金の差があります。 ピースボート 世界で一番リーズナブルな世界一周旅行を提供しているといっても良いピースボート。 一部屋4人の相部屋タイプの「フレンドリータイプ」と呼ばれる部屋を利用した場合の クルーズ料金 106日間)は、1,290,000円~。 2020年に2020年に就航するピースボートエコシップでも1,800,000円~。 新しいボートでありながらかなりお得な価格設定になっています。 停泊国での国際交流も活発な他に、 ピースボートのボランティアに登録して事前にボランティアをすることにより割引価格で世界一周の旅に乗船できるという制度もあるようです。 JTB世界一周チャータークルーズ 「サン・プリンセス」 プレミアムクラス外国客船「サン・プリンセス」を利用したJTB主催の日本発着世界一周チャータークルーズ。 日本発のチャータークルーズということで注目を集めていますが、 全額支払いで40万円引きの早割を使った場合は、1,880,000円になり、計算すると食事やエンターテイメントを含めて一日約2万円の宿泊代金になるため、大変お得なクルーズになっています。 ツアーやクルーズ経験が豊富なJTBですから、船内でのエンターテイメントや食事のメニューなども期待できますよね。 また、 クルーズ三大エリアとよばれる地中海、カリブ海、アラスカそして、スエズ運河とパナマ運河の世界三大運河の2つの通航を運行することもJTBのチャータークルーズを選ぶポイントの一つかもしれません。 手の届かない高価な旅だとおもっていた世界一周クルーズですが、実際は部屋のクラスや船などにこだわらなければもっと身近に参加できる旅行スタイルなのかもしれませんね。 できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。 IMATABI公式LINE.

次の

誰もが1度は憧れる世界一周クルーズ。費用は?コースは?

世界一周 クルーズ 値段

世界一周旅行とは?そのツアーの内容はどんなものか? 船で行く世界一周旅行にはどんなものがあるのか、まとめてみました。 世界一周といっても、そのツアーはさまざまで、アジアやヨーロッパ、アメリカ、南米と巡る旅は、 地球一周旅行ともいわれています。 地球一周旅行の期間は約100日! 地球一周旅行をクルーズ船で行く場合は、 100~110日くらいかけて世界の各地を回っていくんですね。 100日ってすごいですよね。 3カ月とちょっとの期間ですからね。 これだけの期間を使うことはかなり難しいです。 私は今までで、最高3泊しかしたことがありません。 でも私と同じくらいの人って結構いると思うんですよ。 日本にいると、一般に働いている人は、長い休みと言ったらゴールデンウィーク、お盆、お正月のどれかになりますよね。 それらの休みを使う場合は大体3泊くらいが適当かな、って思う人が多いんだと思うんです。 またそれらの休みって、フルに休みを取ったとしても10日が限度ですよね。 だから100日も休みを取ることは、なかなか難しいのかなと思います。 でも会社勤めではなく、 パソコンで仕事をしてる人なら行けそうですよね。 船にパソコンを持ち込んで作業もできますしね。 出発は横浜や神戸から! 旅の始まりは、 横浜、神戸です。 日本の大きな玄関ですよね。 横浜や神戸の場所は知っていても、実際にそこの港から船に乗ったことのある人は少ないんじゃないでしょうか。 また、横浜や神戸は大きな街なので、出発前に下見を兼ねてその街を 観光してもいいですよね。 横浜には、美味しいものが集まる 中華街やラーメン博物館のほか、ランドマークタワーや、シーパラダイスなどかあります。 また神戸には、体を癒すことができる 有馬温泉や、神戸ポートタワー、メリケンパーク、神戸どうぶつ王国などかあります。 どちらの街も魅力的なところがたくさんありますよね。 なので世界一周の日程の第0日目として、横浜や神戸を楽しむのもありですよね。 世界一周旅行の主な日程のご紹介! 世界一周の旅行については、たくさんのツアーがありますが、ここで紹介するツアーはあくまでも代表的な例です。 最新の情報や詳細についてはなどのサイトで確認してください。 <日程の一例> 地球一周旅行はまず横浜・神戸からスタートします。 長い船旅の始まりですね。 まずは台湾やシンガポール、スリランカなどの アジアや東南アジアの国々を訪れ、世界遺産などを見ることができます。 この辺りは日本に近いので旅行に来たことがある人もいるのではないでしょうか。 世界一周には必ず通る場所ですね。 地理の教科書でしか見たことのない場所ですよね。 ちなみにここを通ると、地中海に入ります。 ここで地中海の気候を肌で感じることができるんですね。 イタリア、スペイン、ポルトガル、フランスそしてさらに北上してロシアやフィンランド、スウェーデンなどに行きます。 ヨーロッパには名所や観光地がたくさんあるので、自分の行ってみたいところがあるツアーを選んでくださいね。 北極に近い場所ですね。 極寒の地です。 ここでは時期によってはオーロラが見られるかもしれません。 オーロラがみられるかどうかは、旅行の時期や場所によっても異なるので、旅行に申し込む前に確認しておきましょう。 アメリカの東海岸から南下していくんですね。 ニューヨークでは自由の女神が待っています。 パナマ運河ですね。 これで運河を超えるのはスエズ運河に次ぐ2度目となります。 一回の旅で2度運河を通るというのは、地球一周の旅以外で体験することはありませんね。 運河を通るときには、船内でイベント的なものがあるのかもしれないですね。 コスタリカ、メキシコなどや アメリカ西海岸の街などを訪れます。 アメリカ西海岸にも大きな都市はたくさんありますから、どこに寄港するのか、事前にチェックを忘れずに。 横浜・神戸に行く前に北海道に寄るツアーもあるようですよ。 世界各国を回る地球一周の旅の値段はそのグレードによって大きく変わります。 料金はツアーの内容や乗るクルーズ船、また泊まる部屋のグレードで変わってくるんですね。 一番安いタイプだと、料金は大人ひとりで 約130万円です。 驚きました。 意外に安いんですね! 何百万もかかるのかと思いましたが、この金額なら貯金とボーナスを使えば意外に手に届く金額ですね。 新車を買うのを我慢すれば何とかなりそうな料金です。 ただしこれは、一番グレードが安いクラスのものですからね。 豪華客船の広い部屋というわけにはいきません。 部屋の広さを少し変えただけでも値段は格段に跳ね上がります。 部屋や船の種類を選ぶ際には、いろんなツアーを比較してみてくださいね。 旅行料金にはもちろん食事も付いている スポンサーリンク 旅行において気になるのが、食事ですよね。 旅行料金には、通常、1日3回(朝、昼、夜)の食事が日数分(100日)ついてきます。 つまり、 朝100回、昼100回、夜100回の食事が付いているのです! 旅行は船での生活が主となるので、当たり前といえば当たり前なんですけどね。 そして食事の内容は、基本的に料金のクラスによる 差はありません。 安い料金だからといって安い料理になるなんてことはありませんから、安心してくださいね。 さらに、船内でのイベントや催し物についても、通常は料金のクラスによる 差はありません。 なので最低の料金であっても、十分に旅を楽しめる内容になっているんです。 添乗員と通訳のほか医師と看護師も同行 世界一周は長い旅になりますが、ツアーには添乗員と通訳、それに医師と看護師が同行するので安心して旅を楽しめます。 長い旅を続けるなかで、通訳を通して話していれば、もしかしたら外国の方と友達になることもあるかもしれませんね。 いろいろあります!クルーズ船と部屋について! クルーズ船には船の種類と部屋の種類がいろいろあります。 そして 客室の種類は、 ・フレンドリータイプ ・ペアタイプ ・セミシングルタイプ ・シングルタイプ などがあります。 部屋の内容は、 ・窓があるか ・ベッドの種類は何か ・バスタブは付いているか ・バルコニーはあるか などが値段によってそれぞれ異なります。 ちなみに、ツアー料金 130万円の内容は、船がオーシャンドリームで、部屋がフレンドリータイプ、窓なしで、ベッドが2段ベッド、シャワー付き(バスタブなし)、バルコニーなしとなっています。 これは値段を極力抑えたタイプですので、部屋の内容はあまり 快適とはいえないかもしれませんね。 まとめ 世界一周旅行について、大まかな流れがわかったと思います。 100日間の長い船旅にはいつか行ってみたいですよね。 値段は130万円~となっていますが、できればグレードの高い部屋を選びたいです。 まずは100日間休めるようになってからですね! まとめは以上となります。 最後までお読み頂きましてありがとうございました!.

次の

飛鳥II 2018年世界一周クルーズ|クルーズ

世界一周 クルーズ 値段

世界一周の期間は103日間(2020年) 2020年4月2日(木)~7月13日(月)の103日間。 発着の場所は、横浜・神戸の二か所です。 <2名1室利用時の料金で一人当たりの金額(円)> 客室タイプが7段階に分かれていて、• 最も早く申し込む最低の客室で、 3,900,000円、間近では4,875,000円• 夫婦で利用すると、最低でも7,800,000円、最高57,500,000円になります。 客室を1人で利用する場合の料金 一人で客室を利用する場合は、 客室により135%~200%の割増代金が設定されています。 相部屋はできません。 「サン・プリンセス」の世界一周クルーズ 世界一周の期間は98日間(2019年)• 4月10日から7月16日の98日間• 出発場所は、横浜・名古屋・神戸三か所• 20カ国31の寄港地 「サン・プリンセス」はプレミアムクラスの外国客船で、日本発着の世界一周クルーズとしては初。 「サン・プリンセス」世界一周の料金 客室タイプは11に分かれています。 現在わかっているのは 第二弾早期割引の料金からで、それによると、• 最も早く申し込む最低の客室で、 2,080,000円、間近では2,280,000円• 料金は大きく違います。 「サン・プリンセス」で別途かかる料金が約30万円で、それを加えて比較してみると、• 「サン・プリンセス」は、最低クラスの客室で、 2,580,000円の旅行代金 相当な違いがありますね。 最高クラスの客室でも比べてみましょう。 「サン・プリンセス」は、 最高クラスの客室で、 9,180,000円の旅行代金 3倍ほどの違いがあります。 安い方の「サン・プリンセス」は安いなりに何かある? ただ安い方の「サン・プリンセス」の設備やサービス内容が悪いか、といえばそうともいえません。 というのは、世界一周の旅を企画しているJTBのHPを見てみると、 「サン・プリンセス」の設備・サービス内容が、 過去から繰り返し「船舶関係の賞」を受賞しています。 世界的にも伝統と栄誉のある船会社との契約で、日本で唯一JTBがクルーズを提供しています。 お値段からしてどうかな?と気になるときは、パンフレットを取り寄せるなりして確認をしてみるのをおすすめします。 自分も一緒に行く人も、健康そのものでなければなりません。 美味しいものを食べ、素晴らしい景色を見、寄港地で楽しむためには、 健康第一! そして 事前の説明会に出ておきましょう。 世界一周クルーズ旅は、必ず説明会が開かれています。 持ち物や、旅券 パスポート の残存有効期間も重要です。 申し込みに必須の要件を、説明会で確認してくださいね。 世界を楽しむための旅の予備知識も、もっておくといいですね。 世界一周の豪華客船の旅は、そうそうできるものではありません。 最高に贅沢な船旅を、心ゆくまでたのしんでくださいね! 私も行きたい。。。

次の