肉まん レシピ 本格。 かごや/ご愛用のお客様を取材 シャウ・ウェイ先生の幸せ中国家庭料理 鮮肉包子 肉汁溢れる本格肉まん作り

肉まん生地を上手にふくらませる!必須な材料や手軽なアイテムも!

肉まん レシピ 本格

食べ切れるぶんだけ、袋を使ってさくっとつくります。 みそ作り、梅干し、梅シロップ、ぬか漬け、キムチ、甘酒などなど。 とってもとっても盛りだくさんな内容です。 長い期間をかけて精一杯つくりました。 ご興味があればぜひご覧いただけたら嬉しいです。 蒸しあがった出来立ての肉まんは絶品です…! ぜひふかふか、できたてをどうぞ。 包み方などよければ動画も合わせて参考にしていただけたらと思います。 もし時間がないときには発酵いらず、フライパン蒸しで作れる肉まんも ご紹介しています。 【2】妻 ぽろぽろとしてきたら太白ごま油を加えて手で混ぜる。 全体がまとまりなめらかになってきたら台に出してこねる。 【3】妻 全体がきめ細やかななめらかさになったら丸めてボウルに入れ、 オーブンの発酵機能35度で30分ほど、生地が2倍の大きさになるまで発酵させる。 【4】妻 クッキングシート7〜8cm角のものを4枚切っておく。 ボウルに豚ひき肉、 B を入れ、肉が白っぽくなるまで練り混ぜる。 【5】一緒に 生地が膨らんだら台に出して20cmの棒状にする。 カードで4等分に切る。 同様に他も包む。 【7】一緒に クッキングシートを下に置いてボウルをかぶせ、室温の暖かい場所で20分おく。 しっかり湯気が上がった蒸し器で、強火で15分蒸す。 ありがとうございます! 蒸しパンやスコーンを、コロナ休業で家で作ってみました。 出来立てはとても美味しかったです。 GamanWeekは「本格肉まん」に挑戦してみました。 強力粉もドライイーストもなかなか手に入らなかったのでやっと作ることが出来ました。 …皮がとても美味しいですね! 頑張って発酵したかいがありました。 ただ肉あんが私には塩気が足りなく感じましたので、次回塩を入れてみようと思います。 もうひとつのフライパンで作る「肉まん」のレシピでは、「塩こしょう」と記載されていらっしゃったので、こちらの肉あんも試してみたいです! 榎本さんの著者もAmazonで買います。 コロナ休業は辛いですが、時間がなければ肉あんを作ることはなかったと思います(苦笑) またレシピ参考にさせていただきます!•

次の

蓬莱の肉まんを再現〜551の肉まんがある時!わははは〜

肉まん レシピ 本格

豚まんの材料(小8個) 生地• 薄力粉 150g• 強力粉 50g• 砂糖 15g• 塩 3g• ドライイースト 3g• ベーキングパウダー 4g• 水 110g 具• 豚ひき肉150g• 長ねぎ1本• たけのこ水煮70g• 干しシイタケ6g• 生姜1片• 醤油 大さじ1• オイスターソース 小さじ1• ごま油 大さじ1• 料理酒 大さじ1• 塩 ひとつまみ• 胡椒 少々 具材については、豚ひき肉と長ねぎだけあれば、何とかなっちゃいます。 生姜はチューブでも可。 とりあえず、お試しで作ってみたいときは、最小限の材料で作ってみるのもアリだと思います。 でもやっぱり、干しシイタケや竹の子を入れると、食感や味がグッと良くなるので、美味しさにこだわるなら、上記の材料で試してみて欲しいです。 1、干しシイタケを戻しておきます。 2、ボールに薄力粉、強力粉、砂糖、塩、ドライイースト、ベーキングパウダーを入れます。 4、表面がなめらかになるまで捏ねます。 5、2倍に膨らむまで一次発酵させます。 発酵させている間に、具材の用意をしていきます。 6、長ねぎをみじん切りにします。 7、生姜をみじん切りにします。 8、戻した干しシイタケをみじん切りにします。 9、たけのこの水煮をみじん切りにします。 10、ボールに豚ひき肉と、6~9までの具材を入れます。 11、そこに、醤油、酒、ごま油、オイスターソース、塩、胡椒で味付けをします。 12、粘りが出るまでしっかりと混ぜます。 13、生地の準備が出来るまで冷蔵庫に入れておきます。 14、発酵が終わった生地を台に取り出します。 15、ガスを抜きながら丸めます。 16、丸めたら生地を8等分にします。 大体1個40gぐらいになると思います。 17、分割した生地を丸めます。 18、乾燥しないように濡れ布巾をかけ、ベンチタイム15分取ります。 19、生地を伸ばしていきます。 真ん中を厚めに、端は薄く伸ばします。 20、8枚出来たら、具材を包んでいきます。 21、ひだを寄せながら包んでいきます。 22、包み終わったら、豚まんサイズにカットしたクッキングペーパーの上に乗せていきます。 23、蒸し器の中に入れ、15分ぐらい二次発酵させます。 その間に、蒸すためのお湯を沸かします。 24、沸騰させたところに蒸し器を乗せ、中火で12~13分蒸したら完成です。 実食 コンビニの肉まんに比べて、皮に弾力があり、ふんわりしているけど、モッチリと食べ応えがあります。 肉あんはとてもジューシーで、竹の子のシャキッとした食感と、干しシイタケの旨味。 そこに、加わる生姜のピリっとしたアクセントがたまりません。 豚まん好きとしては、一度この味に慣れちゃうと、なかなか市販のものを買えなくなりますね。 冷凍保存する場合 蒸しあがった豚まんが冷めたら、1個ずつラップで包んで、冷凍することも可能です。 食べるときは、凍った状態のまま、約15分ぐらい蒸し直せば、ほぼほぼ作りたての美味しさで頂くことが出来ます。 豚まんを作るのに使用した食品 今回、この豚まんのレシピで使用した具体的な商品の紹介です。 もちろん、ここで紹介するものでなくても大丈夫ですが、材料や道具を買い足す際に、参考にしてもらえればと思います。

次の

栗原はるみさんの【肉まん】レシピ

肉まん レシピ 本格

自宅にいながら、お店のような本格的な味の肉まんが食べれたら嬉しいですよね。 手作りなら安全な材料でできるのもメリットのひとつ。 しかも、失敗なく簡単に作れるのならちょっとチャレンジしたくなりませんか? 少し多めに作っておけば冷凍保存もできるので小腹が空いた時のお助けメニューにもなります。 今回のレシピで覚えておきたい ポイントは4つ!• 強力粉と薄力粉は同量• 生地の発酵は1回でOK! 肉まんの肉だねはシンプルでOK! 大事なのは調味料!• しっかり生地で包んで肉汁を閉じ込める このポイントを頭の隅においてレシピをご覧くださいね。 記事後半ではそれぞれを詳しく解説しています。 生地ふっくら!お店のような本格的肉まんのレシピ 蒸し器のふたにはガーゼや布で覆い、ふたから水滴が肉まんに落ちないようにします。 この時、布が垂れてガス火に触れないよう、上の通って部分できつく結んでおきます。 「生地ふっくら!お店のような本格的肉まんのレシピ」を作る4つのポイント• 強力粉と薄力粉は同量• 生地の発酵は1回でOK! 肉まんの肉だねはシンプルでOK! 大事なのは調味料!• しっかり生地で包んで肉汁を閉じ込める では、くわしく解説していきます 強力粉と薄力粉は同量 中華まんを作るには、まずは「皮」が大事ですよね。 粉の配合を変えるとパンのようになったり、蒸しパンのような食感になったりしてしまい、中華まん本来のちょっとモッチリしているけどフワッとした食感の「皮」を感じられないことに。 包む「具」も大切ですが、まずは「皮」作りが何よりも大切です。 その配合ですが、これまで分量を変えながら試作して辿り着いたのが「 強力粉と薄力粉は同量」が一番理想的な食感に辿りついたと、おすすめします。 もちろん、個人の好みもありますが、理想の中華まん生地を求めるなら「同量」がベストです! 生地の発酵は1回でOK! ドライイーストを使う生地の場合、2回発酵というのが定番ですが、1回発酵であっても十分上手に作れます。 蒸している時に温かいので、生地を発酵しつつ肉だねにも火が通るので、発酵は1回で大丈夫です。 肉まんの肉だねはシンプルでOK! 大事なのは調味料! よほどこだわりがあれば別ですが、肉まんの具はひき肉と玉ねぎさえあえあればできます! むしろ食材よりも調味料としっかり馴染ませることで味がしっかり染み込んだ「肉まん」ができますよ。 しっかり生地で包んで肉汁を閉じ込める ひき肉を加熱すると、どうしても肉汁が出てきます。 美味しい肉汁が蒸しながら皮の外にしみ出してくるともったいないですよね!そして、皮も脂で綴じ目が開いてきてしまうことがるので、肉だねを包む〈手順4〉の作業はとても大切です。 肉汁が加熱した時にでてこないよう、しっかり生地を閉じるのはもちろんですが、まだ慣れていない段階ではむずかしいこともあります。 その場合は、はじめに生地を真ん中でギュッとしっかりねじり、そして2回目のねじりでもしっかりねじり、輪っか状になった皮を上に向くように形を整えると肉汁が染み出すことが有りませんよ。

次の